クロトーネ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
19 クロトーネ 14 3 5 21 21 49 -28 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
22:00
セリエA
第30節
キエーボ vs クロトーネ
2017-04-09
22:00
セリエA
第31節
クロトーネ vs インテル
2017-04-15
22:00
セリエA
第32節
トリノ vs クロトーネ
2017-04-23
22:00
セリエA
第33節
サンプドリア vs クロトーネ
2017-04-30
セリエA
第34節
クロトーネ vs ミラン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.19
23:00
セリエA
第29節
クロトーネ 0 - 1 フィオレンティーナ
2017.03.12
23:00
セリエA
第28節
ナポリ 3 - 0 クロトーネ
2017.03.05
23:00
セリエA
第27節
クロトーネ 0 - 0 サッスオーロ
2017.02.26
23:00
セリエA
第26節
クロトーネ 1 - 2 カリアリ
2017.02.18
26:00
セリエA
第25節
アタランタ 1 - 0 クロトーネ

基本データ

正式名称:FCクロトーネ

原語表記:Football Club Crotone

創立:1923年

ホームタウン:クロトーネ

チームカラー:青/赤

関連ニュース

thumb

インシーニェのドッピエッタなどでナポリがクロトーネに快勝《セリエA》

▽ナポリは12日、セリエA第28節でクロトーネを本拠地サン・パオロに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節ローマ戦をメルテンスのドッピエッタで制し、チャンピオンズリーグ(CL)自動出場権の得られる2位ローマに2ポイント差と迫った3位ナポリ(勝ち点57)は、5日前に行われたCLレアル・マドリー戦を1-3と逆転負けし、ベスト16で敗退。そのレアル・マドリー戦のスタメンから5選手を変更。メルテンスやA・ディアワラ、アルビオルといった主力がベンチスタートとなった。 ▽前節サッスオーロ戦を0-0で引き分けて連敗を5で止めた19位クロトーネ(勝ち点14)に対し、最前線にパヴォレッティを起用したナポリが立ち上がりから攻勢に出ると、7分にカジェホンが枠内シュートを浴びせる。続く11分にはボックス左からインシーニェがコントロールシュートを放つも、GKコルダスの好守に阻まれた。 ▽そして20分にトロッタのシュートでゴールを脅かされたナポリだったが、枠を外れて助かると、31分にボックス左で仕掛けたインシーニェがサンピリージに倒されたとしてPKを獲得。これをインシーニェ自らゴール左に決めてナポリが先制した。 ▽先制後もハーフコートで試合を進めるナポリは、41分に追加点のチャンス。インシーニェの浮き球パスに抜け出したカジェホンがボックス左へ侵入。シュートを放ったが、GKにセーブされ、1点のリードで前半を終了した。 ▽迎えた後半開始3分、ボックス左への侵入を許したファルシネッリに決定的なシュートを浴びるも、GKレイナがセーブしたナポリは、51分にパヴォレッティのヘディングシュートで追加点に迫る。 ▽その後、パヴォレッティに代えてメルテンスを投入したナポリは、64分にハムシクがボックス左でサンピリージに倒されてPKを獲得。これをメルテンスがゴール左へ決めて2-0とした。 ▽さらに70分、ジョルジーニョのフィードをボックス中央で受けたインシーニェがGKとの一対一を難なく決めて3-0としたナポリが快勝。レアル・マドリー戦の敗戦を払拭する勝利を飾って2位ローマにプレッシャーをかけている。 2017.03.13 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ゼコ公式戦6連発&ナインゴラン躍動のローマが連勝で2位堅持! ELビジャレアル戦に弾み《セリエA》

▽セリエA第24節、クロトーネvsローマが12日にスタディオ・エツィオ・スチーダで行われ、アウェイのローマが2-0で勝利した。 ▽前節、フィオレンティーナとの強豪対決に快勝で2位キープのローマは、来週ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)。ラウンド32初戦のビジャレアル戦を控える中、19位にクロトーネとのアウェイゲームに臨んだ。フィオレンティーナ戦からのメンバー変更は2点。アフリカ・ネイションズカップ帰りのサラーが復帰後初先発を飾り、デ・ロッシに代わってレアンドロ・パレデスが起用され、トッティは遠征メンバー外となった。 ▽守備的に入ったホームのクロトーネ相手にゼコを起点に攻勢をかけるローマは、16分にサラーがボックス内でDFフェッラーリに倒されてPKを獲得。だが、前回のウディネーゼ戦でもPKを失敗しているエースFWゼコがまたしてもゴール左に外してしまい、絶好の先制機を逃した。 ▽20分にもエメルソン・パルミエリの左サイドからのクロスをゴール前のサラーが頭で合わす決定機を作ったローマだが、その後は集中して守るクロトーネの守備を前に苦戦が続く。 ▽それでも、40分に左サイドでキープしたストロートマンからパスを受けたナインゴランがボックス内でサラーからのリターンパスを受け直し、右に持ち出しながら右足を振り抜くと、DFの間を抜けたシュートがゴール左隅に吸い込まれた。ゼコのPK失敗もあって苦戦したローマだったが、ナインゴランの2試合連続ゴールで先制に成功した。 ▽迎えた後半、立ち上がりから攻勢をかけるローマは、53分にカウンターから左サイドを持ち上がったナインゴランのダイアゴナルパスをボックス右で収めたゼコがシュートを放つが、これは相手DFにディフレクトしてクロスバーを叩く。このプレーで得たFKの場面ではファシオが打点の高いヘディングシュートを放つが、今度は右ポストに阻まれた。 ▽後半立ち上がりの決定機を逃したローマは、58分にボックス左に抜け出したファルシネッリにゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドの判定。だが、直後の59分にはアコスティのミドルシュートでGKシュチェスニーがファインセーブを強いられるなど、一瞬の隙から続けて決定機を許した。 ▽立ち上がり以降、なかなかチャンスを作り切れず、追加点が遠いローマだったが、ここまで眠っていた主砲がようやく目覚める。77分、パレデスとのパス交換でボックス右ライン際に飛び出したサラーの丁寧な折り返しを、ファーで待ち構えたゼコが冷静に右足で流し込んだ。 ▽ゼコの公式戦6試合連続ゴールで決定的な2点目を奪ったローマは、その後サラーやブルーノ・ペレス、ナインゴランと主力を下げてこれがローマでのリーグデビューとなるマリオ・ルイらをピッチに送り出し、試合を締めにかかる。そして、相手の反撃をきっちりクリーンシートで凌いだローマが、リーグ戦2連勝で2位キープに成功。良い形でミッドウィークのELビジャレアル戦に臨めることになった。 2017.02.12 22:33 Sun
twitterfacebook
thumb

下位チームに苦戦もマンジュキッチ&イグアイン弾でユベントスが延期試合を勝利《セリエA》

▽ユベントスは8日、セリエA第18節延期分でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽3日前に行われた前節インテルとのイタリア・ダービーをクアドラードのゴラッソで勝利した首位ユベントス(勝ち点54)は、2位ローマとの暫定4ポイント差を維持。そのユベントスはミランとのスーペル・コッパで延期となっていた19位クロトーネ(勝ち点13)戦に向けて、インテル戦のスタメンから5選手を変更。クアドラードやピャニッチ、アレックス・サンドロにリヒトシュタイナーらがベンチスタートとなってキエッリーニが欠場となった。 ▽好調の要因となっている[4-2-3-1]を継続し、中盤右サイドに移籍後初先発となるピアツァを据えたユベントスが、[4-4-2]の3ラインを自陣に敷いてきたクロトーネに対し、立ち上がりからボールを保持していく。 ▽高い集中力を保つクロトーネを崩しきれない状況が続いたユベントスは19分、イグアインのミドルシュートで牽制すると、23分にはディバラのボレーシュートでGKを強襲した。引き続きボールを動かしてクロトーネを揺さぶるユベントスは、31、35分とディバラのチャンスメークからイグアインがシュートに持ち込むも、ゴールを脅かすには至らない。 ▽苦戦していたユベントスだったが、前半終了間際の45分にようやく決定機を演出する。ルーズボールに反応したゴールエリア左のピアツァがヘディングシュート。これはGKの好守に阻止されると、さらにこぼれ球をディバラがボレーシュート。しかし、ゴールライン前にいたDFに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半からピアツァを左に、ディバラを右に据えたユベントスが押し込むも、やはり攻めあぐねる状況が続く。それでも、57分にイグアインがヘディングで枠内シュートを浴びせると、60分に均衡を破る。右サイドからのダニエウ・アウベスのクロスにアサモアがヘディングで狙うと、枠を捉えたシュートはGKの好守に防がれるもマンジュキッチが詰めた。 ▽直後、FKからフェッラーリのヘディングシュートでゴールを脅かされたユベントスだったが、GKブッフォンがセーブ。リードを保ったユベントスが敵陣でボールを保持すると、74分に突き放す。ダニエウ・アウベスのスルーパスに反応したイグアインがボックス内へ侵入。GKをかわして無人のゴールに流し込んだ。 ▽終盤、85分のピャニッチのボレーシュートはバーを直撃したものの、クロトーネの反撃を許さずに2-0でシャットアウト。ユベントスが2位ローマとのポイント差を7に広げている。 2017.02.09 04:09 Thu
twitterfacebook
thumb

本田のFKから逆転弾! ミランが最下位クロトーネに苦戦するも勝ち点3を奪取《セリエA》

▽ミランは4日、セリエA第15節でクロトーネをホームに迎え、2-1で勝利した。ミランの本田は81分から出場している。 ▽チーム得点王のバッカを負傷で欠く中、前節のエンポリ戦で快勝し、4戦負けなしの3位ミラン(勝ち点29)。そのエンポリ戦から先発メンバーを3人変更した。右足内転筋を痛めているマティアス・フェルナンデスとハムストリングを負傷しているボナヴェントゥーラに加え、ゴメスを代えてパレッタ、ホセ・ソサ、ニアンを起用。また、好調のスソ、ラパドゥーラはこの日もスタメンに名を連ねた。本田はベンチスタートとなった。 ▽試合前には、シャペコエンセの選手・スタッフらを乗せた先日のチャーター機墜落事故を受けて、黙とうが捧げられた。 ▽3試合白星がない最下位クロトーネ(勝ち点6)相手にしっかりと3ポイントを奪いたいミランは、好調のスソとラパドゥーラを中心にゴールに迫る。しかし、序盤から試合のペースを握るものの、効果的な攻撃を組み立てることができない。 ▽攻めあぐねる時間帯が続くと、昇格組のクロトーネが一瞬の隙を突く。26分、左サイドでボールを受けたトロッタから右サイドのスペースにスルーパス。これに抜け出したローデンがボックス内に侵入し、潰れながらも左に流す。最後はファルシネッリが押し込み、クロトーネが先制点を奪う。 ▽まさか展開となったミランは40分、最終ラインからパレッタがボックス内右にフィード。これに反応したニアンがフリーでディフェンスラインの裏に抜け出すも、トラップミスでシュートまで持ち込めない。しかしその直後、右サイドからのCKをニアに飛び込んだパレッタがファーに逸らすと、待ち構えていたパシャリッチが頭で押し込み、ミランが先行する。 ▽前半のうちに同点に追いついたミランは後半の早い時間帯に逆転のチャンスを迎える。52分、敵陣中央左からのFKをボックス内で収めたラパドゥーラが相手に倒され、PKを獲得。逆転のチャンスを得たミランだが、キッカーのニアンが放ったシュートはGKコルダスに防がれ、逆転とはならない。 ▽絶好のチャンスを不意にしたミランはその後もゴール前まで迫るも、クロトーネの粘り強いディフェンスを前にゴールを決めることができない。状況を変えたいモンテッラ監督は81分、この日不調のニアンに代えて、10月25日に行われたジェノア戦以来の出場となる本田を投入する。 ▽すると迎えた86分、敵陣中央左からのFK、キッカーの本田がゴール前にクロスを入れると、相手がクリアしきれず。これを拾ったラパドゥーラが右足でシュートを放つと、DFの股を抜けてゴール左に吸い込まれた。ついにゴールをこじ開けたミランが2-1と逆転する。 ▽その後は、ミランが集中したディフェンスでクロトーネの攻撃を防ぎ切り、試合終了。最下位相手に苦しい展開を強いられるも、なんとか勝ち点3を奪取したミランは次節、ローマとの上位対決に挑む。 2016.12.04 23:18 Sun
twitterfacebook
thumb

クロトーネを撃破したエンポリが今季リーグ戦初勝利を飾る!《セリエA》

▽12日にセリエA第3節のエンポリvsクロトーネがスタディオ・カルロ・カステラーニで行われ、2-1でエンポリが勝利した。 ▽共に開幕2連敗スタートとなったエンポリとクロトーネの一戦は、地力に勝るエンポリが優位に試合を進めると31分、パスクアルの左CKに走り込んだベッルッシが頭でゴール左隅に流し込んだ。 ▽先手を奪ったエンポリだったが、前半終了間際に一瞬の隙を突かれる。クロトーネは前半アディショナルタイム2分、ボックス右でサンピリージからのパスを受けたローデンがクロス。これをゴール前に走り込んだサンピリージがヘディングで叩き込んだ。 ▽1-1で迎えた後半、最初のチャンスはエンポリに生まれる。56分、バイタルエリア右でFKを獲得するとパスクアルの蹴ったボールをファーサイドのコスタが頭で流し込んだ。 ▽何とか攻め手を見出したいクロトーネだったが、80分にドゥセンネがこの試合2枚目のカードをもらい、退場処分に。ビハインドに加え、数的不利を背負うことになった。 ▽結局、試合はそのまま2-1で終了。エンポリが今シーズンのリーグ戦初勝利をホームで飾った。 2016.09.13 06:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング