アヤックス戦退場のミュラー、タグリアフィコに足裏キックを謝罪2018.12.14 08:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するドイツ代表MFトーマス・ミュラーが、アヤックスに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコに謝罪している。▽バイエルンは12日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE最終節でアヤックスと対戦し、3-3で引き分けた。最終的にバイエルンがグループステージ首位通過を決めたが、75分に浮き球を奪い合う際にミュラーが足を高くあげると、右足裏がタグリアフィコの顔に直撃。レッドカードが提示されていた。

▽危険なプレーを犯してしまったミュラーは、13日に自身のツイッター(@esmuellert_)を更新し、タグリアフィコに謝った。

「このような形になってしまうが、昨日のことについてニコラス・タグリアフィコに謝罪したい。意図的ではなかった。お大事に」
コメント
関連ニュース
thumb

ゴレツカの2Gなど3発のバイエルンがホッフェンハイムの反撃を振り切って後半戦白星スタート!《ブンデスリーガ》

バイエルンは18日、ブンデスリーガ第18節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 2018年最終戦となった前節フランクフルト戦をリベリの2発などで3-0と快勝し、5連勝とした2位バイエルン(勝ち点36)は、6ポイント差で首位ドルトムントを追う中、負傷で不在のロッベリーに代わってミュラーとコマンを起用した。そして、バンクーバーから加入したアルフォンソ・デイビスが初のベンチ入りを果たした。 7位ホッフェンハイム(勝ち点25)に対し、[4-2-3-1]を採用したバイエルンは、最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、ゴレツカ、コマン、ボランチにチアゴとハビ・マルティネスを起用した。 立ち上がりからボールを握ったバイエルンは10分に決定機。アラバが左サイドから折り返したクロスをレヴァンドフスキがボレー。完璧に捉えたシュートだったが、わずかに枠の左に外れた。 その後も攻勢に出るバイエルンは19分、レヴァンドフスキがボックス中央でボールを落としてミュラーがプッシュ。だが、難しい体勢から放ったシュートは枠を捉えきれない。 引き続き押し込むバイエルンは27分にCKの流れからフンメルスがルーズボールを押し込みにかかったが、ここはGKバウマンのセーブに阻まれた。 それでも、続く29分にゴレツカがGKを強襲するシュートを浴びせたバイエルンは35分に順当に先制する。左サイドからのコマンのクロスをレヴァンドフスキがヘディングで合わせたシュートはGKバウマンにセーブされるも、ルーズボールをゴールエリア左に詰めたゴレツカが左足で蹴り込んだ。 さらに前半終了間際の追加タイム1分、ロングカウンターを発動したバイエルンはアラバの左クロスをゴール前に走り込んでいたゴレツカがスライディングシュートを流し込んで2-0とし、前半を終えた。 ゴレツカのドッペルパックで2-0としたバイエルンは迎えた後半、前がかるホッフェンハイムに開始3分、ビッテンコートに枠内シュートを打たれたものの、GKノイアーがセーブ。さらに53分、チアゴのボールロストからジョエリントンに枠内シュートを浴びたが、ここもGKノイアーが凌いだ。 しかし59分、ロングカウンターを受けると最後はN・シュルツにペナルティアーク右からゴール左にシュートを叩き込まれ、1点差に詰め寄られてしまった。 嫌な流れに陥りかけたバイエルンだったが、ここから慎重に試合を運び、ホッフェンハイムの攻勢を許さない。膠着状態に持ち込んで試合を進めていた中、83分に大ピンチ。サライにゴール至近距離から決定的なヘディングシュートを許したが、守護神ノイアーがビッグセーブで凌いだ。 すると終盤の87分に勝負を決定付けた。途中出場のハメス・ロドリゲスの浮き球パスをボックス右のミュラーがダイレクトで折り返すと、レヴァンドフスキがダイレクトでゴールに流し込んだ。このまま3-1で勝利したバイエルンが後半戦を白星スタートとし、6連勝としている。 2019.01.19 06:25 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ハドソン=オドイ慰留に巨額サラリー提示へ!

チェルシーが、U-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の慰留に向けて高額サラリーを準備しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 イングランド屈指の若手として注目を集めているハドソン=オドイ。しかし、チェルシーで出場機会を掴む難しさから移籍が取り沙汰されており、バイエルンが獲得に接近していることが伝えられている。バイエルンは4度のオファーを提示し、提示される移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。また、選手当人もバイエルン行きに前向きであると見られている。 流出寸前という状況だが、慰留に努めるチェルシーは新契約を準備。その契約では、基本週給5万ポンド(約700万円)+出来高2万ポンド(約280万円)で計7万ポンド(約980万円)というサラリーが設定されており、10代のプレミアリーグの選手の中ではかなり高額なものとなる。 しかし、このオペレーションが順調に進んでいるとは伝えられていない。今回がチェルシーからの最終オファーともされているが、ハドソン=オドイは変わらずバイエルンであればより出場機会を増加させられると考えているようで、給与以上にその点を重視しているとのこと。記事は、チェルシーが“マンモス・ディール”を成立させるためには出場時間の保証が必要になるだろう、と締められている。 2019.01.18 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第18節プレビュー】後半戦再開! ドルトとバイエルンは難敵とのアウェイ戦

約1カ月のウインターブレイクを経て、ブンデスリーガの後半戦が金曜に再開される。前半戦最終戦となったボルシアMGとの上位決戦を制したドルトムントは、5連勝締めとした2位バイエルンとの勝ち点差6をキープして2018年を終えた。後半戦のスタートとなる迎える第18節、ドルトムントとバイエルンはいずれも難敵とのアウェイ戦を戦う。 まずは4位ライプツィヒ(勝ち点31)とのアウェイ戦に臨む首位ドルトムント(勝ち点42)から。前節ボルシアMG戦では前々節デュッセルドルフ戦での痛恨の敗戦を引きずらずに勝利を取り戻して前半戦を終えたドルトムント。良いムードでウインターブレイクを過ごせた中、引き続きアカンジとザガドゥを負傷で欠くセンターバックに本職中盤のヴァイグルが起用される見込みだが、スピードに秀でるライプツィヒのヴェルナーを止めることはできるか。 続いて金曜に7位ホッフェンハイム(勝ち点25)とのアウェイ戦に臨む2位バイエルン(勝ち点36)。5連勝でドルトムントの追撃態勢に入っている中、ロッベリーは負傷で不在となるが、存在感を高めてきているニャブリとコマンが彼らの穴を埋める働きをこなせれば、後半戦も白星スタートを切れるはずだ。連勝を伸ばし、ドルトムントにプレッシャーをかけたい。 左足太ももを痛めて前半戦残り3試合を欠場した6位フランクフルト(勝ち点27)の長谷部だが、11位フライブルク(勝ち点21)との後半戦初戦は先発復帰予想となっている。チームは長谷部不在の間、1勝1分け1敗で6失点とやや安定感を欠いており、長谷部の復帰によって復調したいところ。後半戦白星スタートとなるか。 2018年終盤、宇佐美の活躍もあって3連勝とし、急浮上した14位デュッセルドルフ(勝ち点18)は、15位アウグスブルク(勝ち点15)とのアウェイ戦に臨む。残留を争うライバルとの直接対決となるが、アジアカップに招集されなかった宇佐美は先発予想。引き続きチームの勝利に貢献するようなプレーを期待したい。 最下位と苦しいニュルンベルクはヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨むが、久保はベンチスタート予想。そしてハノーファーvsブレーメンは大迫と原口がアジアカップ参戦中のため欠場となり、浅野は負傷欠場予想となっている。 ◆ブンデスリーガ第18節 ▽1/18(金) 《28:30》 ホッフェンハイム vs バイエルン ▽1/19(土) 《23:30》 ハノーファー vs ブレーメン アウグスブルク vs デュッセルドルフ シュツットガルト vs マインツ フランクフルト vs フライブルク レバークーゼン vs ボルシアMG 《26:30》 ライプツィヒ vs ドルトムント ▽1/20(日) 《23:30》 ニュルンベルク vs ヘルタ・ベルリン 《26:00》 シャルケ vs ヴォルフスブルク 2019.01.18 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし

マンチェスター・シティは、ドルトムントに向かったMFジェイドン・サンチョやレアル・マドリーに移籍したブラヒム・ディアスに続きFWラビ・マトンドも失うことになるかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると、快速ウィングはブンデスリーガ行きを望んでいるという。<br><br>昨年9月に18歳の誕生日を迎えたマトンドは2016年夏にカーディフ・シティからシティのアカデミーに移籍。2017年夏にはU-18チーム、昨年夏からはU-23チームの一員となり、リザーブスリーグの11試合では6ゴールを記録している。<br><br>しかしシティ最速の選手とも言われるアタッカーは、昨年11月に行われたアルバニアとの国際親善試合でウェールズA代表としてのデビューを果たすも、いまだにジョゼップ・グアルディオラ監督の下では起用されていない。イギリス紙『サン』では先日、クラブが提示していた2020年までの契約の延長を拒否したとも伝えられていたところだ。<br><br>そんなマトンドの獲得に国内のエヴァートンやサウサンプトンのほか、ドルトムントやバイエルン、ボルシアMGやRBライプツィヒ、ホッフェンハイムとドイツ勢が乗り出しているようだ。『シュポルト・ビルト』によると、そのなかで選手が優先する移籍先は今夏に退団する可能性が伝えられるベルギー代表MFトルガン・アザールの後釜を探すボルシアMGだという。<br><br>ドルトムントで今季大ブレイク中のサンチョ(18)が成功例となり、アーセナルから期限付きでホッフェンハイムに向かったFWリース・ネルソン(19)もリーグ戦13試合6ゴールと活躍中のブンデスリーガ。シティが移籍金1000万ユーロ(約12億5000万円)を求めるとされるマトンドも、ドイツでプロキャリアの道を歩み始めることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 22:08 Thu
twitterfacebook
thumb

チャビ、キミッヒ絶賛でバルサに推薦!?

アル・サッドでプレーする元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、バイエルンに所属するドイツ代表DFヨシュア・キミッヒを絶賛している。イギリス『Four Four Two』がドイツ『ビルド』を引用して伝えている。 2015年にライプツィヒからバイエルンに加入したキミッヒ。頭脳的なプレーに加えて、右サイドバックやセントラルMFを高いレベルでこなすことができることから「元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏の後継者」とも評されている。今シーズンはブンデスリーガ前半戦を全試合スタメン出場し、公式戦26試合1ゴール10アシストを記録するなど、不調に陥ったチームの復調に貢献。すでにバイエルンやドイツ代表で欠かせない選手だ。 そんなキミッヒを元バルセロナのチャビが注目。クラブ・代表チームの中心選手と語り、「バルセロナにとって完璧な選手になる」と断言した。 「僕はバルセロナ前監督のグアルディオラとキミッヒについて話したことがある」 「それまで彼のことを聞いたことはなかったけど、それ以来僕は彼のキャリアを追っているんだ。ジョシュアは、バイエルンとドイツ代表の中心選手で、将来を担っていく選手だね」 「どんなポジションでもプレーすることが可能。バルセロナにとって完璧な選手になるよ」 「僕はキャリアの中で、バルセロナに適した選手を探し、見続けていたんだ。フィリップ・ラームがまさにそうだよ。ヨシュア・キミッヒもバルセロナで問題なくプレー出来るし、上手くフィットするだろうね」 2019.01.17 14:35 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース