ガンバ大阪U-23

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 G大阪U-23 26 7 5 20 31 65 -34 32

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.11.26
13:00
明治安田生命J3リーグ
第33節
相模原 2 - 2 G大阪U-23
2017.11.19
14:00
明治安田生命J3リーグ
第32節
G大阪U-23 0 - 0 鹿児島
2017.11.11
13:00
明治安田生命J3リーグ
第31節
YS横浜 3 - 4 G大阪U-23
2017.11.05
14:00
明治安田生命J3リーグ
第30節
G大阪U-23 4 - 3 FC東京U-23
2017.10.30
19:00
明治安田生命J3リーグ
第29節
G大阪U-23 2 - 2 北九州

基本データ

正式名称:ガンバ大阪U-23

原語表記:GAMBAOSAKA U-23

ホームタウン:吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、箕面市、池田市、摂津市

チームカラー:ブルー&ブラック

関連ニュース

thumb

宮本恒靖氏、アスリートの社会貢献活動表彰式で大賞 栄えある初代受賞者に《HEROs AWARD 2017》

▽ガンバ大阪U-23監督で元日本代表DFの宮本恒靖氏が11日に都内で行われたアスリートの社会貢献活動を表彰する『HEROs AWARD 2017』の授与式に出席し、大賞となる「HEROs of the year賞」を受賞した。 ▽宮本氏は、 ボスニア・ヘルツェゴビナのモルタル市を拠点とするスポーツアカデミー『マリモスト』で、スポーツを通じた民族融和プロジェクト「マリモスト(小さな橋)」を推進した。 ▽プロジェクトのアンバサダーを務める中田英寿氏や、柔道全日本男子監督の井上康生氏らスポーツ各界の著名人が出席する中、元SMAPでタレントの香取慎吾さんら7名の審査員の選考により、栄えある初代受賞者に輝いた宮本氏は次のようにコメントした。 「(表彰を受けて)第一回目に(HEROs of the year賞に)選んでいただけて非常に嬉しいです。スポーツには子供たちを教育する力や夢を与える力があり、それを伝えることのできるアスリートはとても重要だと思います。日本のアスリートがこれからどんどんこのような活動の機会に触れていけると良いと思います」 ▽また、今後については、「今はボスニア・ヘルツェゴビナで、13歳くらいまでの子供たちにスポーツを通して、フェアプレーだったり、リスペクトだったり、スポーツマンシップだったりを伝えています。今後は他の場所でも伝えていきたいです。他のアスリートと共に、活動に取り組んでいきたと思います」とさらなる推進に意欲を示した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171213_35_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div>【HEROs of the year 賞(副賞500万円)】 ◆宮本恒靖 「マリモスト(小さな橋)」 【HEROs 賞(副賞100万円)】 <アスリート部門> ◆鳥谷敬 「RED BIRD PROJECT」 ◆アンジェラ・磨紀・バーノン 「Ocean's Love」 ◆坂本博之 「こころの青空基金」 <チーム・リーグ部門> ◆福島ユナイテッドFC(サッカー) 風評被害払拭活動「ふくしマルシェ」 <NPO部門> ◆一般社団法人世界ゆるスポーツ協会 すべての人々にスポーツを 2017.12.13 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

英『BBC』報道、井手口陽介のリーズ移籍が7500万円で合意

▽イギリスの有力メディア『BBC』は11日、ガンバ大阪に所属する日本代表MF井手口陽介(21)のリーズ移籍合意を報じた。 ▽リーズは、井手口個人との契約期間こそ明らかになっていないものの、所属先のG大阪と50万ポンド(約7500万円)で移籍合意に達したという。だが、井手口はイングランドでの労働許可証取得条件を満たしていないため、欧州の他クラブにレンタル移籍することになるとみられる。 ▽高校2年生の2014年にG大阪のトップに飛び級昇格を果たして以降、主軸として、公式戦96試合9ゴールを記録。日本代表でもヴァイッド・ハリルホジッチ監督の信頼を勝ち取った“怪物”は、今年6月のA代表デビュー以降、全9試合に出場して2ゴールをマークしている。 ▽リーズは、1919年創設の古豪。リオ・ファーディナンド氏や、ロビー・ファウラー氏、エリック・カントナ氏、イアン・ラッシュ氏が過去在籍し、現在は元日本代表MFの藤田俊哉氏が強化部の一員としてリーズのチームスタッフに所属している。 2017.12.12 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪の怪物、来年1月のリーズ移籍合意か 7500万円+ボーナスと現地紙

▽イギリス地元紙『Yorkshire Evening Post』は11日、ガンバ大阪に所属する日本代表MF井手口陽介(21)のリーズ移籍合意を報じた。 ▽同紙で番記者を務めるフィル・ヘイ氏の情報によれば、リーズとG大阪は井手口の今冬移籍に関して、50万ポンド(約7500万円)+ボーナスで合意。ただ、井手口はイングランドでの労働許可証取得条件を満たしていない関係で欧州の他クラブにレンタル移籍することになり、2018-19シーズンのリーズ入りが見込まれているという。 ▽G大阪ユース出身の井手口は、高校2年の2014年に飛び級でトップ昇格し、公式戦通算96試合に出場して9ゴール。今シーズンは明治安田生命J1リーグ30試合に出場して4ゴールを挙げ、2016年に受賞したJリーグベストヤングプレーヤー賞とJリーグYBCルヴァンカップのニューヒーロー賞に続き、Jリーグベストイレブンを初受賞した。 ▽代表キャリアにおいては、今年6月のデビュー以来、9試合2ゴールを記録。EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の代表に帯同する井手口自身は、ロシア・ワールドカップ前の海外移籍に「人の意見に左右されず、思ったことをやっていきたい」と固い決意を口にしている。 ▽リーズは、1919年創設の古豪。リオ・ファーディナンド氏や、ロビー・ファウラー氏、エリック・カントナ氏、イアン・ラッシュ氏が過去在籍し、現在は元日本代表MFの藤田俊哉氏が強化部の一員としてリーズのチームスタッフに所属している。 2017.12.11 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪の東京五輪世代SB初瀬亮「ピッチに立ちたい」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は11日、12日に迫る次戦の中国代表戦に向け、都内で最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、DF初瀬亮がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。東京五輪世代であるガンバ大阪の若きサイドバックは、「あのピッチに立ちたい」と出番を渇望した。 ◆DF初瀬亮(ガンバ大阪) ──次戦の中国戦に向けて 「結果次第で優勝の決まる試合だし、大事だと思う」 ──北朝鮮戦をベンチから見た感想は 「やっぱりアンダー世代との違いは感じたし、A代表は憧れるチーム。でも、チャンスがあるかわからないけど、自分もあのピッチに立ちたいと思った」 「ここに来て練習に参加するだけでも、吸収できるものが多い。吸収したものをしっかりチームに持って帰りたい」 2017.12.11 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

今野泰幸、低調な攻撃に「正解がない」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は10日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF今野泰幸がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。9日に行われた北朝鮮代表との初戦で決勝弾をアシストしたダイナモだが、反省の色を滲ませた。 ◆MF今野泰幸(ガンバ大阪) ──改めて北朝鮮戦を振り返って 「反省の方が多い。決定機を作れなかったし、攻撃でなかなかスピードアップできなかったし、守備でも簡単にチャンスを許した」 ──ボランチが攻撃に絡むと厚みが出たが 「正解がないからわからない。でも、ちょっと個々にポジションに固執し過ぎたかなと。みんな、あまり崩そうとしなかったことで、相手の陣形も崩せなかった。そういった工夫が少し足りなかったように思う」 ──監督の要求に応えようとし過ぎているというのも関係あるのか 「それがあるんであれば、(金崎)夢生を真ん中で生かすために、サイドが連動して崩したり、スルーパスを使ってバイタルエリアをこじ開けたり、個々が考えて互いを生かすことがうまくいかなかった」 「色々な状況がそうさせてしまっているんだと思う。代表戦は重みのある試合で、負けられない。だから、守りにはいってしまう部分が出てくる。そうなると、観ている人から消極的なパスが多かったって言われるかもしれない。サッカーはそんな簡単なものじゃない」 ──自身は司令塔的な動きが際立ったが 「(司令塔としては、)ポジションが低かった。もうちょっと前で、決定機を作る前のパスを出していかないと。決定機を作る人にパスを出していきたい」 2017.12.10 15:25 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング