ジルーがハット含む5ゴールに絡む大活躍! D・キエフ一蹴のブルーズが余裕のベスト8進出!《EL》2019.03.15 04:51 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16・2ndレグ、ディナモ・キエフvsチェルシーが14日に行われ、アウェイのチェルシーが5-0で勝利した。この結果、2戦合計8-0としたチェルシーの準々決勝進出が決まった。先週にスタンフォード・ブリッジで行われた1stレグをペドロ、ウィリアン、ハドソン=オドイの3ゴールで先勝したチェルシー。だが、直近の国内リーグではホームでウォルバーハンプトン相手に1-1のドローにとどまり、トップ4フィニッシュに向けて痛恨の勝ち点逸となった。

今週末にエバートンとのリーグ戦を控える中で行われた敵地での2ndレグに向けてはGKケパ、カンテ、コバチッチ、ウィリアンを除きEL仕様の大幅なターンオーバーを行い、前線はウィリアン、ジルー、ハドソン=オドイが3トップを組んだ。

試合は開始早々にアウェイのチェルシーが動かす。5分、右CKの場面でキッカーのウィリアンがアウトスウィングのボールを入れると、ニアで競り勝ったロフタス=チークが頭で合わせると、これを中央のジルーがワンタッチで流し込んだ。

開始早々にアウェイゴールを奪い、ベスト8進出をほぼ決定づけたチェルシーはその後も攻勢を続ける。11分には左サイドのマルコス・アロンソにボールを預けてボックス内に走り込んだロフタス=チークがリターンパスを受けて細かいフェイントからシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。

一方、逆転突破には5点が必要となったディナモ・キエフは20分過ぎにようやく反撃。マイコレンコのスルーパスに抜け出したガルマシュがボックス内でGKをかわしてゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。

前半半ばから終盤にかけてもチェルシーペースが続く中、33分にはロフタス=チークの中盤でのキープを生かしたカウンターからマルコス・アロンソからの絶妙な斜めのスルーパスに反応したジルーがゴール前に抜け出してのダイレクトシュートで決め切って2点目を奪取。さらに、前半終了間際にはジルーとのワンツーでボックス右ライン際まで侵攻したハドソン=オドイからのグラウンダーの折り返しをマルコス・アロンソが泥臭く押し込んで3点目とした。

迎えた後半、立ち上がりはディナモ・キエフが攻勢を仕掛けるが、51分の連続決定機はシェペリエフのシュートがGKケパの好守に、シドルチュクのシュートが右ポストに阻まれて一矢報いることができない。

一方、序盤のピンチを無失点で凌いだチェルシーは59分、右CKの場面でキッカーのウィリアンがアウトスウィングのボールを入れると、これをフリーのジルーが難なく頭で合わせてハットトリックを達成した。

1stレグ以上に余裕の試合運びを見せるチェルシーはカンテに代えてジョルジーニョ、筋肉系のトラブルを訴えたザッパコスタに代えてアスピリクエタ、ウィリアンに代えてペドロを75分までに投入し、週末のエバートン戦に向けた采配を見せる。

その後、78分には相手の中盤でのパスミスを奪ったカウンターからジルーのスルーパスに抜け出したハドソン=オドイが冷静にGKとの一対一を制してEL3試合連続ゴールを達成。そのまま相手の反撃を無失点で凌ぎ切ったチェルシーが2戦合計8-0と圧倒的な力の差を見せ付けてベスト8進出を決めた。
コメント
関連ニュース
thumb

キプロス戦で代表100キャップのアザール、歴代最多出場の可能性も「彼は40歳までプレーしそう…」

ベルギー代表は24日、ユーロ2020予選グループI第2節でキプロス代表と対戦する。同試合で代表100キャップを飾ることが濃厚なチェルシーMFエデン・アザールが自身のメモリアルマッチへの意気込みを語った。 ベルギーは21日に行われたユーロ2020予選初戦でロシア代表を3-1で破り、幸先の良いスタートを切った。そして、2連勝を目指す今節は敵地でキプロスと対戦する。 同試合で代表100キャップを飾ることが濃厚な28歳MFは公式会見の場で意気込みを語っている。ベルギー『HLN』が伝えている。 「28歳の時点でこのような数字(100試合)に到達できたことを嬉しく思うよ。ここまで素晴らしい道のりだったと思う。これがすぐに止まらないことを願っているよ。今は本当に良い気分だし、このユニフォームを着てプレーすることを楽しんでいるんだ」 また、28歳で100キャップを達成するアザールに関しては、現チームメートで歴代最多の112キャップを誇るトッテナムDFヤン・ヴェルトンゲン(31)を抜いて歴代最多出場記録の更新が期待される。 しかし、アザールはヴェルトンゲンが「40歳までプレー可能」と主張し、歴代最多出場記録は同選手に譲るつもりだと語っている。 「ヤン(・ヴェルトンゲン)が40歳までプレーし続けるなら、(自分が記録を更新することは)難しいよ。彼の記録を追い越すことは僕の野心にはないんだ」 「彼は優秀なフットボーラーだし、僕はできるだけ長くヤンと一緒にプレーしたいんだ。僕たちは互いを理解し合っているしね」 「彼がレッドデビル(代表チーム)に長く居てくれることを望んでいるよ。ヤンはチームにとって本当に重要な存在だからね」 「それに個人的には40歳までフットボールを続ける気持ちはないんだ。もちろん、自分の身体の反応によるけどね。これまでコンディションは良好だけど、いつか蓄積疲労を感じることもあるはずだ。もちろん、来るユーロやワールドカップはプレーしたいと思っているよ」 2019.03.24 21:28 Sun
twitterfacebook
thumb

アザールのレアル・マドリー行き、アーセナルOBピレスは「今夏」移籍を推す

アーセナルOBで元フランス代表のロベール・ピレス氏がチェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)に今夏のレアル・マドリー移籍を推した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 近年のチェルシーにおいて完全無欠のスタープレーヤーであるアザール。今シーズンもエースたる所以を示し続けているが、来シーズン限りで満了となる契約に関して、チェルシーからの延長オファーを蹴り、「夢」のレアル・マドリー移籍をちらつかせる発言が続けている状況だ。 そうしたなか、先日にレアル・マドリーとの5年契約合意報道が…。アザール本人はすぐさま火消しの発言を残したが、実際は定かではない。かつてビジャレアルの選手としてリーガエスパニューラを経験したピレス氏は『bwin』で渦中のアザールについて次のように語り、今夏の移籍を勧めた。 「アザールはプレミアリーグのベストプレーヤー。レアル・マドリーが探すプロフィールに合致する選手さ」 「チェルシーはすごく幸運だよ。世界中のどんな選手でも成し得ないことをやってのけられるアザールを擁しているのだから」 「でも、問題はアザールがそういった才能を持ちながら、チェルシーに残ってもタイトルを獲得できないということだ」 「だから、レアル・マドリーにとって、非常に魅力的な選手だね」 2019.03.24 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

激化必至のオドイ争奪戦、ユナイテッド新規参入か

イギリス『デイリー・メール』は、チェルシーに所属するイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の争奪戦にマンチェスター・ユナイテッドが加わったと報じた。 チェルシーの新鋭として注目を集めるハドソン=オドイ。バイエルンの数度に及ぶオファーを蹴ったチェルシーだが、本人は週給8万5000ポンド(約1200万円)の延長オファーを拒み、現時点で2020年に契約失効となる状況だ。 そのハドソン=オドイを巡っては現在、バイエルンのほか、ドルトムント、リバプールが関心を示しており、今年1月の移籍市場に引き続き今夏も争奪戦必至。そのなかに、ユナイテッドも新規参入を果たしたという。 動向に注目を集めるハドソン=オドイは、今月の代表ウィークでイングランド代表最年少記録の18歳135日でA代表デビュー。同選手自身、金銭面でなく、出場機会の確約を欲しているとみられるが、果たして…。 2019.03.24 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、やはりバレッラ獲得を逃していた…カリアリ会長が暴露

チェルシーは、やはりカリアリに所属するイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)獲得に動いていたようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 カリアリの下部組織で育ち、2014年にトップチーム昇格を果たしたバレッラは、豊富な運動量とボール奪取能力、テクニックを兼ね備えた期待の逸材だ。今シーズンもここまでのセリエA26試合に出場し、存在感を発揮している。 結局は残留したものの、今冬には評価を上げているバレッラに対するインテルやナポリ、そしてチェルシーなどからの関心が報じられた。特に、チェルシーからは今冬にMFセスク・ファブレガスがモナコへ移籍しており、後釜として必要性が議論されていた。 そして、カリアリのトマッソ・ジュリーニ会長は、実際にバレッラへの問い合わせがあったことを暴露。特に、ナポリとチェルシーは具体的に興味を示していたようだ。 「バレッラが1月に退団に近づくことはなかった」 「とはいえ、1月にナポリから具体的な関心が寄せられていたことは否定できないし、マウリツィオ・サッリもチェルシーに彼を欲しがった」 「インテルに関しては、ただの会話でそれ以上のものではなかった」 「比較するのは馬鹿げているが、彼はラジャ・ナインゴランを思い起こさせる。もしニコロが技術的にラジャより才能があるとしてもね」 2019.03.24 13:10 Sun
twitterfacebook
thumb

アザールがマドリー行き報道を完全否定!

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)が、レアル・マドリーとの合意を否定した。イギリス『メトロ』が報じている。 2012年にリールから加わって以来、チェルシーで眩く輝き続けているアザール。今シーズンも、ここまでの公式戦39試合で16ゴール11アシストと、チームを牽引している。 とはいえ、そんなアザールとチェルシーの現行契約も来シーズン終了まで。チェルシーからの契約延長オファーを固辞している上、同選手は以前からマドリーへの憧れを隠しておらず。さらに、マドリー指揮官にはアザールにとってのアイドルであるジネディーヌ・ジダン監督が復任し、今夏移籍の可能性が高まっている。 さらに、一部ではアザールは既にマドリー行きに関して大筋の取り決めを交わしているとも報じられた。しかし、そのことについて問われたアザールは、強く否定している。 「報道は全くの嘘だ」 「僕は明日のキプロス代表戦だけに集中している。それが考えていることの全てだよ」 2019.03.24 11:35 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース