ダルムシュタット

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 ダルムシュタット 25 7 4 23 28 63 -35 34

基本データ

正式名称:SVダルムシュタット98

原語表記:SV Darmstadt 98

創立:1898年

ホームタウン:ダルムシュタット

チームカラー:青/白

関連ニュース

thumb

ドイツ人ウインガーのヘラー、2部のダルムシュタットへ復帰

▽ブンデスリーガ2部のダルムシュタットは27日、アウグスブルクのドイツ人FWマルセル・ヘラー(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年間となっている。 ▽右ウインガーのヘラーは、2017年夏にダルムシュタットからアウグスブルクへ完全移籍。2017-18シーズンはアウグスブルクでブンデスリーガ24試合に出場して2アシストと、準主力としてプレーしていた。 ▽復帰するダルムシュタットでヘラーはこれまで4年間在籍。公式戦148試合に出場して16ゴール26アシストを記録し、クラブの1部昇格にも貢献していた。 2018.07.28 05:13 Sat
twitterfacebook
thumb

グロスクロイツがドイツ3部チームに移籍、昨季は2部でプレー

▽元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツ(29)が5日、ドイツ3部のユルディンゲンに移籍した。契約は2021年6月30日までの3年間となっている。 ▽ドルトムントの下部組織出身であるグロスクロイツは中盤とバックラインの両サイドをこなせるユーティリティ性の高いワイドプレーヤー。2010-11、2011-12シーズンにはドルトムントでMF香川真司と共にドルトムントのリーグ優勝に貢献していた。 ▽しかし、徐々にドルトムントで出場機会を減らしていったグロスクロイツは2015年夏にガラタサライへ移籍。ところが、ホームシックによりわずか半年でドイツへ戻り、2016年冬にシュツットガルトへ完全移籍。だが、そのシュツットガルトでは泥酔暴行事件に関与し、契約を解除されていた。 ▽そして2017年4月、2部のダルムシュタットに移籍し、2017-18シーズンはリーグ戦27試合に出場して3ゴール3アシストの結果を残していた。 2018.07.06 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクの韓国代表FWチ・ドンウォンがドイツ2部のダルムシュタットへレンタル移籍

▽ブンデスリーガ2部のダルムシュタットは26日、アウグスブルクの韓国代表FWチ・ドンウォン(26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。なお、条件面は非公表とのこと。 ▽チ・ドンウォンは、全南ドラゴンズやサンダーランド、アウグスブルク、ドルトムントなどでプレー。2015年1月にドルトムントからアウグスブルクへと復帰していた。アウグスブルクでは、ブンデスリーガで99試合に出場し9ゴールを記録。しかし、今シーズンはここまでわずか3試合の出場に留まっていた。 ▽韓国代表としても、ここまで45試合に出場し11ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップにも出場しており、ロシア・ワールドカップ出場に向けて、出場機会を求めての移籍となった。 2018.01.26 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

4戦ぶり先発の原口フル出場のヘルタ、降格ダルムシュタットに快勝で5位再浮上《ブンデスリーガ》

▽ヘルタ・ベルリンは13日、ブンデスリーガ第33節でダルムシュタットとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。ヘルタのMF原口元気はフル出場している。 ▽前節ライプツィヒに1-4と敗れて6位に後退したヘルタ(勝ち点46)は、ヨーロッパリーグ・ストレートインの5位フライブルクに1ポイント差を付けられ、7位ケルン、8位ブレーメンとは1ポイント差となっている中、原口が4試合ぶりに先発となった。 ▽前節降格の決まった最下位ダルムシュタット相手にヘルタは、イビセビッチとカルーが2トップを構成し、左MFに原口が入るフラットな[4-4-2]で臨んだ。 ▽そのヘルタは立ち上がりこそポゼッションを譲ったものの、7分にダリダがミドルシュートでGKを強襲すると、10分には右クロスを原口がボレーで狙う決定機を演出。 ▽ペースを握り始めると、14分に先制した。ダリダの右クロスをカルーがヘッドで合わせたシュートがネットを揺らした。 ▽その後も押し込んだヘルタは28分に加点する。左サイド低い位置からのプラッテンハールトのFKをファーサイドのトルナリガが頭で押し込んだ。 ▽2点をリードしたヘルタは自陣に引いた中、40分にプラッテのボレーシュートでゴールを脅かされるも枠を外れて助かり、後半へ折り返した。 ▽迎えた後半もダルムシュタットにボールを持たせたヘルタは61分にピンチ。ヘラーに枠内シュートを浴びせられ、直後にはプラッテにボレーシュートを打たれたが、枠を外れて助かった。 ▽その後も守備に徹するヘルタは71分にペカリークがGKを強襲するシュートを浴びせて牽制。終盤にかけてもリスクを冒さず試合を締めたヘルタが勝利し、インゴルシュタットに引き分けたフライブルクを抜いて5位に再浮上している。なお、ヘルタは最終節でレバークーゼンとホームで対戦する。 2017.05.14 02:51 Sun
twitterfacebook
thumb

5連覇達成の凱旋バイエルンが第3GKシュターケの活躍で勝利、敗れたダルムシュタットは降格が決定《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは6日、ブンデスリーガ第32節でダルムシュタットとのホーム戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽前節ヴォルフスブルク戦を6-0と大勝してブンデス史上初のリーグ5連覇を達成した首位バイエルン(勝ち点73)が、3連勝中で降格を何とか免れている最下位ダルムシュタット(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。 ▽ロッベンやチアゴ、ラームら主力をベンチスタートとしたものの、地力に勝るバイエルンが押し込む展開とすると、16分に最初の決定機。キミッヒの持ち上がりからボックス右に侵入したラフィーニャがGKを強襲するシュートを浴びせた。 ▽それでも18分、リベリのパスを受けたボックス左のベルナトがダブルタッチを使ってDFをうまく外し、左足アウトでのシュートを流し込み先制する。 ▽その後も攻勢に出るバイエルンは26分にミュラーのダイビングヘッドでゴールに迫ると、直後にはJ・ボアテングのロングシュートで追加点に近づいた。 ▽30分にミュラーのボールロストからプラッテに際どいシュートを浴びたものの、ハーフタイムにかけてドグラス・コスタのミドルシュートやリベリのカットインからのシュートでダルムシュタットゴールに迫ったバイエルンが、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半も立ち上がりから攻勢に出たバイエルンは54分、ラフィーニャの右クロスに合わせたレヴァンドフスキのダイビングヘッドは枠の左に外してしまう。 ▽すると64分、ダルムシュタットは左CKからバンガードのヘディングシュートで同点ゴールに近づいたが、GKシュターケの好守に阻まれる。続く65分にはディフェンスライン裏を突いたプラッテがネットを揺らすも、オフサイドに阻まれた。 ▽追加点の遠いバイエルンは69分、左CKからレヴァンドフスキのヘディングシュートはGKエッセルの好守に阻まれると、84分にPKを献上する。ベルナトがボックス内に侵入してきたシプロックを倒してしまった。しかし、キッカーのハミト・アルティントップが枠の右を狙ったシュートはGKシュターケがセーブ。 ▽このまま1-0で逃げ切ったバイエルンが第3GKシュターケの活躍で凱旋試合を勝利で飾っている。一方、敗れたダルムシュタットは降格が決まった。 2017.05.07 00:56 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング