ダルムシュタット

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 ダルムシュタット 15 4 3 18 17 47 -30 25

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
22:30
ブンデスリーガ
第26節
ライプツィヒ vs ダルムシュタット
2017-04-06
27:00
ブンデスリーガ
第27節
ダルムシュタット vs レバークーゼン
2017-04-09
24:30
ブンデスリーガ
第28節
インゴルシュタット vs ダルムシュタット
2017-04-16
24:30
ブンデスリーガ
第29節
ダルムシュタット vs シャルケ
2017-04-22
22:30
ブンデスリーガ
第30節
ハンブルガーSV vs ダルムシュタット

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
23:30
ブンデスリーガ
第25節
ヴォルフスブルク 1 - 0 ダルムシュタット
2017.03.11
23:30
ブンデスリーガ
第24節
ダルムシュタット 2 - 1 マインツ
2017.03.04
23:30
ブンデスリーガ
第23節
ブレーメン 2 - 0 ダルムシュタット
2017.02.25
23:30
ブンデスリーガ
第22節
ダルムシュタット 1 - 2 アウグスブルク
2017.02.18
23:30
ブンデスリーガ
第21節
ホッフェンハイム 2 - 0 ダルムシュタット

基本データ

正式名称:SVダルムシュタット98

原語表記:SV Darmstadt 98

創立:1898年

ホームタウン:ダルムシュタット

チームカラー:青/白

関連ニュース

thumb

フリンクスが自身の初勝利に歓喜、強豪を下した最下位ダルムシュタットの巻き返しなるか

11日に行われたダルムシュタットvsドルトムントは2-1でダルムシュタットが勝利。ブンデスリーガ最下位に沈んでいるダルムシュタットにとっては、強豪から貴重な勝ち点3をもぎ取った形になる。<br><br>試合後、トルステン・フリンクス監督は「我々がリードして、前半終了間際に失点した時はガッカリしたけど、その後はうまくチームが機能したね。チームが今日成し遂げたことは誇るべきこと」と述べている。<br><br>かつてバイエルン、ドルトムント、ブレーメンなどでプレーした名手でもあるフリンクスは、昨年12月下旬にチームの監督に就任。それから4試合目で待望の初勝利を飾った。<br><br>ダルムシュタットのヤン・ローゼンタールも「最下位の僕らに失うものはなかった。今日の試合はすべてがうまくいった!」と語り、勝利の喜びを明かしている。<br><br>ダルムシュタットは現在勝ち点12の最下位。降格圏最上位の16位ブレーメンとはまだ勝ち点差が4開いているが、ドルトムント撃破で弾みを付けて巻き返せるのか注目だ。<br><br>提供:goal.com 2017.02.12 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

香川が途中出場もドルトムント、最下位クラブにまさかの完敗《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは11日、ブンデスリーガ第20節でダルムシュタットとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ドルトムントのMF香川真司は62分からプレーしている。 ▽前節ライプツィヒ戦を1-0と勝ち切った4位ドルトムント(勝ち点34)は、3日前に行われたヘルタ・ベリルンとのDFBポカールでは主力を投入した中、PK戦までもつれ込んだ末に勝ち上がった。チャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦を3日後に控えるドルトムントは、ヘルタ戦のスタメンから4選手を変更。ブルニッチやエムレ・モルといった控えメンバーが先発となり、公式戦ここ3試合出場機会のない香川は引き続きベンチスタートとなった。 ▽最下位ダルムシュタット(勝ち点9)に対し、[3-4-3]で臨んだドルトムントは、3バックの左にブルニッチを配し、中盤に右からプリシッチ、ヴァイグル、ラファエウ・ゲレイロ、ドゥルムと並べ、3トップに右からエムレ・モル、オーバメヤン、ロイスと配置した。 ▽しかし、使い慣れていないシステム、メンバー構成で挑んだ影響により、序盤からピンチを立て続けに迎える。まずは5分、FKの流れからボイドのヘディングシュートでGKビュルキを強襲されると、続く7分にはカウンターからローゼンタルに右ポスト直撃のシュートを浴びた。さらに16分にもヘラーに決定的なボレーシュートを許すと、21分に先制を許してしまう。ショートカウンターに転じられ、ヘラーの左クロスに反応したボイドに蹴り込まれてしまった。 ▽追う展開となったドルトムントは24分にオーバメヤンのスルーパスを受けたロイスがボックス左からシュートを放ってようやくゴールに迫ると、31分にはロイスの直接FKがバーを直撃。さらに42分のオーバメヤンのボレーシュートはGKの好守に阻まれたが、44分に同点に追いつく。エムレ・モルとのワンツーでボックス左に侵入したラファエウ・ゲレイロがボレーシュートでネットを揺らした。 ▽迎えた後半、51分にローゼンタルにGKビュルキを強襲されると、その後もカウンターからローゼンタルにゴールを脅かされてしまう。 ▽流れの悪いドルトムントは62分、2枚代えを敢行。ラファエウ・ゲレイロとエムレ・モルに代えて香川とO・デンベレを投入した。しかし67分、サムのスルーパスを受けたボックス右のコラクに決められて再びビハインドを負った。 ▽さらに70分にはロングフィードに抜け出したコラクにバー直撃のシュートを浴びせられると、ルーズボールをゴンドルフにシュートされる。枠を捉えていたが、ここはGKビュルキが何とか防いだ。 ▽しかし、ロイスに代えてシュールレを投入し、交代枠を使い切ったものの終盤にかけても流れを変えられないドルトムントは、最下位相手にまさかの完敗。4位転落の危機を迎えた。一方、12試合ぶりに勝利したダルムシュタットはフリンクス体制初白星を飾っている。 2017.02.12 01:39 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部がPKで今季初ゴール! フランクフルトが2連勝で3位死守《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは5日、ブンデスリーガ第19節でダルムシュタットをホームに迎え、2-0で勝利を収めた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、PKを決めている。 ▽前節シャルケ戦で4試合ぶりにリベロでプレーし、決勝ゴールをアシストした長谷部が本職のボランチに戻って先発した一戦。 ▽前節ケルンに大敗した最下位ダルムシュタットに対し、立ち上がりからフランクフルトがボールを保持。長谷部とマスカレルの両ボランチを軸にボールを動かしていったが、15分にピンチを迎える。GKフラデツキーのキックミスから、ローゼンタルにロングシュートを狙われたが、枠の上に外れて助かった。 ▽引き続きフランクフルトがポゼッションする中、23分には持ち上がったアブラアムがミドルシュートを狙う。結局、単調なパス回しに終始したフランクフルトは、自陣に構えるダルムシュタット相手にシュートに持ち込めず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もボールを保持したフランクフルトは60分、ボックス手前左の好位置でFKを獲得。しかし、マイヤーのシュートは壁に当たってしまう。その後も敵陣で試合を進めたフランクフルトだったが、攻めあぐねる状況が続く。 ▽そんな中72分、ようやくフランクフルトが決定機を演出。長谷部の縦パスを受けたレビッチが強烈なシュートを浴びせる。これはGKのセーブに阻まれるも、直後の左CKでバジェホがミロセビッチにボックス内で倒されてPKを獲得。ここでキッカーを任された長谷部がゴール右に沈めて先制点をもたらした。 ▽その後、80分にレビッチの直接FKでゴールを脅かしたフランクフルトは83分に追加点を奪う。DFがスリップした隙を突いてマイヤーがボックス右へ侵入。折り返したクロスをレビッチが合わせてネットを揺らした。 ▽終盤、ダルムシュタットの反撃を許さずに2-0で試合を終わらせたフランクフルトが2連勝を飾り、3位を死守している。 2017.02.06 03:21 Mon
twitterfacebook
thumb

ガラタサライのMFハミト・アルティントップがフリーでダルムシュタットへ

▽ダルムシュタットは31日、ガラタサライから元トルコ代表MFハミト・アルティントップ(34)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ▽アウグスブルクでプレーするハリルを実弟に持つハミト・アルティントップは、これまでシャルケやバイエルン、レアル・マドリーといったクラブでプレー。2012年夏からガラタサライに活躍の場を移し、今シーズンは公式戦9試合1ゴールを記録していた。 2017.02.01 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫が2G1Aの大活躍! ケルンは7試合ぶり勝利《ブンデスリーガ》

▽ケルンは28日、ブンデスリーガ第18節でダルムシュタットとのアウェイ戦に臨み、6-1で圧勝した。ケルンのFW大迫勇也はフル出場し、2ゴール1アシストをマークしている。 ▽前節マインツ戦をゴールレスドローで引き分け、6試合勝利のない7位ケルン(勝ち点26)は、マインツ戦で左ウイングとしてプレーした大迫がモデストと2トップを形成した。 ▽前節から指揮を執るフリンクス監督率いる最下位ダルムシュタット(勝ち点9)相手に、ケルンは13分、ゴール正面のクレメンスがミドルシュートでGKを強襲。その後も攻勢を強めると、32分に先制した。 ▽FKの流れから右サイドのクロスに反応したニアの大迫がスライディングで飛び込む。大迫はボールに触れなかったが、DFに当たったボールがゴールへと吸い込まれた。 ▽さらに36分、左サイドからのビッテンコートのクロスに大迫が頭で合わせて追加点をゲット。大迫が4カ月ぶりとなる今季3ゴール目を挙げてさらに勢いに乗ったチームは42分、ラウシュの左サイドからのクロスにモデストが左足ボレーで合わせて3-0とした。 ▽迎えた後半、66分にサムにPKで1点を返されたケルンだったが、72分に大迫がこの試合2ゴール目を奪って突き放す。ロングボールがルーズになったところを拾った大迫がボックス手前右から右足を一閃。GKの手を弾いたシュートが枠の左に決まった。 ▽終盤にかけても攻め手を緩めないケルンは、85分にヨイッチが加点すると、89分には大迫のスルーパスを受けたルドネフスが決めて6-1と圧勝。大迫の2ゴール1アシストの活躍でケルンが7試合ぶりの勝利を飾っている。 2017.01.29 02:14 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング