スールシャール、ポグバのトッテナム戦出場にゴーサイン2019.01.11 08:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督がフランス代表MFポール・ポグバのトッテナム戦出場を期待した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。スールシャール体制発足後のプレミアリーグで2試合連続の2得点を記録するなど、ピッチ上で輝きを取り戻しつつあるポグバ。だが、2日に行われた第21節のニューカッスル戦で負ったケガの影響により、5日に行われたFAカップ3回戦のレディング戦を欠場した。

だが、ポグバは13日に行われる第22節のトッテナム戦に出場できそうだ。ドバイで短期キャンプを実施したスールシャール監督は、ポグバの次戦出場について問われると、次のようにコメントした。

「大丈夫だろう。いくつか問題があったが、最後の数セッションもやり通した。彼はおそらく大丈夫だ」
コメント
関連ニュース
thumb

ポグバが“帰って来た”スールシャールを大絶賛「チームをファーガソン時代に戻した」

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバは、チームを本来の姿に戻したとオレ・グンナー・スールシャール監督を称賛した。<br><br>昨年12月中旬に、ジョゼ・モウリーニョ前監督の後任として古巣のマンチェスター・Uを率いることが決まったスールシャール監督。それまで低迷していたチームを蘇らせ、就任以降の公式戦で6連勝を記録するなど好調を維持する。<br><br>一方、モウリーニョ前監督との間に問題を抱え、起用すらされない時期のあったポグバも、スールシャール監督が指揮を執るようになってから復調。指揮官交代後のプレミアリーグ5試合全てにフル出場し、4ゴール4アシストを記録している。この好調を受け、同選手はイギリス『BBC』で新指揮官へ賛辞を贈った。<br><br>「彼にとってここは家のようだ。彼自身もこのことをわかっていると思う。変わったことは何もない。ただ彼が(サー・アレックス・)ファーガソンの時代にチームを戻しただけだ。トレーニングやボールを使ったプレー、全てが以前のマンチェスター・ユナイテッドのようだ。彼はいつも笑顔でいるし、選手との距離も近く、僕らのことを理解してくれている」<br><br>マンチェスター・Uは現在5位アーセナルと勝ち点で並も得失点差の関係で6位。4位のチェルシーまで勝ち点6差とトップ4も少しずつ近づいてきた。もちろん、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得を手にするにはまだまだ厳しい戦いが待っているものの、ポグバは自信をのぞかせた。<br><br>「僕たちはゴールを掲げている。それはトップに戻るという目標だ。まずはトップ4。僕たちはできるはずだ。みんながそうできるとわかっている」<br><br>提供:goal.com 2019.01.19 10:50 Sat
twitterfacebook
thumb

マルシャル、心変わりか 新契約にサイン間近

イギリス『スカイ・スポーツ』は18日、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(23)の延長合意が間近だと報じた。 昨年10月にユナイテッドから届いた延長オファーを蹴り、今後の去就不明なマルシャル。だが、ジョゼ・モウリーニョ前体制からオーレ・グンナー・スールシャール暫定体制に移行後、心変わりした模様だ。 マルシャルはユナイテッド残留に向け、新たな長期契約締結を決心。ユナイテッドは新たに5年間の延長オファーを打診しており、マルシャル本人もサインに近づいているという。 今シーズンのマルシャルはここまで公式戦23試合に出場。9得点1アシストを記録している。 2019.01.19 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

フェライニがふくらはぎの負傷により約1ヵ月間の離脱

マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFマルアン・フェライニが、ふくらはぎの負傷により最低3、4週間の離脱を強いられるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 『スカイ・スポーツ』によると、フェライニはトレーニングの中で負傷。昨年末にジョゼ・モウリーニョ前監督からオーレ・グンナー・スールシャール監督が仕事を引き継いで以来、フェライニは出場機会を激減させており、今冬の移籍も囁かれる中での離脱となった。 フェライニの状態について、スールシャール監督は以下のようにコメントしている。 「彼はおそらく最低3、4週間を要する。ふくらはぎの問題だ」 「悲しいことだ。選手それぞれに違った特徴があるし、私たちはみんなフェライニの特徴を分かっているからね」 「彼は一生懸命に頑張ってこれからのビッグゲームのために戻るよ」 2019.01.18 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、輝くラッシュフォードの給与を倍に?

マンチェスター・ユナイテッドがイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の給与アップを考慮しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 オーレ・グンナー・スールシャール暫定体制発足後の公式戦6試合で4得点のラッシュフォード。キャリア初のリーグ戦3戦連発をマークするなど、今シーズンから新たに背番号「10」を受け継いだ男の存在感がより濃くなりつつある。 そのラッシュフォードを巡っては現在、レアル・マドリーら他クラブの関心が取り沙汰されている。そういった噂を断ち切る意味も込め、ユナイテッドは2020年夏に失効するラッシュフォードに対して、新契約を検討している模様だ。 ラッシュフォードの現週給は7万5000ポンド(約1000万円)。ユナイテッドは長期の引きとめを目指して、倍額の15万ポンド(約2100万円)に引き上げるプランがあるという。 なお、ラッシュフォードは今シーズンの公式戦26試合に出場して8得点を記録。プレミアリーグにおいては19試合7得点6アシストをマークしている。 2019.01.18 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「監督がしたい。引退には若過ぎる」

ジョゼ・モウリーニョ氏(55)が今後に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 モウリーニョ氏は昨年末、マンチェスターユナイテッド監督就任3年目の今シーズン途中に退任。その後、監督業“出発の地”ベンフィカからオファーを受けたが、第一線での指揮続投を望み、古巣復帰は実現に至らなかった。 モウリーニョ氏はイギリス『beIN SPORTS』のインタビューに対して、注目を集る去就について触れ、トップレベルでの指揮希望を口にしたという。 「監督がしたい」 「長くフットボール界に携わってきた私はあと2週間足らずで56歳の誕生日を迎えるが、若過ぎる。引退にはね」 「私はこれから先もいるつもりだ。フットボール界のトップレベルにね。そこが私の居場所だ」 2019.01.18 10:20 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース