インゴルシュタット

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 インゴルシュタット 19 5 4 16 23 42 -19 25

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
22:30
ブンデスリーガ
第26節
インゴルシュタット vs マインツ
2017-04-06
27:00
ブンデスリーガ
第27節
アウグスブルク vs インゴルシュタット
2017-04-09
24:30
ブンデスリーガ
第28節
インゴルシュタット vs ダルムシュタット
2017-04-15
22:30
ブンデスリーガ
第29節
ヴォルフスブルク vs インゴルシュタット
2017-04-22
22:30
ブンデスリーガ
第30節
インゴルシュタット vs ブレーメン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.17
28:30
ブンデスリーガ
第25節
ドルトムント 1 - 0 インゴルシュタット
2017.03.11
26:30
ブンデスリーガ
第24節
インゴルシュタット 2 - 2 ケルン
2017.03.04
23:30
ブンデスリーガ
第23節
ホッフェンハイム 5 - 2 インゴルシュタット
2017.02.26
23:30
ブンデスリーガ
第22節
インゴルシュタット 0 - 2 ボルシアMG
2017.02.18
23:30
ブンデスリーガ
第21節
フランクフルト 0 - 2 インゴルシュタット

基本データ

正式名称:FCインゴルシュタット04

原語表記:FC Ingolstadt 04

創立:2004年

ホームタウン:インゴルシュタット

チームカラー:赤

関連ニュース

thumb

ハダースフィールドが今夏に買い取りOPを行使…インゴルシュタットからレンタル中のFWカチュンガと2020年まで契約

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するハダースフィールドは22日、インゴルシュタットからレンタル移籍で加入したドイツ人FWエリアス・カチュンガ(24) の買い取りオプションを今夏の移籍市場で行使することを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽U-17から各年代のドイツ代表に選出されてきたスピードスターのカチュンガは、今シーズンのリーグ戦36試合に出場しチームトップの10ゴールをするなど、攻撃の中心選手として活躍している。 ▽なお、ハダースフィールドはカチュンガと2020年まで契約を結んだとのこと。買い取り額は130万ユーロ(約1億6000万円)となっている。 2017.03.23 00:04 Thu
twitterfacebook
thumb

香川が先制点の起点となったドルトムントが降格圏インゴルシュタットに辛勝《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第25節でインゴルシュタットをホームに迎え、1-0で辛勝した。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽前節ハンブルガーSV戦を1-2と惜敗して連勝が3で止まった3位ドルトムント(勝ち点43)は、3日前に行われたDFBポカールのロッテ戦を3-0と快勝。そのロッテ戦のスタメンから3選手を変更。シュールレ、バルトラ、出場停止のO・デンベレに代えてオーバメヤン、ドゥルム、パパスタソプーロスを起用し、好調の香川が公式戦3試合連続スタメンとなった。 ▽降格圏に沈む17位インゴルシュタット(勝ち点19)に対し、[4-1-4-1]を採用したドルトムントは、中盤アンカーにカストロ、2列目に右からドゥルム、プリシッチ、香川、ラファエウ・ゲレイロと並べた。 ▽そのドルトムントがインゴルシュタットのプレスをかいくぐってポゼッションを高めていくと14分、最初のチャンスを生かして先制する。香川の鋭い反転からのスルーパスに抜け出した左サイドのシュメルツァーがクロス。これをニアのオーバメヤンが左足ダイレクトで合わせてネットを揺らした。 ▽しかし、先制後はインゴルシュタットの反撃に遭う。レスカノに立て続けに際どいシュートを打たれると、19分には大ピンチ。左CKからレッキーの決定的なヘディングシュートを浴びたが、GKビュルキの左足でのファインセーブによりゴールを割らせなかった。 ▽すると29分に反撃。香川の左サイドからのクロスにプリシッチがボレー。ルーズボールをボックス右のドゥルムがシュートしたが、枠の上へ外れていった。 ▽ハーフタイムにかけてもインゴルシュタットの攻勢が続いたが、ドルトムントが凌いで1点のリードを保ったまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始1分、ドルトムントはミスから大ピンチを迎える。ロングボールをクリアにかかったギンターのボールがパパスタソプーロスに当たってゴール前のレッキーのもとへ。しかし、レッキーはGKとの一対一を外して助かった。 ▽流れの悪い状況が続くドルトムントは56分、ラファエウ・ゲレイロに代えてヴァイグルを投入し、試合をコントロールにかかる。 ▽それでもインゴルシュタットの攻勢に遭い続け、劣勢が続いたドルトムントだったが、辛くも1-0で逃げ切り。勝利を取り戻し、3位の座を死守している。 2017.03.18 06:29 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫PK獲得も2度のリードを守れず降格圏インゴルシュタットにドロー《ブンデスリーガ》

▽ケルンは11日、ブンデスリーガ第24節でインゴルシュタットとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽前節バイエルンに0-3と完敗して2連敗となった7位ケルン(勝ち点33)は、バイエルン相手に1stマッチ同様、攻撃面で存在感を放った大迫が引き続き、[4-4-2]の2トップの一角で先発となった。 ▽降格圏に沈む17位インゴルシュタット(勝ち点18)に立ち上がりから押し込まれたケルンは、8分にCKからモラレスのヘディングシュートでゴールを脅かされる。それでも13分、ロングボールに反応した大迫がボックス左でコーエンと競り合った際に倒されてPKを獲得。これをモデストが決めてケルンが先制した。 ▽先制したケルンだったが、その後もインゴルシュタットに押し込まれる展開を強いられる。なかなか大迫もボールに触れず苦しい展開が続くと、42分に同点とされた。キッテルとのワンツーでボックス中央へ侵入したレスカノにボレーシュートを叩き込まれた。 ▽迎えた後半、49分にラウシュの左クロスからモデストがボレーシュートを浴びせたケルンが良い入りを見せると、60分に勝ち越す。ヨイッチのスルーパスを受けたモデストがボックス右からゴール左へ流し込んだ。 ▽しかし、68分にレッキーにヘディングシュートでGKホルンを強襲されると、直後の69分に再び試合を振り出しに戻される。ルーズボールを中央のブレジュリにボレーで合わせられると、GKホルンは守備範囲だったが、後逸してしまった。 ▽さらに76分、勢い付くインゴルシュタットにコーエンのシュートで枠を捉えられるも、ここはGKホルンがビッグセーブで凌ぐ。終盤にかけても劣勢が続いたケルンだったが、何とか凌いで2-2のままタイムアップ。何とか連敗を2で止めている。 2017.03.12 04:32 Sun
twitterfacebook
thumb

降格圏のインゴルシュタットに完敗のフランクフルトが5位転落、長谷部はPK失敗に加えて失点に関与《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは18日、ブンデスリーガ第21節でインゴルシュタットをホームに迎え、0-2で完敗した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節レバークーゼン戦を3バックの中央でプレーした長谷部はエルナンデスを抑えきれずにチームも0-3と完敗。3位死守のために臨んだ17位インゴルシュタット(勝ち点15)戦に向けて、長谷部はボランチで先発となった。 ▽前節バイエルン相手に粘り強い守備を見せたインゴルシュタット相手に、フランクフルトは悪い入りを見せる。インゴルシュタットに押し込まれる状況を強いられると、26分に失点する。右CKからニアの選手にヘッドで逸らされると、ファーサイドのブレジュリに頭で押し込まれた。 ▽さらに34分、レスカノが抜け出しかけたところをアブラアムが止めたとして厳しい判定ながら一発退場が宣告される。10人となったフランクフルトは長谷部をセンターバックに下げた。 ▽続く37分のピンチではグロスの直接FKをGKフラデツキが好守で阻止するも、44分にはバジェホが右足を痛めて交代を強いられる。 ▽後半も押し込まれる状況が続いたフランクフルトだったが、54分にレビッチがボックス内で相手GKに倒されてPKを獲得。しかし、キッカーの長谷部がゴール右に蹴ったシュートはGKに止められ、ルーズボールをダイレクトで狙ったもののバーに阻まれてしまった。 ▽すると68分、長谷部のミスからPKを献上する。ファウルとセルフジャッジしてレッキーのボックス内への侵入を許すと、ヘクターが倒してしまった。このPKをグロスに決められ万事休す。81分にレッキーが退場して数的同数となったものの、格下に完敗で5位転落となっている。 2017.02.19 02:34 Sun
twitterfacebook
thumb

CLアーセナル戦控えるバイエルン、終盤のビダル&ロッベン弾で格下に辛勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは11日、ブンデスリーガ第20節でインゴルシュタットとのアウェイ戦に臨み、2-0で辛勝した。 ▽前節シャルケ戦を1-1と引き分けて連勝が7でストップした首位バイエルン(勝ち点46)は、4日前に行われたDFBポカールのヴォルフスブルク戦では主力を投入して1-0と辛勝。そのヴォルフスブルク戦のスタメンから2選手を変更。4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のアーセナル戦を控える中、ロッベンとドグラス・コスタに代えてミュラーとキミッヒを起用した。 ▽降格圏に沈む17位インゴルシュタット(勝ち点15)に対し、[4-3-3]を採用したバイエルンは、3トップの右にミュラー、左にチアゴ、中盤3センターに右からキミッヒ、シャビ・アロンソ、ビダルと配した。 ▽立ち上がりからポゼッションしたバイエルンは20分、最初の決定機を演出する。シャビ・アロンソのフィードに抜け出したレヴァンドフスキが飛び出したGKを外すループシュートを放つ。しかし、ゴールライン前に戻ったDFにクリアされてゴールとはならない。 ▽ところが、ここから再び試合はこう着状態に陥り、インゴルシュタットを打開できない状況が続く。39分にはFKからティセランのヘディングシュートでゴールを脅かされるなど、見せ場を作れなかった前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半開始2分、バイエルンはミュラーに決定機が訪れる。右サイドに流れたレヴァンドフスキの浮き球パスを受けてボックス右に進入したミュラーがシュート。決定的だったが、GKの好守に阻まれた。 ▽その後、54分にCKの流れからレッキーに決定的なシュートを許すも枠を外れて助かったが、打開できない状況が続いたバイエルンは65分、シャビ・アロンソに代えてドグラス・コスタを左ウイングに投入した。さらに74分にはキミッヒに代えてロッベンを右ウイングに投入。 ▽すると83分、レヴァンドフスキの強烈なミドルシュートが右ポストを直撃した。そのまま0-0で引き分けるかと思われたが90分、ボックス手前右からのミュラーの左足クロスにビダルが右足ボレーで合わせて土壇場で均衡を破った。さらに追加タイム1分にもロッベンがドグラス・コスタとのワンツーからゴールを陥れて勝負あり。バイエルンが苦しみながらも3ポイントを手にし、2位ライプツィヒとの勝ち点差を7に広げた。 2017.02.12 01:51 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング