ガンバ大阪U-23

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 G大阪U-23 37 10 7 8 42 31 11 25

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-10-21
13:00
明治安田生命J3リーグ
第28節
沼津 vs G大阪U-23
2018-10-28
14:00
明治安田生命J3リーグ
第29節
G大阪U-23 vs 相模原
2018-11-04
14:00
明治安田生命J3リーグ
第30節
G大阪U-23 vs 富山
2018-11-11
13:00
明治安田生命J3リーグ
第31節
長野 vs G大阪U-23
2018-11-18
13:05
明治安田生命J3リーグ
第32節
福島 vs G大阪U-23

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.10.13
13:00
明治安田生命J3リーグ
第27節
藤枝 2 - 1 G大阪U-23
2018.10.07
14:00
明治安田生命J3リーグ
第26節
G大阪U-23 2 - 0 鳥取
2018.09.30
13:00
明治安田生命J3リーグ
第25節
FC東京U-23 2 - 2 G大阪U-23
2018.09.23
13:00
明治安田生命J3リーグ
第24節
秋田 1 - 1 G大阪U-23
2018.09.15
18:00
明治安田生命J3リーグ
第23節
G大阪U-23 2 - 0 琉球

基本データ

正式名称:ガンバ大阪U-23

原語表記:GAMBAOSAKA U-23

ホームタウン:吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、箕面市、池田市、摂津市

チームカラー:ブルー&ブラック

関連ニュース

thumb

元G大阪指揮官クルピ、5度目のアトレチコ・ミネイロ監督に就任

▽アトレチコ・ミネイロは18日、レヴィー・クルピ氏(65)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2019年末までとなる。 ▽アトレチコ・ミネイロは17日、今夏に就任したチアゴ・ラルギ監督を解任を発表。後任として白羽の矢が立ったのが、同クラブで過去4度の監督経験を持つクルピ氏だった。 ▽かつてセレッソ大阪を率いたクルピ氏は、母国ブラジル帰国後もフルミネンセやサントスなど名門クラブで指揮を執り、今シーズンからガンバ大阪の監督に就任した。 ▽若手の育成や攻撃的サッカーの構築を期待されたが、明治安田生命J1リーグは第17節終了時点で4勝3分け10敗と開幕から低迷。7月に成績不振を理由に解任されていた。 2018.10.19 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

藤枝、逆転で今季2度目の連勝! G大阪U-23は5戦ぶり黒星《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第27節の3試合が13日に各地で行われた。 ▽藤枝総合運動公園サッカー場で行われた藤枝MYFC(勝ち点25/15位)vsガンバ大阪U-23(勝ち点37/5位)では、2-1でホームの藤枝が勝利した。 ▽立ち上がりから主導権を握ったG大阪U-23は31分、ハーフウェイライン付近の西野が敵陣中央の森にパスを送る。森が反転からそのままドリブルで運び、ボックス中央から右足を振り抜き、アウェイのG大阪U-23が先制する。 ▽劣勢な展開が続いた藤枝は43分に右CKを獲得し、大竹がクロスを供給。ボックス中央の養父がヘディングシュートを叩き込み、同点に追いつく。 ▽藤枝は直後の前半アディショナルタイム。ハーフウェイライン付近の水野が前線で動き出していた遠藤純輝にスルーパスを通す。ボックス左手前で受けドリブルでボックス左に侵攻し左足でシュートを放つと、右ポストに当たったボールがゴールに吸い込まれ逆転に成功。それと同時に前半が終了した。 ▽後半は、両者共にゴール前まで攻め込むものの決定的なチャンスを作ることができず。結局、前半のスコアが動きをみせないまま試合は終了している。 ▽勝利した藤枝は今シーズン2度目の連勝を飾り暫定13位に浮上。一方、G大阪U-23は5試合ぶりに黒星を喫した。 ▽10/13(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">藤枝MYFC 2</span>-1 ガンバ大阪U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">SC相模原 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 3</span>-0 福島ユナイテッドFC ▽10/14(日) 《13:00》 グルージャ盛岡 vs カターレ富山 AC長野パルセイロ vs Y.S.C.C.横浜 ガイナーレ鳥取 vs 鹿児島ユナイテッドFC 《14:00》 FC東京U-23 vs ブラウブリッツ秋田 《19:30》 ザスパクサツ群馬 vs アスルクラロ沼津 2018.10.13 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、ユースから“ポスト井手口”が来季昇格!

▽ガンバ大阪は10日、同クラブユースに所属するMF奥野耕平(18)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽兵庫県出身の奥野は、ボール奪取能力が売りのボランチで、2017年に世代別日本代表としてU-17ワールドカップでもプレー。同じくユース出身でグロイター・フュルトでプレーする日本代表MF井手口陽介の後継者として将来が期待され、今シーズンはU-23カテゴリーで明治安田生命J3リーグ2試合に出場している。 ▽中学時代から過ごすG大阪で来シーズンからプロとしての一歩を踏み出す奥野は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、ガンバ大阪へ昇格出来たことを嬉しく思います。それとともにプロサッカー選手になるという自覚と責任感も感じています。中学時代から成長させていただいたこのクラブに感謝し、一日でも早くチームに貢献できるように頑張ります」 2018.10.10 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

宮本ガンバ、人気サッカー漫画『ジャイキリ』とコラボ

▽ガンバ大阪は7日、講談社「モーニング」の人気サッカー漫画『GIANT KILLING(ジャイアントキリング)』とのコラボレーション実施を発表した。 ▽『GIANT KILLING(ジャイアントキリング)』とは、現役時代にイースト・トーキョー・ユナイテッド(ETU)の中心選手だった達海猛が引退後に低迷するチームの再建を託され、復権を目指す物語。今回のコラボレーションは、再建を託された宮本恒靖監督をはじめとするガンバ大阪の「選手・スタッフだけではなく、サポーターの皆様と一丸となって戦い抜くというメッセージを発信したいという思い」に、作者であるツジトモ先生が共感したことで実現した。 ▽同企画の実施対象試合は、20日に行われる明治安田生命J1リーグ第30節の横浜F・マリノス戦、11月10日に行われる第32節の湘南ベルマーレ戦のホーム戦2試合。内容は「ツジトモ先生描き下ろしの宮本監督ビジュアルの公開」、「コラボレーショングッズ販売」、「オリジナルステッカー配布Twitter リツイートキャンペーン」、「ガンバ大阪 デジタルマッチデープログラムでのジャイアントキリングの試読」、「オリジナルスマホ壁紙プレゼント」となる。 ▽また、先日の大阪ダービーをも制して5連勝を飾った宮本監督は、今回の企画実施にあたり、新たなスローガン『心を一つに戦い抜け』を考案。J1残留に向け、機運も高まるばかりだ。 2018.10.08 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪、会心の5連勝! アデミ技あり弾で大阪ダービーをも制す《J1》

▽6日にヤンマースタジアム長居で行われた明治安田生命J1リーグ第29節のセレッソ大阪(勝ち点41/7位)vsガンバ大阪(同33/13位)は、アウェイのG大阪が1-0で勝利した。 ▽2試合連続ドロー中でACL争いから後退気味のC大阪は、右肩脱臼の杉本、コンディション不良の柿谷が欠場。苦しい台所事情の1トップに山村を置き、2シャドーに水沼と清武を抜擢した。 ▽一方、4連勝で降格圏からの脱出に成功したG大阪は、ここ3戦4得点のファン・ウィジョが累積で欠場。その代役としてアデミウソンを5試合ぶりに先発させ、渡邉の2トップを形成した。 ▽試合は、立ち上がりからダービーらしく激しい攻防戦となる。ボールの主導権争いでやや優位に立つC大阪は開始3分、CKの流れからソウザが右足のミドルシュート。これがゴール右に決まるが、ゴール前の木本がプレーに関与したとしてオフサイドの判定が下される。 ▽攻勢を続けるC大阪は、13分に松田が高木と無念の負傷交代。嫌な雰囲気が漂う。だが、続く15分、左サイドから清武がクロスでチャンスメーク。これにファーサイドで反応した高木がフリーの状態から右足ダイレクトで合わせるが、わずかにゴール左に外れてしまう。 ▽やや相手の勢いに押し込まれ気味のG大阪だが、緻密なパスワークでゴールに迫る中、23分にロングカウンター。アデミウソンのパスを敵陣中央で受けた倉田がそのまま爆進するが、GKキム・ジンヒョンの好守に遭う。だが、徐々に反撃の色を強め、巻き返し始める。 ▽その中で、39分に許したソウザの右足ミドルシュートがクロスバーを叩く運をも味方につけたG大阪が均衡を破る。45分、ハーフウェイライン付近の倉田が相手背後に浮き球パス。これに反応したアデミウソンが相手GKの頭上を越す右足ループシュートを決め、G大阪が先制する。 ▽早いうちに試合を振り出しに戻したいC大阪は、1点ビハインドで迎えた後半も立ち上がりから攻勢に出る。55分、右サイドの高木が右足でクロスを送り、ファーサイドで浮いた丸橋が左足ダイレクト。あわや同点かに思われたが、シュートを枠に飛ばせず、同点機を逸する。 ▽どこかで突き放したいG大阪は、リスク覚悟で押し込む形を作ってくる相手を尻目に、ボールを奪い返せば遠藤を中心にしっかりとポゼッション。守備に回っても際で対面の相手に過度な自由を許すことなく、バイタルエリア付近でチャンスらしいチャンスを作らせない。 ▽攻め続けるC大阪は71分、2枚目の交代カードで水沼を下げて澤上を投入。前線の枚数を増やしてより前がかる。84分には前線でボールをキープした澤上のパスをボックス右で受けた高木が左足シュートでゴール左下を狙うが、ここもGK東口に難なくセーブされる。 ▽結局、逃げ切り策として米倉、一美、高といったハードワーカーを起用したG大阪がC大阪との大阪秋の陣をも制して破竹の5連勝。残留に向けて、また一歩前進した。敗れたC大阪は3試合ぶりの黒星となり、これで3試合勝ちなし。ACL出場権へ足踏みが続いている。 2018.10.06 16:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング