CLベスト16チームが決定! イングランドが最多4チーム突破2018.12.13 07:23 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽12日にチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ全日程が終了し、決勝トーナメントに進出する全16チームが決定した。▽昨季、準優勝チームのリバプール、フランス王者のパリ・サンジェルマン(PSG)、ナポリ、ツルヴェナ・ズヴェズダの4チームが同居した今グループステージで最激戦区となったグループCではPSGが首位通過、最終節のナポリとの直接対決を制したリバプールが決勝トーナメント進出を決定。首位で最終節を迎えながらもアンフィールドで散ったナポリは3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。

▽同じく激戦区となったバルセロナ、トッテナム、インテル、PSVが同居したグループBではエースFWリオネル・メッシを筆頭に格の違いを見せつけたバルセロナが、第4節終了次点で今大会最速での決勝トーナメント進出を決め、2番手にはインテルと同勝ち点も当該戦績で上回ったトッテナムが2年連続での突破を決定した。

▽その他のグループではCL3連覇中の絶対王者のレアル・マドリーがCSKAモスクワ相手に不覚を取ったものの、2位のローマと共にグループGをきっちり首位通過。また、マンチェスター・シティ、ユベントス、バイエルンといった優勝候補も順当に突破を決めている。

▽日本人選手所属クラブではMF香川真司の所属するドルトムントがアトレティコ・マドリー、モナコらを退けてグループAを首位通過。ただ、香川はこのグループステージで一度しか出場機会はなかった。

▽一方、DF長友佑都の所属するガラタサライはシャルケ、ポルト、ロコモティフ・モスクワと本命不在の比較的恵まれたグループDに入ったものの、3位敗退でEL決勝トーナメントに回ることに。さらに、FW西村拓真の所属するCSKAモスクワは王者レアル・マドリー、昨季ベスト4のローマの牙城を破れず、最下位で敗退。なお、西村は第3節のローマ戦でCLデビューを飾っていた。

▽決勝トーナメント進出チームを国別に分けると、マンチェスターの2チーム、リバプール、トッテナムの全チームが生き残ったイングランドが最多に。続いてレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち抜いたスペイン、バイエルン、ドルトムント、シャルケが勝ち抜いたドイツの3チームが次点となった。

▽各グループの最終順位の一覧は以下の通り。

【グループA】
1.ドルトムント(ドイツ)
2.アトレティコ・マドリー(スペイン)
――決勝T進出――
3.クラブ・ブルージュ(ベルギー)
――EL決勝T進出――
4.モナコ(フランス)

【グループB】
1.バルセロナ(スペイン)
2.トッテナム(イングランド)
――決勝T進出――
3.インテル(イタリア)
――EL決勝T進出――
4.PSV(オランダ)

【グループC】
1.パリ・サンジェルマン(フランス)
2.リバプール(イングランド)
――決勝T進出――
3.ナポリ(イタリア)
――EL決勝T進出――
4.ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)

【グループD】
1.ポルト(ポルトガル)
2.シャルケ(ドイツ)
――決勝T進出――
3.ガラタサライ(トルコ)
――EL決勝T進出――
4.ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

【グループE】
1.バイエルン(ドイツ)
2.アヤックス(オランダ)
――決勝T進出――
3.ベンフィカ(ポルトガル)
――EL決勝T進出――
4.AEKアテネ(ギリシャ)

【グループF】
1.マンチェスター・シティ(イングランド)
2.リヨン(フランス)
――決勝T進出――
3.シャフタール(ウクライナ)
――EL決勝T進出――
4.ホッフェンハイム(ドイツ)

【グループG】
1.レアル・マドリー(スペイン)
2.ローマ(イタリア)
――決勝T進出――
3.ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
――EL決勝T進出――
4.CSKAモスクワ(ロシア)

【グループH】
1.ユベントス(イタリア)
2.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
――決勝T進出――
3.バレンシア(スペイン)
――EL決勝T進出――
4.ヤング・ボーイズ(スイス)
コメント
関連ニュース
thumb

右足首を捻挫のスアレスは10〜15日間の離脱…ウルグアイ代表も辞退

バルセロナは18日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが10日〜15日間の離脱になると発表した。 スアレスは、17日に行われたリーガエスパニョーラ第28節のレアル・ベティス戦で負傷。右足首を捻挫したと発表されていた。 18日に検査を行ったところ、見立て通り右足首の捻挫を確認。10〜15日間の離脱となり、ウルグアイ代表の招集も辞退することになると発表されている。 スアレスは、今シーズンのリーガエスパニョーラで27試合に出場し18ゴールを記録。これは29ゴールのリオネル・メッシに次いで、リーグ2番目の得点を記録している。 2019.03.18 22:21 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティス監督セティエン、メッシにひざまづく「彼は唯一無二。同じ時代を生きるのは贅沢なこと」

17日のリーガエスパニョーラ第28節、ベティスは本拠地ベニト・ビジャマリンでのバルセロナ戦に1&minus;4で敗れた。キケ・セティエン監督は試合後、ハットトリックを達成したFWリオネル・メッシを手放しで称賛している。<br><br>この試合ではメッシが躍度。超精度の直接FK、FWルイス・スアレスのヒールパスから抜け目ない飛び出しを見せてのフィニッシュ、そして皆の意表を突くループシュートでもって、ハットトリックを達成した。<br><br>セティエン監督は試合後、メッシがフットボール史上、最高の選手であることを強調している。<br><br>「プレーの正確性を欠き、的中させることができないならば、メッシのバルセロナに勝つことなど不可能だ」<br><br>「メッシと同じ時代を生き、彼を毎週日曜に見られるというのは贅沢なことだよ。これまでも、素晴らしいことをやってのける偉大な選手たちを目にしてきたが、彼みたいな選手はほかにいない」<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.18 22:14 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナDF、ロナウド不在のレアル・マドリーに持論「僕たちはメッシがいなくても上手くプレーできるけど…」

バルセロナに所属するポルトガル代表DFネルソン・セメドが同郷のユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。ポルトガル『SIC』が報じている。<br><br>ロナウドは今季、新天地のユベントスに移り、全公式戦で24ゴールをマーク。さらに12日に行われたチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦ではハットトリックでチームを救い、大活躍を見せている。<br><br>一方、ロナウドを放出したレアル・マドリーは今シーズンに2回の監督交代を行い、ラ・リーガでは第28節終了時点で首位のバルセロナに12ポイント差の3位に。さらにCLでもラウンド16でアヤックスに敗れ、シーズン無冠が濃厚になるなどロナウド放出の影響が色濃く表れる形となった。<br><br>そんな不調に苦しむレアル・マドリーに対して、セメドが持論を展開している。<br><br>「レアル・マドリーはクリスティアーノの不在をいたるところで感じているだろうね」<br><br>「クリスティアーノが去ったことは僕たちにとって悪いことだとは言えない。彼がいたほうが、競争力があるし、僕たちにとってラ・リーガを制することは難しくなるだろうね」<br><br>「クリスティアーノは多くの注意が必要なプレーだ。リオネル・メッシがいなくても僕たちは上手くプレーできるけど、同じではないようだ」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 15:35 Mon
twitterfacebook
thumb

油断するな! リーガ手中バルサのピケが警鐘

バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが勝って兜の緒を締めた。スペイン『マルカ』が報じた。 バルセロナは17日に敵地で行われたリーガエスパニューラ第28節のベティス戦を勝利。今節を落とした2位アトレティコ・マドリーを10ポイント差に引き離して、リーグ優勝に前進した。 これにより、バルセロナはコパ・デル・レイとチャンピオンズリーグ(CL)を合わせたトレブルの可能性がより近づいたことに。だが、ピケに慢心はない。ベティス戦、次のように話した。 「人々が盛り上がっているのは良いことだが、僕らは地に足をつけておかないとダメだ」 「もちろん、リーガ優勝は近い。でも、難しいCL準々決勝の戦いもある」 「今日の僕らはすごく重要な勝ち点3を手にした。でも、まだまだ試合がある」 「今日の結果に気分を良くしているが、目の前の試合にしっかりアプローチしていくことが必要だ」 2019.03.18 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティスサポも拍手喝采! メッシ「あんなの初めて」

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがベティスサポーターの振る舞いに感謝した。スペイン『マルカ』が報じた。 バルセロナは17日、リーガエスパニューラ第28節でベティスと対戦。敵地での一戦だったが、メッシのハットトリックを含む4ゴールを挙げ、優勝に前進した。 リーガエスパニューラ得点数でもランキングトップの29得点に伸ばしたメッシは、神々しい活躍ぶりを目の当たりにしたベティスサポーターから拍手を集めた。 そのメッシはその試合を次のように回想。そのなかで、敵チームであるベティスサポーターの喝采についても触れた。 「アトレティコが負けた後だから、ヘマできなかった。今日の勝利は大きいよ。ゴールを決めれば3ポイントに近づける。得点は重要なもので、うまくチャンスを生かせたね」 「(ベティスサポーターの自身に対する拍手に)とても感謝している。あんなの初めてだよ。彼らはいつも僕らを手厚く歓迎してくれる。敵チームだろうが関係なくね」 2019.03.18 14:05 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース