中島翔哉がカタール王者のアル・ドゥハイルに完全移籍! 今季のACLにも出場2019.02.04 02:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタールのアル・ドゥハイルは3日、ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。

森保ジャパンの中心選手でもある中島は、欧州クラブへの移籍を希望。ウォルバーハンプトンやレスター・シティなども移籍先の候補に挙がっていたが、突如として現れたカタール行きが決定した。

なお、移籍金は3500ユーロ(約43億7000万円)と事前に報道されていた。また、将来的なパリ・サンジェルマンへの移籍も噂されている。

東京ヴェルディの下部組織出身の中島は、2013年1月にトップチームへと昇格。2014年1月にFC東京へと移籍すると、同年はカターレ富山へとレンタル移籍。2014年8月にFC東京へ復帰していた。

その後FC東京でプレーしていた中、2017年8月にポルティモネンセへとレンタル移籍。自身初の海外挑戦となった2017-18シーズンでは、ポルトガル・プリメイラリーガで29試合に出場し10ゴール12アシストと大暴れ。これにより、多くのビッグクラブが興味を示した。

一度FC東京に戻った中島だったが、2018年に完全移籍を果たす。すると、今シーズンもここまでリーグ戦13試合に出場し5ゴール6アシストを記録。今冬の移籍が騒がれていた。

2018年9月からは日本代表にも選出。森保一監督の下で10番を背負い、中心選手としてプレー。アジアカップにも招集されていたが、負傷によりメンバー外となっていた。

アル・ドゥハイルは、2017-18シーズンのカタール・スターズリーグで優勝。ジョゼ・モウリーニョ監督の右腕として活躍していたルイ・ファリア氏を新監督に招へいし、ユベントスからモロッコ代表DFメディ・ベナティアを獲得するなど、チーム強化に動いていた。なお、アジアカップ2019でMVPと得点王を獲得したカタール代表FWアルモエズ・アリも在籍している。

なお、アル・ドゥハイルは2019年のAFCチャンピオンズリーグにも出場。西地区のグループCに入っており、2017年に決勝まで進んだサウジアラビアの強豪であるアル・ヒラル、日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アイン、イランのエステグラルと同居している。
コメント
関連ニュース
thumb

ベナティアのカタール移籍、子供のためだった…

イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』がモロッコ代表DFメディ・ベナティア(31)のカタール移籍理由を報じた。 ベナティアは今冬、ユベントスからアル・ドゥハイルに完全移籍。ポルティモネンセから加入した日本代表MF中島翔哉(24)とは同期となる。 移籍決定前にマンチェスター・ユナイテッドの興味も取り巻いたベナティアはカタール行きの真相について問われると、次のように説明した。 「自分の決断に関して、リスペクトされるべきだと思う。僕や僕の家族にとって、ベストだからさ。子供たちをイスラム教の環境下で育てたかったんだ。UAEやサウジアラビアに行くこともできたけど、モロッコ代表で顔馴染みの選手が多いカタールをより好んだ」 2019.02.08 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アジア杯得点王アリ、今夏ミラン移籍の可能性が浮上

カタール代表のFWアルモエズ・アリ(22)にミラン移籍の可能性が浮上しているようだ。カタール『ガルフ・タイムズ』が伝えている。 アリは現在、今冬に日本代表MF中島翔哉が加入したカタールのアル・ドゥハイルに所属。カタール代表として出場した先日のアジアカップでは決勝戦での先制点を含む同大会歴代最多となる9ゴールを奪い、同国史上初となるアジア制覇に導いた。 そんな大活躍を見せたアリに対して、ミランが注目。伝えるところによると、ミランはアジアカップにスカウト陣を派遣していたようで今夏、得点王に輝いた同選手の獲得に動く可能性があるようだ。 アジアカップでイギリス『beIN SPORTS』の解説を務めた元マンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョ氏からも「アリは海外でプレー出来る優れた選手」と称賛を受けたアリだが、果たして実現するのだろうか。 2019.02.07 09:15 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョの右腕として活躍した“名参謀”ルイ・ファリア氏がカタールで監督業をスタート

カタール・スターズリーグのアル・ドゥハイルは18日、新監督にルイ・ファリア氏(43)を招へいしたことを発表した。 ファリア氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督の右腕として知られている存在。モウリーニョ監督が2001年に率いていたポルトガルのレイリア時代にコンディショニングコーチ兼アシスタントマネージャーを務めると、ポルトではフィジオセラピストを、その後のチェルシー、インテル、レアル・マドリーではコンディショニングコーチを務め、モウリーニョ監督2度目のチェルシー政権下ではアシスタントマネージャーに就任。マンチェスター・ユナイテッドでもアシスタントマネージャーを務めていた。 しかし、2018年6月に17年間にわたって仕えてきたモウリーニョ監督の下を去り退団。チームのトレーニングを構築したり、選手たちのコンディショニングを担当していただけに、大きな穴になると思われたが、その懸念通りチームは低迷。モウリーニョ監督も監督を退任することとなってしまった。 モウリーニョ監督の下を去った理由を「決断は家族のためだった」と語っていたファリア氏だったが、参謀役としてではなく監督としてのキャリアを初めてスタートするのはカタールの地に決定した。 アル・ドゥハイルは、かつてはレフウィヤと呼ばれていたクラブ。2010-11シーズンに初タイトルを獲得すると、2011-12シーズン、2013-14シーズンも優勝。現在まで6度のリーグ優勝を誇っている。 なお、2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグにも出場。西地区のグループCに入っており、2017年に決勝まで進んだサウジアラビアの強豪であるアル・ヒラル、日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アイン、イランのエステグラルと同居。アジアの地で初の指揮官としてどのような活躍を見せるのだろうか。 2019.01.19 07:30 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース