超ワールドサッカー

ジルーの今季初ゴールでチェルシーがBATEボリゾフを下しGS突破!《EL》2018.11.09 04:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは8日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループL第4節でアウェイでBATEボリゾフと対戦し、1-0で勝利した。この結果、チェルシーのグループステージ突破が決まった。▽今季開幕からここまで未だ無敗のチェルシー。ヨーロッパリーグでは格下相手に開幕2戦は最少得点での勝利だったものの、前回のホームでのBATE戦はロフタス=チークのハットトリックの大暴れで3-1で勝利。勝てばグループステージ突破が決まるチェルシーは直近のプレミアリーグ第11節のクリスタル・パレス戦から先発を7人変更。ディフェンスの4人は総入れ替え、その他、ロフタス=チークやジョルジーニョ、アザールらがスタメンに並んだ。

▽立ち上がりに攻め込まれるシーンがあったものの、その後はチェルシーがボールを支配。しかし、幅を利かせて守りを固めるBATEの守備網を掻い潜ることが出来ずなかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。

▽そんな中BATEは12分に仕掛ける。ジュミトリ・バハがボックス端からシュートを放つと右ポストを直撃。立て続けにセットプレーからゴールに迫るなど、チェルシーはヒヤリとさせされた。

▽チェルシーがゴールに迫ったのは18分。バークリーの浮き球のパスでジルーがボックス右に抜けてシュートを放ったがサイドネットを叩く。

▽その後は膠着状態。チェルシーが8割を超えるポゼッションを記録したものの、前半はゴールレスで終えた。

▽後半開始早々にチェルシーは先制に成功する。52分、左サイドのエメルソン・パルミエリが速いクロスを入れると、ジルーがニアで頭で合わせゴールイン。フランス代表FWの今季初得点でリードを得た。

▽そのままチェルシーペ^スで進むかに思われたが、意外にもゴールに迫ったのはBATEだった。59分のシフネビッチのシュートが左ポストを叩くと、直後の90分には左サイドからの折り返しを右サイドバックのリオスがダイレクトシュート。完全にフリーとなっていたが、枠に飛ばすことはできなかった。

▽チェルシーも63分に右CKをジルーが完璧なタイミングで頭で合わせたが、GKシェルビツキがファインセーブ。追加点とはならなかった。

▽その後、チェルシーはアザールとロフタス=チークを下げてウィリアンとコバチッチを投入。そのウィリアンは82分に好機を迎える。自陣からカウンターを発動したチェルシーはペドロがジルーに繋ぎゴール前へ。ジルーは味方の上がりを待ってボックス右にするーぱすを供給。ここにウィリアンが走り込んだがGKの出だしが一歩早く、シュートを打つまでには至らなかった。

▽試合終盤の85分には、前日に18歳になったばかりのハドソン=オドイがペドロに代わってピッチへ。

▽試合終盤には相手のシュートが三度ポストを叩くなど、押し込まれたチェルシーだったが、虎の子の一点を守り切って勝利。4連勝でグループステージ突破を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ジルー、同性愛カミングアウトの難しさに理解「多くの課題が残っている」

▽チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、サッカー界で同性愛をカミングアウトすることの難しさを語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の一員としてトロフィーを掲げたジルー。サッカー選手として最高峰のタイトルを得た同選手だが、現在はさらに達成が困難な仕事に頭を悩ませているようだ。 ▽サッカー界は近年、プレミアリーグがLGBTの人々への支援を表明するなど、あらゆる差別に対する取り組みを実施。2014年に元ドイツ代表MFトーマス・ヒッツルスペルガー氏が同性愛者であることをカミングアウトしたこともあり、多少は風向きも変わってきている。 ▽しかし、ジルーは選手目線からこの問題に取り組む難しさを述べた。 「(ヒッツルスペルガーの例は)とても感動的だったよ。フットボール界でホモセクシャルだと公表することは不可能なんだ、と呟いていた時のことだった」 「部屋が変わると、沢山のテストステロン(男性ホルモン)があって、集団生活で、シャワーは共同。やりにくいけどそうなんだ」 「僕には、その痛みや男たち(サッカー選手)がカミングアウトすることの難しさが分かる。1人で何年も取り組んでいたことの、本当の結果が出るんだ」 「ゲイコミュニティ支援のためにアーセナルが“レインボウ・レース”の着用を頼んできた時も、僕はやったよ。この問題に関して、サッカー界にはまだ多くの課題が残っている」 2018.11.16 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

窮地チェルシー、クリステンセン獲得の際に不正か

▽先日から暴露サイト『Football Leaks』のターゲットになっているチェルシーだが、更なる不正疑惑が明るみに出てしまった。デンマーク『Politiken』が『Football Leaks』を元にしたレポートを伝えた。 ▽現在、チェルシーは『Football Leaks』によってブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレ(現リヨン)獲得の際に不正なアプローチを行い、国際サッカー連盟(FIFA)のルール違反を犯したとして2年間の移籍禁止処分が科される可能性が伝えられている。 ▽この一件に関連して新たに浮上しているのが、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン獲得時の不正疑惑だ。 ▽『Politiken』が伝えるところによれば、チェルシーは2012年にブレンビーからクリステンセンを獲得する際に、同選手の実の父親であるステン・クリステンセン氏を活動実績がない中、若手のスカウトとして契約したという。 ▽多くのリーグでは若手選手の契約時に便宜を図った両親に対して、高額の謝礼金を支払うケースがあるが、プレミアリーグでは禁止されている。そのため、チェルシーはステン氏とスカウトとしての契約を結ぶことで、その給与を謝礼金として渡していたようだ。 ▽そして、ステン氏の給与の総額は500万クローネ(約8500万円)という破格の金額だった。 ▽なお、チェルシーは『Politiken』の取材に対して、「秘密契約やプレーヤーに関する事件についての憶測に関してコメントすることはない」とコメント。一方、ステン氏は「それはあなた方が何人かのウクライナ人やそれに類する人から得たストーリーだ。私はこの件に関してノーコメントだ。そして、私への連絡はやめてもらいたい」と、ノーコメントの姿勢を貫いている。 2018.11.16 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル&チェルシーがU-20ブラジル代表SBに関心か

▽アーセナルとチェルシーがアトレチコ・ミネイロに所属するU-20ブラジル代表DFエメルソン(19)の獲得に興味を示しているようだ。ブラジル『O Tempo』が伝えている。 ▽ポンチ・プレッタでプロデビューを飾った右サイドバックのエメルソンは、2018年にアトレチコ・ミネイロへ完全移籍。サイドバックとしては大柄な183cmの体躯と高い身体能力を武器とする逸材は今季ここまでリーグ戦20試合に出場し1ゴールを記録している。 ▽『O Tempo』が伝えるところによれば、現在アトレチコ・ミネイロは深刻な財政難に見舞われており、財政状況を改善するため選手の売却が急務となっているという。そして、その売却候補の1人にエメルソンの名前が挙がっているようだ。 ▽また、エメルソンは先日にヨーロッパ移籍に向けて代理人を変更しており、今冬の移籍の可能性が強まっている。なお、アトレチコ・ミネイロは同選手の保有権の63パーセントを保持しているが、移籍金は4000万レアル(約12億円)ほどになる見込みだ。 ▽そのエメルソンに関してはここ数週間、アーセナルとチェルシーがスカウトを送り込んでおり、現時点で有力な移籍先の候補に挙がっているようだ。 2018.11.16 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

サッリ体制で出場激減のケイヒルはミランへ?

▽ミランが、チェルシーに所属する元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(32)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス方面の報道を基としてイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽ミランでは現在、センターバックを務めるイタリア代表DFマッティア・カルダーラとアルゼンチン代表DFマッテオ・ムサッキオが負傷離脱中。今冬の移籍市場での同ポジションの補強が急務になっており、ケイヒル獲得に白羽の矢が立ったという。 ▽今シーズンからチェルシー指揮官に就任したマウリツィオ・サッリ監督は、ブラジル代表DFダビド・ルイスとドイツ代表DFアントニオ・リュディガーをセンターバックのファーストチョイスに。優先順位の低いケイヒルは、リーグ戦わずか21分間のプレーに留まっている。 ▽また、チェルシーとの現行契約は今シーズン限りとなっており、ケイヒルはイギリス『ミラー』のインタビューで、来年1月にクラブを去る可能性について「おそらく、イエスだ」と退団を示唆していた。その後、残留を匂わせる発言もしていたが、就去に注目が集まっている。 2018.11.16 14:23 Fri
twitterfacebook
thumb

ランパード監督のスタンフォード・ブリッジ凱旋とサポータに見せた確かな手腕/編集部コラム

▽10月31日──日本をはじめ世界中がハロウィンで盛り上がる中、チェルシーにとっては忘れられない1日となった。クラブのレジェンド・オブ・レジェンド、フランク・ランパードがスタンフォード・ブリッジに帰還した。それも、選手ではなく監督として─。 「ランパードが帰ってくる」 ▽このニュースに世界中のチェルシーファンが心を躍らせた。 ◆チェルシーとランパードの出会い<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181115_23_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2001年にウェストハムからチェルシーにやってきたランパードは、元イングランド代表DFフランク・リチャード・ジョージ・ランパード、通称フランク・ランパード・シニアを父に持ち、当時から名の知れた存在であった。 ▽加入後まもなくして、ランパードは当時指揮を執っていたクラウディオ・ラニエリ監督の下でレギュラーの座を掴んだ。 ▽2003年、現オーナーのロマン・アブラモビッチ氏がクラブを買収し、多額の移籍金で大物選手を爆買いしていく中でも、ランパードの地位は揺るがなかった。それは監督が交代しても同じだった。 ▽ジョゼ・モウリーニョ、フース・ヒディンク、カルロ・アンチェロッティ、ロベルト・ディ・マッテオ……。指揮官の就任と解任を繰り返すチェルシーにあって、ランパードは不変、唯一無二と呼べる存在だった。 ▽在籍13年間の中で、ランパードがチェルシーで獲得したタイトルは「14」に上る。3度のプレミアリーグ制覇や4度のFAカップ優勝、2011-12シーズンには念願のチャンピオンズリーグも獲った。“ビッグクラブ”と呼ばれるようになって日が浅いチェルシーをここまでの存在させたのは、ランパードの功績が大きいことは間違いない。 ◆別れと1度目の凱旋<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181115_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽しかし、会うは別れの始め。ブルーズの最高選手“スーパーフランク”は2014年夏に退団。移籍先はメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティであった。しかし、シーズン開幕までの間、突如姉妹クラブであるマンチェスター・シティでプレーすることに。そのニュースに目を疑った方も多かっただろう。「あのランパードが敵になるのか?」全チェルシーファンが同じことを思ったに違いない。 ▽そして、その日はやってくる。2014年9月21日、エティハド・スタジアムで行われたマンチェスター・シティvsチェルシーの一戦。チェルシーが1点をリードして迎えた78分、ランパードはDFアレクサンダル・コラロフに代わって途中出場を果たした。しかも、同点弾というプレゼント付きで。 ▽日本ではこれを「恩返し弾」と言うが、どこが恩返しだろうか。「やってくれる…」、まさかランパードにこんな感情を向けることになるとは思っていなかっただろう。 ▽そんなこともありながら、その後ニューヨーク・シティで1年プレーしたランパードは2017年2月に自身のフェイスブックで引退を発表。チェルシーでともにキャプテンとしてチームを支えたDFジョン・テリーは「君が居なくなって寂しくなる。一緒にプレーできたことは本当に名誉なことだった。君との思い出は一生忘れない」とコメント。ほかにもディディエ・ドログバやミヒャエル・バラックなどかつての仲間や盟友たちから多くの激励の言葉が寄せられた。 ◆ランパード監督誕生<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181115_23_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽引退後は指導者に転身することを明らかにしていたランパード。その機会は意外にも早くやってきた。5月31日、イングランド2部のチャンピオンシップに所属するダービー・カウンティがランパード監督就任を発表。IQ150以上のインテリがついにトップクラブを率いることになった。 ▽監督就任に際しランパードは「これは監督として初めての仕事だ。だが、これまで素晴らしい監督を近くで見てきた。自分の力に自信を持っている」と豪語。その言葉通り、ランパード率いるダービーは昨季プレミア昇格プレーオフ決勝まで進んだ勢いそのままに、ここまで8勝4分け5敗で6位に位置。首位のシェフィールド・ユナイテッドとは勝ち点差5としている。 ▽しかし、好調さはこれだけにはとどまらなかった。ダービーは9月26日にEFLカップ3回戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。率いるのはかつてチェルシーで師弟関係にあったモウリーニョ監督だ。 ▽試合前に「勝てるかどうかは正直かなり難しいところだ。だが我々はファンに恥ずかしくない試合をしなければならない」と控えめなコメントを残していたが、始まってみれば、ユナイテッドに引けを取らない勇ましい姿を見せた。ダービーは相手のシュート数を上回る試合内容で、見事にPK戦の末に勝利。試合後、ランパード監督は「隣に立てただけでとても光栄」と謙虚な姿勢を貫いた。 ▽“ランパード率いる”ダービーがユナイテッドを下したことに、チェルシーファンは驚くとともに誇らしげだったことだろう。だが、彼らををさらに驚かせたのはこの後のことだった。4回戦の組み合わせ抽選の結果、ダービーはチェルシーと対戦することが決定。舞台はスタンフォード・ブリッジ。期待していたような、していなかったようなことが現実になった。 ◆2度目の凱旋と未来への期待<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181115_23_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽「私にとって特別な機会となる。とても興奮しているし、スタジアムの4万人の“友達”に会えることを楽しみにしている」と語るように、ランパード監督自身も特別な感情を抱いていた。 ▽迎えた試合当日、世間がハロウィンで盛り上がる中、その男はチェルシーという“家”にやってきたのだ。スタンドのファンやサポーターに拍手で迎えられ、ランパードもそれに応える。チェルシーのスタッフと握手をし、マウリツィオ・サッリ監督と挨拶を交わした。 ▽固唾を呑んで見守られる中始まった試合は、ダービーが2度のオウンゴールで得点を与えてしまうなど、チェルシーが3-2で勝利。しかし、勇猛果敢にチェルシーに挑んだダービーは内容では劣っていなかった。 ▽内容の充実度は試合後のコメントからも見て取れた。「チェルシーは3点決めたけど我々は4点だったかな? それは冗談だがチームを誇りに思うよ」とランパード監督が語るように、チェルシーは敗れていたもおかしくなかった。それほど、ダービーは監督の戦術を理解し規律を守ったうえで格上と互角以上に戦ったのだ。 「これはランパードがチェルシーを率いるのはそう遠くない」 ▽こんなことを感じざるを得ないほど、ランパード監督の指示や戦術は的確だった。 ▽そして、今月11日、ダービーはチャンピオンシップ第17節でアストン・ビラと対戦。アストン・ビラは先日現役引退を発表したジョン・テリーがアシスタントコーチを務めており、チェルシーやイングランド代表でともにした盟友が敵として向かい合ったのは、2001年3月7日のウェストハムvsチェルシー以来のことだった。 ▽当時はランパードとジョン・テリーはそれぞれウェストハムとチェルシーでプレーしていたが、今回は全く違う立場で激突。試合はアストン・ビラが3-0で勝利したのだが、この2人がピッチの外でライバルになるなんて誰が想像しただろうか。 ▽もしかすると、ブルーズを愛した2人のレジェンドがスタンフォード・ブリッジで再び共闘する姿が見られるかもしれない。そんな夢物語を今は胸にしまっておきたい。 2018.11.15 22:30 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース