超ワールドサッカー

インゴルシュタット

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 インゴルシュタット 32 8 8 18 36 57 -21 34

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.20
22:30
ブンデスリーガ
第34節
インゴルシュタット 1 - 1 シャルケ
2017.05.13
22:30
ブンデスリーガ
第33節
フライブルク 1 - 1 インゴルシュタット
2017.05.06
22:30
ブンデスリーガ
第32節
インゴルシュタット 1 - 1 レバークーゼン
2017.04.29
22:30
ブンデスリーガ
第31節
ライプツィヒ 0 - 0 インゴルシュタット
2017.04.22
22:30
ブンデスリーガ
第30節
インゴルシュタット 2 - 4 ブレーメン

基本データ

正式名称:FCインゴルシュタット04

原語表記:FC Ingolstadt 04

創立:2004年

ホームタウン:インゴルシュタット

チームカラー:赤

関連ニュース

thumb

2位ライプツィヒ、2戦連続ドローで逆転優勝が絶望的に…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節、RBライプツィヒvsインゴルシュタットが29日にレッドブル・アレナで開催され、0-0のドローに終わった。 ▽前節、シャルケ相手に引き分け、連勝が4試合でストップした2位ライプツィヒ(勝ち点62)は、首位バイエルン(勝ち点70)との勝ち点差を縮められず。逆転でのマイスターシャーレ獲得にこれ以上の取りこぼしが許されないチームは、降格圏の17位に沈むインゴルシュタット(勝ち点28)とのホームゲームに臨んだ。 ▽試合は、立ち上がりから地力で勝るホームチームが素早い攻守の切り替えと、推進力のある攻めで押し込んでいく。10分にユスフ・ポウルセンが最初のシュートを放つと、その後もヴェルナーの驚異的なスピードを活かしてゴールに迫る。20分過ぎにはスルーパスに抜け出したヴェルナーの高速クロスにフォルスベリが飛び込むが、わずかに合わない。 ▽一方、押し込まれながらも粘り強い守備で失点を凌ぐインゴルシュタットだが、負傷したレッキーがレックスとの交代を強いられるなど、流れを引き寄せられない。それでも、敵地での前半をゴールレスで終え、後半の巻き返しに望みを繋いだ。 ▽迎えた後半、最初の決定機はライプツィヒ。51分、ナビ・ケイタの絶妙なスルーパスに抜け出したポウルセンがボックス右でGKと一対一になるが、シュートを枠に飛ばせない。続く57分にもショートカウンターからゴール前のヴェルナーに決定機も、ここでもシュートを枠に飛ばせない。 ▽流れが悪いライプツィヒは、67分に相手選手との接触でヴェルナーが負傷交代を強いられるアクシデントに見舞われる。それでも、諦めないチームは68分にクロスに飛び込んだサビツァー、70分にはフォルスベリの強烈なミドルシュートでゴールに迫るが、ここも相手GKの好守に遭う。 ▽その後、試合終盤に相手に退場者が出たことで数的優位を手にしたライプツィヒだったが、完全に引いたインゴルシュタットの守備を最後までこじ開けられず、0-0のドロー。格下相手に2戦連続ドローのライプツィヒは、逆転優勝の可能性が絶望的となった。 2017.04.30 00:52 Sun
twitterfacebook
thumb

インゴルシュタットが元U-19日本代表MF渡邊凌磨と2019年6月まで契約延長…来季はトップ昇格へ

▽インゴルシュタットは26日、日本人MF渡邊凌磨(20)との契約延長を発表した。新契約は2年間で2019年6月30日までとなる。 ▽前橋育英高校出身の渡邊は、高校3年次に全国高校サッカー選手権大会で準優勝に貢献。その後早稲田大学へと進学するも、2015年9月にインゴルシュタットのU-23に加入していた。渡邊はトップチームでの出場こそないものの、トレーニングやテストマッチではプレー。来シーズンからはトップチームに昇格する予定とのことだ。 ▽スポーツディレクターを務めるトーマス・リンケ氏は渡邊との新契約についてコメント。高く評価していると語った。 「渡邊凌磨はU-23で目覚ましい成長を遂げている。彼はテストマッチだけでなく、プロの選手とのトレーニングにも定期的に参加しており、技術とゲームでの賢さで我々を納得させた」 ▽インゴルシュタットは、今シーズンのブンデスリーガで30試合を終えて勝ち点28と降格圏の17位に低迷。プレーオフ圏の16位アウグスブルクとは勝ち点差4、残留圏の13位マインツ、14位ヴォルフスブルク、15位ハンブルガーSVとは勝ち点差5と熾烈な残留争い中となっている。残り4節のインゴルシュタットの成績にも注目だ。 2017.04.27 12:06 Thu
twitterfacebook
thumb

インゴルシュタット、今季途中就任のヴァルプルギス監督との契約を1年延長

▽インゴルシュタットは27日、マイク・ヴァルプルギス監督(43)との契約を2018年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽ヴァルプルギス監督は、昨年11月にマルクス・カウチンスキ前監督の後任として、インゴルシュタットの新指揮官に就任。ブンデスリーガで10試合を終えて2分け8敗と未勝利のチームの再建を託された同監督は、ブンデスリーガ初采配ながらも堅実な采配をみせ、就任以降の15試合で5勝2分け8敗というまずまずの成績を残していた。 ▽残留圏内の15位ヴォルフスブルクと勝ち点10差の17位と、チームは依然として厳しい状況にいるが、ヴァルプルギス監督の手腕を評価するクラブは、今季終了までの契約を1年間延長した。 2017.03.28 05:38 Tue
twitterfacebook
thumb

ハダースフィールドが今夏に買い取りOPを行使…インゴルシュタットからレンタル中のFWカチュンガと2020年まで契約

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するハダースフィールドは22日、インゴルシュタットからレンタル移籍で加入したドイツ人FWエリアス・カチュンガ(24) の買い取りオプションを今夏の移籍市場で行使することを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽U-17から各年代のドイツ代表に選出されてきたスピードスターのカチュンガは、今シーズンのリーグ戦36試合に出場しチームトップの10ゴールをするなど、攻撃の中心選手として活躍している。 ▽なお、ハダースフィールドはカチュンガと2020年まで契約を結んだとのこと。買い取り額は130万ユーロ(約1億6000万円)となっている。 2017.03.23 00:04 Thu
twitterfacebook
thumb

香川が先制点の起点となったドルトムントが降格圏インゴルシュタットに辛勝《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第25節でインゴルシュタットをホームに迎え、1-0で辛勝した。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽前節ハンブルガーSV戦を1-2と惜敗して連勝が3で止まった3位ドルトムント(勝ち点43)は、3日前に行われたDFBポカールのロッテ戦を3-0と快勝。そのロッテ戦のスタメンから3選手を変更。シュールレ、バルトラ、出場停止のO・デンベレに代えてオーバメヤン、ドゥルム、パパスタソプーロスを起用し、好調の香川が公式戦3試合連続スタメンとなった。 ▽降格圏に沈む17位インゴルシュタット(勝ち点19)に対し、[4-1-4-1]を採用したドルトムントは、中盤アンカーにカストロ、2列目に右からドゥルム、プリシッチ、香川、ラファエウ・ゲレイロと並べた。 ▽そのドルトムントがインゴルシュタットのプレスをかいくぐってポゼッションを高めていくと14分、最初のチャンスを生かして先制する。香川の鋭い反転からのスルーパスに抜け出した左サイドのシュメルツァーがクロス。これをニアのオーバメヤンが左足ダイレクトで合わせてネットを揺らした。 ▽しかし、先制後はインゴルシュタットの反撃に遭う。レスカノに立て続けに際どいシュートを打たれると、19分には大ピンチ。左CKからレッキーの決定的なヘディングシュートを浴びたが、GKビュルキの左足でのファインセーブによりゴールを割らせなかった。 ▽すると29分に反撃。香川の左サイドからのクロスにプリシッチがボレー。ルーズボールをボックス右のドゥルムがシュートしたが、枠の上へ外れていった。 ▽ハーフタイムにかけてもインゴルシュタットの攻勢が続いたが、ドルトムントが凌いで1点のリードを保ったまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始1分、ドルトムントはミスから大ピンチを迎える。ロングボールをクリアにかかったギンターのボールがパパスタソプーロスに当たってゴール前のレッキーのもとへ。しかし、レッキーはGKとの一対一を外して助かった。 ▽流れの悪い状況が続くドルトムントは56分、ラファエウ・ゲレイロに代えてヴァイグルを投入し、試合をコントロールにかかる。 ▽それでもインゴルシュタットの攻勢に遭い続け、劣勢が続いたドルトムントだったが、辛くも1-0で逃げ切り。勝利を取り戻し、3位の座を死守している。 2017.03.18 06:29 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング