超ワールドサッカー

クロトーネ

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 クロトーネ 31 8 7 22 31 57 -26 37

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-05-28
27:45
セリエA
第38節
クロトーネ vs ラツィオ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.21
22:00
セリエA
第37節
ユベントス 3 - 0 クロトーネ
2017.05.14
22:00
セリエA
第36節
クロトーネ 1 - 0 ウディネーゼ
2017.05.07
22:00
セリエA
第35節
ペスカーラ 0 - 1 クロトーネ
2017.04.30
22:00
セリエA
第34節
クロトーネ 1 - 1 ミラン
2017.04.23
22:00
セリエA
第33節
サンプドリア 1 - 2 クロトーネ

基本データ

正式名称:FCクロトーネ

原語表記:Football Club Crotone

創立:1923年

ホームタウン:クロトーネ

チームカラー:青/赤

関連ニュース

thumb

ディバラの直接FK弾など3発快勝のユベントスがセリエA史上初の6連覇達成、今季2冠目《セリエA》

▽ユベントスは21日、セリエA第37節でクロトーネをホームに迎え、3-0で快勝し、セリエA史上初の6連覇を達成している。 ▽前節ローマ戦を1-3と完敗してリーグ戦3試合勝利から見放されている首位ユベントス(勝ち点85)は、4日前に行われたコッパ・イタリア決勝のラツィオ戦を2-0と完勝して史上初の3連覇を達成した。3冠の可能性を残す中、勝利すれば史上初の6連覇達成となるユベントスは、ラツィオ戦のスタメンから4選手を変更。GKブッフォンやクアドラード、ベナティアに出場停止だったピャニッチが先発に戻った。 ▽ここ7試合負けがなく、残留圏内のエンポリに1ポイント差に詰め寄っている18位クロトーネ(勝ち点31)に対し、ユベントスが立ち上がりから押し込むと、12分に先制した。右サイドからのクアドラードのアーリークロスにファーサイドのマンジュキッチが左足で押し込んだ。 ▽31歳となったマンジュキッチのバースデーゴールにより先制したユベントスがその後も攻勢に出ると、23分にイグアインがミドルシュートでGKを強襲。そして、前半半ば以降も敵陣でボールを保持していったユベントスは39分、ボックス手前右で得たFKをディバラが直接沈めて突き放し、前半を2点リードして終えた。 ▽迎えた後半開始1分にクアドラードがGKを強襲するシュートを浴びせたユベントスは、49分にもマンジュキッチがボックス内から決定的なシュートを浴びせた。 ▽その後も試合をコントロールするユベントスが主導権を握る中、70分にクアドラードに代えてバルザーリを投入し、守備固めに入る。 ▽そして83分、ディバラの左CKからアレックス・サンドロのヘディングシュートがバーの下を叩いてゴールラインを割り、3-0としたユベントスが快勝。史上初のセリエA6連覇を達成し、コッパ・イタリアに続き今季2冠目を獲得した。なお、敗れたクロトーネはエンポリがアタランタに敗れたため、最終節での逆転残留の望みを残している。 2017.05.22 00:12 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第37節プレビュー】6連覇目前のユーベ、奇跡の逆転残留目指すクロトーネと対戦

▽前節はローマがユベントスに逆転勝利を飾り、目前での優勝を阻止。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ナポリが勝利し、2位ローマとの1ポイント差を維持した。ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いでは躓いているミラノ勢を尻目にフィオレンティーナが6位ミランに1ポイント差に詰め寄っている。迎える第37節の注目試合は6連覇に引き続き王手を懸けるユベントスが、奇跡の残留へ怒涛の追い上げを見せているクロトーネをホームに迎える一戦だ。 ▽CLモナコ戦後、コッパ・イタリア決勝を控えていたこともあって一部主力を温存した首位ユベントス(勝ち点85)は、前節ローマ戦を1-3と完敗。リーグ戦3試合勝利から見放されている中、水曜日に行われたラツィオとのコッパ・イタリア決勝では2-0と完勝して史上初の3連覇を達成した。3冠の可能性を残す中、勝利すれば史上初の6連覇達成となるユベントスだが、対戦相手の18位クロトーネ(勝ち点31)は、ここ7試合負けがなく5勝を挙げており絶好調。残留圏内のエンポリに1ポイント差に詰め寄っていて、奇跡の残留に向けて一筋縄ではいかない相手となりそうだが、最終節ボローニャ戦を前に優勝を決められるか。 ▽ゼコとストロートマンを欠きながらもユベントスに完勝して2位を死守したローマ(勝ち点81)は、13位キエーボ(勝ち点43)とのアウェイ戦に臨む。残留が決まってモチベーションに欠ける相手を確実に下し、ナポリ、ユベントスにプレッシャーをかけたい。 ▽ローマの結果を受けて、3位ナポリ(勝ち点80)はEL出場権獲得を目指す7位フィオレンティーナ(勝ち点59)とのホーム戦に臨む。前節はトリノ相手にトリデンテが揃い踏みし5-0と圧勝したナポリはローマを1ポイント差で追走。ラツィオに3-2と競り勝ってEL出場権獲得が現実味を帯びてきたフィオレンティーナを下して、ローマを追走できるか。 ▽前節アタランタとのロンバルディア・ダービーを1-1の引き分けに持ち込んだものの5試合勝利から見放されている6位ミラン(勝ち点60)は、余裕を持って残留を決めたボローニャ(勝ち点41)とのホーム戦で6位死守を目指す。 ▽そして、ピオリ監督を解任したものの4連敗と泥沼を抜け出せない8位インテル(勝ち点56)は、4位を確定させてELストレートインを果たしたラツィオとのアウェイ戦に臨む。サポーターにも見放され、泥沼のチーム状態だが、コッパ・イタリア決勝で相性の悪いユベントスに完敗した失意のラツィオを下してEL出場に望みをつなげられるか。サッスオーロ戦では前半のみの出場となった長友だが、イタリア『ガゼッタ』は先発予想としている。 ◆セリエA第37節 ▽5/20(土) 《25:00》 キエーボ vs ローマ 《27:45》 ナポリ vs フィオレンティーナ ▽5/21(日) 《22:00》 ミラン vs ボローニャ ウディネーゼ vs サンプドリア サッスオーロ vs カリアリ ジェノア vs トリノ エンポリ vs アタランタ ユベントス vs クロトーネ 《27:45》 ラツィオ vs インテル ▽5/22(月) 《27:45》 ペスカーラ vs パレルモ 2017.05.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランが格下相手に2戦連続の取りこぼし…残留を争うクロトーネに痛恨のドロー《セリエA》

▽ミランは4月30日、セリエA第34節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、1-1の引き分けに終わった。日本代表MF本田圭佑はベンチ入りも出場機会なかった。 ▽前節、残留を争うエンポリにホームで痛恨の敗戦を喫した6位ミラン(勝ち点58)が、降格圏内の18位に沈むクロトーネ(勝ち点24)の本拠地スタディオ・エツィオ・スチーダに乗り込んだ一戦。そのミランは、エンポリ戦からスタメンを3人変更。デ・シリオ、ホセ・ソサ、パシャリッチに代えてヴァンジョーニ、クツカ、ロカテッリをスタメンで起用した。 ▽来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に向けて負けられないミランだったが、立ち上がりから積極的な入りを見せたクロトーネを前に後手に回ると2分、バルベリスのFKからゴールを脅かされるも、このピンチはGKドンナルンマのセーブで難を逃れた。 ▽守護神の好セーブでピンチを凌いだミランだったが、9分にクロトーネに隙を突かれ先制を許す。自陣深くでボールを奪ったデウロフェウのクリアをバイタルエリア中央でマルテッラが弾き返すと、ボックス手前のナリーニが頭で繋ぎ、最後はボックス内でボールを拾ったトロッタがゴール左から左足でシュートを突き刺した。 ▽反撃に出たいミランだったが、クロトーネの素早い寄せに苦しんでパスが乱れてしまい、なかなかシュートまで結びつけることができない。それでもミランの決定機は41分、デウロフェウのスルーパスをボックス右で受けたスソが縦に切り込み右足を振り抜いたが、シュートはGKコルダスのセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半も、最初のチャンスはクロトーネに生まれる。47分、中盤でボールを奪ったクリセティグがドリブルで持ち上がりボックス左のトロッタへラストパス。これを受けたトロッタが縦に切り込み左足を振り抜いたが、シュートはGKドンナルンマがファインセーブ。 ▽ピンチを凌いだミランは50分にセットプレーから同点に追いつく。ボックス左付近でショートコーナーを受けたヴァンジョーニのクロスをゴール右のクツカが頭で折り返すと、ゴール前に走り込んだパレッタが押し込んだ。 ▽同点に追いついたミランは、52分にもスソのロングスルーパスに反応したデウロフェウが飛び出したGKをかわしゴール右まで侵攻すると、ゴール前へのラストパスに走り込んだラパドゥーラが合わせたが、シュートはゴールライン上でロージにブロックされた。 ▽同点弾で後半の主導権を握ったミランは74分、ボックス左でM・フェルナンデスからのパスを受けたデウロフェウがゴール右隅を狙ったコントロールシュートを放ったが、これはGKコルダスがファインセーブでかき出した。 ▽格下相手に取りこぼしを避けたいミランは、81分にデウロフェウを下げてバッカを投入。しかし、最後まで集中して守るクロトーネの牙城を崩せず。さらに、試合終了間際には無謀なチャレンジをしたクツカが2枚目のイエローカードで退場。結局、ミランは2戦連続で残留を争う下位相手に勝ち点3を取りこぼした。 2017.05.01 00:39 Mon
twitterfacebook
thumb

ファルシネッリのドッピエッタに沈んだインテルが下位クロトーネにまさかの敗戦…《セリエA》

▽インテルは9日、セリエA第31節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れている。インテルのDF長友佑都はベンチ入りするも出場機会はなかった。 ▽前節のサンプドリア戦で1-2の逆転負けを喫した6位インテル(勝ち点55)が、18位クロトーネ(勝ち点17)のホームに乗り込んだ一戦。ヨーロッパリーグ(EL)出場を目指すインテルは、サンプドリア戦から先発メンバーを2人変更。ガリアルディーニとブロゾビッチに代えて、ムリージョとコンドグビアを起用した。長友はベンチスタートとなっている。 ▽下位相手にきっちりと勝利を収めたいインテルだったが、立ち上がりからカウンターを仕掛けてくるホームのクロトーネに先制点を許してしまう。17分、速攻からトロッタにボックス左への侵攻を許すと、スライディングでの対応を試みたメデルの手がボールに触れてしまいPKを与えてしまう。これをファルシネッリに左隅へと沈められた。 ▽不運な形で先制を許したインテルは22分にも失点。ロングボールを前線で収めたトロッタから自陣左サイドにスルーパスを通されると、GKハンダノビッチが飛び出すも、ファルシネッリにチップキックで頭上をかわされてゴールネットに揺らされた。 ▽早くも2点を追う立場となったインテルは、縦パスの精度を欠き、逆にカウンターを食らうという悪循環に陥る。すると40分、ストイアンに左サイドからクロスを入れられるとこれはメデルがスライディングで阻止する。ところがこぼれ球をストイアンに拾われるとゴール前にラストパス。走り込んだローデンにフリーでシュートを放たれるも、ミランダが必死のブロックでこれを防ぐ。 ▽決定打になりかけた前半終盤のピンチを凌ぎ、2点ビハインドで試合を折り返したインテルは後半開始からパラシオとエデルを投入して反撃に出る。57分、敵陣中央右からカンドレーバがアーリークロスを供給。クリアボールに反応したペリシッチがボックス左からダイレクトで右足を合わせるが、ゴール左をわずかに外れる。 ▽その後も攻勢を続けるインテルは終盤に差し掛かると、セットプレーから1点を返す。65分、バネガの右CKをニアサイドでコンドグビアが頭でコースを変えると、ゴール前に走り込んだダンブロージオが右足で押しこんだ。 ▽1点を返したインテルが猛攻を仕掛ける。72分、イカルディの落としを受けた途中出場のエデルがボックス手前から右足を振り抜く。しかし、これが左ポストに直撃。さらに86分、右サイドからパラシオがクロスを入れると、フリーのペリシッチが頭で合わせるも、枠を捉えきれない。 ▽その後もクロトーネゴールに迫るインテルだったが、最後まで反撃は実らず、1-2で試合終了。ファルシネッリのドッピエッタで痛恨の敗戦となったインテルが、リーグ連敗で6位に後退した。 2017.04.10 00:12 Mon
twitterfacebook
thumb

インシーニェのドッピエッタなどでナポリがクロトーネに快勝《セリエA》

▽ナポリは12日、セリエA第28節でクロトーネを本拠地サン・パオロに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節ローマ戦をメルテンスのドッピエッタで制し、チャンピオンズリーグ(CL)自動出場権の得られる2位ローマに2ポイント差と迫った3位ナポリ(勝ち点57)は、5日前に行われたCLレアル・マドリー戦を1-3と逆転負けし、ベスト16で敗退。そのレアル・マドリー戦のスタメンから5選手を変更。メルテンスやA・ディアワラ、アルビオルといった主力がベンチスタートとなった。 ▽前節サッスオーロ戦を0-0で引き分けて連敗を5で止めた19位クロトーネ(勝ち点14)に対し、最前線にパヴォレッティを起用したナポリが立ち上がりから攻勢に出ると、7分にカジェホンが枠内シュートを浴びせる。続く11分にはボックス左からインシーニェがコントロールシュートを放つも、GKコルダスの好守に阻まれた。 ▽そして20分にトロッタのシュートでゴールを脅かされたナポリだったが、枠を外れて助かると、31分にボックス左で仕掛けたインシーニェがサンピリージに倒されたとしてPKを獲得。これをインシーニェ自らゴール左に決めてナポリが先制した。 ▽先制後もハーフコートで試合を進めるナポリは、41分に追加点のチャンス。インシーニェの浮き球パスに抜け出したカジェホンがボックス左へ侵入。シュートを放ったが、GKにセーブされ、1点のリードで前半を終了した。 ▽迎えた後半開始3分、ボックス左への侵入を許したファルシネッリに決定的なシュートを浴びるも、GKレイナがセーブしたナポリは、51分にパヴォレッティのヘディングシュートで追加点に迫る。 ▽その後、パヴォレッティに代えてメルテンスを投入したナポリは、64分にハムシクがボックス左でサンピリージに倒されてPKを獲得。これをメルテンスがゴール左へ決めて2-0とした。 ▽さらに70分、ジョルジーニョのフィードをボックス中央で受けたインシーニェがGKとの一対一を難なく決めて3-0としたナポリが快勝。レアル・マドリー戦の敗戦を払拭する勝利を飾って2位ローマにプレッシャーをかけている。 2017.03.13 00:58 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング