ラ・リーガ会長がRFEF会長を過激批判! 「会長をやる資格はない」2018.11.09 13:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインサッカー界のトップ同士が、依然として火花を散らしている。スペイン『マルカ』が報じた。▽主にリーガエスパニョーラのアメリカ開催を巡り激しく対立している、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長と、ラ・リーガのハビエル・テバス会長。先日にはルビアレス会長が「彼のやり方は不快だ」とテバス会長を批判したことが話題を呼んだ。

▽今回は、テバス会長がルビアレス会長が批判。ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕直前にフレン・ロペテギ前監督を解任したことに関し、責任を追及した。

「私は(ルイス・マヌエル・)ルビアレスと良いプロフェッショナルな関係でいたい」

「良し悪しにかかわらず、様々な話題に関する考えを共有できる関係になりたいと思う」

「私は、彼があの役職(会長)に就く資格はないと考えている」

「第一に、彼は(フレン・ロペテギ)監督といざこざを起こした。大会(ワールドカップ)のために彼は変化を望んだし、それはRFEFの構造や形式に関しても同様だ」
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマールが退団を否定…自身のゴシップにも言及「麻薬の服用を非難されたり…」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)が、退団を否定している。スペイン『マルカ』がフランス『Canal+』で語られた内容を伝えた。 2017年夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約276億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。クラブが目標に掲げるチャンピオンズリーグ(CL)制覇は達成できていないものの、今シーズンもここまでの公式戦22試合20ゴール10アシストの活躍でチームを国内での立場を確固たるものとしている。 しかし、2017年末頃にFWエディンソン・カバーニとの不和が伝えられたことを皮切りに、ネイマールには多数の移籍報道が噴出。中でも、レアル・マドリーとバルセロナ行きが繰り返し取り沙汰されている。 それでも、『Canal+』に出演したネイマールは退団の噂を否定。一方で、自身に集まる注目をある種光栄なものだと感じているようだ。 「僕が退団して他のクラブに加わるかどうかに関して、いつも憶測が飛び交っている。でも、具体的なことは何も無いんだ。確かなことが何かしらあれば、僕は皆に話すよ」 「自分の名前に渦巻く全てのことを把握している。良いことも悪いこともだ」 「最近では大晦日に麻薬を服用しただなんて非難されたり、沢山のことがあるね。僕は凄まじいアスリートであって、ちょっとクレイジーだけど馬鹿ではないよ」 「同時に、僕のことが話されるのは僕に素晴らしいクオリティーがあって(選手として)ベストの域にいるからだ」 2019.01.22 14:05 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーに朗報! トニ・クロース&M・ジョレンテ、24日ジローナ戦で復帰へ

レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースと、スペイン人MFマルコス・ジョレンテが24日に行われるコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのジローナ戦で復帰することになりそうだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 クロースは6日に行われたリーガエスパニョーラ第18節のレアル・ソシエダ戦に先発出場。しかし、80分に負傷交代。外転筋を損傷していた。マルコス・ジョレンテは1日に左内転筋を負傷。ケガの程度はグレード2と伝えられ、2週間から3週間程度の離脱になる見込みであることが伝えられていた。 両選手は先週から全体練習に参加しており、回復は順調なようだ。一方で、ウェールズ代表MFガレス・ベイルと、スペイン代表MFマルコ・アセンシオの復帰は来週までかかることになりそうだ。 2019.01.22 09:50 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセロ、ユベントス移籍の可能性が再浮上 盟友C・ロナウドが勧誘継続中か

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)のユベントス移籍の噂が再浮上している。スペイン『アス』が伝えた。 昨夏にレアル・マドリーからユベントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに続き、ユベントス移籍が浮上したマルセロ。その際は、「馬鹿げた話だ。僕は引退するまでここにいる」と移籍の噂を一蹴すると共に、マドリーへの忠誠心を示していた。 今回伝えられるところによると、C・ロナウドは現在もマルセロと度々連絡を取っており、ユベントス加入を勧めているという。同メディアは、マルセロがマドリーにとって重要な選手であることから移籍は容易ではないとし、「マルセロがクラブに退団の希望を伝える必要がある」と指摘。しかし、同選手が13日に行われたリーガエスパニョーラ第19節のベティス戦、19日に行われた同リーグ第20節セビージャ戦で出場機会がなかったことで状況が変わる可能性があると伝えている。 ユベントスは昨年12月にマルセロと同じ左サイドバックを務めるブラジル代表DFアレックス・サンドロと2023年まで契約延長。イタリア代表DFマッティア・デ・シリオも務めることができることから人手不足ではないと思われるが、今後動きはあるのだろうか。 2019.01.21 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、ブラジル代表DFミリトンの来夏加入でポルトと合意か

レアル・マドリーが、ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の獲得で合意に至ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ミリトン獲得を最優先事項としてきたマドリーは、来シーズンでの加入でポルトと合意した模様。ミリトンとも口頭合意したという。契約解除金5000万ユーロ(約62億円)を支払い、2025年までの長期契約を締結するようだ。また、そのうちの10%は、古巣サンパウロに入ることが伝えられている。 ミリトンは現在、プレミアリーグを筆頭に他クラブからも関心が寄せられており、6月には契約解除金が7500万ユーロ(約93億円)に跳ね上がる可能性があったことから、マドリーは早急に交渉を進めた形だ。 サンパウロ下部組織出身のミリトンは昨夏にポルト入り。今シーズンはセンターバックのレギュラーとしてここまで公式戦25試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。また、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチではセレソンデビューも飾った。 2019.01.21 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、ソラーリのレアルでアンタッチャブルではなくなる…2試合連続ベンチ要員に

これまで、レアル・マドリーの不動の左サイドバックとして君臨してきたDFマルセロだが、サンティアゴ・ソラーリ監督率いるチームでアンタッチャブルではなくなった。<br><br>今季、守備面で今以上に穴となることが多くなるなど、コンディションや注意力不足を指摘され続けてきたマルセロ。ソラーリ監督は本拠地サンティアゴ・ベルナベウの観客から批判も受けていた同選手を第19節ベティス戦(2&minus;1)、第20節セビージャ戦(2&minus;0)と、リーガで2試合連続でベンチスタートとして、代わりに若手DFレギロンを起用している。<br><br>これまでのマルセロの重要性に鑑みれば、まさに&ldquo;事件&rdquo;とも称せる出来事。ただしソラーリ監督は、セビージャ戦直前に「マルセロはおそらく、この10年間で最も栄光に包まれたサイドバックだ」とマルセロを称賛する言葉を発し、また「私たちは全員が100%の状態になるよう働いている」と同選手が本来の調子にないために起用を控えていることも示唆した。<br><br>レギロンは出場する試合で好パフォーマンスを見せ、マルセロの不在を感じさせていない。果たしてブラジル代表DFは、ここから定位置を取り戻すことができるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 23:51 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース