ファン・ハールがフットボール業引退! バルセロナやオランダ代表、ユナイテッドを指揮2019.03.12 08:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オランダ人指揮官のルイ・ファン・ハール氏(67)が、フットボール界からの引退を発表した。オランダTV番組『VTBL』で語られた内容を、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

選手としてスパルタ・ロッテルダムやAZなど主に母国クラブでプレーしたファン・ハール氏は、地元クラブのアヤックスで1991年に監督キャリアをスタート。6年間を過ごしたアヤックスでは、UEFAカップ(ヨーロッパリーグ)制覇やエールディビジ3連覇、1994-95シーズンの無敗優勝など数々の功績を収めた。

その後は、バルセロナとオランダの指揮官を2度ずつ務め、バイエルンやAZでも指揮。最後の現場は、2014年から2016年まで采配を振るったマンチェスター・ユナイテッドとなった。キャリア通算では、チャンピオンズリーグ(CL)1度、リーガエスパニョーラ2度、ブンデスリーガ1度、エールディビジ4度など計20度のタイトル獲得を成し遂げている。

11日に『VTBL』に出演したファン・ハール氏は、以下のように引退を表明した。

「現在の私は年金受給者だ。テクニカルディレクターやTV解説者になろうという意欲は無い」

「私の妻トルースは、22年前に私のために仕事を辞め、海外まで行った私を追いかけた。私は彼女に、55歳になったら監督を辞めると言ったんだ。だが、65歳まで続けてしまった」

「彼女には、フットボールから離れて私と生活する権利がある。彼女がとても幸せだと言えるよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ルーニーが回顧…「LVGは最高の戦術家」

DCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーがマンチェスター・ユナイテッド時代の恩師であるルイス・ファン・ハール氏(67)に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ファン・ハール氏はアヤックスやバルセロナ、オランダ代表、AZ、バイエルンで監督を歴任後、2014年5月からユナイテッドを指揮。2015-16シーズンのFAカップを制したが、その優勝からわずか2日後に解任され、今月12日に監督業からの引退を表明した。 そのファン・ハール氏とわずかな期間ながらユナイテッドで師弟関係を築いたルーニー。イギリス『talkSPORT』でファン・ハール氏を「最高の戦術家」だったと振り返った。 「彼は僕が一緒に仕事をしたなかで、最も戦術に秀でた指導者だった。特に、守備を形作るという面においてね。誰もが自分の役割を理解できていたよ」 「それにより、しっかり攻撃面と守備面を正したのさ。いつくかタイトルを取っても、最終的に全員が望む道を歩めなかったけどね」 2019.03.24 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

激化必至のオドイ争奪戦、ユナイテッド新規参入か

イギリス『デイリー・メール』は、チェルシーに所属するイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の争奪戦にマンチェスター・ユナイテッドが加わったと報じた。 チェルシーの新鋭として注目を集めるハドソン=オドイ。バイエルンの数度に及ぶオファーを蹴ったチェルシーだが、本人は週給8万5000ポンド(約1200万円)の延長オファーを拒み、現時点で2020年に契約失効となる状況だ。 そのハドソン=オドイを巡っては現在、バイエルンのほか、ドルトムント、リバプールが関心を示しており、今年1月の移籍市場に引き続き今夏も争奪戦必至。そのなかに、ユナイテッドも新規参入を果たしたという。 動向に注目を集めるハドソン=オドイは、今月の代表ウィークでイングランド代表最年少記録の18歳135日でA代表デビュー。同選手自身、金銭面でなく、出場機会の確約を欲しているとみられるが、果たして…。 2019.03.24 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがクリバリに記録破りの移籍金準備か

マンチェスター・ユナイテッドがナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の獲得に向け、巨額を準備していると報じた。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 以前からセンターバック強化を目論みながら進まずのユナイテッド。レアル・マドリーやバルセロナ、チェルシーの関心も取り巻くクリバリに以前から視線を注いでおり、今夏のトップターゲットとして獲得に乗り出す意向だという。 そのクリバリの希望売却額で一歩も引かずの姿勢を取り続けるナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長だが、ユナイテッドは移籍金1億3000万ポンド(約188億8000万円)を用意。これはユナイテッド史上最高額の移籍金となる。 クリバリは2014年夏、ヘンクからナポリに加入。今シーズンもナポリが誇る鉄壁のセンターバックとして活躍を続けており、公式戦37試合に出場している。 2019.03.24 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、監督業復帰時期を明かす!

ジョゼ・モウリーニョ氏(56)が、監督業復帰の時期が6月になると語った。スペイン『アス』が伝えている。 昨年12月中旬にマンチェスター・ユナイテッドでの任を解かれ、フリーの状態が続いているモウリーニョ氏。今月初めには、古巣のレアル・マドリーがサンティアゴ・ソラーリ前監督を解任し、同クラブへの復帰が噂されたが、結局はジネディーヌ・ジダン監督がその立場に戻ることとなった。 とはいえ、2度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など世界屈指の実績を持つモウリーニョ氏は、既に数件のオファーを拒否していると明言。以前にも「野心」のあるクラブでの指揮を希望していることを明かしており、ビッグクラブ行きが予測されている。 そんな中、インタビューに応じたモウリーニョ監督が、今シーズン終了後の監督業復帰を見据えていると発言。6月には、“スペシャル・ワン”の新たな職場が明らかとなりそうだ。 「私の心にあるのは、夏の6月に新しいクラブのために、新しいプレシーズンのために戻りたいということだ」 「自分が欲していないことを正確に把握している。だからこそ、3つか4つの(希望とは)異なるオファーに(却下を)伝えなければならなかった。自分が何を望むか分かっている。それは特定のクラブということではなく、仕事の性質や大きさという観点だ」 2019.03.24 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「ユナイテッドで幸せ」発言もポグバ、今夏のマドリー移籍を検討?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)がレアル・マドリー移籍を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 2016年夏に当時の移籍金最高額である1億1400万ユーロ(約142億円)でオールドトラフォードに帰還したポグバ。しかし、パフォーマンスの低さから度々非難の的となっていたが、今シーズン途中からオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督が指揮を執るようになってから一変。まるで水を得た魚のようにゴールとアシストを量産しており、圧倒的な存在感を放ち、チームのV字回復に大きく貢献している。 そんなポグバは、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでマドリーについて聞かれると「マドリーでプレーすることは誰にとっても夢だよ。世界最大クラブの一つだからね」とコメント。さらに、今回の『マルカ』によれば、ポグバは、最終的にマドリーでのプレーすることを明確にしており、今夏のマドリー移籍を真剣に考えているという。 一方で、ジネディーヌ・ジダン監督はポグバの獲得を望んでいる可能性もあるが、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)の後継者確保を優先したいと考えているようだ。また、ポグバには契約解除金がないことから、移籍金がどれほどかかるのか不明とであると伝えている。 「将来どんなことが待ち受けているかはわからないが、ユナイテッドにいて、幸せだよ」と、同クラブに満足している発言していたポグバだが、今夏の動向はいかに…。 2019.03.23 22:40 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース