フルアムに4発快勝で3戦ぶり勝利のアーセナル、リバプール戦大敗を払しょく《プレミアリーグ》2019.01.02 01:53 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは1日、プレミアリーグ第21節でフルアムをホームに迎え、4-1で快勝した。3日前に行われた前節リバプールとのビッグマッチを1-5と大敗した5位アーセナル(勝ち点38)は、そのリバプール戦のスタメンから3選手を変更。トレイラ、リヒトシュタイナー、ラムジーに代えてラカゼット、グエンドウジ、コシエルニーを起用した。

ここ3試合1勝2分けと負けのない19位フルアム(勝ち点14)に対し、リーグ戦4試合ぶりに3バックに戻したアーセナルは、[3-4-3]を採用。3バックに右からムスタフィ、パパスタソプーロス、コシエルニーと並べ、中盤に右からナイルズ、グエンドウジ、ジャカ、コラシナツ、3トップに右からオーバメヤン、ラカゼット、イウォビと並べた。

そのアーセナルが押し込む流れで立ち上がっていくも、15分にピンチ。スルーパスに抜け出したR・セセニョンにボックス右まで進入されて決定的なシュートを打たれるも、わずかに枠を外れて助かった。さらに24分、左クロスに反応したファーサイドでフリーのR・セセニョンにシュートを押し込まれかけたが、ミートせず再び助かった。

すると直後の25分、アーセナルが先制する。左サイドのイウォビのパスを受けたジャカが胸トラップからシュートを蹴り込んだ。

先手を取ったアーセナルは32分、ショートカウンターを受けた流れからミトロビッチにヘディングシュートを打たれるも、GKレノが守備範囲でセーブした。

すると34分、イウォビの意表を突くヒールパスから決定機。しかし、ゴール前に飛び込んだジャカのシュートはGKに阻まれ、追加点とはならない。さらに40分、イウォビの左クロスにオーバメヤンがニアに飛び込んでヘッドで合わせるもわずかに枠の左に外れた。

続く42分にもラカゼットがジャカとのパス交換でボックス左に侵入して決定的なシュートを浴びせたが、GKセルヒオ・リコのファインセーブに阻まれ、前半を1点ビハインドで終えた。

後半からムスタフィに代えてトレイラを投入したアーセナルは[4-3-3]に変更。そのアーセナルは55分に加点する。左サイドのスローインの流れからイウォビ、オーバメヤン、コラシナツとうまく繋いで最後はボックス中央のラカゼットが冷静にシュートを蹴り込んだ。

58分にもジャカのロングフィードを受けたラカゼットがGKと一対一となるなどペースを握っていたアーセナルだったが、69分にミトロビッチの決定的なヘディングシュートを許すと、直後に失点する。トレイラのボールロストからショートカウンターを受けると、R・セセニョンの左クロスからファーサイドのカマラに押し込まれた。

それでも79分、アーセナルが4分前に投入されていたラムジーによって勝負を決定付ける。コラシナツの左クロスにオーバメヤンが合わせたシュートはポストに直撃するもルーズボールをラムジーが蹴り込んだ。

さらに83分、CKの流れからボックス右のオーバメヤンがゴールを決めて4-1。終わってみれば快勝のアーセナルが新年初戦を制し、3戦ぶりの勝利を飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

出場機会激減も…エジル、レジェンドの言葉引用でアーセナル愛を強調

今季苦しみ移籍も噂されるアーセナルMFメスト・エジルだが、自身のSNSでクラブ愛を強調している。<br><br>アーセナル最高給となる週給35万ポンド(約5000万円)を受け取るエジル。しかし今季就任したウナイ・エメリ監督のもとで苦しみ、昨年12月末からの公式戦10試合で出場したのはわずかに2試合のみ。指揮官から「戦術的な理由」で度々メンバー外となっている。<br><br>14日に行われたBATEボリゾフとのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグ(0-1)でも遠征メンバー外となっていた。<br><br>移籍も噂される背番号10だが、クラブ愛を強調している。チームがまさかの敗戦を喫した試合後には、「望んだ結果ではないけど、まだセカンドレグで次のラウンドに進むことは可能だ! エミレーツ(スタジアム)で、特にファンのために立ち直ろう」とSNSでメッセージを発信している。<br><br>そして15日、自身がキャプテンマークを巻く写真とともに、クラブのレジェンドであるデニス・ベルカンプ氏の有名なコメントを引用した投稿を行っている。<br><br>「クラブをサポートし始める時、それはトロフィーや選手、歴史によるものではない。サポートするのは、自分の居場所をそこに見つけたからだ」<br><br>アーセナルへの愛を強調したエジル。チームは直近の公式戦7試合で4敗と苦しんでいるが、指揮官の信頼を勝ち取ってポジションをつかめるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.16 21:25 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、下部組織出身のグエンドウジを注視か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、アーセナルに所属するU-20フランス代表MFマテオ・グエンドウジ(19)を注視しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 PSGでは、昨夏から守備的MFの獲得にプライオリティー置いていることが各紙によって報じられている。それに加え、契約延長を拒否したフランス代表MFアドリアン・ラビオが今夏にフリーで退団することが確実視されており、中盤の強化が急務になっている。 そのためPSGは、2022年までアーセナルと契約を残すグエンドウジに目を光らせているという。 PSG下部組織出身のグエンドウジは、2014年にロリアン下部組織へ加入。2016-17シーズンからトップチームに昇格し、2018年7月に推定移籍金700万ポンド(現在のレートで約10億円)でアーセナルへステップアップを果たした。今シーズンはプレミアリーグ23試合に出場するなど、将来が渇望されている逸材だ。 2019.02.16 16:37 Sat
twitterfacebook
thumb

ラカゼット愚行退場の低調アーセナルが敵地でBATEボリソフに金星献上…《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、BATEボリソフvsアーセナルが14日に行われ、ホームのBATEボリソフが1-0で先勝した。 セビージャ時代にEL3連覇を成し遂げたエメリ監督が率いるアーセナルは、グループEを無敗で首位通過。今回のラウンド32ではチェルシーと同じグループLを2位通過し、クラブOBのMFアレクサンドル・フレブを擁するベラルーシの強豪と対戦。辛勝した直近のハダースフィールド戦からは先発2人を変更。GKをレノからチェフに代えてトレイラに代わってジャカを起用した。 開始2分にイウォビのスルーパスに抜け出したコラシナツがボックス左から丁寧な折り返しを入れると、これをフリーのムヒタリアンが押し込みにかかるが、ここは相手GKの好守に遭う。 それでも、良い入りを見せたアーセナルはイウォビとコラシナツの左サイドを起点に鋭い攻撃を続ける。ここにラカゼットの個人技が絡む形で再三の決定機を作り出すが、最後の場面で身体を張る相手の守備をあと一歩のところで崩しきれない。 その後も完全にボールの主導権を握って相手を押し込むアーセナルだが、徐々に攻めあぐねると、スタセビッチ、スカビシュを起点とする相手のカウンターからあわや失点というピンチを幾つか招く。 すると、前半終了間際の45分には自陣左サイドで与えたFKの場面でキッカーのスタセビッチからの精度の高いクロスをニアのドラウンに頭で合わせられると、これがゴール左隅に吸い込まれた。 格下相手に最悪の時間に失点して試合を折り返したアーセナルは、後半立ち上がりから攻勢を強める。前半同様にコラシナツのサイドを起点に攻撃を仕掛けると、55分にはコラシナツの折り返しをラカゼットがワンタッチで合わせてゴールネットを揺らす。しかし、これはオフサイドの判定で認められない。 一方、58分に古巣対戦のフレブを下げてベレシュキンを投入して逃げ切りを意識するホームチームだが、61分にカウンターからスタセビッチがGKチェフを強襲する決定機を作るなど、カウンターから追加点を狙う。 後半に入っても前半同様に攻めあぐねるアーセナルは69分にナイルズ、ジャカを下げてオーバメヤン、トレイラを同時投入。74分にはデニス・スアレスを送り出し、リスクを冒してゴールをこじ開けにかかる。 しかし、完全に自陣に人を割いて守備を固める相手の守備を相変わらず崩しきれないアーセナルは、85分に相手選手との競り合いから故意にエルボーを見舞ったラカゼットにレッドカードが掲示され、ビハインドに加えて数的不利まで背負う窮地に立たされた。 結局、試合はこのままタイムアップを迎え、BATEボリソフに金星を献上したアーセナルは今季EL初黒星を喫した。なお、逆転を目指すホームでの2ndレグは21日に行われる。 2019.02.15 05:09 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、マドリーからの誘いを“何度か”断っていた!

元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏が、レアル・マドリーからの監督打診を断っていたことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨年5月、22年間の在籍期間を終えてアーセナルを退団したヴェンゲル氏。3度のプレミア制覇や7度のFAカップ優勝尾を成し遂げたフランス人指揮官には、アーセナル在籍時にマドリーから監督就任のオファーが何度かあったようだ。『beIN Sports』のインタビューで明かした。 「レアル・マドリーからの打診を何度か断ったことがある。世界中の監督が『あなたはレアル・マドリーの監督に興味がありますか』と訪ねられているようだが、そりゃあみんなイエスと答えるだろう。世界で最も大きなクラブだからね」 「だが、当時はスタジアムを建設中で、クラブはその費用を賄わなければならなかった。だから私はクラブに留まることを保証したんだ。私の決断は間違っていなかった。我々はいつも我々の価値観に従っていた」 1月にも現役復帰の機会があったというヴェンゲル氏。69歳の知将は今後どのようなキャリアを築いていくのだろうか。パリ・サンジェルマンがスポーツ・ディレクター職を用意しているとも伝えられているが、果たして。 2019.02.14 21:31 Thu
twitterfacebook
thumb

S・ラモスが終了間際のプレーについて言及「わざとカードを貰った」

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、チャンピオンズリーグ(CL)のアヤックス戦で意図的にイエローカードを貰ったことを認めている。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリーは13日、CL・ラウンド16でアヤックスと対戦し2-1で辛勝。試合は60分にFWヴィニシウスが個人技で抜け出し、最後はFWカリム・ベンゼマがシュートを流し込んで先制。しかし、75分にFWドゥシャン・タディッチのスルーパスでボックス左に抜け出したFWダヴィド・ネレスの折り返しをMFハキム・ジイェフに決められて同点に追い疲れてしまう。 それでも、87分に右サイドを駆け上がったDFダニエル・カルバハルのクロスをファーサイドのFWマルコ・アセンシオが流し込み、勝ち越しに成功。すると、89分にFWカスパー・ドルベリにファールをしたセルヒオ・ラモスにイエローカードが提示される。 このイエローにより、累積が3枚になり、3月3日に行われるセカンドレグの出場停止になったが、これは意図的な行為だったと認めている。 「結果的に、わざとじゃないと言ったら僕が嘘をつくことになる。それは自分で考えてやったことだよ」 「アヤックスはホームでは格段にパフォーマンスを上げてくる。高い位置でプレスをかけられて僕たちはパスを上手く繋げなかった。だからロングパスに活路を見出した」 「だが、次は彼らが苦しむ番だよ。僕らのファンの前でね」 「僕たちは効果的にやっただけさ。サッカーは必ずしも美しいばかりではない。戦い方を理解しておく必要がある」 2019.02.14 17:03 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース