クロトーネ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 クロトーネ 35 9 8 21 40 66 -26 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.20
25:00
セリエA
第38節
ナポリ 2 - 1 クロトーネ
2018.05.13
22:00
セリエA
第37節
クロトーネ 2 - 2 ラツィオ
2018.05.06
22:00
セリエA
第36節
キエーボ 2 - 1 クロトーネ
2018.04.29
19:30
セリエA
第35節
クロトーネ 4 - 1 サッスオーロ
2018.04.22
22:00
セリエA
第34節
ウディネーゼ 1 - 2 クロトーネ

基本データ

正式名称:FCクロトーネ

原語表記:Football Club Crotone

創立:1923年

ホームタウン:クロトーネ

チームカラー:青/赤

関連ニュース

thumb

ナポリに屈したクロトーネが2年でセリエBへ降格《セリエA》

▽クロトーネは20日、セリエA最終節でナポリとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。この結果、クロトーネのセリエB降格が決まっている。 ▽14位キエーボ(勝ち点37)、15位ウディネーゼ(勝ち点37)、16位カリアリ(勝ち点36)、17位SPAL(勝ち点35)、18位クロトーネ(勝ち点35)による痺れる残留争い。 ▽前節ラツィオに善戦して2-2と引き分けたクロトーネが、クラブ史上最多の勝ち点を積み上げたナポリのホームに乗り込んだ一戦。 ▽勝ち点を加えなければ2年ぶりの降格となるクロトーネは立ち上がりからナポリに押し込まれると、23分に失点する。ボックス手前左からのインシーニェのクロスをファーサイドのミリクにヘディングで決められた。 ▽さらに32分、左サイドからのインシーニェのクロスをカジェホンにボレーで叩き込まれ、リードを広げられてしまう。その後も攻撃のチャンスを掴めないクロトーネは、42分にカジェホンにミドルシュートでゴールを脅かされるなど、劣勢のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、ゴールが必要なクロトーネがリスクを負って前がかっていく。しかし、ナポリを脅かすには至らない攻撃が続くと、64分までに3枚の交代枠を使った。 ▽だが、引き続きナポリペースで試合が進むと、74分にジョルジーニョにミドルシュートで牽制される。 ▽追加タイム1分、トゥッミネッロのミドルシュートで一矢報いたクロトーネだったが、反撃はここまで。勝ち点を積み上げられず降格となった。 2018.05.21 03:12 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、残留争うクロトーネに痛恨ドローでCL出場の行方は最終節のインテル戦に持ち越し《セリエA》

▽ラツィオは13日、セリエA第37節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽前節アタランタ戦を1-1と引き分けた4位ラツィオ(勝ち点71)は、前日の試合でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う5位インテル(勝ち点69)がサッスオーロに敗れたことで、最終節のインテルとの直接対決を前にクロトーネに勝利すれば4位以上を確定できる状況となった。そのラツィオはエースのインモービレに加え、L・アルベルトが負傷した中、2トップはカイセドとフェリペ・アンデルソンが組んだ。 ▽残留を争っている16位クロトーネ(勝ち点34)に対し、立ち上がりから押し込んだラツィオは12分にミリンコビッチ=サビッチがミドルシュートで牽制すると、15分にPKを獲得する。ルリッチが左サイドから仕掛けてボックス内に侵入したところでチェッケリーニに倒された。このPKをルリッチがゴール左隅に決めてラツィオが先制した。 ▽しかし29分、ボックス手前左からのマルテッラのクロスをシミーにヘッドで押し込まれ、試合を振り出しに戻された。 ▽ハーフタイムにかけてラツィオが押し込む流れを続けると、39分にビッグチャンス。フェリペ・アンデルソンのスルーパスを受けたカイセドがボックス中央に侵入してGKと一対一となったが、コルダスに止められてしまう。さらに41分、CKの流れからボックス左のミリンコビッチ=サビッチのコントロールシュートが枠を捉えるも、ここもGKコルダスのファインセーブに阻まれ、前半を1-1で終えた。 ▽後半もラツィオが押し込む流れが続くも、61分に逆転される。右サイドからのFKをファーサイドのチェッケリーニにボレーで蹴り込まれた。 ▽まさかの逆転を許したラツィオは、65分に3枚目の交代カードを使い切る。バスタに代えてナニを投入した。しかし68分にもピンチ。左サイドをナリーニに突破され、ローデンにシュートを打たれたが、ゴールライン前に戻っていたデ・フライが何とか弾き出した。 ▽終盤にかけて攻めあぐねていたラツィオだったが84分、同点に追いつく。FKの流れから右サイドのフェリペ・アンデルソンのクロスをデ・フライが頭で逸らすと、ボックス中央のミリンコビッチ=サビッチが絶妙なトラップからゴール右へシュートを流し込んだ。 ▽しかし、勝ち越しゴールは奪えず2-2でタイムアップ。痛恨のドローに終わり、最終節インテルとの直接対決を前にラツィオはCL出場を決めることはできなかった。 2018.05.14 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

バイシクル弾を浴びて格下にドローのユーベ、4ポイント差でナポリとの直接対決へ《セリエA》

▽ユベントスは18日、セリエA第33節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽3日前に行われた前節サンプドリア戦を途中出場のドグラス・コスタの3アシストで快勝した首位ユベントス(勝ち点84)は、2位ナポリとのポイント差を「6」に広げた。そのサンプドリア戦のスタメンから大幅に8選手を変更。4日後にナポリとの大一番を控える中、ピャニッチやケディラが欠場し、GKブッフォンやキエッリーニがベンチスタートとなって、ディバラ、マテュイディ、ルガーニのみ引き続きスタメンとなった。そして、温存されていたイグアインやベナティア、アレックス・サンドロら主力が先発となった。 ▽降格圏に位置する18位クロトーネ(勝ち点27)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは、右サイドにドグラス・コスタ、左サイドにストゥラーロを配した。 ▽しかし、攻め手がなく打開できない状況が続くと、ドグラス・コスタとストゥラーロのポジションを入れ変えて変化を付けにかかる。すると16分、ブラジリアンコンビで先制する。左サイドからのドグラス・コスタの鋭いクロスに、ニアサイドのアレックス・サンドロがヘディングで合わせたシュートがゴールに吸い込まれた。 ▽先制したユベントスは32分にイグアインが枠内シュートを浴びせるも、単発な攻撃が続く。 ▽すると、最前線のシミーにボールを集めるクロトーネに前半終盤の44分、そのシミーに枠内シュートを浴びせられるがGKシュチェスニーがセーブし、ユベントスが1点をリードして後半へ折り返した。 ▽迎えた後半、57分に誤審からボックス内での間接FKを取られてピンチを迎えたユベントスは、マルキジオに代えてベンタンクールを投入し、中盤の強度を維持しにかかった。だが65分、シミーに豪快なバイシクルシュートを叩き込まれ、試合を振り出しに戻されてしまう。 ▽ピリっとしない試合運びのユベントスはストゥラーロに代えてクアドラードを投入。すると70分、マテュイディのミドルシュートが枠を捉えたが、GKコルダスの好守に阻まれた。さらに72分、イグアインのゴール至近距離からのボレーシュートもGKコルダスのファインセーブに阻まれてしまう。 ▽終盤、ディバラに代えて負傷明けのベルナルデスキを投入したユベントスだったが、結局勝ち越しゴールを奪えずに1-1でタイムアップ。次節ナポリとの大一番を前に再び4ポイント差に縮められて決戦を迎えることとなった。 2018.04.19 05:57 Thu
twitterfacebook
thumb

クロトーネのリビア代表MFベナリが右足骨折で今季絶望…

▽クロトーネは5日、リビア代表MFアームド・ベナリ(26)が右足の骨折により今季絶望となったことを発表した。 ▽ベナリは、4日に行われたセリエA第27節延期分のトリノ戦(1-4で敗戦)に先発出場したが、16分に右足を負傷しMFニッコロ・ザネラートと交代。クラブは5日、検査の結果として右足第五中足骨の骨折と発表した。 ▽また、クロトーネは今季絶望となったベナリに対して「フォルツァ・アームド!ピッチで君を待っている」と、励ましの声明を送った。 ▽なお、降格圏の18位に沈むクロトーネは、クロアチア人FWアンテ・バドミルが左足骨折の重傷で今季絶望となっており、ベナリの離脱は降格圏脱出を目指すチームにとって、大きな痛手となった。 2018.04.06 01:35 Fri
twitterfacebook
thumb

緩さ目立つも主力温存のローマが格下クロトーネ撃破! 3連勝で3位死守《セリエA》

▽セリエA第29節、クロトーネvsローマが18日にスタディオ・エツィオ・スチーダで行われ、アウェイのローマが2-0で勝利した。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグのシャフタール戦を1-0で勝利し、2戦合計2-2もアウェイゴール差で10年ぶりのベスト8進出を果たしたローマ。現在、3位に位置するセリエAではナポリ、トリノに連勝している中で17位クロトーネ相手に3連勝を目指した。シャフタール戦からはデ・ロッシ、マノラス、フロレンツィなど主力6人を温存し、ゴナロンやブルーノ・ペレス、ジェルソンなど控え数人を起用した。 ▽格下相手にいつも通りボールを保持して主導権を握るローマだが、控え主体のメンバー構成の影響か、立ち上がりからアタッキングサードでのプレー精度を欠く。12分にはセットプレーのこぼれ球をナインゴランが豪快なシュートで狙うが枠を外れる。 ▽その後も不用意なロストからカウンターを許すなど、雑なプレーが目立つローマは、前線のゼコになかなか良い形でボールが入らない。さらにボックス付近で無駄に手数をかける場面が散見され、相手の帰陣を許してはことごとくパスやシュートが相手に引っ掛かってしまう。 ▽それでも、39分にはボックス手前のペッレグリーニが左サイドを攻めあがってきたコラロフに展開。ここから高精度の高速クロスが入ると、抜群のタイミングでゴール前に飛び込んだエル・シャーラウィがワンタッチでゴールに流し込んだ。 ▽低調な試合内容もここ最近の効率の良さを見せて1点リードで試合を折り返したローマ。51分には右サイドに流れたナインゴランのパスからボックス右のゼコが右足を振り抜くが、ここは相手GKの好守に阻まれる。 ▽すると、前半同様に緩さを見せるアウェイチームは57分、最終ラインのファシオがトロッタにボールを奪われて絶体絶命のピンチを招く。だが、ここは勇敢な飛び出しでシュートコースを消したGKアリソンの好守と、DFファン・ジェズスのカバーで事なきを得る。だが、このプレーをキッカケにクロトーネを勢いづかせてしまい、再三サイドから際どいクロスを許す。 ▽流れを変えたいローマはペッレグリーニとジェルソンを下げてストロートマン、フロレンツィを続けて投入。主力をピッチに送り込んで緩んだ空気を締めにかかる。すると、75分にはボックス手前でフロレンツィのヘディングパスを受けたナインゴランが細かいフェイクを入れながら左足のミドルシュートをゴール左隅に流し込み、決定的な2点目を奪った。 ▽その後もカウンターの応酬と落ち着かない展開の中で幾つか決定機を許しながらも凌ぐローマ。逆に、後半アディショナルタイムには途中出場のジェンギズ・ユンデル、フロレンツィに続けて決定機も、ここは相手守備陣の好守に阻まれた。主力温存の中で緩さが目立ったローマだったが、最終的に2-0で勝利。リーグ戦3連勝としたチームは3位死守に成功した。 2018.03.19 00:55 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング