FC東京U-23

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 FC東京U-23 3 1 0 5 4 10 -6 6

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-05-03
14:00
明治安田生命J3リーグ
第9節
FC東京U-23 vs 盛岡
2018-05-06
14:00
明治安田生命J3リーグ
第10節
FC東京U-23 vs 鳥取
2018-05-20
19:00
明治安田生命J3リーグ
第11節
群馬 vs FC東京U-23
2018-05-26
14:00
明治安田生命J3リーグ
第8節
G大阪U-23 vs FC東京U-23
2018-06-03
14:00
明治安田生命J3リーグ
第12節
FC東京U-23 vs 鹿児島

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.14
14:00
明治安田生命J3リーグ
第7節
FC東京U-23 0 - 1 北九州
2018.04.01
14:00
明治安田生命J3リーグ
第5節
C大阪U-23 2 - 0 FC東京U-23
2018.03.25
14:00
明治安田生命J3リーグ
第4節
FC東京U-23 3 - 0 富山
2018.03.21
14:00
明治安田生命J3リーグ
第3節
長野 1 - 0 FC東京U-23
2018.03.16
19:00
明治安田生命J3リーグ
第2節
YS横浜 3 - 1 FC東京U-23

基本データ

正式名称:FC東京U-23

原語表記:FC TOKYO U-23

ホームタウン:東京都

チームカラー:ブルー、レッド

関連ニュース

thumb

かつてFC東京に所属していた元チュニジア代表FWラサッドが心室細動で意識不明に

▽FC東京は16日、スペイン3部のトレドに所属するFWラサッド・ハッセン・ヌイウィが14日の練習中に心室細動により意識を失い、病院に搬送されたことをお知らせした。 ▽クラブは公式サイトで「このたび、以前FC東京に所属していたラサッド選手が、4/14(土)の練習中に心室細動により意識を失い、病院に搬送されました。現在集中治療室で、原因を調べるための様々な検査やそれに伴う治療を行っています。一日も早いご回復を心よりお祈りしております」と伝えている。 ▽元チュニジア代表のラサッドは、これまでデポルティボやセルティックFCアロウカなどでプレーし、2015年4月に練習参加を経てFC東京入り。5月に加入を発表し、公式戦4試合出場。1stステージ限りの短期契約であったため、6月末には退団し、母国チュニジアのクラブ・アフリカンを経てトレドに加入していた。 2018.04.16 20:46 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京MF内田宅哉が左肩関節脱臼で全治約6週間…ルヴァン杯仙台戦で負傷

▽FC東京は16日、MF内田宅哉が左肩関節脱臼と診断されたことを発表した。全治は約6週間。 ▽内田は4日に行われたYBCルヴァンカップグループステージ第3節のベガルタ仙台戦で先発。しかし、62分に途中交代していた。 ▽FC東京下部組織出身の内田は、2017年にトップチーム昇格。今シーズンはここまでU-23チームとして、明治安田生命J3リーグに2試合、YBCルヴァンカップには3試合出場していた。 2018.04.16 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

上位対決はC大阪の粘り勝ち! …FC東京は終盤久保建英投入も及ばず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第8節、セレッソ大阪vsFC東京が14日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-0でC大阪が勝利した。 ▽リーグ3連勝中の4位C大阪は、2-1で勝利した前節の王者・川崎フロンターレ戦からスタメンを6名変更。片山、山下、福満、山村、田中、ヤン・ドンヒョンに代えて、木本、松田、水沼、西本、杉本、高木を起用した。 ▽リーグ4連勝中の3位FC東京は、2-1で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦からスタメンを1名のみ変更。ディエゴ・オリヴェイラに代えて富樫を起用し、過密日程の中での上位対決に臨んだ。 ▽ボールを繋いで攻撃を構築しようとするC大阪に対し、FC東京は前線からプレスをかけて自由にさせない。ボールを奪った後はシンプルに前に運び、攻撃を完結させようと試みる。 ▽最初に大きなチャンスを手にするのはC大阪。10分、松田の右サイドからのクロスに反応したファーサイドの高木が、ボックス内でワントラップしてマークに付いた室屋をかわす。しかし、左足で放ったシュートは大きくバーを超えた。 ▽最前線の永井のスピードを警戒するC大阪は、徐々に重心を後ろにシフト。FC東京がカウンターをしかけるスペースもなくなり、試合はシュートの少ない展開になっていく。 ▽27分、大森との好連係で右サイドをオーバーラップした室屋が、右サイドからクロスを上げる。しかし、ファーの東がワントラップして放ったシュートは水沼の身体を張ったブロックに阻まれ、FC東京の得点には繋がらない。 ▽結局、前半に得点は生まれず。試合はゴールレスで折り返した。リズムを変えたいFC東京は、後半の頭から富樫に代えてディエゴ・オリヴェイラを投入。起点の位置を押し上げていく。 ▽しかし57分、C大阪に好機が訪れる。右サイドを上がった松田がボックス内に低く速いクロスを入れると、杉本が飛び込んでいく。右足で放ったシュートはGK林にキャッチされたが、FC東京ゴールを脅かした。 ▽反撃に出るFC東京は、直後の58分に反撃。カウンターから右サイドでボールを持ったディエゴ・オリヴェイラが、中央に侵攻する。しかし、そのまま左足で放ったシュートはGKキム・ジンヒョンに阻まれた。 ▽一進一退の攻防が続く中、64分にC大阪が再びチャンスを作り出す。ボックス手前でボールを持った山口が、鋭いシュートフェイントを入れて右サイドに展開。松田が素早く右足を振り抜いたが、FC東京DFにブロックされてネットを揺らすことは叶わない。 ▽そして74分、FC東京は痛恨のミスを犯す。前線への浮き球の対応に動いたGK林とDFチャン・ヒョンスが、ボールを譲り合う。背後から忍び寄る高木に気づいたチャン・ヒョンスのクリアも空振りに。高木がボールを奪い切り、無人のゴールに蹴り込んだ。 ▽1点を追うFC東京は、78分に東に代えて久保を起用。得点が求められる場面で、より攻撃的なカードを切っていく。しかし、C大阪がラインを下げて守備的な戦い方にシフトすると、FC東京はなかなかチャンスを作ることができない。 ▽すると結局、最後までC大阪がリードを保つ形で試合が終了。この結果、ホームで白星のC大阪はリーグ4連勝を飾ることに。対するFC東京は、リーグ5試合ぶりの敗北を喫した。 2018.04.14 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京のFW富樫敬真が交通事故…双方ケガなし「私の不注意」

▽FC東京は13日、FW富樫敬真が交通事故を起こしていたことを発表した。 ▽交通事故は13日の8時5分頃、東京都武蔵野市西久保一丁目 中央通り交差点付近で起こったとのこと。富樫が運転する普通乗用車が東京都武蔵野市西久保一丁目の片側2車線の中央通り交差点において、三鷹通りから井の頭通りへ左折するために左側車線に進入したところ、右側車線で右折待ちのために停車中の車両(普通乗用車)とサイドミラー同士が接触した。 ▽なお、接触した車両に乗車されていた方(女性/同乗者なし)および富樫選手に怪我はないとのこと。事故発生後、速やかに警察等、関係各所に連絡をして対応しているとのことだ。富樫はクラブを通じてコメントしている。 「この度は私の不注意による事故で相手の方をはじめ、多くの関係者に多大なるご迷惑をおかけしたことを大変 申し訳なく思っております。今後このようなことが起きないよう注意していきます。ご迷惑をお掛けし、申し訳ございませんでした」 2018.04.13 22:14 Fri
twitterfacebook
thumb

室屋豪快弾でFC東京が鹿島に逆転勝利! …鹿島は屈辱の連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節のFC東京vs鹿島アントラーズが11日に味の素スタジアムで行われ、2-1でFC東京が逆転勝利した。 ▽リーグ3連勝中のFC東京は、5-2で勝利した前節のV・ファーレン長崎戦からスタメンを1名のみ変更。森重に代えて、丸山を起用した。 ▽一方、リーグ2戦勝ちなしで開幕から複数得点のない鹿島は、1-2で敗北した前節の湘南ベルマーレ戦からスタメンを変更せず。現状のベストメンバーでこの一戦に臨んだ。 ▽試合開始早々、鹿島にアクシデントが発生。1分、橋本と接触した山本が、一度はプレーを再開したものの、6分に再び倒れ込む。担架で運び出され、西との交代を余儀なくされた。 ▽それでも8分には鹿島にチャンスが訪れる。右CKを獲得すると、供給されたクロスは味方には合わなかったが、永井の身体に当たり枠に飛ぶ。しかし、これはGK林が防いだ。 ▽FC東京は、最前線の永井をターゲットに裏へのボールを入れていく。対する鹿島DFは、身体を密着させて永井を自由にさせず、相手の攻撃を許さない。 ▽すると29分、鹿島に決定機が訪れる。FC東京陣内中央でボールを持ったレアンドロが、ドリブルで持ち上がり金崎とのワンツーでボックス手前まで侵攻。FC東京DFのスライディングに遭いシュートは放てなかったが、こぼれ球が金崎に渡り、金崎がゴール右に沈めた。金崎にとっては、J1通算50ゴール目のメモリアル弾となっている。 ▽しかし、39分に鹿島にとって不本意な形で試合が振り出しに戻る。右サイドを侵攻した室屋が低く速いクロスを入れると、ボールはクリアを試みた植田の身体に当たる。これがゴールに吸い込まれた。 ▽鹿島は1点のリードを守り抜けず、不運な失点を喫して悪い雰囲気の中で試合は折り返しに。後半に入ると、FC東京が早々に絶好機を迎える。52分、右サイドからクロスが上がると、ボックス内の東がニアでヘディングシュートを放つ。これはGKクォン・スンテの好守に阻まれたが、鹿島ゴールを脅かした。 ▽すると55分、FC東京に待望の瞬間が訪れる。カウンターの場面で室屋がボックス右に侵攻。トップスピードの状態で角度のないところから右足を振り抜くと、シュートがゴールネットに突き刺さった。 ▽74分にもFC東京にチャンス。カウンターの場面で右サイドからクロスが上がると、ボックス内のディエゴ・オリヴェイラが右足で合わせる。しかし、枠を捉えたシュートはGKクォン・スンテのセーブに遭い、なおもゴールに向かったボールは左ポストに嫌われて得点とはならなかった。 ▽得点が欲しい鹿島は79分、伊東に代えて金森を投入し、攻撃の枚数を増やしてく。逆に、このまま終わりたいFC東京は80分に高萩に代えて米本を起用し、試合を締めに入った。 ▽すると、2-1のスコアで試合が終了。この結果、逆転勝利を飾ったFC東京はリーグでの連勝を4試合に伸ばすことに。対する鹿島は、屈辱の連敗を喫することとなった。 2018.04.11 21:05 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング