クロトーネ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 クロトーネ 12 3 3 10 12 32 -20 16

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-12-17
23:00
セリエA
第17節
クロトーネ vs キエーボ
2017-12-23
20:30
セリエA
第18節
ラツィオ vs クロトーネ
2017-12-29
28:45
セリエA
第19節
クロトーネ vs ナポリ
2018-01-06
23:00
セリエA
第20節
ミラン vs クロトーネ
2018-01-21
23:00
セリエA
第21節
ヴェローナ vs クロトーネ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.12.10
26:00
セリエA
第16節
サッスオーロ 2 - 1 クロトーネ
2017.12.04
27:00
セリエA
第15節
クロトーネ 0 - 3 ウディネーゼ
2017.11.26
28:45
セリエA
第14節
ユベントス 3 - 0 クロトーネ
2017.11.19
20:30
セリエA
第13節
クロトーネ 0 - 1 ジェノア
2017.11.04
26:00
セリエA
第12節
ボローニャ 2 - 3 クロトーネ

基本データ

正式名称:FCクロトーネ

原語表記:Football Club Crotone

創立:1923年

ホームタウン:クロトーネ

チームカラー:青/赤

関連ニュース

thumb

ニコラ前監督辞任のクロトーネ、イタリアのレジェンドGKゼンガ氏を新指揮官に招へい

▽クロトーネは8日、ワルテル・ゼンガ氏(57)の新監督就任を発表した。契約期間に関する詳細は現時点で明かされていない。 ▽今季も降格圏の18位SPALと2ポイント差の16位と苦戦するクロトーネでは、直近のリーグ戦3試合でノーゴールでの3連敗となったことを受け、6日にダヴィデ・ニコラ前監督(44)が辞任を発表していた。 ▽そして、クラブはその後任にイタリアのレジェンドGKであり、昨年10月までチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のウォルバーハンプトンを率いていたゼンガ氏を任命した。 ▽現役時代はイタリア代表やインテル、サンプドリアの正守護神として活躍したゼンガ氏は、引退後にステアウア・ブカレストやレッドスター・ベオグラード、カターニャ、パレルモ、サンプドリアなどを指揮。カターニャ時代には元日本代表FW森本貴幸を指導していたことでも知られている。 ▽ゼンガ新監督の下で再スタートを切るクロトーネは、10日に行われるセリエA第16節で17位サッスオーロとのアウェイゲームに臨む。 2017.12.09 03:17 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季奇跡の残留に導いたクロトーネのニコラ監督が辞任…今季も16位と苦戦

▽クロトーネは6日、ダヴィデ・ニコラ監督(44)が辞任したことを発表した。並びにアシスタントコーチのマヌエル・ガルシア氏やフィジカルコーチのガブリエレ・ストッピノ氏らも辞任している。 ▽ニコラ監督は昨季クロトーネの指揮官に就任。シーズン前半戦で9ポイントしか獲得できなかったものの、残り9試合で6勝を挙げ、最終戦で17位に滑り込んで奇跡の残留を果たしていた。残留を果たした公約として、ニコラ監督はイタリア半島南端のクロトーネから自身の出身地であるトリノまで自転車で縦断したことが話題となった。 ▽しかし、今季も降格圏の18位SPALと2ポイント差の16位と苦戦。リーグ戦ここ3試合はノーゴールでの3連敗を喫していた。 2017.12.06 23:42 Wed
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチやデ・シリオの移籍後初弾など後半の3発でユベントスが快勝《セリエA》

▽ユベントスは26日、セリエA第14節でクロトーネをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節サンプドリア戦を2-3で完敗した3位ユベントス(勝ち点31)は、4日前に行われ、0-0で引き分けたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦のスタメンから5選手を変更。イグアインやピャニッチ、ルガーニらに代わってマンジュキッチやマテュイディ、マルキジオに移籍後初先発となるヘヴェデスが起用された。 ▽14位クロトーネ(勝ち点12)に対し、ヘヴェデスを3バックの中央に据え、マンジュキッチを最前線に据える[3-4-2-1]で臨んだユベントスは、開始4分にドグラス・コスタのパスを受けたボックス左のマテュイディが決定的なシュートを浴びせる。 ▽さらに14分、ドグラス・コスタがミドルシュートを放ったユベントスがクロトーネを圧倒すると、その後もハーフコートゲームを展開。33分にディバラがミドルシュートでオンターゲットを記録すれば、37分にはアレックス・サンドロのミドルシュートが枠の左隅を捉えたが、GKコルダスの好守に阻まれた。 ▽そして、43分には決定機。ボックス手前右からのバルザーリのクロスをマンジュキッチがヘッド。しかし、わずかに枠の右に外れて前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も攻勢をかけたユベントスは52分に先制する。右サイドからのバルザーリのクロスをマンジュキッチがヘッド。今度はゴール右にしっかり決めて見せた。 ▽その後も攻め手を緩めないユベントスは、60分に加点する。左CKの流れからルーズボールをボックス手前右のデ・シリオが右足を一閃。強烈な一撃がゴール右に突き刺さった。 ▽デ・シリオの移籍後初ゴールで余裕を持ったユベントスはボールを動かしながら時間を進めると、71分に3点目を奪う。右CKの流れから右サイドのピャニッチが入れたクロスがファーに流れ、最後はベナティアが押し込んだ。 ▽終盤にかけては流し気味にプレーしたユベントスが3-0で試合を締め、次節ナポリ戦に向けて弾みを付けている。 2017.11.27 06:34 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャFWフェデリコ・ディ・フランチェスコが左ヒザ内側側副じん帯損傷で約2カ月の離脱

▽ボローニャは6日、FWフェデリコ・ディ・フランチェスコ(23)が左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたことを発表。全治見込みが約2カ月となることも伝えている。 ▽ディ・フランチェスコは、4日に行われたセリエA第11節のクロトーネ戦に先発するも前半のみプレーし、後半開始時にクレイチと交代していた。その後、行われた検査の結果、左ヒザ内側側副じん帯の損傷と診断された。 ▽ボローニャは、公式サイトでディ・フランチェスコの状態について説明している。 「本日、クロトーネ戦で左ヒザを負傷したディ・フランチェスコの検査が行われ、左ヒザ内側側副じん帯の損傷と診断された。回復までには60日間を要するだろう」 ▽2016年の夏にボローニャへ加入したディ・フランチェスコは、今シーズンセリエA9試合に出場し、開幕節のトリノ戦で1ゴールを記録していた。 2017.11.07 03:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ペロッティのPK弾でローマがクロトーネに辛勝! 2戦連続ウノゼロで連勝《セリエA》

▽セリエA第10節のローマvsクロトーネが25日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。 ▽前節のトリノ戦を1-0で辛勝した6位ローマはナポリ戦の敗戦をきっちり払拭。その試合から中2日で行われる今節は、ホームに3戦未勝利で17位のクロトーネを迎えた。ディ・フランチェスコ監督はトリノ戦から先発6人を変更。カルスドルプがデビューを飾ったほか、ジェンギズやペロッティ、ジェルソンが先発に入った。 ▽立ち上がりから主導権を握るローマは10分、ボックス左に持ち上がったコラロフが相手DFに倒されてPKを獲得。これを名手ペロッティが冷静にGKの動きを見極めて逆サイドに流し込んだ。 ▽ペロッティの今季初ゴールで勢いづくローマは、今日も左サイドのコラロフが存在感を発揮。17分にはポスト直撃の直接FKでゴールを脅かすと、その後も再三サイドをこじ開ける。 ▽前半のうちに試合を決めたいローマだが。失点以降も粘り強く守るクロトーネを崩し切れない。逆に37分にはローデンの個人技からシュートまで持ち込まれるが、ここはGKアリソンが冷静にセーブ。前半終了間際の40分にはコラロフの折り返しからゼコが右足のシュートを放つが、これも相手GKのセーブに遭い、前半は1-0で終了した。 ▽後半も引き続きコラロフとゼコのコンビで相手ゴールを目指すローマは53分、ボックス左に抜け出したゼコが渾身の左足シュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 ▽前半同様にあと一歩でゴールをこじ開けられないローマは、負傷明けのデフレルやペッレグリーニ、フロレンツィと積極的に交代カードを切っていく。しかし、ボックス付近で2度の決定機を得たデフレルがいずれもシュートを合わせ切れず、チャンスをモノにできない。 ▽その後も1-0の拮抗したスコアのまま試合は終盤に突入。徐々に相手の攻勢に晒されるローマは、クロトーネにセットプレーを与えてピンチを招く。それでも、後半アディショナルタイムのシミッチのシュートはGKアリソンが正面できっちりキャッチし、試合はこのままタイムアップ。2試合連続のウノゼロでしぶとく勝ち切ったローマが、リーグ2連勝を飾った。 2017.10.26 06:09 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング