ユベントス、トレゼゲ氏をクラブの大使に任命2018.11.09 01:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは8日、ダビド・トレゼゲ氏(41)をクラブの大使に任命したことを発表した。契約期間は3年間となっている。▽ストライカーとして現役時代に活躍したトレゼゲは、2000年から10年間ユベントスでプレー。通算171ゴールを挙げ、ユベントスの外国人選手における最多得点者となっている。

▽ユベントスはそのトレゼゲの大使就任について次のような声明を発表している。

「トレゼゲはユベントスの真のアイコンだ。彼は今日、クラブの公式大使に任命されたわけだが、ユベントスとはこれまで素晴らしい成功を収めてきた絆がある。今後3年間、彼は商業面でユベントスのブランドを世界に発信する役割を担う。ユベントスが今後も発展する上でトレゼゲの大使就任は完璧な人事となるだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントス、ルガーニとの延長に動く

ユベントスはイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(24)との契約延長に動いているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 エンポリの下部組織出身のルガーニは、2012年にユベントスU-19にレンタル移籍。2013年にユベントスのトップチームに昇格。昇格後は古巣エンポリで2シーズン武者修行に励み、2015年1月にユベントスへ復帰。 ユベントスでは、ここまで公式戦81試合に出場し7得点。今シーズンはDFレオナルド・ボヌッチの復帰などもあり公式戦14試合の出場にとどまっている。 出場機会に恵まれていないルガーニだが、ユベントスは同選手を重要な戦力と考えており、昨夏にもチェルシーから届いたオファーを拒否していた。 伝えられるところによれば、ルガーニの現行契約は2021年までだが、ユベントスは新たにを2年延長した2023年までの契約を提示しているようだ。また、新契約ではルガーニの年俸は300万ユーロ(約3億7200万円)ほどになるという。 2019.03.23 00:25 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディ、63億円で放出の可能性が浮上

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)が、より安価な移籍金で放出される可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、キャプテンをはく奪されたイカルディ。同選手も遠征メンバー入りを拒否するなど、クラブとの溝は限りなく深まっていた。 それでも21日、イカルディは約6週間ぶりにトレーニングに復帰。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)は6日にワンダ・ナラ氏と会談を持ち、「両者の解決策を見出すためのフレンドリーな会談」が出来たことを伝えていた。また、31日に行われるセリエA第29節のラツィオ戦で復帰する可能性も報じられている。 しかし、『マルカ』によれば、イカルディに腕章が戻される望みは薄く、以前として将来に関しては不透明だ。これまでは8000万ユーロ(約100億円)の評価を受けていた同選手だが、5000万ユーロ(約63億円)の移籍金で退団する可能性もあるという。 新天地候補としては、インテルのライバルでもあるユベントス、そして以前から獲得が噂されていたレアル・マドリーの名前が挙げられている。 2019.03.22 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

心房性不整脈完治のケディラ、トレーニング復帰にゴーサイン!

ユベントスは21日、心房性不整脈を患っていたドイツ代表MFサミ・ケディラがトレーニング復帰に向けたテストを全てパスしたことを発表した。 ケディラは2月20日、不規則で異常に素早い心拍数が引き起こされることで、めまいや息切れ、疲労などの問題を起こす心房性不整脈と診断されていた。 離脱期間は約1カ月になることが伝えられていたが、手術が無事成功し、予定通りの復帰となった。ユベントスは代表ウィーク明け後の4月にはチャンピオンズリーグ準々決勝で大一番のアヤックス戦を控えるが、重要な戦力が戻ってきた格好だ。 2019.03.22 03:04 Fri
twitterfacebook
thumb

“股間パフォ”のC・ロナウドにUEFAが250万円の罰金処分! 出場停止は回避!

欧州サッカー連盟(UEFA)は、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが先日のアトレティコ・マドリー戦で行った“股間パフォーマンス”に対して2万ユーロ(約250万円)の罰金処分を科すことを決めた。『Sky Sport Italia』が伝えている。 C・ロナウドは12日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグでアトレティコとホームで対戦し、圧巻のハットトリックを決めてチームを3-0の勝利に導いた。そして、ユベントスは2戦合計スコアを3-2とし、逆転でベスト8進出を果たした。 劇的な逆転突破を決めた同選手は、興奮冷めやらぬ試合後、スタンドの前で両手で股間を囲うパフォーマンスを披露。自身の睾丸の大きさ=肝っ玉を強調していた。 この“股間パフォーマンス”に関しては1stレグで対戦相手のディエゴ・シメオネ監督が行ったパフォーマンスへのお返しとして話題になっていた。 その後、UEFAはこのパフォーマンスに関して不適切なジェスチャーの可能性があるとして公式な調査開始を発表し、同選手に処分を下すことを決定。そして、その処分内容は先日にシメオネ監督に科したものと同等の2万ユーロの罰金処分となった。 一部ではC・ロナウドが同パフォーマンスを行った場所がアトレティコファンの集まったアウェイスタンドの前であったことから、相手サポーターへの挑発行為の可能性を指摘し、出場停止などのより重い処分が科されるのではないかと伝えられていた。 しかし、今回の処分は罰金処分にとどまったため、C・ロナウドは4月10日に行われるアヤックスとの準々決勝1stレグにも出場可能だ。 2019.03.22 00:40 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのレイプ疑惑が原因か…ユーベ、今夏のICCはアメリカを避けて中国へ?

ユベントスの2019年のインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)は中国で行われるかもしれない。『YAHOO!SPORTS』が伝えている。 2013年に始まったICCは、当初はアメリカで試合を行っていたが、年々会場を増やし、現在ではヨーロッパやアジアなど世界各国でも大会が行われるようになった。 ICC2019にも出場予定のユベントスは先日、27日にその会場が発表されることをツイッターで報告。同大会のメイン会場は主催者『Relevent Sports』が拠点としているアメリカであるが、伝えられるところによると、ユベントスは今年はアジアで試合を行う可能性が高いようだ。 その理由はクリスティアーノ・ロナウドの存在だ。今季からユベントスに加入したC・ロナウドは昨年9月にドイツ『Der Spiegel』によってアメリカ人女性に強引に性行為を迫っていたことが報じられ問題となった。クラブはアメリカで同選手が逮捕されることを避けるため、今度の大会は「東へ」向かうことになると記者は語る。 報道直後、C・ロナウドは速やかに否定していたが、今のところ潔白は証明されていない。ユベントスのスポークスマンは「クラブはアメリカで何度かプレシーズンを過ごした。次にアジアを選ぶのはおかしいことではない」とコメントしたようだが、果たして今夏、ユベントスはプレシーズンをどこで過ごすことになるのだろうか。 2019.03.21 16:07 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース