クリバリはユナイテッド行きに前向きか…ナポリは放出を拒絶2019.01.11 21:06 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)は、マンチェスター・ユナイテッドに移籍に前向きなようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。

ユナイテッドはセンターバック獲得にプライオリティを置いており、クリバリをトップターゲットにしているとこれまでも各紙が報じていた。一方で獲得は難しいとの見方もされているが、今回伝えられるところによれば、クリバリは移籍を前向きにとらえているという。

しかし、ナポリはヨーロッパリーグ(EL)で優勝するべく、クリバリの放出を認めず。また、2018年にクラブとの契約延長を行っていることから、同選手の獲得交渉は困難だと見られている。

それにも関わらず、ユナイテッドはオールドトラフォードへ連れてくることを計画しており、今夏まで獲得するのを待つ意向があるようだ。ナポリはクリバリ放出に難色を示す反面、慰留に向けては現実的な考えを持っており、DF最高額となる移籍金9000万ポンド(約124億円)付近であれば売却も考慮されると、『メトロ』は推測している。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、やはりバレッラ獲得を逃していた…カリアリ会長が暴露

チェルシーは、やはりカリアリに所属するイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)獲得に動いていたようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 カリアリの下部組織で育ち、2014年にトップチーム昇格を果たしたバレッラは、豊富な運動量とボール奪取能力、テクニックを兼ね備えた期待の逸材だ。今シーズンもここまでのセリエA26試合に出場し、存在感を発揮している。 結局は残留したものの、今冬には評価を上げているバレッラに対するインテルやナポリ、そしてチェルシーなどからの関心が報じられた。特に、チェルシーからは今冬にMFセスク・ファブレガスがモナコへ移籍しており、後釜として必要性が議論されていた。 そして、カリアリのトマッソ・ジュリーニ会長は、実際にバレッラへの問い合わせがあったことを暴露。特に、ナポリとチェルシーは具体的に興味を示していたようだ。 「バレッラが1月に退団に近づくことはなかった」 「とはいえ、1月にナポリから具体的な関心が寄せられていたことは否定できないし、マウリツィオ・サッリもチェルシーに彼を欲しがった」 「インテルに関しては、ただの会話でそれ以上のものではなかった」 「比較するのは馬鹿げているが、彼はラジャ・ナインゴランを思い起こさせる。もしニコロが技術的にラジャより才能があるとしてもね」 2019.03.24 13:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがクリバリに記録破りの移籍金準備か

マンチェスター・ユナイテッドがナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の獲得に向け、巨額を準備していると報じた。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 以前からセンターバック強化を目論みながら進まずのユナイテッド。レアル・マドリーやバルセロナ、チェルシーの関心も取り巻くクリバリに以前から視線を注いでおり、今夏のトップターゲットとして獲得に乗り出す意向だという。 そのクリバリの希望売却額で一歩も引かずの姿勢を取り続けるナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長だが、ユナイテッドは移籍金1億3000万ポンド(約188億8000万円)を用意。これはユナイテッド史上最高額の移籍金となる。 クリバリは2014年夏、ヘンクからナポリに加入。今シーズンもナポリが誇る鉄壁のセンターバックとして活躍を続けており、公式戦37試合に出場している。 2019.03.24 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、守備強化にアケを注視か

ナポリが、ボーンマスに所属するオランダ代表DFネイサン・アケ(24)に関心を寄せているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えている。 母国フェイエノールト下部組織からチェルシーアカデミーに加入し、後にトップデビューを飾ったアケ。だが、世界的レベルの選手を揃えるチェルシーにおいて、若輩だったアケはポジションを掴むことはできずレンタル移籍を繰り返した。 そんな中、2016年夏からレンタル加入していたボーンマスで結果を残し完全移籍を勝ち取ると、今シーズンはここまでリーグ戦全31試合に出場。180cmと上背こそないものの高い身体能力とセントラルMFや左サイドバックでもプレー可能なスピード、ボールスキルを武器に総合力の高いセンターバックとして活躍している。 ナポリはそんなアケを高く評価。チェルシーからボーンマスへ加入した際の移籍金2280万ユーロ(約28億円)だったが、3000万ユーロ(約37億円)の評価額に上昇しているものの、守備強化を掲げるナポリが注視している模様だ。 だが、アケには、ナポリ同様に守備強化を目指すマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムも獲得を狙っていることが伝えられている。そのため、2022年まで契約を残すアケを巡って、水面下で火花が散ることになりそうだ。 2019.03.23 21:34 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、今夏のNo.1ターゲットはメルテンスか

アトレティコ・マドリーが、ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンス(31)を夏のトップターゲットに設定したようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』がスペイン『Cadena Cope』の情報をもとに伝えている。 2014年の加入以降、主力として活躍し続けてきたメルテンス。FWゴンサロ・イグアインが退団して迎えた2016-17シーズンには、ポジションをウイングからセンターFWに移し、リーグ戦35試合で28ゴール11アシストを記録するなど、長らくナポリの攻撃を牽引してきた。 だが、カルロ・アンチェロッティ監督が就任した今季は、ここまで公式戦36試合の出場で12ゴール11アシスト。悪くない成績だが、途中出場も多く、これまでと比べるとやや見劣りする。 絶対的選手とは言えない立場となっている中、攻撃陣の強化を図るアトレティコがベルギー代表FWに興味。同クラブはリーグ戦15試合で2ゴールというFWニコラ・カリニッチのパフォーマンスに不満を抱えており、それに代わるゴールハンターの獲得に動いているとされている。 メルテンスとナポリの契約は2020年までとなっているため、年齢を考慮してもそれほど高額な移籍金にはならないと予想されている。なお、今冬の移籍市場では中国が触手を伸ばしていることも伝えられていた。 2019.03.21 16:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、PSVのメキシコ代表FWロサーノ獲得に動く! 正指揮官就任間近のスールシャールが熱望

マンチェスター・ユナイテッドが、PSVに所属するメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)の獲得に強い関心を示しているようだ。イタリア『CalcioNapoli24』が伝えている。 2017年夏にパチューカからPSVに加入して以降、オランダの地で躍動を続ける逸材アタッカーは、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)、今季のチャンピオンズリーグ(CL)といった大舞台でも持ち味の鋭いドリブル、テクニック、決定力を遺憾なく発揮。ヨーロッパの4大リーグのビッグクラブから関心を集めている。 そのロサーノに関してはナポリが強い関心を示していると言われているが、同クラブの地元メディア『CalcioNapoli24』はユナイテッド行きの可能性を伝えている。 同メディアによると、ユナイテッドの正指揮官就任が間近と言われているオーレ・グンナー・スールシャール監督が、クラブに対してロサーノの獲得を強く希望しているという。 そして、ユナイテッドがPSVの望む4000万ユーロ(約50億5000万円)の支払いに同意した場合、マンチェスター行きの可能性が非常に高くなると主張している。 2019.03.21 06:06 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース