ラス・パルマス

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 ラス・パルマス 25 6 7 6 28 30 -2 19

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-01-30
28:45
リーガエスパニョーラ
第20節
ラス・パルマス vs バレンシア
2017-02-06
リーガエスパニョーラ
第21節
グラナダ vs ラス・パルマス
2017-02-13
リーガエスパニョーラ
第22節
ラス・パルマス vs セビージャ
2017-02-20
リーガエスパニョーラ
第23節
マラガ vs ラス・パルマス
2017-02-27
リーガエスパニョーラ
第24節
ラス・パルマス vs ソシエダ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.01.20
28:45
リーガエスパニョーラ
第19節
ラス・パルマス 1 - 1 デポルティボ
2017.01.14
24:15
リーガエスパニョーラ
第18節
バルセロナ 5 - 0 ラス・パルマス
2017.01.10
29:15
コパ・デル・レイ
5回戦2ndレグ
アトレティコ・マドリー 2 - 3 ラス・パルマス
2017.01.07
26:30
リーガエスパニョーラ
第17節
ラス・パルマス 1 - 0 スポルティング・ヒホン
2017.01.03
29:15
コパ・デル・レイ
5回戦1stレグ
ラス・パルマス 0 - 2 アトレティコ・マドリー

基本データ

正式名称:UDラス・パルマス

原語表記:nion Deportiva Las Palmas

創立:1949年

ホームタウン:ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア

チームカラー:黄/青

関連ニュース

thumb

鹿島MF柴崎岳、ラス・パルマスと週明け合意の可能性

▽鹿島アントラーズに所属する元日本代表MF柴崎岳(24)の海外挑戦が来週にも決定する可能性が高まった。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽報道によれば、ラス・パルマスはパリ・サンジェルマンに所属するスペイン人FWヘセ・ロドリゲスの獲得交渉が難航。そのため、一時的に中断していた柴崎獲得のプランBに再びシフトしたという。 ▽まら、ラス・パルマスは柴崎をいち選手として評価している他、加入による日本のマーケット拡大を視野。クラブのブランド力向上だけでなく、財政面への効果が見込まれているようだ。 ▽なお、柴崎に関しては、ラス・パルマスの他にもスペインの数クラブが関心を示している模様。しかし、現時点でラス・パルマスがリードしており、来週中の合意を目指しているとのことだ。 2017.01.22 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ラス・パルマス監督、バルサ戦大敗に「無力と感じる。ボールを持たない我々は何者でもない」

14日のリーガエスパニョーラ第18節、ラス・パルマスは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦で0-5の大敗を喫した。キケ・セティエン監督は試合後、バルセロナとの実力差ははっきりしており、このような大差での敗戦もある意味では当たり前との見解を示した。<br><br>スペイン『マルカ』がラス・パルマス監督のコメントを伝えている。<br><br>「望むこととできることには差異があるが、彼らのようなチームを相手にすれば、その差異はそれこそ巨大なものだ。我々にインテンシティーが欠けていたわけではない。そうではなく、ただ無力だったんだ。彼らは我々に何もさせなかった。イニエスタもネイマールも抜きでね。じつに素晴らしい形で我々を圧迫した」<br><br>バルセロナ同様にポゼッションフットボールを実践するラス・パルマスだが、この試合ボールポゼッションは40%にとどまった。<br><br>「ボールを持たない我々は何者でもない。それだけははっきりしていた。本当に困難な試合だったよ。こういったことが起こらないよう最善を尽くそうとしたが、しかしバルセロナのようなレベルのチームを相手にすれば、如何ともし難いときがある。かてて加えて、我々の違いを生み出せる選手たちは、今日の試合では平凡だった」<br><br>「バルセロナは圧倒的な差を見せつけたよ。たった1年前に2部のチームを率いていたか、または失業中だった私に対してもね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.15 22:35 Sun
twitterfacebook
thumb

スアレス2発にメッシが公式戦7連発! 5発完勝バルサが新年のリーガ初白星!《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは14日、カンプ・ノウで行われたリーガエスパニョーラ第18節でラス・パルマスと対戦し、5-0で完勝した。 ▽前節、難所エル・マドリガルでビジャレアル相手に辛くもドローと、2017年のリーガ初戦を白星で飾ることができなかったバルセロナ。それでも、11日に行われたコパ・デル・レイのビルバオ戦では、初戦を1-2で落としながらも“MSN”が新年初の揃い踏みを果たし、3-1で勝利。逆転での8強進出を決めた。新年のリーガ初勝利を目指す8位ラス・パルマスとの一戦に向けては、ビルバオ戦から先発4人を変更。ピケとセルジ・ロベルトが招集外となった最終ラインにはマスチェラーノとアレイシ・ビダルが起用され、ベンチスタートのイニエスタとネイマールに代わって、アンドレ・ゴメスとアルダが代役を担った。 ▽立ち上がりの主導権争いに注目が集まった中、ホームのバルセロナがすぐさま主導権を掴む。開始2分にはボックス手前中央で得たFKを公式戦3試合連続で直接FKを決めているメッシが狙うが、ここは枠を捉え切れない。 ▽その後もラス・パルマスを押し込み続けるバルセロナは、14分にボックス右に抜け出したアンドレ・ゴメスからのマイナスの折り返しをニアに走り込んだスアレスが丁寧なボレーでゴール右隅に流し込んだ。 ▽スアレスのゴールで幸先良く先制に成功したバルセロナは、中央でうまく起点を作りながらサイドの選手が積極的にDFの背後を狙い、決定機に繋げていく。だが、メッシやスアレスのお膳立てをラフィーニャやアンドレ・ゴメスが決め切れない。さらに42分には再び好位置でメッシに直接FKのチャンスが訪れるが、枠を捉えたシュートは相手GKの好守に遭い、前半のうちに追加点を奪うことはできなかった。 ▽迎えた後半も優勢に試合を運ぶバルセロナは、52分に左サイドでアルダが入れたクロスをGKが弾き切れず、ボールがゴール前にこぼれる。これをメッシが冷静に押し込み、出場試合で公式戦7試合連続ゴールを達成した。 ▽この2点目で完全にノッたホームチームは、57分にボックス左でパスを受けたスアレスが狙い澄ましたコントロールシュートをゴール右隅に流し込み、この試合2点目を記録。続く59分には、右サイドで裏に抜け出したスアレスが相手陣内を独走し、GKと一対一を迎える。この場面でスアレスのシュートは相手GKの好守に遭い、ハットトリックを逃がすも、こぼれ球をアルダが冷静に流し込み、4点目を奪った。 ▽30分を残して試合を決定付けたバルセロナは、アンドレ・ゴメス、スアレス、ブスケッツを次々に下げて、ラキティッチ、パコ・アルカセル、負傷明けのマテューを投入し、試合をクローズにかかる。80分にはボックス右でアルカセルが折り返したボールをゴール前に走り込んだA・ビダルがダイレクトシュートで決め、嬉しい移籍後初ゴールを記録した。 ▽主力数人を温存しながらもスアレスとメッシを中心に難敵ラス・パルマスを一蹴したバルセロナが、2017年のリーガ初白星を挙げた。 2017.01.15 02:17 Sun
twitterfacebook
thumb

ラス・パルマスが鹿島MF柴崎岳の獲得に興味…現在リーガで8位

▽昨年12月に行われたクラブ・ワールドカップで活躍し、海外移籍の噂が挙がっている鹿島アントラーズのMF柴崎岳だが、リーガエスパニョーラのラス・パルマスが獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』報じている。 ▽かねてから海外移籍へ興味を示していた柴崎だが、クラブ・ワールドカップでの活躍により注目度がアップ。特に2ゴールを奪った決勝のレアル・マドリーは出色の出来で、欧州でも柴崎の動向に注目が集まった。なお、柴崎は1月で鹿島との契約が満了を迎えるため、フリートランスファーでの移籍となるようだ。 ▽『アス』の報道によると、柴崎には昨夏の時点でラージョ・バジェカーノとヘタフェが獲得に動いていたとのこと。柴崎にはドイツクラブからもオファーがあったが、本人が残留を決断したとしている。 ▽柴崎の獲得に興味を示しているラス・パルマスは、現在のリーガエスパニョーラで8位に位置。来シーズンのヨーロッパリーグ出場権が獲得できる6位のレアル・ソシエダとは勝ち点差5となっている。ラス・パルマスは昨夏にかつてミランなどでプレーしたMFケヴィン=プリンス・ボアテングを獲得している。果たして柴崎のリーガ挑戦は実現するのだろうか。 2017.01.14 00:47 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコが辛くもコパ8強進出! グリーズマン公式戦3連発も終盤2失点喫し、ホームで逆転負け…《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ5回戦2ndレグのアトレティコ・マドリーvsラス・パルマスが10日にビセンテ・カルデロンで行われ、ラス・パルマスが3-2で勝利した。だが、2戦合計4-3としたアトレティコが準々決勝進出を決めている。 ▽3日に敵地で行われた1stレグをグリーズマンの公式戦6試合ぶりのゴールなどで2-0と先勝したアトレティコ。直近のリーガでもエイバル相手にきっちり勝ち切り、2017年を連勝スタートで飾った。そのエイバル戦からのメンバー変更は5点。最終ラインにヒメネスとリュカが入り、中盤の両翼にフアンフランとガイタン、グリーズマンの相棒にコレアが起用された。 ▽前回対戦と同様にボールを保持して攻めるアウェイチームに対して、1stレグのアドバンテージを持つアトレティコは受けに回りながら、要所でカウンターを仕掛けていく。20分過ぎにはサウール、グリーズマンとボックス付近での個人技からアトレティコに決定機が訪れるが、相手GKの好守に阻まれ、先制点とはならず。 ▽すると、時間の経過と共にアタッキングサードでの精度を増すラス・パルマスがペースを掴み始める。32分にはミカエルの右クロスにリバヤがニアに飛び込むが、ここはGKモジャがビッグセーブで阻む。さらに40分にはボックス左からカットインしたタナがフリーで右足を振り抜くが、ここはシュートを枠に飛ばせなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、ホームのアトレティコは前半にカードをもらっていたリュカを下げて、ハーフタイム明けにガビを投入。この交代でフアンフランが右サイドバックに下がり、ヴルサリコが左サイドバックにスライド。ガビがピボーテに入り、サウールが右サイドハーフに移った。 ▽この交代で攻勢を増すアトレティコは、キックオフ直後にコレアが強烈なミドルシュートでゴールに迫ると、49分に先制点を奪う。味方とのパス交換でボックス左に抜け出したガイタンが丁寧に折り返すと、これをゴール前に走り込んだグリーズマンが左足で流し込んだ。 ▽グリーズマンの公式戦3試合連続ゴールで先手を奪ったアトレティコだったが、一瞬の隙から57分に同点ゴールを許す。ボックス手前右で強引に仕掛けたリバヤにDFゴディンが振り切られると、そのままボックス内に持ち込んだリバヤにファーポストへ豪快なシュートを決められた。 ▽この失点で2戦合計スコアを3-1とされたアトレティコだったが、序盤からキレを見せていたコレアがすぐさま勝ち越しゴールを奪う。61分、コケの左サイドへのフィードに反応したコレアがDFを振り切りボックス内に持ち込むと、飛び出したGKの股間を抜くシュートを流し込んだ。 ▽このゴールで勝ち抜けを確信したシメオネ監督は、グリーズマンに代えてトーレス、コレアに代えてこれがトップチームデビューとなるU-21アルバニア代表MFケイディ・バレを投入。ここから試合をクローズにかかる。 ▽だが、試合終盤にかけてラス・パルマスの猛攻に晒されたアトレティコは、自慢の堅守が崩壊してしまう。89分、ロングフィードへの対応を誤ったDFフアンフランがマテオ・ガルシアに簡単に背後を取られて折り返しを許すと、これをゴール前でフリーのリバヤに押し込まれて、同点に追いつかれる。さらに後半アディショナルタイム3分、自陣左サイドでFKを与えると、この流れからビエラのクロスをボックス左でフリーにしたマテオ・ガルシアに左足で流し込まれ、まさかの逆転を許した。 ▽2-0で勝利した1stレグのアドバンテージを生かして辛くも逃げ切ったアトレティコだったが、難攻不落のビセンテ・カルデロンで喫したショッキングな敗戦は、今後の戦いに向けて尾を引きそうだ。 2017.01.11 07:31 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング