超ワールドサッカー

イラク代表

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 イラク 4 1 1 5 7 10 -3 7

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-06-13
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第8節
イラク vs 日本
2017-08-31
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第9節
タイ vs イラク
2017-09-05
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第10節
イラク vs UAE

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.28
26:30
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第7節
サウジアラビア 1 - 0 イラク
2017.03.23
21:00
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第6節
イラク 1 - 1 オーストラリア
2016.11.15
24:20
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第5節
UAE 2 - 0 イラク
2016.10.11
21:30
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第4節
イラク 4 - 0 タイ
2016.10.06
19:35
ロシアW杯 アジア最終予選 グループB
第3節
日本 2 - 1 イラク

基本データ

正式名称:イラク代表

原語表記:IRAQ

ホームタウン:バグダッド

チームカラー:緑、白

関連ニュース

thumb

イラク代表のスワディ監督が解任…W杯予選では日本と同じグループBに所属

▽イラクサッカー協会(IFA)は10日、イラク代表を率いるラディ・スワディ監督(50)の解任を発表した。 ▽日本代表と同じグループBに属するイラクだが、3月のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でオーストラリアと1-1で引き分けたものの、アウェイでサウジアラビアに1-0で敗れグループ5位。数字上は可能性が残っているものの、W杯出場が非常に厳しい状況となっていた。 ▽IFAは今回の解任について「我々は結果に満足しておらず、コーチングチームを解任する。そして、外国人スタッフに置き換えられるだろう」と声明を発表。また、「IFAはイラク政府、イラクオリンピック委員会と協力し、監督交代に動く」としている。 ▽スワディ監督は、カタールSCやアル・ショルタSC(イラク)で指揮をトリ、2016年4月にイラク代表監督に就任。ロシアW杯アジア最終予選では、7試合を終えて1勝1分け5敗の成績だった。 ▽なお、グループBではUAE代表のマフディ・アリ監督、タイ代表のキャティサック・セーナムアン監督に次いで、3人目の監督交代となる。 2017.04.12 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

日本が得失点差で首位浮上! サウジアラビアはイラクに辛勝も首位陥落《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第7節のサウジアラビア代表vsイラク代表が28日に行われ、1-0でサウジアラビアが勝利した。 ▽前節のタイ代表戦を3-0で勝利し、前節終了時点でグループBの首位に立ったサイジアラビアと、前節ホームで強豪オーストラリア代表と1-1の引き分けを演じたイラクの一戦。 ▽試合は一進一退の展開で迎えた33分、サウジアラビアに決定機。バイタルエリアで相手DFのクリアミスをアル・クハイブリがワンタッチでゴール前に送ると、抜け出したアル・シェフリがボックス右からシュート。しかし、このシュートはゴールライン上でA・イブラヒムにクリアされる。 ▽ピンチを凌いだイラクは37分にチャンス。ハメド・ヤシーンの右CKを中央のA・イブラヒムがドンピシャのヘッドで合わせるが、ボールはゴールライン手前でアルアビドのブロックに阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、サウジアラビアは前半終了間際に足を痛めたアルシャハラに代えてアリ・ブレイクを投入。すると最初のチャンスはサウジアラビアに生まれる。49分、ボックス中央手前でアル・シェフリが落としたボールをアルアビドがミドルシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れる。 ▽良い入りを見せたサウジアラビアは、53分に試合を動かす。味方とのワンツーで右サイドから切り込んだアル・シェフリがバイタルエリア中央からミドルシュート。これがゴール右に吸い込まれた。 ▽その後は同点弾を狙うイラクが前掛かりとなって攻め込んでくる中、サウジアラビアが最後まで1点を守り切り勝利。負けられないホームでの一戦をモノにしたサウジアラビアは、得失点差で日本代表に首位の座を譲ったが、同勝ち点で追走している。 2017.03.29 04:28 Wed
twitterfacebook
thumb

オーストラリアが先制もイラクが追いつきドロー!《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第6節のイラク代表vsオーストラリア代表が23日に行われ、1-1で引き分けに終わった。 ▽1勝4敗で5位に位置するイラクと、2勝3分けで3位につけるオーストラリアとの一戦。オーストラリアは、横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクが先発出場した。前回対戦はオーストラリアのホームで2-0とオーストラリアが勝利している。 ▽試合は39分、左CKを得たオーストラリアは、キッカーのアーロン・ムーイがクロス。これをマシュー・レッキーがヘッドで合わせ、オーストラリアが先制する。 ▽前半を1点リードで終えたオーストラリアは、後半に入って停滞した展開を打破しようとティム・ケイヒルを72分に投入。しかし76分、ボックス左からアリ・アドナンがクロスを上げると、ファーに流れがボールをアハメド・ヤシーンが押し込み、イラクが同点に追いつく。 ▽オーストラリアは82分にジェームズ・トロイージを投入し勝利を目指す。90分にはケイヒルがボックス中央でクロスに合わせるもゴールならず。結局そのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。 イラク代表 1-1 オーストラリア代表 【イラク】 アハメド・ヤシーン(後31) 【オーストラリア】 レッキー(前39) 2017.03.23 23:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ホームで完勝のUAEが3位オーストラリアに勝ち点で並ぶ《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第5節のUAE代表vsイラク代表が15日に行われ、2-0でUAEが勝利した。 ▽ここまで2勝2敗で4位に位置するUAEがホームに5位のイラクを迎えた一戦。試合は MFオマール・アブドゥルラフマンを中心に攻撃を組み立てるUAEがボールを保持しながら展開すると26分、O・アブドゥルラフマンの起点からゴールが生まれる。 ▽O・アブドゥルラフマンのパスをバイタルエリア右で受けたアフメド・ハリルがボックス右へスルーパス。これに反応したサンクールがダイレクトで折り返すと、相手DFのブロックでこぼれ球を走り込んだA・ハリルがゴール右からダイレクトシュートで叩き込んだ。 ▽UAEリードで迎えた後半は、一進一退の攻防を展開する。お互いに選手を入れ替えつつゴールを目指す中、イランは79分にアーマド・イブラヒムの左クロスをニアに走り込んだアイメン・フセインが頭で合わせる。さらに83分には、右クロスをボックス中央のアブドゥルアミールがヘディングシュートを放ったが、共にGKアリ・ハセイフの好セーブに阻まれた。 ▽このまま試合終了かに思われたが、UAEは後半アディショナルタイムの93分に追加点を奪う。O・アブドゥルラフマンのスルーパスに抜け出したマブフートがボックス右でキープすると、マブフートの折り返しを中央に走り込んだマタールが左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。勝利したUAEは、3位オーストラリア代表と勝ち点で並んだものの、得失点差で下回っており4位となっている。なお、UAEは2017年3月に行われる第6節にホームで日本と対戦する。 2016.11.16 02:28 Wed
twitterfacebook
thumb

バースデーの山口蛍が土壇場の劇的決勝弾! 日本がイラクに薄氷の勝利《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第3戦、日本代表vsイラク代表が6日に埼玉スタジアム2002で行われ、日本が2-1で勝利した。 ▽初戦のUAE戦を落としたこともあって今回のイラク戦で勝利が必須となる日本は、注目のトップ下にMF香川真司ではなくMF清武弘嗣を起用。また、セントラルの一角にはMF柏木陽介を起用した。 ▽試合は、開始早々に日本がピンチを迎える。3分、右CKからアブドゥルアミールに酒井高が競り負けて、ヘディングシュートを放たれる。しかし、これは右ポストの外側に直撃したことで、日本が難を逃れた。 ▽何とか枠に助けられた日本は、ここからポゼッション率を高めて巻き返す。11分には、高い位置でのボール奪取から岡崎がボールを落とすと、最後はバイタルエリアで仕掛けた清武が左足でシュート。これがゴール左を捉えるが、イラクGKのファインセーブに遭う。 ▽しかし、攻勢に出る日本は25分に均衡を破る。カウンターから清武が左サイドの本田に預けて後ろを回る。最後はリターンパスを受けた清武の折り返しを、長い距離を走ってゴール前に入った原口が右足ヒールキックで合わせて相手GKの股を抜いた。 ▽前半終了間際、日本は左サイドを崩されてクロスからアブドゥルザフラのボレーシュートを浴びるも、ここはGK西川の好セーブで失点を免れた。 ▽迎えた後半、日本は積極性を見せてきたイラクを前に押し込まれる。すると、60分に同点弾を浴びる。遠めの位置からゴール前にFKを入れられると、前半と同様に酒井高が競り負けてアブドゥルアミールにヘディングシュートをねじ込まれた。 ▽勝ち点3が必要な日本。ハリルホジッチ監督は67分、柏木に代えて山口を投入する。これで流れを好転させることができずにいると、75分には岡崎を下げて浅野を送り出す。 ▽終盤、日本はリスクを冒して攻撃を仕掛ける。80分には、左サイドで仕掛けた原口のクロスにファーサイドの本田が頭で合わせる。しかし、このヘディングシュートは左ポストに弾かれる。ハリルホジッチ監督は81分、本田に代えて小林を入れる。 ▽その後、日本は吉田を前線に上げてパワープレーに出る。90分にはその吉田がハイボールを落とすと、浅野がシュートチャンスを迎えるも、ミートさせることができない。 ▽それでも、6分のアディショナルタイムを得た日本は94分、ついに勝ち越し弾を挙げる。左サイドから清武がゴール前に入れたFKはクリアされるも、ボックス正面の山口がダイレクトボレー。抑えのきいたシュートが見事にネットを揺らし、日本がこの日が誕生日だった山口の劇的弾で何とか勝ち点3を手にした。 2016.10.06 21:43 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング