ELラウンド32進出チームが決定! 日本勢は長谷部、南野、乾にCL3位敗退組の長友の4クラブに!2018.12.14 07:13 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽13日にヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する全32チームが決定した。▽例年、番狂わせの目立つELグループステージだが、今季は優勝候補に挙がるチェルシー、アーセナルのロンドン勢、同大会に相性が良いスペイン勢のビジャレアル、セビージャ、昨季上位に進出したザルツブルクやラツィオなどの強豪チームが順当に突破を決めた。

▽その一方で、優勝候補のミラン、昨季準優勝チームのマルセイユ、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16のベシクタシュら強豪チームが敗退する波乱も起こった。

▽合計5人が参戦した日本人選手の所属クラブではMF南野拓実のザルツブルク、MF長谷部誠のフランクフルト、MF乾貴士のベティスが揃って首位通過を決めた。一方、前述のマルセイユに所属するDF酒井宏樹、アンデルレヒトに所属するMF森岡亮太の2選手は共に最下位での敗退となった。

▽なお、来年2月に開催されるラウンド32には今回グループステージを勝ち抜いた24チームと、今季CLグループステージの各グループを3位で終えた8チームの合計32チームが出場する。

▽また、CL3位敗退チームを含めたラウンド32進出チームを国別に分けると、ベティス、ビジャレアル、セビージャ、バレンシア(CL敗退組)の4チームが勝ち残ったスペイン勢が最多に。続いてラツィオ、インテル(CL敗退組)、ナポリ(CL敗退組)の3チームが残ったイタリアが次点となっている。

▽CL3位敗退チームの一覧および各グループの最終順位の一覧は以下の通り。

◆CL3位敗退チーム
クラブ・ブルージュ(ベルギー)
インテル(イタリア)
ナポリ(イタリア)
ガラタサライ(トルコ)
ベンフィカ(ポルトガル)
シャフタール(ウクライナ)
ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
バレンシア(スペイン)

◆ELグループステージ順位表
【グループA】
1.レバークーゼン(ドイツ)
2.チューリッヒ(スイス)
――決勝T進出――
3.AEKラルナカ(キプロス)
4.ルドゴレツ(ブルガリア)

【グループB】
1.ザルツブルク(オーストリア)
2.セルティック(スコットランド)
――決勝T進出――
3.RBライプツィヒ(ドイツ)
4.ローゼンボリ(ノルウェー)

【グループC】
1.ゼニト(ロシア)
2.スラビア・プラハ(チェコ)
――決勝T進出――
3.ボルドー(フランス)
4.コペンハーゲン(デンマーク)

【グループD】
1.ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
2.フェネルバフチェ(トルコ)
――決勝T進出――
3.スパルタク・トルナバ(スロバキア)
4.アンデルレヒト(ベルギー)

【グループE】
1.アーセナル(イングランド)
2.スポルティング・リスボン(ポルトガル)
――決勝T進出――
3.ヴォルスクラ(ウクライナ)
4.カラバフ(アゼルバイジャン)

【グループF】
1.ベティス(スペイン)
2.オリンピアコス(ギリシャ)
――決勝T進出――
3.ミラン(イタリア)
4.デュドランジュ(ルクセンブルク)

【グループG】
1.ビジャレアル(スペイン)
2.ラピド・ウィーン(オーストリア)
――決勝T進出――
3.レンジャーズ(スコットランド)
4.スパルタク・モスクワ(ロシア)

【グループH】
1.フランクフルト(ドイツ)
2.ラツィオ(イタリア)
――決勝T進出――
3.アポロン・リマソル(キプロス)
4.マルセイユ(フランス)

【グループI】
1.ヘンク(ベルギー)
2.マルメ(スウェーデン)
――決勝T進出――
3.ベシクタシュ(トルコ)
4.サルプスボリ(ノルウェー)

【グループJ】
1.セビージャ(スペイン)
2.FCクラスノダール(ロシア)
――決勝T進出――
3.スタンダール・リエージュ(ベルギー)
4.アクヒサル(トルコ)

【グループK】
1.ディナモ・キエフ(ウクライナ)
2.レンヌ(フランス)
――決勝T進出――
3.アスタナ(カザフスタン)
4.ヤブロネツ(チェコ)

【グループL】
1.チェルシー(イングランド)
2.BATEボリソフ(ベラルーシ)
――決勝T進出――
3.ヴィディ(ハンガリー)
4.PAOK(ギリシャ)
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルが敏腕スカウトのミスリンタート氏退団を発表…オーバ、ムヒタリアン獲得に尽力

アーセナルは21日、リクルート部門のチーフを務めるスヴェン・ミスリンタート氏が2月8日をもって退団することを発表した。 母国のドイツでは"ダイアモンド・アイ"と呼ばれるほど、若手発掘に定評のあるミスリンタート氏。ドルトムントで10年間スカウティングを務めていた頃は、FWロベルト・レヴァンドフスキやFWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWウスマーヌ・デンベレ、DFマッツ・フンメルスなど、その後にチームの中心選手として活躍を残すことになる有望な若手を先見の明で探し当てた。MF香川真司をドルトムントに連れて来たのもこの男だった。 アーセナルは2017年11月に、スカウトとしては異例の移籍金200万ユーロ(約2億4000万円)を払って同氏を引き抜き、そのツテを使ってオーバメヤンやムヒタリアン、DFソクラティス・パパスタソプーロスを獲得。オーバメヤンはリーグ戦はここまでで14ゴールを挙げ、得点ランクトップに位置している。 ミスリンタート氏は、アーセナルではここ数カ月、クラブのビジネス、フットボール、契約、データを管理するエグゼクティブチームの役員も任されており、同クラブで大きな影響力を持っていた。 退団が決定したミスリンタート氏には現在、バイエルンが触手を伸ばしているという。 2019.01.22 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、エメリにエジルの指導法を伝授「愛情と厳しさの均衡を見つけなければ」

前マンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョ氏が、アーセナルのウナイ・エメリ監督がMFメスト・エジルの起用を控えている状況について、自身の見解を述べた。<br><br>エメリ監督は直近4試合でベンチ外とするなど、エジルをまるで構想外のように扱っている。レアル・マドリーでエジルを指導した経験があるモウリーニョ監督は、この状況についてイギリス『Beinスポーツ』でコメントした。<br><br>ポルトガル人指揮官曰く、エジルを生かすには「愛情と厳しさの均衡」、つまりは飴と鞭が必要であるという。<br><br>「彼は私と一緒にいたとき、信じられないほど良いプレーを見せた。ウナイとはそういうプレーができないのだろう。おそらく、エメリとは並外れたプレーを見せ、私とはそうできない選手だっているはずだ」<br><br>「エジルは均衡が必要なタイプの選手だ。彼に対しては厳しいだけではダメで、愛情だって与えなくてはいけない。しかし愛情だけでもダメで、厳しさだって必要だ。均衡を見つける必要があるんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.21 23:41 Mon
twitterfacebook
thumb

出場機会が与えられないエジル、エメリ監督「他の選手と同じように信頼している」

アーセナルのウナイ・エメリ監督はドイツ代表MFメスト・エジルについてチームのプランに含まれていることを強調した。<br><br>エジルは今シーズン、エメリ監督の信頼を得られず、プレミアリーグでわずか155分間の出場にとどまっている。最後にプレー機会を得たのは11月11日のウォルヴァーハンプトン戦となっている。しかし、19日のチェルシー戦ではエジルをベンチ入りさせ、エメリ監督はこのように話す。<br><br>「彼はプレーする準備はできていたが、私が出さない決断を下した。彼とも話し、チェルシー戦のために準備させたかった。他の選手と同じように次の試合にもね。彼がチェルシー戦でプレーしていれば、信頼していたと思うし、私が求めるプレーができただろう。これからの数試合ですべての選手が必要になるし、彼のクオリティもそうだ」<br><br>移籍のうわさも流れる一方で、エジルはアーセナルを離れることを求めていないとも伝えられる。エメリ監督の信頼を勝ち取り、再びチームにとって不可欠な存在となれるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.21 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ハメス、今季はバイエルンでプレーか

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの今冬移籍は実現しなさそうだ。『ESPN』が報じた。 バイエルン加入2年目の今シーズン、ここまでブンデスリーガ5試合の先発機会にとどまり、ニコ・コバチ新監督に対する不満報道が錯綜するハメス。そうした状況を受け、かつてレアル・マドリーやバイエルンで指導したカルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリのほか、アーセナルの関心が取り沙汰され、今冬の去就に注目が集まっている。 だが、『ESPN』が選手に近しい人物の証言として報じたところによれば、渦中のハメスは今冬の移籍を考えてない様子。レンタル期間満了となる今シーズンいっぱいはバイエルンにとどまる意向を示しており、さらに2019-20シーズン以降も残留するプランがあるという。 バイエルンと保有権を持つレアル・マドリーは2017年夏、ハメスの移籍に関して、2年間のレンタル契約で合意。この契約には4200万ユーロ(約52億3000万円)の買取オプションが付随している。 2019.01.21 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー戦負傷のベジェリン、今季絶望か

アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリンに残りのシーズンを棒に振る可能性が浮上している。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 19日に行われたプレミアリーグ第23節のチェルシー戦で先発出場し、1カ月ぶりに復帰したベジェリン。しかし、70分手前に球際で競り合った際に左ヒザを痛めたようで、ストレッチャーに乗せられてピッチを後に。試合後、ウナイ・エメリ監督は「負傷はおそらく深刻なものだろう」と語っていた。 公式の診断結果についてはまだ未発表だが、今回伝えられるところによると、ベジェリンは前十字じん帯を損傷した可能性がある模様。その場合、6カ月から9カ月間の離脱を余儀なくされ、来シーズン開幕にも間に合わない可能性があるようだ。最良の結果だったとしても、半月板の損傷である可能性が高く、長期間離脱することに変わりはなさそうだ。 ベジェリンは今シーズンここまでプレミアリーグ19試合に出場しており、同選手の離脱はアーセナルに大きな影響を与えることになりそうだ。 2019.01.21 11:20 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース