サウジアラビア代表

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 サウジアラビア 16 5 1 1 13 5 8 7

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-13
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第8節
オーストラリア vs サウジアラビア
2017-08-31
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第9節
UAE vs サウジアラビア
2017-09-05
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第10節
サウジアラビア vs 日本

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.28
26:30
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第7節
サウジアラビア 1 - 0 イラク
2017.03.23
21:00
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第6節
タイ 0 - 3 サウジアラビア
2016.11.15
19:35
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第5節
日本 2 - 1 サウジアラビア
2016.10.11
26:45
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第4節
サウジアラビア 3 - 0 UAE
2016.10.06
26:45
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第3節
サウジアラビア 2 - 2 オーストラリア

基本データ

正式名称:サウジアラビア代表

原語表記:SAUDI ARABIA

愛称:グリーン・ファルコン

ホームタウン:リヤド

チームカラー:白、緑

関連ニュース

thumb

日本が得失点差で首位浮上! サウジアラビアはイラクに辛勝も首位陥落《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第7節のサウジアラビア代表vsイラク代表が28日に行われ、1-0でサウジアラビアが勝利した。 ▽前節のタイ代表戦を3-0で勝利し、前節終了時点でグループBの首位に立ったサイジアラビアと、前節ホームで強豪オーストラリア代表と1-1の引き分けを演じたイラクの一戦。 ▽試合は一進一退の展開で迎えた33分、サウジアラビアに決定機。バイタルエリアで相手DFのクリアミスをアル・クハイブリがワンタッチでゴール前に送ると、抜け出したアル・シェフリがボックス右からシュート。しかし、このシュートはゴールライン上でA・イブラヒムにクリアされる。 ▽ピンチを凌いだイラクは37分にチャンス。ハメド・ヤシーンの右CKを中央のA・イブラヒムがドンピシャのヘッドで合わせるが、ボールはゴールライン手前でアルアビドのブロックに阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、サウジアラビアは前半終了間際に足を痛めたアルシャハラに代えてアリ・ブレイクを投入。すると最初のチャンスはサウジアラビアに生まれる。49分、ボックス中央手前でアル・シェフリが落としたボールをアルアビドがミドルシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れる。 ▽良い入りを見せたサウジアラビアは、53分に試合を動かす。味方とのワンツーで右サイドから切り込んだアル・シェフリがバイタルエリア中央からミドルシュート。これがゴール右に吸い込まれた。 ▽その後は同点弾を狙うイラクが前掛かりとなって攻め込んでくる中、サウジアラビアが最後まで1点を守り切り勝利。負けられないホームでの一戦をモノにしたサウジアラビアは、得失点差で日本代表に首位の座を譲ったが、同勝ち点で追走している。 2017.03.29 04:28 Wed
twitterfacebook
thumb

首位サウジアラビアが3ゴールで最下位のタイを下す!《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第6節のタイ代表vsサウジアラビア代表が23日に行われ、0-3でサウジアラビア代表が勝利した。 ▽5試合を終えて1分け4敗で未勝利のタイと3勝1分け1敗で首位に立つサウジアラビアの対戦。試合は一方的な展開となった。 ▽試合は26分、浮き玉のパスに反応し絶妙なタイミングで裏に抜け出したアルサハラウィがボックス内でトラップし、豪快に蹴り込んでサウジアラビアが先制する。 ▽1点リードで後半に入ると、サウジアラビアが追加点。左サイドからハルビがクロスを上げると、タナブーン・ケサラットがクリアしようと出した足に当たったボールがゴールに吸い込まれ、オウンゴールとなる。 ▽タイは前がかりになってゴールを目指すも、サウジアラビアは後半アディショナルタイム2分にダメ押しゴール。カウンターからモアシェルが落ちついて沈めて勝負あり。サウジアラビアが0-3で勝利し、首位をキープした。 タイ代表 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 サウジアラビア代表</span> 【サウジアラビア】 アルサハラウィ(前26) OG(後39) モアシェル(後47) 2017.03.23 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 2-1 サウジアラビア代表《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は15日、埼玉スタジアム2002でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦に臨み、2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 <hr>▽日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161115_24_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 西川周作 6.0 失点場面はノーチャンス。終盤の危ないピンチも落ち着いたプレーで最少失点に食い止めた DF 19 酒井宏樹 5.0 攻撃面では清武と好連係を見せるが守備では不安定な出来 22 吉田麻也 5.5 前半に危ないエラーが1つあったが、その後は安定。特に空中戦で強さを発揮した 6 森重真人 5.5 守備面は危なげなくプレー。前線への縦パスの意識が高かった 5 長友佑都 6.0 機を見て攻め上がりつつも、普段よりは守備に重きを置いた MF 17 長谷部誠 6.0 セカンドボールをうまく回収し中盤を引き締める。球際でも指揮官が求めるデュエルを実践 16 山口蛍 6.0 鋭い寄せからボールを刈り取る 13 清武弘嗣 6.5 トップ下として攻撃を組み立てる。プレッシャーのかかるPKをしっかりと決めた →10 香川真司 5.5 途中出場から原口のゴールをアシストした FW 14 久保裕也 5.0 本田に代わって先発出場。チャンスを生かせずやや空回り →4 本田圭佑 5.5 ゴールこそなかったものの積極的にボックス内に顔を出す 15 大迫勇也 6.0 前線で起点となるだけでなく積極的に仕掛けた →9 岡崎慎司 - 8 原口元気 6.5 前半から絶え間ないアップダウンを見せるなど闘志を見せた。4戦連発で決勝点を記録 監督 ハリルホジッチ 6.0 最後に失点を喫するも、グループ首位のチームに何もさせなかった <hr>▽サウジアラビア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161115_23_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 アロワイズ 5.5 PKからの失点は仕方ない。後半に本田のシュートを好セーブ DF 12 ファラタ 5.0 攻守において原口に苦戦した 5 イブラヒム・オスマン 6.0 大迫はオサマに任せてバランスを見たプレーに徹した。終盤には一矢報いるゴールを奪取 3 オサマ 4.5 大迫とのマッチアップで後手を踏む。前半に久保のシュートをブロックも退場 13 アルシャハラニ 5.0 高い位置は取りながらもなかなか攻撃的なプレーはできず MF 8 アルシェハリ 5.0 中央に絞ってプレー。しかし日本の切り替えの早さにボールを繋げず →19 ファハド 5.5 投入直後からうまくボールに絡む。右サイドに入って裏を狙った 11 アルハイブリ 4.5 ボールを奪われるシーンやファウルで止める場面が目立った。さらに不運な形とはいえPKを献上… →20 アブドゥルマジード 5.0 試合展開から効果的なプレーはできず 17 アルジャッサム 5.5 高い位置を取ってアルサハラウィをサポート。前線からの守備で貢献した →15 アルシャムラニ - 7 サルマン 5.0 不安定なアルハイブリとダブルボランチを形成するもサポートできず 18 アルアビド 5.5 左サイドで積極的に仕掛けるなど酒井を押し込んだ FW 10 アルサハラウィ 5.5 積極的にプレスをかけて、ボールを持てば直線的にドリブルを仕掛けるなど多少の脅威となった 監督 ファン・マルバイク 5.0 終盤は日本を苦しめたが、全体的に見て怖さはそれほどなかった <hr>★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 原口元気(日本) ▽守備ではバックラインの位置まで戻って球際では激しいプレーを見せ、攻撃時には長い距離をしっかりと走り切りゴール前に顔を出す。決勝点となるゴールを奪ったことも評価できるが、そのほかの部分で大きくチームの勝利に貢献した。 日本 2-1 サウジアラビア 【日本】 清武弘嗣(前45)【PK】 原口元気(後35) 【サウジアラビア】 イブラヒム・オスマン(後45) 2016.11.15 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

終盤の被弾も清武のPK弾&原口の4戦連発弾で日本が首位サウジアラビアを撃破!!《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は15日、埼玉スタジアム2002でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・グループB第5節のサウジアラビア代表戦に臨み、2-1で勝利した。 ▽勝ち点3差で追う首位チームとの大一番。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、オマーン代表戦で好パフォーマンスを見せた大迫、清武を起用。さらに右サイドでは本田を外して久保を抜擢した。また、左サイドバックには長友が今予選初出場を果たした。 ▽試合はサウジアラビアがやや前からボールを奪いに来るのに対して、日本は2分、最終ラインの森重から前線の大迫に縦パスが入ると、そこから清武がシュートまで持ち込む。4分にはボックス手前の位置で大迫が倒されてFKを獲得。清武の入れたクロスボールに吉田が頭で合わせるなど、日本がゴールに迫っていく。 ▽その後もサウジアラビアのプレスを回避し、両サイドの幅、大迫への深さを使って日本が攻撃を展開していく。しかし、サウジアラビアも一瞬の速さでチャンスを創出。18分にはアルサハラウィがするするとボックス内に侵入してシュート。しかしここはGK西川の正面に飛んだ。 ▽日本も20分、カウンターで原口がボールを運び、ボックス内の大迫が相手のチェックを受けながらもうまく反転してシュート。しかし、ここは力なく相手GKがキャッチした。22分には清武とのワンツーで右サイドを突破した酒井がクロスを配球。マイナスのボールを久保がダイレクトで蹴り込みにかかるが、相手にブロックに遭う。 ▽日本は39分にもビッグチャンスを作る。長谷部が入れたロビングのボールをボックス内で久保がトラップ。これを大迫がダイレクトに右足で合わせるが、シュートは枠に飛ばず。チャンスを作りながらも決めきれない日本だったが、43分に清武のシュートがアルハイブリの手に当たって日本がPKを獲得。このチャンスを清武がしっかりと決めきりリードを手にして試合を折り返した。 ▽リードする日本は前半で久保を下げて本田を投入。すると、47分にはオフサイドとなったものの本田が相手の裏に飛び出すなど新たな動きが加わる。しかし、48分にアクシデントが発生。相手選手の後方からのタックルを受けた清武が足首を負傷。直後のセットプレーでキッカーを務めるも一旦ピッチを出る。それでも清武はプレーを続行した。 ▽サウジアラビアは56分にUAE戦で途中出場から1ゴールを奪っているファハドを投入する。日本はやや受けに回る場面が多くなるも、68分には大迫のポストプレーから原口がカウンターでボールを運びそのままシュートを放つなど、攻撃の形を作り出す。すると日本は65分に清武を下げて香川を投入。72分には左サイドでインターセプトした原口がボールを運び、ボックス内にクロス。本田が合わせにかかるが、ここは相手にブロックされた。 ▽78分にも酒井が相手のギャップに入り込んだ本田にパスを送る。フリーの本田はボックス内からコースを狙ったシュートを放つが、ここはGKのビッグセーブに防がれた。 ▽それでも攻め続ける日本は80分に長友が本田とのワンツーで左サイドを突破。長友のグラウンダーのクロスをゴール前の香川がヒールで流し、最後は原口が蹴り込む。原口の最終予選4戦連発弾で日本が待望の追加点を奪った。 ▽日本は86分にも原口が相手選手からボールを奪い、パスを受けたボックス右の本田がシュートを放つなど攻撃の手を緩めない。結局その後も危なげない試合運びを見せた日本だったが、90分にイブラヒム・オスマンが放ったシュートを長友が懸命に掻き出すが、ラインを割ってしまい失点を喫する。 ▽それでも、後半アディショナルタイムに大迫へのファウルでオサマが2度目の警告を受けて退場。数的優位となった日本だったが、逆にアルシャムラニにフリーでヘディングシュートを許すなどピンチが続く。それでも何とか1点差を守り切り試合は終了。日本はグループ首位のサウジアラビアからホームで大きな勝ち点3を獲得し、勝ち点で並ぶことに成功した。 2016.11.15 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

サウジ主将、日本での注目度について「プレッシャーではなく嬉しいこと」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は14日、15日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5戦、サウジアラビア代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。 ▽埼玉スタジアム2002の一室で前日会見に出席したサウジアラビア代表主将のDFオサマ・ハウサウィ(アル・ヒラル)は明日の試合に向けて以下のように意気込んだ。 <span style=“font-weight:700;">◆オサマ・ハウサウィ(アル・ヒラル)</span> 「我々はしっかりと準備をしてきている。日本代表が非常に強いということは知っている。そして(ベルト・ファン・マルバイク)監督は、日本がどういうチームかを知っている。明日の試合はいい試合になると思う」 <span style=“font-weight:700;">──今日は記者の数が多く、それはサウジアラビアが強くなったからだと思いますがそれをプレッシャーに感じるか</span> 「日本での人気が高まっていることは知っている。ホテルにまで来る人もいる。これはプレッシャーではなく我々にとっては嬉しいことだ」 「こういったことは問題にはならない。我々は大きな試合をいろいろなところで経験してきているし、日本をリスペクトしている。同時に、日本の方々も我々をリスペクトしてくれているのだなと感じる」 2016.11.14 22:57 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング