RBライプツィヒ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 ライプツィヒ 62 19 5 6 56 31 25 30

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
22:30
ブンデスリーガ
第31節
ライプツィヒ vs インゴルシュタット
2017-05-06
25:30
ブンデスリーガ
第32節
ヘルタ・ベルリン vs ライプツィヒ
2017-05-13
22:30
ブンデスリーガ
第33節
ライプツィヒ vs バイエルン
2017-05-20
22:30
ブンデスリーガ
第34節
フランクフルト vs ライプツィヒ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.23
24:30
ブンデスリーガ
第30節
シャルケ 1 - 1 ライプツィヒ
2017.04.15
22:30
ブンデスリーガ
第29節
ライプツィヒ 4 - 0 フライブルク
2017.04.08
22:30
ブンデスリーガ
第28節
ライプツィヒ 1 - 0 レバークーゼン
2017.04.05
27:00
ブンデスリーガ
第27節
マインツ 2 - 3 ライプツィヒ
2017.04.01
22:30
ブンデスリーガ
第26節
ライプツィヒ 4 - 0 ダルムシュタット

基本データ

正式名称:RBライプツィヒ

原語表記:RasenBallsport Leipzig e.V.

創立:2009年

ホームタウン:ライプツィヒ

チームカラー:白/赤

関連ニュース

thumb

今年のエミレーツ・カップはセビージャ、ベンフィカ、RBライプツィヒが出場…7月29日、30日に開催

▽アーセナルは、7月29日、30日に行われるエミレーツ・カップの出場チームを発表した。 ▽シーズン開幕前にアーセナルの本拠地で行われるエミレーツ・カップ。今年もアーセナルの他3チームが出場し、カップを争う。今年のエミレーツ・カップには、セビージャ、ベンフィカ、そしてブンデスリーガで躍進を続けるRBライプツィヒが出場する。 ▽初戦はRBライプツィヒvsセビージャ、アーセナルvsベンフィカのカードが組まれ、2戦目はRBライプツィヒvsベンフィカ、アーセナルvsセビージャとなる。 ▽昨年はユーロ2016が開催されたこともあり、エミレーツ・カップは実施されず。2015年はリヨン、ヴォルフスブルク、ビジャレアルを招待し、アーセナルが優勝していた。 2017.04.26 21:52 Wed
twitterfacebook
thumb

EL敗退のシャルケにドローのライプツィヒ、バイエルンとの8ポイント差は変わらず《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは23日、ブンデスリーガ第30節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。シャルケのDF内田篤人はベンチ入りしなかった。 ▽前節は好調フライブルクを4-0と一蹴してリーグ戦4連勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点61)は、首位バイエルンを8ポイント差で追う。そのライプツィヒはオルバンが出場停止から復帰し、ベストメンバーを送り込んだ。 ▽3日前に行われたヨーロッパリーグのアヤックス戦を延長戦にもつれ込んだ末にベスト8敗退に終わった11位シャルケ(勝ち点37)に対し、ライプツィヒは一進一退の攻防で立ち上がっていく。そんな中、最初に決定機を迎えたのはシャルケ。12分、右クロスにブルクシュタラーが頭で合わせたヘディングシュートがわずかに枠の左へ外れた。 ▽それでも14分、右サイドからのベルナルドの左足で巻いたクロスにヴェルナーが頭で合わせてネットを揺らし、ライプツィヒが先制する。その後はライプツィヒがやや攻勢に出る流れとなったが、シャルケも盛り返し、1-0のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始1分、シャルケが同点に追いつく。ボックス右角からのカリジウリのクロスにフンテラールがヘディングで押し込んだ。その後もシャルケが攻勢に出る流れが続くと、65、66分と立て続けにコケがセットプレーから際どいヘディングシュートを浴びせた。 ▽後半に入って攻め手のないライプツィヒは80分にサビツァーの直接FKで久々にゴールへ迫る。終盤、ヴェルナーに代えてバークを投入したライプツィヒだったが、チャンスを生み出せないまま試合は終了。バイエルンとの8ポイント差を縮めることはできなかった。 2017.04.24 02:22 Mon
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが好調フライブルクに4発完勝でバイエルンとのポイント差を8に《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは15日、ブンデスリーガ第29節でフライブルクをホームに迎え、4-0で大勝した。 ▽前節レバークーゼン戦を退場者を出しながらもY・ポウルセンの終了間際弾で辛勝して3連勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点58)は、首位バイエルンを10ポイント差で追う。そのライプツィヒは出場停止のオルバンを除いてベストメンバーを送り込んだ。 ▽ヨーロッパリーグ圏内の6位に浮上したフライブルク(勝ち点41)に対し、ライプツィヒは6分にフォルスベリが左足ミドルを浴びせると、続く9分にはデンメのシュートがGKを強襲。 ▽その後、25分にロングフィードに抜け出したフランツのシュートはGKグラクシがセーブすると、36分に先制した。中央からのフォルスベリのFKをボックス左のY・ポウルセンがDFに競り勝ってヘディングシュート。これがゴール右に決まった。 ▽続く42分にはY・ポウルセンのスルーパスに抜け出したヴェルナーがGKとの一対一を制して2-0とした。 ▽2点をリードして迎えた後半、51分にライプツィヒが決定的な3点目を奪い切る。N・ケイタが味方とのパス交換で前線へ上がっていくと、最後はルーズボールをゴール右へ蹴り込んだ。 ▽余裕のライプツィヒはN・ケイタやサビツァー、Y・ポウルセンを下げるも、追加タイム1分にヴェルナーのヘッドでの折り返しをデンメが頭で押し込み4-0。ライプツィヒが4連勝とし、首位バイエルンとのポイント差を8に縮めた。 2017.04.16 05:29 Sun
twitterfacebook
thumb

RBライプツィヒ、スイス代表GKムボゴを獲得! ヤング・ボーイズで久保裕也と共にプレー

▽RBライプツィヒは8日、ヤング・ボーイズからスイス代表GKイボン・ムボゴ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年契約となるが、加入は来シーズンからとなる。 ▽カメルーンにルーツを持つムボゴは、ヤング・ボーイズの下部組織を経て2013年にトップチームデビュー。高い身体能力を武器に、スイス屈指の強豪の若き守護神として活躍。また、スイス代表では世代別代表として活躍し、出場機会はないもののフル代表にも招集されている。 ▽RBライプツィヒでスポーツ・ディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏は、ムボゴ獲得に際して以下のようなコメントを残している。 「イボンは優れたアスリート能力と攻撃的な志向を持つ、優れたゴールキーパーだ。彼は22歳にも関わらず、スイスリーグやヨーロッパリーグ、スイス代表で豊富な経験を持っている。彼は野心的なプレーヤーであり、ここで更なるステップアップを望んでいる」 2017.04.09 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

10人のライプツィヒが終了間際のY・ポウルセン弾で3連勝! 2位を堅守《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは8日、ブンデスリーガ第28節でレバークーゼンをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節マインツ戦を3-2と勝利して2連勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点55)が、前節ダルムシュタット戦でコルクト監督就任後4試合目にして初勝利を挙げた10位レバークーゼン(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。 ▽2トップにヴェルナーとバーク、中盤右にサビツァー、左にフォルスベリを配す[4-4-2]で臨んだライプツィヒが立ち上がりから攻勢に出ていく。すると開始3分に右クロスに合わせたサビツァーのシュートが枠を捉えたが、GKレノの好守に阻まれた。続く10分にはフォルスベリのスルーパスから再びサビツァーがボックス右からGKを強襲するシュートを浴びせ、ライプツィヒが圧力をかけていく。 ▽しかし、序盤を過ぎると徐々にレバークーゼンに盛り返され、試合は一進一退の攻防にもつれ込んでいく。とりわけベララビのスピードに苦戦し、40分にはそのベララビに際どいシュートを打たれるが枠を外れ、ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半から負傷の影響かベララビに代えてベイリーを投入してきたレバークーゼンに対し、ライプツィヒは開始3分にボックス右へ抜け出したヴェルナーが決定的なシュートを放つも、わずかに枠の左へ外れる。 ▽しかし、レバークーゼンの圧力が強まった後半は押し込まれる状況が続き、ヴェルナーのスピードで牽制する以外に攻め手のない状況が続いた。 ▽劣勢のライプツィヒは73分にY・ポウルセンを投入した後は攻勢に転じていたが、88分にオルバンが2枚目のイエローカードを受け、退場となってしまう。引き分けでもやむなしと判断したハッセンヒュッテル監督は、ヴェルナーに代えてセンターバックのウパメカーノを投入。 ▽しかし、試合終了間際の追加タイム3分、フォルスベリがボックス右へ抜け出して折り返すと、ファーサイドのY・ポウルセンがスライディングシュートで押し込み、ライプツィヒが劇的勝利。3連勝で2位の座を堅守している。 2017.04.09 00:51 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング