【CLグループB総括】メッシ躍動バルサが首位通過! スパーズが奇跡の逆転突破2018.12.14 09:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽優勝候補バルセロナとプレミアとセリエAの強豪トッテナム、インテルにオランダ王者PSVが同居する今回のグループステージ屈指の激戦区となったグループB。その“死の組”を突破したのは、本命バルセロナと奇跡のカムバックを見せたトッテナムの2チームとなった。■グループB順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.バルセロナ[14/4/2/0/9]
2.トッテナム[8/2/2/2/-1]
3.インテル[8/2/2/2/-1]
4.PSV[2/0/2/4/-7]

◆メッシ躍動で貫録の首位通過~バルセロナ~
Getty Images
▽昨季グループステージでレアル・マドリーを圧倒したトッテナム、久々のCL復帰ながら戦力充実のインテル相手に苦戦も予想されたバルセロナだったが、4勝2分けの無敗で格の違いを見せつける首位通過となった。クラブOBのファン・ボメル監督率いるPSVとの初戦をエースFWメッシのハットトリックの活躍で大勝スタートすると、聖地ウェンブリーでのトッテナム戦もそのエースの圧巻の活躍で4-2の勝利。第3節のインテル戦はそのエースを負傷で欠くも、新加入MFアルトゥールら自慢の中盤の構成力を武器にエース不在を感じさせぬ快勝を見せた。

▽引き続きエース不在となったインテルとのリターンマッチで今大会初のドローも2節を残して決勝トーナメント進出を果たすと、第5節のPSV戦では復帰したエースの全ゴールに絡む活躍で首位通過も決定。最終節のトッテナム戦では主力温存で圧倒されるも1-1のドローで終え、CLでのホーム無敗記録を「29」に更新。決勝トーナメント1回戦では史上最長となる30試合無敗を目指す。

◆序盤3戦未勝利から奇跡のカムバック~トッテナム~
Getty Images
▽レアル・マドリー、ドルトムントと同居した昨季と同様に厳しい組み分けを強いられた中、今夏の新戦力補強ゼロに終わったチームはロシア・ワールドカップ(W杯)の影響もあり、序盤から大苦戦を強いられた。内容面で圧倒したインテルとの初戦を終盤の連続失点で逆転負けを喫すると、ホームでのバルセロナ戦では驚愕のパフォーマンスを見せたメッシに粉砕され、2連敗スタート。さらに、必勝を期して臨んだ格下PSVとの連戦初戦を痛恨のドローで終え、前半戦を勝ち点1で終える絶望的な状況を強いられた。

▽誰もが敗退の可能性を口にした中、奇跡を信じ続けたポチェッティーノ監督率いるチームはPSV戦、インテルとの直接対決をいずれも試合終盤の劇的な得点で競り勝ち逆転突破へのわずかな光明を見出すと、28戦無敗を誇るカンプ・ノウでは主力温存の首位チーム相手にビハインドを背負うもFWルーカス・モウラの劇的同点弾と、最下位敗退が決定しながらもインテル相手のアウェイゲームで勇敢な戦いでドローに持ち込んだPSVのアシストもあり、当該成績のアウェイゴール差でインテルを上回り、奇跡のカムバックを果たした。

◆名門の勝負強さ発揮も最後は経験不足露呈~インテル~
Getty Images
▽昨季、ラツィオとの痺れるセリエA最終節の大一番を制して7シーズンぶりのCL出場を果たしたインテルだったが、期待外れの3位敗退となった。今夏MFナインゴランやDFデ・フライ、DFヴルサリコ、FWケイタら実力者を補強したチームは国内リーグでの序盤戦で苦戦。それでも、トッテナムとのCL初戦では終始劣勢を強いられた中、CL初参戦のエースFWイカルディのスーパーゴールと伏兵MFヴェシーノのゴールで鮮やかな逆転勝利を飾った。この劇的勝利をターニングポイントとしたチームは以降は国内リーグでも復調。CLでは苦戦した第2戦のPSV戦も勝負強い戦いぶりで逆転勝利し、バルセロナとの連戦ではメッシ不在という好機を生かして敵地でこそ敗れたものの、ホームゲームでは再び粘り強い戦いで勝ち点1を手にした。

▽しかし、7シーズンぶりのCL参戦ということもあり、より重圧のかかる残り2試合で経験不足を露呈したチームはやや腰の引けた戦いぶりでトッテナムとの重要な大一番を落とすと、最終節のPSV戦では他会場の結果を意識し過ぎてかホームで勝ち点3を奪いに行く断固たる態度を示せずドローに終わった結果、無念の3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。

◆未勝利も美しき敗者に~PSV~
Getty Images
▽ファン・ボメル新監督の下で2シーズンぶりのCLグループステージ参戦となったPSVは今大会未勝利も健闘ぶりが光った。国内リーグで開幕13連勝を飾るなど、エースFWロサーノや守護神ズート、DFアンジェリーノ、FWベルグヴィンと各ポジションに有望な若手を擁するオランダ王者はすべて格上との対戦となったCLの舞台でも躍動。バルセロナ戦ではメッシらに格の違いを見せつけられたが、インテルとトッテナム相手にはズートを中心とする粘り強い守備とロサーノ、ベルグヴィンの両翼の個人技を生かした鋭いカウンターで時に互角以上に渡り合って見せた。主砲ルーク・デ・ヨングも3試合連続ゴールを記録するなど、チームとしてバルセロナとの初戦を除き全試合で得点を記録しており、未勝利での敗退とはいえポジティブな要素が目立っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

偉大なる名将ファン・ハールが見出した金の卵たち

オランダ人指揮官のルイ・ファン・ハール氏(67)が12日、フットボール界からの引退を発表した。 選手としてスパルタ・ロッテルダムやAZなど主に母国クラブでプレーしたファン・ハール氏は、地元クラブのアヤックスで1991年に監督キャリアをスタート。6年間を過ごしたアヤックスでは、UEFAカップ(ヨーロッパリーグ)制覇やエールディビジ3連覇、1994-95シーズンの無敗優勝など数々の功績を収めた。 その後は、バルセロナとオランダの指揮官を2度ずつ務め、バイエルンやAZでも指揮。最後の現場は、2014年から2016年まで采配を振るったマンチェスター・ユナイテッドとなった。キャリア通算では、チャンピオンズリーグ(CL)1度、リーガエスパニョーラ2度、ブンデスリーガ1度、エールディビジ4度など計20度のタイトル獲得を成し遂げている。 また、カンテラからMFアンドレス・イニエスタ、元スペイン代表DFカルレス・プジョール氏、元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス(現・アルサッド)、元スペイン代表GKビクトール・バルデス氏らをトップチームに抜擢するなど、現在のバルセロナのベースとなる選手たちを発掘した。 イギリス『90min』はファン・ハール氏が監督キャリアの中でトップチームデビューさせた選手でベストイレブンを作成した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/baldes.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> GK:ビクトール・バルデス(バルセロナ) バルセロナの下部組織出身であるバルデスを、ファン・ハール氏がトップチームに抜擢し、足元の技術があるGKとして活躍した。バルデスはバルセロナで535試合に出場し、21個ものタイトルを獲得している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/puyol.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> DF:カルレス・プジョール(バルセロナ) プジョールはバルセロナで593試合に出場したが、最初の試合となったのは、1999年10月にファン・ハール氏が右サイドバックとして起用した試合だった。その後、プジョールはポジションをセンターバックに変え、キャプテンとしてバルセロナで活躍した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/badoshutobar.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> DF:ホルガー・バドシュトゥバー(バイエルン) 2009-10シーズン、それまでバイエルンでのトップチーム出場機会がなかったバドシュトゥバーをファン・ハール氏はスタメンに抜擢すると、シーズンを通して49試合に出場。ファン・ハール氏が退団した以降もレギュラーの座をつかんでいたが、その後は怪我に苦しんでいる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/alaba.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> DF:ダビド・アラバ(バイエルン) 2010年に、当時まだ17歳であったアラバは、CLのフィオレンティーナ戦でデビューを飾る。2011年4月にファン・ハール氏はバイエルンを解任されるも、アラバは複数ポジションをこなせる器用さと精度の高い左足を武器に、今でもバイエルンの主力として活躍している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/daviz.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> MF:エドガー・ダービッツ(アヤックス) 名門アヤックスユースで育ったダービッツは、ファン・ハール氏のもと、1991年にトップチームデビュー。アヤックスでは、すぐに地位を確立すると、公式戦155試合に出場し31ゴールを記録。エールディビジ3連覇や1度のチャンピオンズリーグ制覇、2度のKNVBカップ制覇など数々のタイトル制覇に大きく貢献した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/seedolf.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> MF:クラレンス・セードルフ(アヤックス) ダービッツと同じくアヤックスユース育ちのセードルフは、若干16歳でトップチームデビューを果たした。1994-95シーズンにアヤックスで初めてCL優勝を果たすと、その後レアル・マドリ―、ミランでもCL優勝を経験。異なる3つのクラブでCL制覇した唯一の選手となっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/xabi.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> MF:チャビ・エルナンデス(バルセロナ) 1998年に18歳でバルセロナのトップチームデビュー。卓越した戦術眼で、常に味方の選択肢を増やすポジショニング、数手先を読んだゲームメイクにより試合を支配。相手が隙を見せれば得点に直結するプレーを披露し、1998年~2015年までのバルセロナ在籍時にはチャンピオンズリーグ4回、リーガエスパニョーラ8回を含む計25回ものタイトル獲得の中心選手となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/iniesta.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> MF:アンドレス・イニエスタ(バルセロナ) チャビとともにバルセロナを代表するMFであるイニエスタもファン・ハールによって抜擢された選手の一人だ。2002年10月に18歳でトップチームデビューを果たす。ファン・ハール氏が2003年にバルセロナを退団したため、長くはともにプレーしていないものの、卓越したボールコントロール技術と戦術眼、洞察力などフットボーラーに必要な能力を全て備え、サッカー界のトップに長年君臨し続けてきた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/ringard.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> FW:ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド) 2014-15シーズンのプレミアリーグ開幕戦、リンガードはいきなりのスタメン起用。プレシーズンで活躍していたとはいえ、当時はかなり驚きの声が上がっていた。その後、一度は他クラブへレンタル移籍するものの、1年後にファン・ハールに呼び戻された。ファン・ハール退任以降も、ユナイテッド攻撃陣を牽引し、イングランド代表としても活躍している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/kuraifaato.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> FW:パトリック・クライファート(アヤックス) アヤックスがCL制覇を果たした1994年にトップチームデビューすると、CL決勝のミラン戦で決勝点をマーク。当時18歳ながらチームのCL制覇に大きく貢献した。その後、ファン・ハール氏がバルセロナの指揮官に就任すると、後を追うようにバルセロナへと移籍した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/rushford.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> FW:マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド) リンガードと同じくマンチェスター・ユナイテッドユース出身のラッシュフォードは18歳でトップチームに抜擢される。デビュー戦となったELラウンド16のミッティラン戦でいきなり2ゴールをあげると、プレミアリーグデビューとなったアーセナル戦でも2ゴールをあげる驚異的な滑り出しとなった。今シーズンからマンチェスター・ユナイテッドの背番号「10」を背負い、より大きな期待を受けている。 2019.03.26 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「バルサはヨビッチ獲得を後悔しない」、かつてリーガで活躍したFWミロシェビッチが同胞に太鼓判

かつてオサスナやセルタ、エスパニョールで活躍した元セルビア代表FWのサボ・ミロシェビッチ氏が、バルセロナ移籍が噂されるフランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)について言及した。同氏がスペイン『COPE』で語った。 ヨビッチはベンフィカからのレンタル移籍で在籍2年目となった今季のフランクフルトで公式戦22ゴール7アシストと大ブレイク。バルセロナやレアル・マドリー、バイエルン、マンチェスター・シティなど多くのビッグクラブの関心を集めている。 とりわけ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後釜を探すバルセロナに関しては個人間での合意が伝えられるなど、有力な新天地候補となっている。 そのヨビッチについて同じボスニア・ヘルツェゴビナ出身でセルビア代表の先輩でもあり、現役時代にリーガエスパニョーラで活躍したミロシェビッチ氏は、バルセロナでも十分に活躍できるポテンシャルの持ち主であると語っている。 「彼の最も優れた特長はフィニッシュの能力だ。彼は右足でも左足でも、そして頭でもボックス付近のいかなる場所からもゴールを決めることができる」 「そういったタイプのプレーヤーは私自身見たことがないよ。さらに、彼はほとんどのチャレンジの中でゴールを決め切っている。両足を高いレベルで使いこなしており、生まれながらのゴールスコアラーといった感じだね」 「とにかく、今後のサッカー界を担うプレーヤーの1人だ」 「ヨビッチはバルセロナにとって完璧にフィットしたプレーヤーだ。彼らは多くのチャンスを作り出し、彼はゴールのために1度や2度のチャンスしか必要としていない(チャンスを無駄にしない)」 「仮に彼らがヨビッチと契約を交わしたとして、そのことを後悔することはないはずだ」 「私が彼とその家族をよく知っているから言っているわけでは決してないよ。ただ、彼にはとてつもない才能と能力があると思っているんだ」 2019.03.26 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、デ・リフト獲得に向けてユムティティ売却を検討か

バルセロナがアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得のため、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(25)の売却を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 バルセロナは現在、アヤックスでキャプテンを務めるデ・リフトに関心。身体能力や足元の技術にも優れた万能型のセンターバックを、元スペイン代表DFジェラール・ピケの長期的な後継者として見据えている。 しかし、アヤックス側はすでにバルセロナへの加入が決定しているオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングと同等の移籍金8500万ユーロ(約105億円)を要求。そのため、バルセロナは資金の調達に向けて現在、マンチェスター・ユナイテッドから関心を寄せられているユムティティの売却を考えているという。 ユムティティは2016年にリヨンから加入して以降、バルセロナの主力としてプレー。しかし今シーズンはケガの影響もあり、ここまで公式戦10試合の出場にとどまっている。 最近、フランス『テレフット』でのインタビューでバルセロナ残留やアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の加入を希望するコメントを残していたユムティティ。果たして、バルセロナを離れることになってしまうのだろうか。 2019.03.26 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸で再起のサンペール…「改めてフットボーラーであることを実感」

ヴィッセル神戸に移籍したスペイン人MFセルジ・サンペールが日本行きの思いを口にした。 バルセロナ下部組織で育ち、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者として脚光を浴びたサンペール。だが、度重なる故障の影響もあり、逸材としての片鱗を見せらないシーズンが続き、今冬の移籍市場で神戸に活躍の場を移した。 その後、17日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第4節の清水エスパルス戦(1-1のドロー)で80分からピッチに立ち、新天地デビュー。スペイン『マルカ』で、神戸でリスタートを切ったフットボールキャリアについて次のように話した。 「改めてフットボーラーであることを実感できて嬉しいよ。また重要な存在であることを認識できて嬉しい。ここにはスペイン人のコーチ陣がいて、スペインスタイルのサッカーがある。もちろん、(アンドレス・)イニエスタと(ダビド・)ビジャもいるから、適応はうまくいっているよ」 「僕の夢はバルセロナで成功することだったけど、無理だった。だから、今はサッカーで成功することを目指さなくちゃいけない。でも、現状に満足しているよ。僕自身も日本に行くなんて想定外だったけど、アンドレスが僕の説得にあたり、クラブ関係者も僕の家まで来てくれたのさ」 「僕はまだまだサッカーでたくさんのことができる。可能な限り最高のレベルに戻りたい。だから、様子を見ていこうじゃないか」 2019.03.26 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、ラキティッチ売却検討 新契約非提示の姿勢

アメリカ大手『ESPN』はバルセロナが今夏、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)の売却を検討していると報じた。 2021年まで契約を残すラキティッチ。今シーズンも一定の存在感を放ち続けるが、ブラジル代表MFアルトゥールやチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが加入した昨夏に続き、今夏もオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが加わることが決まり、来シーズンはより熾烈なポジション争いに身を投じることになる。 そうした状況もあり、最近のラキティッチを巡っては今シーズン終了後の移籍説が飛び交い続けており、インテルやチェルシーが関心を示しているとも…。渦中の本人はそういった噂話の火消しに動き、バルセロナ残留希望を口にしているが、それと裏腹に、バルセロナ首脳陣は今夏の放出に前向きな姿勢だという。 そのバルセロナはあと2シーズンの契約を残すラキティッチに対して、延長オファーを提示しない意向。ラキティッチ側の代理人が求める選手の給与アップにも応じないとのことだ。 2019.03.26 15:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース