ウエスカ、シティからベネズエラ代表MFエレーラをレンタル! 昨年11月の日本代表戦にも出場2019.01.17 00:07 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウエスカは16日、マンチェスター・シティからベネズエラ代表MFヤンヘル・エレーラ(21)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

10代半ばからベネズエラ国内で将来を嘱望される逸材の1人と評されたエレーラは2017年2月にシティに完全移籍で加入。その後、すぐさまシティの姉妹クラブのニューヨーク・シティFCに武者修行に出されて2シーズンで公式戦38試合に出場していた。

また、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)2017でベネズエラ代表の3位入賞にキャプテンとして大きく貢献した逸材セントラルMFはフル代表でもここまで9試合に出場し1ゴールを記録。昨年11月に行われた国際親善試合の日本代表戦でもプレーしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルFWロンゴ、ウエスカとの契約を解除しセリエBのクレモネーゼにレンタル移籍

インテルは30日、イタリア人FWサムエレ・ロンゴ(27)がウエスカとの契約を解除し、セリエBのクレモネーゼにレンタル移籍することを発表した。 インテルやジェノアなどの下部組織で育ち、2012年にインテルでトップチームに昇格したストライカーのロンゴは、エスパニョールやヴェローナ、ラージョ、カリアリ、フロジノーネ、ジローナといったクラブで武者修行を積んだ。 昨季はテネリフェにレンタル移籍し、リーガエスパニョーラ2部で24試合に出場し12ゴール1アシストを記録し、今季リーガエスパニョーラに昇格したウエスカに買い取り義務付きのレンタルで移籍していた。だが、ウエスカではリーガエスパニョーラで15試合に出場したものの、1ゴールを決めるに留まっていた。 2019.01.31 01:17 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルDFルベン・セメドがリオ・アヴェにレンタル移籍 今季前半はウエスカでプレー

ビジャレアルは30日、ポルトガル人DFルベン・セメド(24)が今シーズン終了までのレンタルで母国リオ・アヴェに加入することを発表。また、今シーズンからプレーしていたウエスカへのレンタルは打ち切りとなった。 ベンフィカやスポルティング・リスボンの下部組織で育ったセメドは、2015年にスポルティングのトップチームへ昇格し、2017年7月にビジャレアルへと完全移籍。高い身体能力を武器とする期待の逸材として注目を集めた。 しかし、セメドは2018年に一般男性を自宅に監禁。その間に被害者宅に侵入し、金銭や恐喝するための品を盗み出した。また、銃を所持していたとも伝えられており、殺人未遂容疑がかけられている。その後、ビジャレアルとの契約が一時凍結となり、保釈された昨年の夏にウエスカへのレンタル加入が発表となった。 再起を図るセメドは、ウエスカで過ごした今シーズンはリーガ第4節から第12節まで連続でフル出場。だが、その後のリーグ戦では一切の出場機会を与えられず。ウエスカへのレンタルが打ち切られた。 2019.01.30 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

リュカ&アリアスの両SBが共に初ゴール! アトレティコが最下位ウエスカ粉砕でコパ敗退ショックを払拭!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第20節、ウエスカvsアトレティコ・マドリーが19日に行われ、アウェイのアトレティコが3-0で快勝した。 首位バルセロナを勝ち点5差で追う2位のアトレティコ(勝ち点38)はリーガで16戦無敗と好調を維持。だが、ミッドウィークのコパ・デル・レイではホームでジローナ相手にまさかの3失点を喫する3-3のドローゲームを演じ、アウェイゴール数の差で下回り、5回戦敗退となった。 コパ敗退からリバウンドメンタリティが求められるアトレティコは最下位ウエスカのホームに乗り込んだこの一戦に向けて負傷の一部主力を除く現状のベストメンバーを起用。コレアとグリーズマンが2トップを組んだ。 濃い霧がスタジアムを包む中でスタートした一戦。やや落ち着かない入りとなったアウェイのアトレティコは12分にプリードに右ポスト直撃のシュートを許すと、16分にはDFゴディンが競り負けて裏へ抜け出したクチョ・エルナンデスにGKとの一対一の局面を作られるが、ここは守護神オブラクの絶妙なポジショニングと追い込みにより相手のシュートミスを誘い、事なきを得た。 コパ敗退を引きずるかのように思うようなパフォーマンスを見せられないアトレティコだったが、伏兵中の伏兵がゴールをこじ開ける。32分、味方からのスルーパスに抜け出したコケがボックス右から折り返すと、DFに当たってコースが変わったボールがファーに流れる。これをリュカが利き足とは逆の右足のボレーで流し込んだ。なお、アトレティコ通算107試合出場のリュカは意外にもこれが自身の初ゴールとなった。 この先制点で試合は一気にアトレティコペースと思われたが、失点後も高い士気を見せるウエスカは失点前と同様に強豪相手に堂々と渡り合う。だが、同点ゴールを奪うまでには至らず、試合はアトレティコの1点リードで折り返す。 迎えた後半、立ち上がりから攻勢を見せるアウェイチームは再び伏兵のゴールでリードを広げる。52分、左サイドに流れてボールを引き出したグリーズマンが狙いすました浮き球のクロスをボックス右のスペースに入れると、ここに走り込んだアリアスが見事なダイレクトボレーで合わせ、こちらも移籍後初ゴールを挙げた。 この追加点で完全に流れを掴んだアトレティコはゲームコントロールに意識を傾けながらも得意のカウンターから3点目を狙う。すると71分、左サイドの高い位置に抜け出したリュカのクロスをゴール前のグリーズマンがヘディングシュート。これはクロスバーを叩くもファーに詰めたコケがこぼれ球を流し込み、ダメ押しのゴールを奪った。 その後、殊勲のコケとリュカを下げて17歳FWビクトル・モジェホ、19歳MFホアキン・ムニョスをリーガデビューさせる余裕の采配を見せたシメオネ監督率いるチームは相手の反撃をクリーンシートで凌ぎ切って3-0の完勝。今季のアウェイ3勝目を快勝で飾ると共にコパ敗退のショックを見事に払しょくした。 2019.01.20 04:48 Sun
twitterfacebook
thumb

昨年殺人未遂容疑のウエスカDFセメド、「チームの価値を尊重できず」退団へ?

ウエスカ指揮官が、ポルトガル人DFルベン・セメド(24)が構想外であることを明かしている。スペイン『アス』が伝えた。 ベンフィカやスポルティング・リスボンの下部組織で育ったセメドは、2015年にスポルティングのトップチームへ昇格し、2017年7月にビジャレアルへと完全移籍。高い身体能力を武器とする期待の逸材として注目を集めた。 しかし、セメドは2018年に一般男性を自宅に監禁。その間に被害者宅に侵入し、金銭や恐喝するための品を盗み出した。また、銃を所持していたとも伝えられており、殺人未遂容疑がかけられている。その後、ビジャレアルとの契約が一時凍結となり、保釈された昨年の夏にウエスカへのレンタル加入が発表となった。 再起を図るセメドは、ウエスカで過ごす今シーズンはリーガ第4節から第12節まで連続でフル出場。だが、その後のリーグ戦では一切の出場機会を与えられず。今冬の放出候補筆頭になっている。 セメドの処遇について問われたウエスカのフランシスコ・ロドリゲス監督は、「チームの価値を尊重できない」と辛らつな評価を口にした。 「私たちはプロフェッショナルであり、決定を下さなくてはならない」 「(ルベン・)セメドは私たちの構想には含まれておらず、クラブは決断しなくてはならない」 「私たちは(チームの)価値を高めていくとともに、それを尊重している。だが、ルベンはそれ(尊重すること)が理解できないんだ」 2019.01.06 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

最下位・ウエスカがMF柴崎岳をロックオン!? しかしクラブ側には心配な点も…

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(26)に対して、ウエスカが獲得を狙っているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 柴崎は2017年夏、テネリフェからリーガエスパニューラ復帰のヘタフェに移籍。背番号「10」を託され、リーグ戦22試合1得点を記録したが、今シーズンは出場機会が減り、苦しい状況が続いている。 その柴崎に今シーズン1部に昇格したウエスカが注目。現在勝ち点8で最下位に沈んでおり、後半戦の巻き返しに向けて白羽の矢を立てたという。 しかし、同メディアは柴崎が出場機会に恵まれていないにも関わらず、日本代表に選出されていることから移籍金が低額ではないことを指摘。また、5日から行われるAFCアジアカップUAE2019への出場もウエスカへの合流を遅らせ、フィットや強化に時間に要すと問題視している。 2019.01.03 08:30 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース