U-22日本代表MF板倉滉がマンチェスター・シティに完全移籍! 堂安所属のフローニンヘンに即レンタル2019.01.15 06:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フローニンヘンは14日、マンチェスター・シティからU-22日本代表MF板倉滉(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。契約期間は2020年6月30日までの1年半となる。

なお、板倉は15日にオランダに到着し、メディカルチェックを受診した後、正式にフローニンヘンの一員となる。

現時点で川崎フロンターレとマンチェスター・シティの両クラブから公式なアナウンスはないが、同選手はシティに完全移籍で加入してもイギリスの労働許可証取得の条件をクリアできないことからフローニンヘンに武者修行に出ることが決まったようだ。

川崎フロンターレの下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。また、天皇杯には4試合に出場し、初の決勝進出に貢献。U-21日本代表としては、AFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される選手だ。

7日に仙台への期限付き移籍期間満了を発表後、一部メディアで海外移籍の意向を示していたことが伝えられ、川崎は14日に2019シーズンの選手背番号を発表する際に板倉が国外移籍に向けて調整中であることを明かしていた。

なお、フローニンヘンでは日本代表の世代別チームで長らく共演してきた日本代表MF堂安律が在籍しており、新クラブへの適応に不安はないはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

J王者・川崎フロンターレが7月にチェルシーと対戦が決定!《明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ》

Jリーグは20日、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」にて、川崎フロンターレとチェルシーが対戦することを発表した。 「明治安田生命 Jリーグワールドチャレンジ2019」は、Jリーグとして海外の強豪クラブを招へいし、J1クラブと対戦する「Jリーグインターナショナルシリーズ」として開催される。 試合は7月19日(金)に日産スタジアムで開催される。キックオフ時間などは未定だ。今回の対戦実現に関して、Jリーグの村井満チェアマン、川崎フロンターレの小林悠、チェルシーのブルース・バック会長がコメントしている。 ◆村井満チェアマン(Jリーグ) 「今年、2年ぶりに明治安田生命Jリーグワールドチャレンジを開催いたします。Jリーグは今年から外国籍枠を緩和し、より高水準の競争力をクラブに求めておりますが、本大会は「Jリーグの中に世界をつくる」ために必要だと認識しております」 「開催目的に相応しい対戦相手として、プレミアリーグ優勝5回、UEFAチャンピオンズリーグの優勝経験もある欧州屈指のビッグクラブ、チェルシーFCを招待することになりました。現在リーグ戦2連覇中の川崎フロンターレがチェルシーFC相手にどこまで通用するのか、今から楽しみでなりません。Jクラブを代表して戦う川崎Fには「勝利」という結果も期待しています」 「また、本大会は明治安田生命保険相互会社様が特別協賛社となります。明治安田生命様には、日頃よりトップパートナーおよびタイトルパートナーとして日本サッカーの水準向上、スポーツ文化の醸成、国際社会における交流と親善というJリーグの理念にご賛同いただき、Jリーグやクラブへの協賛を通じて多大な貢献をいただいておりますが、本大会のご協賛を通じて、国際社会における交流と親善という三つ目の理念の実現への更なるご協力を大変うれしく思います。ご協賛に恥じない素晴らしい大会にしてまいります」 ◆小林悠(川崎フロンターレ) 「この度、Jリーグを代表して世界的に有名なビッグクラブ、チェルシーFCと試合ができるということですごく楽しみですし、自分たちのサッカーがどれだけ通用するかを試せる素晴らしい相手だと思います。メンバーを見ても知っている選手ばかりで、私が言うまでもなくワールドクラスの選手が揃っているチームです」 「以前、ボルシア・ドルトムントとの試合を行った際には、何も出来ず相手に翻弄されてしまったので、今回こそ日本のクラブ、Jリーグチャンピオンチームの意地を見せたいです」 「フロンターレのサポーターだけはなく、チェルシーの試合を見たいという皆さんもたくさん来てくれると思います。そんな皆さんたちにもこれがフロンターレのサッカーだというものを見せたいですし、フロンターレのことも好きになってもらえればと思います」 「また、Jリーグのサッカーって面白い、楽しいと感じてもらえるような試合にしたいと思います。明治安田生命保険相互会社様、Jリーグの関係者の皆様にこの素晴らしい機会をいただいたことを感謝します。 チーム一丸となって精一杯頑張ります!」 ◆ブルース・バック会長(チェルシー) 「チェルシーFCの来季プレシーズン日程に関して、その最初となる試合を正式に発表出来る事を非常に嬉しく思います。クラブにとって刺激的な夏になるでしょう。約7年ぶりに日本を再訪できる機会を非常に嬉しく思い、この試合の実現にあたりJリーグに感謝します。横浜国際総合競技場に集まる情熱的なファンを前に、新シーズンの準備を整える我々にとって、川崎フロンターレは間違いなく手強い対戦相手となるでしょう」 2019.03.20 19:35 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎FのMF守田英正が無念の日本代表離脱…右ハムストリングに違和感《キリンチャレンジカップ2019》

川崎フロンターレは19日、MF守田英正が今月行われるキリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表から離脱することを発表した。 森保一監督率いる日本代表は18日に始動。しかし、守田は右ハムストリングに違和感があったため、宿舎での別メニューとなっていた。クラブは「大事をとって離脱することになりました」と説明している。 日本代表は、22日(金)に日産スタジアム(神奈川)でコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸(兵庫)でボリビア代表と対戦する。 2019.03.19 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、王者を攻略! 右SB三浦弾で今季2勝目! 川崎Fは開幕4試合勝利なし… 《J1》

明治安田生命J1リーグ第4節の川崎フロンターレvsガンバ大阪が17日に等々力陸上競技場で行われ、1-0でG大阪が勝利した。 ここまで3分けの13位・川崎F(勝ち点3)と、1勝2敗の11位・G大阪(勝ち点3)が激突した。前節の横浜F・マリノスとの神奈川ダービーを2-2で引き分けた川崎Fは、ミッドウィークに行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第2節のシドニーFC戦を1-0で勝利。G大阪戦に向けては、そのシドニーFC戦から先発メンバーを4人変更。登里、守田、小林、レアンドロ・ダミアンに代えて車屋、鈴木、山村、知念を起用した。 一方、前節の名古屋グランパス戦との打ち合いを2-3で敗れたG大阪は、ミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップ・グループステージ第2節の松本山雅FC戦を[4-2-3-1]の新布陣を試して2-1で勝利。同試合と同様の先発メンバー、布陣で王者との一戦に臨んだ。日本代表に選出された三浦は右サイドバックで先発した。 試合は序盤から川崎Fのパスミスが目立ち、G大阪に立て続けにボックス内に侵攻を許す中、10分にチャンス。左サイドを突破した長谷川のクロスに中央の中村が反応するが、ここは空振り。ファーサイドに走り込んだ鈴木が右足で強烈なシュートを放つも、ここはGK東口に素早い反応に防がれた。 立ち上がりを経過すると、徐々に川崎Fがボールを保持。しかし、G大阪も複数人での連動した守備で決定機を作らせない。それでも川崎Fは29分、谷口のフィードに反応した知念がボックス左でのキープから縦にスルーパス。走り込んだ家長が左足を振り抜いたが、ここもGK東口が立ちはだかった。 その後はG大阪も反撃に転じるもゴールを脅かすことができず、ゴールレスで試合を折り返した。 後半に入ると、G大阪が攻勢を強める。53分、倉田の縦パスをボックス右で受けた小野瀬が対峙した相手DFを股を抜くパスでゴール前へ。中央にはファン・ウィジョが走り込んでいたが、ギリギリのところで奈良にクリアされた。さらにその1分後、遠藤の右CKに菅沼がヘディングで合わせる。しかし、ここもGKチョン・ソンリョンに阻まれた。 少々嫌な空気が漂う川崎Fは56分に山村に代えて先日のACLで決勝点を奪った齋藤を、68分に長谷川に代えてレアンドロ・ダミアンを投入し、攻撃の活性化を図る。それでも停滞した攻撃になかなかリズムを加えることができない。 すると対するG大阪は79分、ボックス左手前でアデミウソンがパスを受けると、巧みなドリブルからボックス内に侵攻し、周囲の注意を引きつけてボックス左にスルーパス。フリーの藤春が左足で強烈なシュートを放つも、GKチョン・ソンリョンが左足一本でスーパーセーブし、チームの危機を救う。 ホームで勝利が欲しい川崎F。88分には最終ラインのパス回しから下田が右サイドに展開。これを鈴木がダイレクトでボックス手前に浮き球を送り、知念が競ると、中央のレアンドロ・ダミアンが収めてシュートを放つ。しかし、強烈なシュートはゴール左外。 このままドローで試合終了かに思われたが、このピンチを凌いだG大阪に待望の時が。後半アディショナルタイム1分、藤春が左サイドでボールを持った倉田を追い越してスルーパスを呼び込む。ボックス左に侵攻し、狙いすましてグラウンダーのクロスを送ると、ボールは密集地帯を抜けてファーサイドに走り込んでいた三浦が冷静にゴールへ流し込んだ。 終盤に貴重な先制点を奪ったG大阪がそのまま試合をクローズ。1-0で勝利したG大阪が今季2勝目。一方、川崎Fはこれで開幕4試合勝利なしと苦しいスタートを強いられている。 2019.03.17 17:03 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】リーグ初白星を目指す王者、G大阪の新布陣崩せるか《川崎FvsG大阪》

17日に明治安田生命J1リーグ第4節が開催。等々力陸上競技場では、13位・川崎フロンターレ(勝ち点3)と、11位・ガンバ大阪(勝ち点3)が激突する。 ◆ACLの次はリーグ戦初白星を〜川崎フロンターレ〜 リーグ開幕3試合連続ドローと苦しい滑り出しとなっている王者・川崎F。前節の横浜F・マリノスとの神奈川ダービー(2-2△)では、FWレアンドロ・ダミアンのリーグ戦初ゴール含む2発で初白星にあと一歩のところまで迫ったが、試合終了間際にセットプレーから失点し、勝ち点3を掴むことができなかった。それでもミッドウィークに行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のシドニーFC戦(1-0◯)では、攻撃的姿勢を貫いてついに白星。停滞した時間帯もあったが、結果がついてきたことが何もより大きい。 連戦続きで疲労もピークに達する中、MF大島僚太やDF馬渡和彰といった負傷者が徐々に目につくように。それでもMF長谷川竜也やMF田中碧、FW知念慶ら控え選手たちがチームを活性化させているのは心強い。次に手にしたいのはリーグ戦初白星。リーグ2位の得点力を誇るG大阪相手に強固な守備で抑え、ゴールを奪えるか。昨シーズンの対戦でも5バックで対策されているだけに、要警戒だ。 ◆王者戦で求められる守備改善〜ガンバ大阪〜 対するG大阪は開幕1勝2敗の黒星先行。前節の名古屋グランパス戦でも2-3の打ち合いに敗れ、またもホーム初勝利を逃した。ただ、攻撃陣は依然として好調。オウンゴールとPKからの得点だったが、いずれも崩しの形からのものであり、総得点2位の8得点を記録する攻撃面はかなり良い。その一方で、気になるのが守備面。開幕3試合連続で複数失点が続いており、局面の緩さが目立つ。 そういった背景もあり、宮本恒靖監督はミッドウィークのルヴァンカップで主力を大量投入して、右サイドバックに三浦弦太、ボランチの一角に倉田秋、トップ下に遠藤保仁、左サイドハーフにアデミウソンを置いた新布陣を試運転。そのなかで、チームに自信をもたらす公式戦3試合ぶりの白星を掴み、今節の王者川崎F戦に臨む。連戦となる主力のコンディションが気がかりだが、それはACLを戦った相手も一緒。王者相手といえども、チームの格的に勝利が求められる。 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190316_0_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:マギーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:守田英正、田中碧 MF:家長昭博、中村憲剛、長谷川竜也 FW:小林悠 監督:鬼木達<hr>負傷者も続出し、ACLから中3日と読みづらい部分はある。最終ラインではDF車屋紳太郎が先発復帰し、マギーニョがリーグ開幕戦以来の出場か。前線ではここ最近、出色のパフォーマンスを披露している長谷川の先発を予想。G大阪守備陣を崩し切れるか注目だ。 ◆ガンバ大阪[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190316_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:三浦弦太、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、藤春廣輝 MF:倉田秋、今野泰幸、小野瀬康介、遠藤保仁、アデミウソン FW:ファン・ウィジョ 監督:宮本恒靖<hr>ポイントはルヴァンカップの戦いから中3日の今節に向け、布陣を継続するのかどうか。それ次第で、先発の顔ぶれも変わってくる。そして、ソシエダから加入した元U-19スペイン代表のダビド・コンチャは今節から出場可能。起用法に注目が集まる。 【注目選手】 ◆小林悠(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190316_0_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>リーグ戦初白星に向けて鍵となる選手はキャプテンのFW小林悠だ。今シーズンは強力ストライカーのレアンドロ・ダミアンが加入したことで2トップの一角や右サイドを担うことが増加。しかし、周囲との連携や自身の決定力不足もあり、ここまでゴールに絡めない日々が続いていた。それでも前節には頭でレアンドロ・ダミアンのゴールをアシスト。チャンスに顔を出すことはできている。今節はG大阪が新たな対策を練ってくる可能性もあるだけに、自身の動き出しでほん弄し、今シーズン初ゴールを決めたいところだ。 ◆小野瀬康介(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190316_0_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>G大阪のキープレーヤーは在籍2年目の小野瀬康介だ。昨夏にレノファ山口FCからやってきた元横浜FCの逸材はG大阪加入2年目の今年、より攻撃面で存在感を際立たせており、J1開幕2戦連発の活躍をみせるなど、既に公式戦3得点をマーク。仕掛けからのクロッサーとしてだけでなく、積極果敢なミドルシュートやストライカー陣が作り出すマイナスのスペースを使った動き出しでも異彩を放ち、ファン・ウィジョやアデミウソンとともに強力な攻撃陣トリオの一角を担う。ボールの主導権を握られることが予想される王者戦でファン・ウィジョやアデミウソンらと共に爪痕を残せるか。注目だ。 ◆ホームに強い川崎Fとアウェイに強いG大阪 リーグ戦初白星が欲しい川崎Fと、2勝目を目指すG大阪。通算成績では川崎Fが10勝5分け13敗と負け越している。しかし現在、川崎Fはホーム戦12試合連続無敗(9勝3分け)。一方のG大阪はアウェイ戦直近6試合で5勝だ。 強力攻撃陣を擁する両者。勝利するのは川崎Fか、G大阪か。キックオフは17日の15時に迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">川崎FvsG大阪<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.03.17 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

鬼木采配的中! 途中出場の齋藤が値千金の決勝弾で2季ぶりACL勝利! 《ACL2019》

川崎フロンターレは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループH第2節でシドニーFC(オーストラリア)をホームに迎え、1-0で勝利した。 上海上港(中国)との初戦を落とした川崎F(勝ち点0)は直近の明治安田生命J1リーグ第3節の横浜F・マリノス戦(2-2のドロー)からスタメンを3名変更。車屋、馬渡、知念に代えて長谷川、中村、小林を起用した。 試合は12分、長谷川が個人技で敵陣中央左サイドを打開して、バイタルエリア左からクロスを供給。ボックス中央手前のレアンドロ・ダミアンがワントラップから右足でシュートを放つが、ゴール右に外れてしまう。 続く20分には、ハーフウェイライン付近で中村がボールを奪取。こぼれ球に反応した家長が小林へと繋ぐ。小林が前線にパスを通すと、反応したレアンドロ・ダミアンが敵陣中央からドリブルで持ち運び、ボックス手前中央から右足で強烈なシュートを放つ。しかし、GKレッドメインの好セーブに阻まれた。 緻密なパスワークでポゼッションを高めていく川崎Fはその後、ボックス内まで侵攻するが決定的なシュートを打てず。試合を優勢に進めたが、スコアが動くことなく前半を終えた。 後半に入っても試合を優位に進める川崎Fは58分、ボックス左手前から長谷川が仕掛けて、カットインからシュートを放つ。カーブをかけて狙うもGKレッドメインに弾かれた。さらに直後の右CKでは、中村のクロスはクリアされたが、こぼれ球に反応した守田がボックス中央手前から狙う。しかし、ここもGKレッドメインが立ちはだかり、先制点を奪うことが出来ない。 猛攻をかける川崎Fは74分、家長からの縦パスを受けた田中が小林とのワンツーでボックス中央に侵攻。DFを一人かわしてシュートを放つも、GKレッドメインに弾かれる。さらに、こぼれ球に小林が反応したが、大きく枠を外してしまう。 チャンスを作るも決めきることができない川崎は81分、最後の交代枠で長谷川に代えて齋藤を投入する。 すると迎えた直後の83分、ボックス右手前から中村がクロスを供給。相手DFに当たってコースが変わったが、ボックス中央にいた途中出場の齋藤が反応した。右足でシュート撃つと、ボールはゴール右に吸い込まれ、終盤に待望の先制点を奪った。 このゴールが決勝点となり、試合は1-0で終了。鬼木監督の采配に応える齋藤の値千金弾で川崎Fは、ACLで2シーズンぶりに勝利を挙げ、公式戦5試合ぶりの白星を飾った。次節はグループリーグ首位の蔚山現代(韓国)と4月10日にアウェイで対戦する。 2019.03.13 21:33 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース