ELラウンド32進出チームが決定! 日本勢は長谷部、南野、乾にCL3位敗退組の長友の4クラブに!2018.12.14 07:13 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽13日にヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する全32チームが決定した。▽例年、番狂わせの目立つELグループステージだが、今季は優勝候補に挙がるチェルシー、アーセナルのロンドン勢、同大会に相性が良いスペイン勢のビジャレアル、セビージャ、昨季上位に進出したザルツブルクやラツィオなどの強豪チームが順当に突破を決めた。

▽その一方で、優勝候補のミラン、昨季準優勝チームのマルセイユ、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16のベシクタシュら強豪チームが敗退する波乱も起こった。

▽合計5人が参戦した日本人選手の所属クラブではMF南野拓実のザルツブルク、MF長谷部誠のフランクフルト、MF乾貴士のベティスが揃って首位通過を決めた。一方、前述のマルセイユに所属するDF酒井宏樹、アンデルレヒトに所属するMF森岡亮太の2選手は共に最下位での敗退となった。

▽なお、来年2月に開催されるラウンド32には今回グループステージを勝ち抜いた24チームと、今季CLグループステージの各グループを3位で終えた8チームの合計32チームが出場する。

▽また、CL3位敗退チームを含めたラウンド32進出チームを国別に分けると、ベティス、ビジャレアル、セビージャ、バレンシア(CL敗退組)の4チームが勝ち残ったスペイン勢が最多に。続いてラツィオ、インテル(CL敗退組)、ナポリ(CL敗退組)の3チームが残ったイタリアが次点となっている。

▽CL3位敗退チームの一覧および各グループの最終順位の一覧は以下の通り。

◆CL3位敗退チーム
クラブ・ブルージュ(ベルギー)
インテル(イタリア)
ナポリ(イタリア)
ガラタサライ(トルコ)
ベンフィカ(ポルトガル)
シャフタール(ウクライナ)
ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
バレンシア(スペイン)

◆ELグループステージ順位表
【グループA】
1.レバークーゼン(ドイツ)
2.チューリッヒ(スイス)
――決勝T進出――
3.AEKラルナカ(キプロス)
4.ルドゴレツ(ブルガリア)

【グループB】
1.ザルツブルク(オーストリア)
2.セルティック(スコットランド)
――決勝T進出――
3.RBライプツィヒ(ドイツ)
4.ローゼンボリ(ノルウェー)

【グループC】
1.ゼニト(ロシア)
2.スラビア・プラハ(チェコ)
――決勝T進出――
3.ボルドー(フランス)
4.コペンハーゲン(デンマーク)

【グループD】
1.ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
2.フェネルバフチェ(トルコ)
――決勝T進出――
3.スパルタク・トルナバ(スロバキア)
4.アンデルレヒト(ベルギー)

【グループE】
1.アーセナル(イングランド)
2.スポルティング・リスボン(ポルトガル)
――決勝T進出――
3.ヴォルスクラ(ウクライナ)
4.カラバフ(アゼルバイジャン)

【グループF】
1.ベティス(スペイン)
2.オリンピアコス(ギリシャ)
――決勝T進出――
3.ミラン(イタリア)
4.デュドランジュ(ルクセンブルク)

【グループG】
1.ビジャレアル(スペイン)
2.ラピド・ウィーン(オーストリア)
――決勝T進出――
3.レンジャーズ(スコットランド)
4.スパルタク・モスクワ(ロシア)

【グループH】
1.フランクフルト(ドイツ)
2.ラツィオ(イタリア)
――決勝T進出――
3.アポロン・リマソル(キプロス)
4.マルセイユ(フランス)

【グループI】
1.ヘンク(ベルギー)
2.マルメ(スウェーデン)
――決勝T進出――
3.ベシクタシュ(トルコ)
4.サルプスボリ(ノルウェー)

【グループJ】
1.セビージャ(スペイン)
2.FCクラスノダール(ロシア)
――決勝T進出――
3.スタンダール・リエージュ(ベルギー)
4.アクヒサル(トルコ)

【グループK】
1.ディナモ・キエフ(ウクライナ)
2.レンヌ(フランス)
――決勝T進出――
3.アスタナ(カザフスタン)
4.ヤブロネツ(チェコ)

【グループL】
1.チェルシー(イングランド)
2.BATEボリソフ(ベラルーシ)
――決勝T進出――
3.ヴィディ(ハンガリー)
4.PAOK(ギリシャ)
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、今夏ムヒタリアン売却へ?

アーセナルが、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(30)の売却を目指しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 昨年1月に、チリ代表FWアレクシス・サンチェスとの等価トレードで、マンチェスター・ユナイテッドからアーセナルに加入したムヒタリアン。しかし、今シーズンはここまで公式戦28試合6ゴール6アシストと限定的な活躍に留まっている。 また、『ミラー』によれば、ムヒタリアンの週給は18万ポンド(約2600万円)と高額。元ドイツ代表MFメスト・エジルの35万ポンド(約5100万円)ほどの金額ではないものの、同選手同様に財政面を鑑みて放出候補となっているとのことだ。 なお、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得出来なかった場合、アーセナルの今夏の補強資金は4500万ポンド(約66億円)に限られるという。ウナイ・エメリ監督はセルティックDFキーラン・ティアニーやカリアリMFニコロ・バレッラらの獲得を目指しており、スター選手の高額給与は死活問題となっているようだ。 2019.03.27 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル関心のカラスコ「ヨーロッパに戻りたい」

中国スーパーリーグの大連一方に所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)がヨーロッパ復帰を望んでいる。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 2015年に加入したアトレティコ・マドリーで2年目から背番号10を託されるなど期待が寄せられていた中、2018年2月に大連一方への移籍を決断したカラスコ。当初は批判に晒されながら、現在でも移籍市場では高い評価を受けている。 今冬の移籍市場ではアーセナルが獲得に動くも最終的には実現せず。それでも同クラブが再度、今夏での獲得を目指していることが伝えられている。 そんな中、カラスコがヨーロッパへの復帰を希望していることを明言。現時点で、中国でのプレーに大きな危機感は感じていないものの、ベルギー代表での座が危うくなっていることは察しているようだ。 「僕はヨーロッパに戻りたい。多くのクラブが僕に興味を示してくれていた。そして僕らは1月に解決策を見出そうとしていた」 「ただ、クラブの考えは理解できる。彼らは僕を残すことを望んだ。中国でまだ大丈夫だと感じているが、ベルギー代表では先発の座を失ってしまった」 「こういうことは質の高いチームでは起こりえることだ。競争の中であまりプレー出来ない時は常に訪れる可能性がある」 2019.03.26 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGのメガサラリーに対抗?! アーセナルがA・エレーラ獲得に挙手

アーセナルが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン人MFアンデル・エレーラ(29)獲得を目指しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 先日、パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心が浮上したA・エレーラ。ユナイテッドからの現行契約が今シーズン限りとなっているものの、1年間の契約延長にサインする可能性も伝えられていたが、週給15万ポンド(約2200万円)という莫大なサラリーでのオファーが報じられ、紙面を賑わせた。 とはいえ、『メトロ』によれば、A・エレーラは未だ将来に関する決定を下してはおらず。MFアーロン・ラムジーの今夏退団が決まっているアーセナルが、同選手の後釜として獲得の可能性を探っているようだ。 報道によると、アーセナルはPSGに匹敵する待遇を準備しているとのこと。しかし、A・エレーラ当人がプレミア残留に前向きでいるとされる一方、同じ国のライバルでもあるユナイテッドの選手と契約解除前に連絡を取ることは出来ず。先に接触することが可能なPSGが優位を得ているかもしれない。 2019.03.26 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがイタリアの逸材バレッラに関心? 23日のユーロ予選にスカウト派遣か

アーセナルがカリアリに所属するイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に動き出す可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』がイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』を引用して伝えている。 カリアリの下部組織で育ち、2014年にトップチーム昇格を果たしたバレッラは、豊富な運動量とボール奪取能力、テクニックを兼ね備えた期待の逸材だ。今シーズンもここまで公式戦29試合1ゴール2アシストを記録している。今冬の移籍市場ではインテルやナポリ、チェルシーなどからの関心が伝えられていた。 今回伝えられるところによると、そんなバレッラに対して新たにアーセナルが関心。同クラブを率いるウナイ・エメリ監督も今夏の強化に向けた一手として考えており、クラブもバレッラが先制点を奪った23日のユーロ2020予選・グループJ第1節、イタリア代表vsフィンランド代表にもスカウトを送り込んでいたようだ。 同メディアは現在、バレッラの移籍金が3900万ポンド(約56億円)から4300万ポンド(約62億円)と予測しているが、ここ最近の好パフォーマンスから高騰する可能性は十分にあると見解を示している。 2019.03.25 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、テュラム息子の獲得に関心か? フランスで躍動する新進気鋭のアタッカー

アーセナルがギャンガンに所属するフランス人FWマルクス・テュラム(21)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『Le 10 Sport』が伝えている。 今夏の移籍市場で個での打開力に長けたドリブラーの獲得を目指すアーセナルでは、リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)やローマのトルコ代表MFジェンギズ・ウンデル(21)ら逸材レフティの獲得を目指している。 しかし、競合クラブの存在や高騰する移籍金の影響もあってオペレーション実現には相当な努力や運が必要となる。 そのため、前述の2選手に代わる選手の発掘に余念がないアーセナルは、パリ・サンジェルマン監督時代の経験からリーグ・アンに精通しているウナイ・エメリ監督のツテを使って、より獲得が容易な21歳のアタッカー獲得に関心を強めているようだ。 現役時代にパルマやユベントス、バルセロナで活躍した元フランス代表DFのリリアン・テュラム氏を父親に持つマルクスは、190cm近い恵まれた体躯とスピード、テクニックに優れた右利きのアタッカー。 2015年にリーグ・ドゥ(フランス2部)のソショーでプロデビューを飾ると、2017年にはギャンガンに加入。今季は本職の左ウイングとセンターフォワードを主戦場に公式戦29試合に出場し11ゴールを挙げる活躍を見せている。また、フランスの年代別代表チームでは常に主力を担ってきた逸材だ。 なお、アーセナルはマルクス獲得に向けて順調に準備を進めている一方、同選手に対してはドルトムントなどブンデスリーガ勢も熱視線を送っているようだ。 2019.03.25 16:49 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース