RBライプツィヒ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 ライプツィヒ 49 15 4 6 43 28 15 25

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
22:30
ブンデスリーガ
第26節
ライプツィヒ vs ダルムシュタット
2017-04-06
27:00
ブンデスリーガ
第27節
マインツ vs ライプツィヒ
2017-04-08
22:30
ブンデスリーガ
第28節
ライプツィヒ vs レバークーゼン
2017-04-15
ブンデスリーガ
第29節
ライプツィヒ vs フライブルク
2017-04-22
ブンデスリーガ
第30節
シャルケ vs ライプツィヒ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
23:30
ブンデスリーガ
第25節
ブレーメン 3 - 0 ライプツィヒ
2017.03.11
23:30
ブンデスリーガ
第24節
ライプツィヒ 0 - 1 ヴォルフスブルク
2017.03.03
28:30
ブンデスリーガ
第23節
アウグスブルク 2 - 2 ライプツィヒ
2017.02.25
23:30
ブンデスリーガ
第22節
ライプツィヒ 3 - 1 ケルン
2017.02.19
23:30
ブンデスリーガ
第21節
ボルシアMG 1 - 2 ライプツィヒ

基本データ

正式名称:RBライプツィヒ

原語表記:RasenBallsport Leipzig e.V.

創立:2009年

ホームタウン:ライプツィヒ

チームカラー:白/赤

関連ニュース

thumb

ケイタ移籍のうわさにライプツィヒSD「ポグバとのトレードでも断る」

RBライプツィヒのラルフ・ラングニックSD(スポーツ・ディレクター)が、ギニア代表MFナビ・ケイタの来夏移籍はないという見解を示した。<br><br>ライプツィヒはブンデスリーガ昇格初年度ながら、第24節を終えた時点でバイエルンに次ぐ2位につけている。躍進を続けるチームの中で、ケイタはリーグ戦22試合に出場。4ゴール8アシストを記録するなどチームの主力として活躍している。バイエルンやリバプールなど、欧州トップクラブが興味を持っていることがうわさされているが、ラングニックは『Sport1』のサッカー討論番組に出演した際、来夏の移籍はないと語った。<br><br>「バイエルンが興味を持っているかどうかはわからない。ただナビは素晴らしいプレーヤーで、ヨーロッパのどのクラブでも活躍できるだろう。彼との契約はまだ長期間残っている。我々がCLに出場できるのであれば、移籍する理由は何もないだろう。3、4年後に我々のクラブでプレーしているかどうかはわからない。我々は予言者ではないからね。ただし来年は間違いなく我々の下でプレーするだろう。我々のプレースタイルから考えると、例え(ポール)ポグバとトレードのオファーがあっても断るつもりだよ」<br><br>ライプツィヒはクラブ史上初のCL出場に向け、2016-17シーズンの残り10試合に挑む。まずは18日、ブレーメンとアウェイで対戦する。<br>提供:goal.com 2017.03.15 07:03 Wed
twitterfacebook
thumb

低調ライプツィヒ、新生ヴォルフスブルクに敗れてバイエルンと10ポイント差に《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは11日、ブンデスリーガ第24節でヴォルフスブルクとのホーム戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽前節アウグスブルクに引き分けに持ち込まれて首位バイエルンとの勝ち点差が7に広がった2位ライプツィヒ(勝ち点49)が、前節マインツ戦でヨンカー監督が初采配をふるった15位ヴォルフスブルク(勝ち点23)をホームに迎えた一戦。 ▽珍しく慎重な入りを見せたライプツィヒは、8分にサビツァーがミドルシュートでゴールに迫る。しかし、直後の9分に失点する。マリにスルーパスをボックス右に通されると、ディダヴィの折り返しをゴメスに蹴り込まれた。 ▽反撃に出たいライプツィヒは15分、デンメのミドルシュートが枠の左上を捉えたものの、GKカスティールスの好守に阻まれる。その後も前がかるライプツィヒだったが、30分にマリのシュートでゴールを脅かされた。 ▽リカルド・ロドリゲスが右足を痛めて負傷交代するアクシデントに見舞われたヴォルフスブルクに対し、ハーフタイムにかけても押し込んだライプツィヒだったが、決定機を生み出すには至らず、1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、49分にヴェルナーがボックス右から可能性のあるシュートを浴びせたライプツィヒだったが、53分に大ピンチを迎える。スローインの流れからディダヴィの放ったループシュートが左ポストを直撃。さらにルーズボールに反応したディダヴィのシュートはGKグラクシがセーブした。 ▽反撃に出たいライプツィヒだったが、ヴォルフスブルクに押し込まれ、思うように攻撃を展開できない。終盤にかけてもペースを握りきれず、結局0-1のまま敗戦。新生ヴォルフスブルクに初勝利を献上し、バイエルンとのポイント差は10に広がった。 2017.03.12 04:48 Sun
twitterfacebook
thumb

一時逆転のライプツィヒ、宇佐美不出場のアウグスに痛恨ドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節アウグスブルクvsライプツィヒが3日に行われ、2-2で引き分けた。アウグスブルクの宇佐美はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ケルン戦を3-1と快勝して2連勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点48)は、首位バイエルンとの5ポイント差をキープ。そのライプツィヒはケルン戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽宇佐美が2試合連続ベンチスタートとなった13位アウグスブルク(勝ち点27)は5バックでスタート。そのアウグスブルクがハイプレスをかける立ち上がりとなった中、ケルン戦同様に[4-3-3]で臨んだライプツィヒは、そのハイプレスを交わして徐々にポゼッションを高めていった。 ▽しかし19分、バイタルエリア左でボールを持ったスタフリディスが左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さり、アウグスブルクが先制した。 ▽それでも25分、ライプツィヒがすかさず同点とする。N・ケイタのスルーパスを受けたヴェルナーがボックス中央へ侵入。GKとの一対一を制して試合を振り出しに戻した。 ▽その後、N・ケイタが負傷するもプレーを続行したライプツィヒが引き続きボールを持つ展開となったが、チャンスは生み出せずに1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始30秒にフォルスベリのミドルシュートでゴールに迫ったライプツィヒが攻勢をかけると、52分に逆転に成功する。フォルスベリの左CKからコンパーのヘディングシュートが決まった。 ▽攻め手のなかったアウグスブルクだったが、60分に追いつく。カウンターに転じると、ボバディージャが力強いポストプレー。これを受けたク・ジャチョルのスルーパスがDFに当たってコースが変わると、流れの中で上がっていたセンターバックのヒンテレッガーへ。ボックス左に侵入したヒンテレッガーはGKとの一対一を制した。 ▽終盤にかけては膠着状態となる中、アウグスブルクは87分にボックス左に侵入したスタフリディスが強烈なシュートを浴びせるも左ポストを掠めて枠を捉えきれない。結局、2-2で試合は終了。一時は逆転に成功したライプツィヒだったが、痛恨のドローに終わってしまった。 2017.03.04 06:31 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫が4戦ぶり今季5点目記録もヴェルナー躍動ライプツィヒに完敗…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第22節、RBライプツィヒvsケルンが25日にシュタディオン・アム・バートで行われ、ホームのライプツィヒが3-1で勝利した。ケルンのFW大迫勇也はフル出場し、53分に今季5点目を記録した。 ▽前節、ボルシアMGに競り勝って連敗をストップした2位ライプツィヒは、首位バイエルンとの勝ち点差を「5」に縮めた。連勝を目指す今節は7位ケルンをホームに迎えた。一方、大迫のアシストからモデストがリーグ戦4試合連続ゴールを記録もシャルケ相手に引き分けたケルンは2戦勝利なし。上位相手に3試合ぶりの勝利を目指す今節も、大迫とモデストが2トップを組むなど、現状のベストメンバーが起用された。 ▽立ち上がりからケルンを押し込むライプツィヒが、相手のミスから開始5分に先制点を奪う。相手GKケスラーのクリアミスをボックス手前右のヴェルナーが頭で落とすと、これを受けたフォルスベリが左に持ち出してDFを外し、ゴール左隅に左足の丁寧なシュートを流し込んだ。 ▽相手の圧力に晒されてなかなか反撃に出られないケルンは、11分に裏へのスルーパスに反応した大迫がボックス内で相手DFに倒されるが、ここはノーファウルの判定でPKは与えられず。 ▽一方、フォルスベリの2試合連続ゴールで幸先良くリードを奪ったライプツィヒは、その後も素早い攻守の切り替えからヴェルナーらが相手の背後を簡単に取って追加点に迫る。18分には裏抜けしたヴェルナーのシュートでGKケスラーにファインセーブを強いると、このプレーで得た右CKの流れからハッセンベルクがクロスバー直撃のヘディングシュートを放つ。さらに、こぼれ球を繋いでヴェルナーがヘディングシュートもここはGKケスラーの好守に遭い、2点目とはならず。 ▽前半半ばから終盤にかけても攻守に相手を圧倒するライプツィヒは、34分に右サイドを突破したナビ・ケイタのグラウンダーのクロスがDFスボティッチとDFマローのコミュニケーションミスを誘い、マローに当たったボールがゴールネットに吸い込まれた。そして、オウンゴールで2点目を奪ったホームチームが前半を良い形で終えた。 ▽迎えた後半、ビハインドを追うケルンはオウンゴールを献上したうえ、1枚警告を受けていたマローを下げてハーフタイム明けにS・ツォラーを投入。3バックから4バックに変更し、反撃を目指す。すると53分、味方のスルーパスに抜け出したオルコウスキのグラウンダーの折り返しに反応した大迫がニアに飛び込んで泥臭いワンタッチシュートを流し込んだ。 ▽大迫の4試合ぶりとなる今季5点目で早い時間帯に1点を返したケルンだが、その後は再び押し込まれる展開に。65分にはライプツィヒの高速カウンターに晒され、ケイタのフィードに抜け出したヴェルナーにボックス右角度のないところからゴール左隅に流し込まれ、点差を2点に戻された。 ▽この3点目で完全に主導権を掴んだライプツィヒは、73分にもセットプレーからサビツァーが4点目に迫るが、ここはGKケスラーにファインセーブで阻まれる。それでも、4戦連発のモデストを守備陣が完璧に抑え込むなど、最後までケルンを圧倒し続けたライプツィヒが3-1の完勝。リーグ戦2連勝で首位バイエルンとの勝ち点5差をキープした。一方、敗れたケルンは3試合未勝利と上位陣との勝ち点差が広がってしまった。 2017.02.26 01:27 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第22節プレビュー】バイエルンとライプツィヒに酒井高と大迫が挑戦

▽前節は首位バイエルンがヘルタ・ベルリンに引き分けた一方、2位ライプツィヒが勝利したことで勝ち点差は5に縮まった。そして、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは勝利したドルトムントが3位に、ホッフェンハイムが4位にそれぞれ浮上し、2連敗となったフランクフルトが5位に転落している。迎える第22節はバイエルンとライプツィヒに日本人選手所属チームが挑む構図となっている。 ▽ヘルタの粘り強い守備に苦戦し、辛くもレヴァンドフスキのラストプレー弾で引き分けた首位バイエルン(勝ち点50)は、酒井高所属の15位ハンブルガーSV(勝ち点20)をホームに迎える。主力を一部温存したこともあって攻撃が低調となったバイエルンは、翌水曜日にシャルケとのDFBポカール準決勝を控える中、主力を投入して勝利を取り戻せるか。 ▽一方、前節フライブルク戦で2点目をアシストした酒井高だが、チームは2-2の引き分けに持ち込まれ、連勝は3でストップした。対面の相手はドグラス・コスタとなる見込みだが、ブンデス屈指の突破力を持つ相手を止めることはできるか。 ▽前節ボルシアMG戦を劣勢ながらも2-1と競り勝って連敗を2で止めた2位ライプツィヒ(勝ち点45)は、大迫の7位ケルン(勝ち点33)をホームに迎える。攻撃の柱となっていたY・ポウルセンと守備の要オルバンを欠く中、ヴェルナーのゴールなどで競り勝ったライプツィヒだが、スペースを埋めてくることが予想される堅守ケルンを攻略できるか。 ▽一方、前節シャルケ戦でモデストのゴールをアシストした大迫は、前線で起点となる働きを安定的に担い、チームの攻撃を牽引した。スペースが生まれそうな中、相棒のモデストの走力を生かした攻撃を狙いたい。 ▽今節はヘルタ原口とフランクフルト長谷部による日本人対決も開催される。惜しくも勝利とはならなかったが、献身的な守備でバイエルンからの勝ち点奪取に貢献した原口は、引き続き先発予想。チームを3試合ぶりの勝利に導けるか。 ▽一方、PKミスや軽率な対応で失点に絡み、10人となったチームの敗戦を救うには至らなかった長谷部も引き続き先発予想。ここ2試合完敗しているチームを後方から支え、CL圏への返り咲きを狙いたい。 ▽そのほか、CLベンフィカ戦の敗戦を払拭する快勝を飾った3位ドルトムントは9位フライブルクとのアウェイ戦を、宇佐美が3試合ぶりに先発したもののレバークーゼンに完敗した13位アウグスブルクは、最下位ダルムシュタットとのアウェイ戦に臨むが、宇佐美はベンチスタート予想だ。最後に前節出場機会のなかったマインツの武藤は、レバークーゼン戦に臨むが、今節もベンチスタート予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第22節 ▽2/24(金) 《28:30》 ヴォルフスブルク vs ブレーメン ▽2/25(土) 《23:30》 バイエルン vs ハンブルガーSV インゴルシュタット vs ボルシアMG フライブルク vs ドルトムント ダルムシュタット vs アウグスブルク レバークーゼン vs マインツ 《26:30》 ヘルタ・ベルリン vs フランクフルト ▽2/26(日) 《23:30》 ライプツィヒ vs ケルン 《25:30》 シャルケ vs ホッフェンハイム 2017.02.24 19:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング