ラス・パルマス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 ラス・パルマス 35 9 8 11 44 45 -1 28

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-03
27:45
リーガエスパニョーラ
第29節
セルタ vs ラス・パルマス
2017-04-06
26:30
リーガエスパニョーラ
第30節
エイバル vs ラス・パルマス
2017-04-09
27:45
リーガエスパニョーラ
第31節
ラス・パルマス vs ベティス
2017-04-14
27:45
リーガエスパニョーラ
第32節
ビルバオ vs ラス・パルマス
2017-04-23
25:30
リーガエスパニョーラ
第33節
ラス・パルマス vs アラベス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.17
28:45
リーガエスパニョーラ
第28節
ラス・パルマス 1 - 0 ビジャレアル
2017.03.10
28:45
リーガエスパニョーラ
第27節
エスパニョール 4 - 3 ラス・パルマス
2017.03.05
26:30
リーガエスパニョーラ
第26節
ラス・パルマス 5 - 2 オサスナ
2017.03.01
29:30
リーガエスパニョーラ
第25節
レアル・マドリー 3 - 3 ラス・パルマス
2017.02.24
28:45
リーガエスパニョーラ
第24節
ラス・パルマス 0 - 1 ソシエダ

基本データ

正式名称:UDラス・パルマス

原語表記:nion Deportiva Las Palmas

創立:1949年

ホームタウン:ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア

チームカラー:黄/青

関連ニュース

thumb

ラス・パルマス監督セティエン、クラブとの契約を延長せず今季限りで退団

ラス・パルマスのキケ・セティエン監督(58)が18日、今季終了後に同クラブを退団する意向を発表した。<br><br>今季限りでラス・パルマスとの契約が切れる状況だったセティエン監督は、18日に記者会見を開き同クラブとの契約を延長しないことを発表。次のようにコメントしている。<br><br>「今日の朝、ラス・パルマスとの関係を解消するという決断をクラブに伝えた。クラブとの意見の相違は、もう埋められないものとなっていた」<br><br>「新監督がやって来ることで、希望は刷新されるはずだ。失業中だった18カ月前に、このクラブが私を拾ってくれたことは忘れない。ラス・パルマスで過ごした日々はこれからも思い出すだろうし、今後もこのチームの勝利に喜び、敗戦に涙を流すだろう」<br><br>スペイン『マルカ』によれば、セティエン監督が退団を決断した理由は多岐にわたる。複数の選手たちとの関係は冷え切っており、またミゲル・アンヘル・ラミレス会長及び強化部門が、選手補強に関して自身の意向を反映しなかったことに不満を抱えていたという。<br><br>セティエン監督は2015-16シーズン途中にラス・パルマス監督に就任し、一時は降格圏に位置していた同チームをリーガエスパニョーラ1部残留に導いている。同指揮官率いるラス・パルマスが実践したポゼッション重視の攻撃サッカーは、大きな評価を得ていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.18 23:15 Sat
twitterfacebook
thumb

退場者出したビジャレアル、連勝が3でストップしCL圏遠のく《リーガエスパニョーラ》

▽ビジャレアルは17日、リーガエスパニョーラ第28節ラス・パルマスとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽前節セルタ戦を1-0と勝利して3連勝とした5位ビジャレアル(勝ち点48)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位アトレティコ・マドリーを4ポイント差で追走。そのビジャレアルはセルタ戦のスタメンから2選手を変更。ソルダード、バカンブに代えてサンソーネとロベルト・ソリアーノを起用した。 ▽前節エスパニョールとの打ち合いに敗れた12位ラス・パルマス(勝ち点)に対し、ビジャレアルはサンソーネを1トップに据え、中盤アンカーにブルーノ・ソリアーノ、2列目に右からカスティジェホ、トリゲロス、ジョナタン・ドス・サントス、ロベルト・ソリアーノと並べる[4-1-4-1]を採用した。 ▽そのビジャレアルは開始2分にカスティジェホのミドルシュートでゴールに迫るも、10分に失点する。左サイドからのD・カステジャーノのクロスにK・ボアテングに頭で合わせられた。 ▽さらに20分、K・ボアテングにディフェンスライン背後を取られたビクトル・ルイスが後方からK・ボアテングを倒し、一発退場となった。10人となったビジャレアルはカスティジェホを下げてA・ゴンサレスを投入した。 ▽引き続きラス・パルマスの劣勢が続くと、31分にはK・ボアテングのパスからボックス左のマテオ・ガルシアのシュートを浴びるも、GKがセーブ。ハーフタイムにかけてもラス・パルマスのポゼッションを許したビジャレアルは、反撃の糸口を掴めないまま前半を終えた。 ▽迎えた後半も苦しいビジャレアルは57分にK・ボアテングに決定的なヘディングシュートを許すも、わずかに枠を外して助かった。 ▽それでも59分、ボックス手前左からサンソーネのシュートが枠の右を捉えるチャンスを演出。これはGKの好守に阻まれたが、ここから流れを引き寄せると、65分にはトリゲロスが直接FKでGKを強襲した。終盤にかけても10人のビジャレアルが必死の反撃に出たが及ばず、0-1のまま敗戦。連勝が3で止まり、CL圏が遠のいている。 2017.03.18 06:37 Sat
twitterfacebook
thumb

10人のマドリーが土壇場で2点差追いつくも痛恨ドロー…45戦連続得点の新記録樹立もベイル愚行で首位陥落…《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは1日、サンチャゴ・ベルナベウで行われたリーガエスパニョーラ第25節でラス・パルマスと対戦し、3-3のドローに終わった。 ▽前節、難敵ビジャレアルとのアウェイゲームで2点を先行される苦しい戦いを強いられたマドリーだが、クリスティアーノ・ロナウドの2試合連続ゴール、途中出場のモラタの劇的逆転ゴールなどで、3-2で逆転勝利し、バレンシア戦に続く連敗を回避。同試合で公式戦44試合連続得点を記録し、1942年11月から1944年2月にかけてバルセロナが作った連続得点記録に並んだジダン率いるチームは、新記録が懸かる今節でリーグ4連敗中の12位ラス・パルマスと対戦。ビジャレアル戦からのメンバー変更は4点。ペペ、モドリッチ、カゼミロ、ベンゼマに代わって、ナチョ、コバチッチ、イスコ、モラタをスタメンで起用した。 ▽開始直後にベイルのスルーパスに抜け出したモラタがいきなりゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定で早々のリーガ連続得点記録樹立とはならず。だが、積極的に相手の高い最終ラインの裏を狙うマドリーは8分、コバチッチの絶妙なスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したイスコが冷静にGKとの一対一を制し、今度は正真正銘の先制点で公式戦45試合連続得点のスペイン新記録を樹立した。 ▽だが、この新記録達成に気が抜けたのか、マドリーは先制からわずか2分後に同点ゴールを許す。自陣左サイドで細かく繫がれてボックス手前のタナにボールが入ると、鋭い反転にDFセルヒオ・ラモスが振り切られ、豪快な右足のシュートを決められた。 ▽開始10分過ぎまでに互いに1ゴールずつが生まれるオープンな展開の試合は、その後も行ったり来たりの落ち着かない状況が続く。11分にはC・ロナウドのスルーパスに抜け出したモラタがゴールネットを揺らすが、これは再びオフサイドの判定。一方、味方との接触でビガスがアイタミとの負傷交代を強いられたラス・パルマスも、古巣対戦のヘセ・ロドリゲス、ケビン・プリンス=ボアテングらがカウンターからあわや勝ち越し点という決定機に絡む。 ▽前半終盤にかけてはセルヒオ・ラモス、ベイルのヘディングシュートでマドリーが勝ち越しに迫るが、白熱の前半は1-1のイーブンで折り返した。 ▽迎えた後半、開始早々にアクシデントが発生。47分、ビエラを後方から蹴ったベイルがファウルを犯すと、その直後には激昂して相手選手を突き飛ばしてしまう。すると、最初のファウルとその後の暴力行為に続けて警告が出され、ベイルは後半開始早々に退場処分を受けることになった。 ▽この緊急事態にモラタを右サイドに回し、1トップにC・ロナウドを置く[4-4-1]の布陣で立て直しを図るマドリーだったが、ここ最近課題とされる守備陣が数的不利の状況を耐えきれない。 ▽56分、ボックス右で相手のクロスに対応したセルヒオ・ラモスが痛恨のハンドを犯し、PK献上。このPKの場面でGKケイロル・ナバスがビエラのシュートを読み切るが、腕を弾いたボールはゴールネットに吸い込まれ、逆転を許す。さらに59分にはロングボールに抜け出したボアテングの対応にあたったケイロル・ナバスがペナルティエリア外で入れ替わられてしまい、無人のゴールへシュートを流し込まれ、リードを2点に広げられてしまった。 ▽ホームでラス・パルマス相手に初黒星の可能性が出始めたマドリーは、ここからリスクを冒して攻撃に出る。65分過ぎにはイスコ、コバチッチ、モラタと先発メンバーを下げて、ルーカス・バスケス、ハメス・ロドリゲス、ベンゼマと続けて攻撃的なカードを切る。だが、ベンゼマが再三の決定機を逸するなど、なかなかゴールをこじ開けられない。逆に、古巣対戦で燃えるヘセらに再三のカウンターチャンスを与えるが、ここは守護神ケイロル・ナバスが汚名返上の好守を連発し、何とか2点差をキープする。 ▽サンチャゴ・ベルナベウの歓声を後押しに諦めずに攻め続けるマドリーは、前節のビジャレアル戦を再現するかのような粘りを見せる。86分、右サイドからのクロスで相手DFのハンドを誘い、PKを獲得。これを名手C・ロナウドが冷静に流し込み、点差を1点に縮める。 ▽その後、パワープレー要員のセルヒオ・ラモスを前線に残して猛攻を仕掛けるマドリーは、土壇場の89分に右CKのショートコーナーからハメス・ロドリゲスのクロスをゴール前のC・ロナウドが頭で叩き込み、試合を振り出しに戻した。だが、さすがのマドリーも残り時間で勝ち越しゴールを奪うまでには至らず、試合は3-3のままタイムアップ。 ▽10人での戦いを強いられながらも土壇場で2点差を追いついたマドリーだったが、ベイルの愚行が響き不調ラス・パルマス相手に痛恨のドローとなり、同日勝利したバルセロナに抜かれ、1試合未消化ながらも暫定順位で首位陥落となった。 2017.03.02 07:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ソシエダがX・プリエト弾で2試合ぶりの勝利! 痛恨のミスで敗戦のラス・パルマスは4連敗…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第24節のラス・パルマスvsソシエダが24日に行われ、0-1でソシエダが勝利した。 ▽前節のビジャレアル戦で惜敗するも5位に位置するソシエダ(勝ち点41)が、リーグ戦3連敗中の12位ラス・パルマス(勝ち点28)の本拠地エスタディオ・グラン・カナリアに乗り込んだ一戦。試合は4分、ソシエダにチャンス。バイタルエリア右でFKを獲得すると、イジャラメンディのクロスをゴール前のイニゴ・マルティネスが頭で合わせたが、これは枠の上に外れた。 ▽さらに12分、右サイドから仕掛けたベラがボックス右付近でビガスに倒さると、イジャラメンディのFKをファーサイドで受けたベルチチェがワントラップからハーフボレーで狙ったが、これも枠を捉えられず。 ▽対するラス・パルマスは42分、ボックス右でボールを受けたK・ボアテングの折り返しが、相手DFにブロックに阻まれるも、こぼれ球をゴール前のヘセ・ロドリゲスがプッシュ。しかし、これはGKルジの好セーブに阻まれ、前半はゴールレスで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ラス・パルマスは立ち上がりから立て続けにチャンスを迎える。47分、左サイドを突破したエウデル・ロペスのクロスをニアに走り込んだK・ボアテングが合わせたが、これは枠の上。さらに48分には、相手マークを引き付けたヘセ・ロドリゲスのラストパスをボックス右で受けたタナがフリーでシュート。しかし、ボールはわずかに左に逸れた。 ▽良い入りを見せたラス・パルマスは52分、カウンターから決定機。スルーパスで右サイドを突破したD・シモンがボックス右から侵入しマイナスに押し返すと、走り込んだタナが右足で合わせたが、これはGKルジのファインセーブに防がれた。 ▽拮抗した展開が続く中、先に動いたのはソシエダベンチ。70分、ファンミを下げてカナレスを投入。ベラを一列上げ最前線に配置した。すると74分、GKハビ・バラスのミスパスをボックス手前でカットしたシャビ・プリエトが、冷静にゴール右隅に流し込み、ソシエダがラッキーな形で先制した。 ▽痛恨のミスで先制を許したラス・パルマスは78分、ゴメスを下げてハリロビッチを投入。さらに80分には、エウデル・ロペスに代えてマテオ・ガルシアをピッチに送り出した。 ▽試合終盤にかけても猛攻を仕掛けたラス・パルマスだったが、最後まで同点ゴールを奪うことはできず。敵地でシャビ・プリエトの1点を守る抜いたソシエダが2試合ぶりの勝利。痛恨のミスで敗戦のラス・パルマスはリーグ戦4連敗となった。 2017.02.25 06:44 Sat
twitterfacebook
thumb

途中出場のコレアが値千金の移籍後初ゴール! セビージャがグラン・カナリア今季初攻略で3戦ぶり白星《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第22節、ラス・パルマスvsセビージャが12日にエスタディオ・グラン・カナリアで行われ、セビージャが1-0で勝利した。 ▽ここ2戦未勝利とやや調子を落とす3位セビージャは、2強と異なり来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)の試合がないため、万全の状態で11位ラス・パルマスとのアウェイゲームに臨んだ。サンパオリ監督は直近のビジャレアル戦からラミとヨベティッチに代えて、サラビアとクラネビッテルを起用。そのサラビアが左サイドバックに入り、アンカーにクラネビッテル、トップ下にエンゾンジが並ぶ攻撃的な[4-3-1-2]を採用し、2トップにはナスリとイェデルが入った。 ▽攻撃に特長を持つチーム同士の一戦は、立ち上がりからホームのラス・パルマスが勢いを持った入りを見せる。開始6分にはボックス中央でボアテングの絶妙なスルーパスを受けたヘセ・ロドリゲスに絶好機も、ここはGKセルヒオ・リコの好守に遭い、移籍後初ゴールとはならず。さらに9分には再びボックス付近でヘセにシュートチャンスも、GK正面を突いた。 ▽押し込まれる入りとなったセビージャだったが、左インテリオールに入ったビトロの縦への仕掛け、サラビアの後方支援から左サイドを起点に攻撃を展開。12分には波状攻撃からボックス右のイェデルが中央に構える3人の味方に向けて折り返すが、これは精度を欠いた ▽その後は一進一退の攻防が続く中、ラス・パルマスはジョナタン・ビエラ、セビージャはビトロが良い形でフィニッシュに顔を出すが、なかなか打ち切れない。前半終了間際の46分にはボックス左に抜け出したフランコ・バスケスがGKと一対一を迎えるが、利き足の左足で放ったシュートは角度がなく、わずかに枠の右に外れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半も立ち上がりはラス・パルマスの時間が続く。52分と59分にダビド・シモン、ボアテングが枠を捉えたシュートを放つが、GKセルヒオ・リコに阻まれる。 ▽後半立ち上がりも攻撃にリズムが出ないセビージャは、68分にエンゾンジを下げてイボーラを投入。この交代直後にはうまく裏に抜け出したイェデルがGKと一対一も、シュートのコースが甘くGKに対応される。 ▽互いにチャンスを作るところまで行くものの、フィニッシュの精度を欠きゴールレスのまま試合は終盤へ。3戦未勝利は避けたいセビージャは77分、バスケスとイェデルを諦めヨベティッチとコレアを同時投入。するとこの交代策が先制点をもたらす。80分、ロングボールをイボーラが頭で裏のスペースへ流すと、完全に最終ラインの裏に抜け出したコレアがボックス内に持ち込み、GKとの一対一を制した。 ▽コレアの今季リーガ初ゴールでようやく均衡を破ったセビージャは、やや重心を後方に下げて逃げ切り態勢に入る。守護神のセルヒオ・リコを中心に3枚の攻撃的なカードを切った相手の反撃を凌ぐと、後半アディショナルタイムにはカウンターから見事な個人技でDFを振り切ったヨベティッチがボックス左でシュートを放つが、このシュートはわずかに枠の右に外れた。それでも、今季無敗を継続したグラン・カナリアを初めて攻略したセビージャが、リーグ3戦ぶりの勝利で上位2チームを追走している。 2017.02.13 04:31 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング