ジルーの今季初ゴールでチェルシーがBATEボリゾフを下しGS突破!《EL》2018.11.09 04:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは8日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループL第4節でアウェイでBATEボリゾフと対戦し、1-0で勝利した。この結果、チェルシーのグループステージ突破が決まった。▽今季開幕からここまで未だ無敗のチェルシー。ヨーロッパリーグでは格下相手に開幕2戦は最少得点での勝利だったものの、前回のホームでのBATE戦はロフタス=チークのハットトリックの大暴れで3-1で勝利。勝てばグループステージ突破が決まるチェルシーは直近のプレミアリーグ第11節のクリスタル・パレス戦から先発を7人変更。ディフェンスの4人は総入れ替え、その他、ロフタス=チークやジョルジーニョ、アザールらがスタメンに並んだ。

▽立ち上がりに攻め込まれるシーンがあったものの、その後はチェルシーがボールを支配。しかし、幅を利かせて守りを固めるBATEの守備網を掻い潜ることが出来ずなかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。

▽そんな中BATEは12分に仕掛ける。ジュミトリ・バハがボックス端からシュートを放つと右ポストを直撃。立て続けにセットプレーからゴールに迫るなど、チェルシーはヒヤリとさせされた。

▽チェルシーがゴールに迫ったのは18分。バークリーの浮き球のパスでジルーがボックス右に抜けてシュートを放ったがサイドネットを叩く。

▽その後は膠着状態。チェルシーが8割を超えるポゼッションを記録したものの、前半はゴールレスで終えた。

▽後半開始早々にチェルシーは先制に成功する。52分、左サイドのエメルソン・パルミエリが速いクロスを入れると、ジルーがニアで頭で合わせゴールイン。フランス代表FWの今季初得点でリードを得た。

▽そのままチェルシーペ^スで進むかに思われたが、意外にもゴールに迫ったのはBATEだった。59分のシフネビッチのシュートが左ポストを叩くと、直後の90分には左サイドからの折り返しを右サイドバックのリオスがダイレクトシュート。完全にフリーとなっていたが、枠に飛ばすことはできなかった。

▽チェルシーも63分に右CKをジルーが完璧なタイミングで頭で合わせたが、GKシェルビツキがファインセーブ。追加点とはならなかった。

▽その後、チェルシーはアザールとロフタス=チークを下げてウィリアンとコバチッチを投入。そのウィリアンは82分に好機を迎える。自陣からカウンターを発動したチェルシーはペドロがジルーに繋ぎゴール前へ。ジルーは味方の上がりを待ってボックス右にするーぱすを供給。ここにウィリアンが走り込んだがGKの出だしが一歩早く、シュートを打つまでには至らなかった。

▽試合終盤の85分には、前日に18歳になったばかりのハドソン=オドイがペドロに代わってピッチへ。

▽試合終盤には相手のシュートが三度ポストを叩くなど、押し込まれたチェルシーだったが、虎の子の一点を守り切って勝利。4連勝でグループステージ突破を決めた。
コメント
関連ニュース
thumb

アザールに歴代監督がガッカリ? 移籍実現せずの昨夏にも本音

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが歴代監督のフラストレーションを明かした。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 アザールは2007年にリールでプロデビュー後、2012年にチェルシー加入。そのチェルシーで過去、ロベルト・ディ・マッテオ氏、ラファエル・ベニテス氏、ジョゼ・モウリーニョ氏、スティーブ・ホランド氏、フース・ヒディンク氏、アントニオ・コンテ氏の指導を受け、今シーズンから新たにマウリツィオ・サッリ監督の下でプレーしている。 そのサッリ監督の下でもエースの座に君臨するアザールは『France Football』のインタビューで歴代監督との関係性を次のように回想。また、レアル・マドリー行きが実現しなかった昨夏の“本音”を漏らした。 「コンテだけにムカつかれたわけじゃない。キャリアの中で出会った全ての監督がそうさ。今のサッリにもムカつかれたことがある。モウリーニョもだ。彼ら全員、僕に対してこう思っている。ゴールを含めて、もっと多くのことをやってくれってね。だから、きっと次に出会う監督もガッカリさせてしまうだろう」 「W杯後、僕は移籍したかった。でも、結局はチェルシーに残り、過去最高の1つと言っても良いぐらいのシーズンを過ごしている。だから、今は違うチャレンジの必要性なんて考えていない。でも、それが僕にとってベターな選択だったとも思っていない」 2019.01.22 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

フルアム、ケイヒル獲得に苦戦? 契約期間の希望にズレか

フルアムが、チェルシーに所属する元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(33)の獲得に苦戦しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨シーズン、チェルシーでキャプテンを務めたケイヒルだが、今シーズンはマウリツィオ・サッリ新体制の下、出場機会が激減。プレミアリーグでの出場はここまでわずか1試合にとどまっており、12月にはサッリ監督から「彼はボックス内では最高だが、私は技術のある選手を欲している」と事実上の戦力外通告を受けていた。 そんなケイヒルをプレミアリーグで19位に沈んでいる昇格組のフルアムが、低迷の要因である守備改善に向けて注目。今冬の移籍市場で半年間のレンタルで加入することを望んでいたことが伝えられていた。しかし、33歳のケイヒルは長期契約を希望していることから契約期間に関してズレが生じているという。 フルアムを指揮するクラウディオ・ラニエリ監督は、ケイヒルに関して「彼はとても重要な選手。我々にとって素晴らしいものだ。しかし、彼がここに来て戦いたいと思うかどうかはわからない」とコメント。果たして、このまま破談となってしまうのだろうか。 2019.01.22 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

A・コールがランパード率いるダービーと契約!チェルシーコンビ結成!

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のダービー・カウンティは21日、元イングランド代表DFアシュリー・コール(38)と今季終了までの契約で獲得したことを発表した。 2006年にアーセナルからチェルシーに移籍したA・コールは、西ロンドンで8年間過ごした後、ローマとロサンゼルス・ギャラクシーでプレー。2016年1月に加入したLAギャラクシーでは、在籍2シーズンで通算94試合に出場。昨季はキャプテンマークを巻いてリーグ戦31試合に出場し1ゴール9アシストを記録した。 昨シーズン終了後にLAギャラクシーを退団しフリーの身となっていた元イングランド代表DFについて、かつてチェルシーで共にプレーしたダービーを率いるフランク・ランパード監督は次のように話している。 「アシュリーを迎えられて我々は嬉しく思っている。彼は素晴らしい選手でロッカールームでもこれまでの経験を伝えてくれるだろう。彼がチームに何をもたらすか、影響を与えるかは、チェルシーやイングランド代表で共にプレーしていたからわかっているよ」 ダービーは現在、28節を終えたリーグ戦で首位リーズと勝ち点差「8」の6位と好位置につけている。 2019.01.22 03:02 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーやリバプールでもプレーした元イングランド代表右SB、グレン・ジョンソンが引退

かつてチェルシーやリバプールなどでプレーし、イングランド代表としても活躍したDFグレン・ジョンソン(34)が現役引退を発表した。自身のツイッター(@glen_johnson)で明かした。 ウェストハムの下部組織で育ったグレン・ジョンソンは、2002年にトップチームへ昇格。ミルウォールへのレンタル移籍を経験すると、2003年にチェルシーへと移籍。しかし、チェルシーではパフォーマンスが安定せず、当時のジョゼ・モウリーニョ監督が連れてきた、DFパウロ・フェレイラにポジションを奪われ、多くの出場機会を得られないでいると、2006年にレンタル移籍していたポーツマスへと2007年に完全移籍を果たす。 ポーツマスでは、かつて期待されていた活躍を見せ、主力としてプレー。すると、2009年にリバプールへと完全移籍。アルバロ・アルベロアがレアル・マドリーへと移籍したために、右サイドのレギュラーポジションを確保。2015年にストーク・シティへと加入した。 ストークでもポジションを確保するが、2017-18シーズンにプレミアリーグから降格したことでチームを退団。その後、フリーの状態が続いていたが、現役引退を発表した。 プレミアリーグでは通算357試合に出場し15ゴール29アシストを記録。リバプールでは公式戦通算200試合に出場し9ゴール19アシスト、ポーツマスでは100試合に出場し4ゴール12アシスト、チェルシーでは70試合に出場し4ゴール4アシスト、ストークでは64試合に出場し3アシストだった。 また、イングランド代表としても54試合に出場し1ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2012年のポーランドとウクライナ共催のユーロ、2014年のブラジル・ワールドカップに出場した経験がある。 2019.01.22 01:07 Tue
twitterfacebook
thumb

イグアインのチェルシー移籍、22日に完了か

ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍は22日にも実現しそうだ。 今冬のチェルシー移籍報道が取り巻くイグアイン。保有権を持つユベントスとチェルシーの間で1年間の期間延長オプションが付随した半年間のレンタル移籍で合意に達しているとみられる。 その中、イグアインは21日に敵地で行われるセリエA第20節のジェノア戦でメンバー外に。ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督も「彼の決断を受け入れる」と話しており、もはや移籍濃厚だ。 そして、イギリス『エクスプレス』が21日付けで報じたところによれば、イグアインは22日にもロンドンに到着予定。そこで、契約書にサインを済ませ、晴れてチェルシーの一員になる見込みだという。 これにより、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)がチェルシーからアトレティコ・マドリーへ。ミランもジェノアからポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)の加入が決まる模様だ。 2019.01.21 14:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース