超ワールドサッカー

ユベントス、トレゼゲ氏をクラブの大使に任命2018.11.09 01:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは8日、ダビド・トレゼゲ氏(41)をクラブの大使に任命したことを発表した。契約期間は3年間となっている。▽ストライカーとして現役時代に活躍したトレゼゲは、2000年から10年間ユベントスでプレー。通算171ゴールを挙げ、ユベントスの外国人選手における最多得点者となっている。

▽ユベントスはそのトレゼゲの大使就任について次のような声明を発表している。

「トレゼゲはユベントスの真のアイコンだ。彼は今日、クラブの公式大使に任命されたわけだが、ユベントスとはこれまで素晴らしい成功を収めてきた絆がある。今後3年間、彼は商業面でユベントスのブランドを世界に発信する役割を担う。ユベントスが今後も発展する上でトレゼゲの大使就任は完璧な人事となるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

マテュイディ、フランス代表の神童ムバッペに「このまま立ち止まるな」

ユベントスのMFブレーズ・マテュイディが記者会見で、フランス代表でチームメイトのFWキリアン・ムバッペについて語った。<br><br>フランス代表は欧州で行われているUEFAネーションズリーグで、リーグAのグループ1に所属。オランダとドイツという強豪国と同居するグループに入っているが、2試合を終えた時点でフランスがグループ首位に位置している。<br><br>マテュイディは16日に控えたオランダ戦を前に、ロシア・ワールドカップでフランスの優勝に大きく貢献した19歳のFWについて「このまま立ち止まるな」と語った。<br><br>「彼は多くの才能を持った素晴らしいプレーヤーだ。優れた選手は素晴らしいパーソナリティを持っている。ズラタン(イブラヒモビッチ)からもそれを感じたよ。クリスティアーノ(ロナウド)や(リオネル)メッシにも同じことが言えるね」<br><br>「キリアンはより優れた選手に進化するだろう。彼は大きなことを成し遂げてきた。彼のような選手がフランスには必要なんだ。だから、このまま立ち止まるなって僕は促しているよ」<br><br>また10月にドイツを3-0で下したオランダに警戒を強めている。<br><br>「僕らはよく守らないといけなくなると思うよ。オランダはドイツ相手に3点を奪ったんだ。ボールをキープし、相手にプレーさせないようにする。相手は危険なチームだが、フランスも危険さ。僕らの才能溢れるプレーヤーが彼らを困らせるだろうね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.15 20:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、A・サンドロ後釜探しに奔走…有力候補は3人か

▽ユベントスがブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)の後釜探しに奔走しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽ユベントスは現在左サイドバックで地位を確立しているアレックス・サンドロとの契約延長難航が伝えられている。2020年6月まで契約を残しているものの、すでに後任確保に向けて動いている様子だ。 ▽有力候補筆頭はその噂がかねてより伝えられているレアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロだ。同メディアによると、マルセロ(30)は引き続きポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの再会を希望。しかし、獲得には最低でも5000万ユーロ(約64億円)が必要とみられている。 ▽また、ユベントスはバルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)と、ベンフィカに所属するスペイン人DFアレハンドロ・グリマルド(23)もリストアップしている模様。ジョルディ・アルバのバルセロナとの現行契約は、アレックス・サンドロ同様2020年6月まで。しかし、バルサは2016年12月を最後に契約延長への動きを見せていない。 ▽グリマルドはバルセロナ下部組織出身選手。今シーズンはここまで公式戦18試合に出場し、2ゴール1アシストを記録している。 2018.11.15 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 11月15日は、ラ・ホヤ(宝石)の愛称をもつユベントスの背番号「10」

◆パウロ・ブルーノ・エセキエル・ディバラ 【Profile】 国籍:アルゼンチン 誕生日:1993年11月15日 クラブ:ユベントス ポジション:FW 身長:177cm 体重:69㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ! 』 11月15日は、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラだ。 ▽ポーランド人の祖父とイタリア人の祖母を持つディバラは、アルゼンチン出身ながらイタリアの市民権を持っていることで知られる。 ▽キャリアのスタートはアルゼンチンのコルドバにあるインスティトゥート。宝石という意味の「La Joya(ラ・ホヤ)」という愛称を持ち、17歳でプロデビューを果たした。 ▽2012年にパレルモに移り、セリエAとセリエBの昇降格を味わいながらも14-15シーズンはセリエA34試合で13ゴール10アシストという成績を残した。 ▽2015年に現在のユベントスに移籍。ジネディーヌ・ジダンやアンドレア・ピルロが着けていた伝統の背番号「21」を継承し、1年目ながらリーグ戦34試合で19ゴール9アシストと活躍した。17-18シーズンからは背番号を「10」に変え、第2節のジェノア戦でセリエA初のハットトリックを達成。さらに同シーズンの第31節のベネヴェント戦でもハットトリックを決めて、ワンシーズンで2度のハットトリックなど22ゴールと量産した。 ▽ユベントス加入以降、リーグ連覇を続けているディバラ。この記録をどこまで伸ばすことが出来るだろうか。 ※誕生日が同じ主な著名人 パトリック・エムボマ(元サッカー選手) セルジオ・コンセイソン(元サッカー選手) エデル(サッカー選手/江蘇蘇寧) ケビン・ヴィマー(サッカー選手/ハノーファー) ボビー・ウッド(サッカー選手/ハノーファー) やついいちろう(お笑い芸人/エレキコミック) 平井理央(フリーアナウンサー) 小林祐三(サッカー選手/サガン鳥栖) 本郷奏多(俳優) 峯岸みなみ(アイドル/AKB48) 2018.11.15 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、国内ライバルのローマDFマノラス獲得に興味か

▽ユベントスが、ローマに所属するギリシャ代表コスタス・マノラス(27)の獲得を検討しているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽今夏、FWクリスティアーノ・ロナウドをレアル・マドリーから獲得するなど、多くのスター選手を擁しているユベントス。しかし、センターバックの陣容はイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(31)、元イタリア代表DFアンドレア・バルザーリ(37)、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(34)、モロッコ代表DFメディ・ベナティア(31)と、ベテランの域に達している選手ばかりだ。 ▽特にバルザーリは来シーズンには38歳になり、ベナティアは就去が不透明と伝えられており、ユベントスではディフェンスラインの若返りが急務となっている。そこで、候補として挙げられているのがマノラスだ。 ▽守備の要であるマノラスはローマとの契約を2022年まで残しており、国外クラブに限り契約解除金は3600万ユーロ(約46億円)に設定されている。さらに、先日にはローマへの忠誠を示し契約解除条項を設定しない新契約の締結を熱望していることが報じられていた。しかし、未だ契約更新に関する動きはないと伝えられており、不透明な状況が続いている。 ▽マノラスには今夏にもチェルシーが獲得に興味を示していたほか、バイエルンがユベントスと競合する可能性も。来夏の移籍市場での主役候補の1人だと、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は評価している。 2018.11.14 20:44 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、C・ロナウドとサラーを破って2018年『Goal 50』を制す!

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの牙城を崩し、2018年の『Goal 50』を制した。<br><br>2010年にヴェスレイ・スナイデルが受賞したのを最後に、ロナウドとメッシは『Goal』が12カ月ごとに選出する50人のベストプレーヤーのトップを独占。しかし、レアル・マドリーのチャンピオンズリーグ3連覇やクロアチア代表のワールドカップ決勝進出など輝かしい1年を送ったモドリッチが2018年のアワードに輝いた。<br><br>チャンピオンズリーグの得点王としてレアル・マドリーの優勝に一役買ったロナウドは、『Goal 50』の3年連続となる受賞を目指したが、ポルトガルのスーパースターは惜しくも2位。リバプールでセンセーショナルな1シーズンを送ったモハメド・サラーは、アンフィールドでのデビューシーズンながらプレミアリーグ新記録となる32ゴールをマークしたことを評価され、初のトップ3入りを果たす。<br><br>4位に入ったのはキリアン・ムバッペ。ロシア・ワールドカップラウンド16のアルゼンチン代表戦では2ゴールをマークし、メッシに引導を渡すなどフランス代表が優勝したロシアの舞台で脚光を浴びた。リーガ・エスパニョーラ36試合で34ゴールを奪って欧州ゴールデンシューに輝き、国内2冠にバルセロナを導いたメッシは、トップ5をキープした。<br><br><br><br><br><br><br><br>数々のプレミアリーグ記録を打ち立てたマンチェスター・シティの中心選手として活躍したケビン・デ・ブライネが6位に入る。また、ディフェンダーとして最高位となる7位にはラファエル・ヴァラン。レアル・マドリーとフランス代表のセンターバックは、同じ年にチャンピオンズリーグとワールドカップを制した史上4人目の選手となった。<br><br>トッテナムとイングランド代表のストライカー、ハリー・ケインは8位にランクイン。ロシアではゴールデンブーツに輝き、母国を28年ぶりとなるベスト4に導いた。9位にはワールドカップ王者のフランス代表からアントワーヌ・グリーズマンが選出される。そして、チャンピオンズリーグ決勝で2アシストを記録し、ビッグイヤー獲得に貢献したレアル・マドリー左サイドバックのマルセロがトップ10最後の椅子を射止めた。<br><br>『Goal 50』は、年に1度、過去12カ月の活躍に基づいて世界から50人のベストプレーヤーを選出し、ランキングするアワードである。世界42カ国にあるGoalの編集長や記者たちが、ビッグマッチにおけるプレーぶり、前年と比べたパフォーマンスレベルの一貫性、記憶に残る活躍だったかどうか、所属クラブと各国代表での実績を判断し、投票する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.14 14:10 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース