超ワールドサッカー

UEFA、VARの前倒し実施を考慮か、スターリングのあのシーンが引き金に2018.11.08 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『BBC』によると、欧州サッカー連盟(UEFA)が来季から予定しているチャンピオンズリーグ(CL)におけるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の使用を、今季に早めることを検討しているという。▽UEFAは9月27日、来季のCLでVARを導入することを発表。VARはイングランドを除くヨーロッパの主要リーグではすでに使用されており、大会史上初めて導入されたロシア・ワールドカップでは多くの場面で効果を発揮した。

▽そのVARをUEFAは予定を早めて今シーズンから使うことを考慮しているという。理由は7日に行われたCL第4節、グループFのマンチェスター・シティvsシャフタール・ドネツクで、シティFWラヒーム・スターリングが24分に獲得したPKの場面にある。

▽ボックス左で縦に仕掛けた同選手はシュートを打とうとした際に地面につま先を引っかけてしまいピッチに倒れたのだが、主審はこれを全く接触がなかったシャフタールDFミコラ・マトビイェンコが後ろから倒したとしてPKの判定に。スターリングはノーファウルであることを申告することはなく、シティがPKを決めて得点。試合後、「あれは僕が悪かった」とPKではなかったことを認めたが、今更である。

▽VARはこのような試合の流れを変えてしまうような大誤審を無くすため開発されたものであり、事態を重く捉えたUEFAは次の会議で早期導入を検討する話し合いを行うと伝えられている。現在UEFAでは来季に向けて審判団へのトレーニングやワークショップを続けているが、すでに今季から導入できる準備はできているという。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョが世界最高…マラドーナ「ティキ・タカはグアルディオラのものではない」

▽元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督の方が、ジョゼップ・グアルディオラ監督よりも優れていると感じているようだ。『YAHOO! SPORT』が伝えている。 ▽現在のプレミアリーグでは、グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティが首位であるのに対し、モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッドは8位に甘んじている。 ▽これまで数々のタイトルを獲得してきた名将である両者だが、マラドーナ氏はモウリーニョ監督の方が優れているという持論を展開した。 「私にとってモウがベストだ」 「私でもペップにヨハン・クライフが与えたようなアドバンテージを与えることが出来る。ティキ・タカはグアルディオラのモノではない。クライフが生み出したものだ」 「現在ペップは世界中からどんな選手でも集めることが出来る。そうなればティキ・タカは簡単になる」 「もし再び監督になるとしたら、私は多くのことを学ぶ必要がある。マンチェスターに行ってモウリーニョに色々訪ねるだろう。彼が最高の監督であることは間違いないからね」 2018.11.14 21:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ダービーの歓喜の裏で…YouTuberがシティファンによる人種差別被害に

▽マンチェスター・シティのファンによる、ダービー後の差別的発言が問題になっている。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽シティは11日、プレミアリーグ第12節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え、3-1で完勝。マンチェスターの街に暮らすサッカーファンの明暗は、次のダービーが来るまでくっきりと分かれることとなった。 ▽しかし、そんな中でも喜び方を間違えてしまったシティのファンが居たようだ。オンラインプラットフォーム『チーキー・スポーツ』で活躍するYouTuberのジョエル・ボヤ氏が、試合後にスタジアム周辺でビデオ撮影を行っていたところ、あるシティのファンが登場。黒人男性である同氏に向けて、「お前のアフリカの家族に金を送ってやるよ」と、差別的発言を投げかけた。 ▽この一連の様子を捉えた動画を、ボヤ氏自身がSNS上に投稿。「完璧な人間は居ないが、美しいフットボールの試合や世間の中でこういったことは看過できない」と非難し、「この問題はクラブの適切な部門に報告させてもらう。完全な調査が行われるだろう」と、男性に対する処分を求めている。 2018.11.14 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

“ジャンケン”の代償は21日間の職務停止…コインを忘れた主審が処分

▽ジャンケンの代償は、21日間の職務停止だった。FA(イングランドサッカー協会)は、デイビッド・マクナマラ主審に対し処分を下した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽事件は10月26日に行われた、マンチェスター・シティvsレディングのFA女子スーパーリーグの一戦で起こった。 ▽試合前の恒例行事であるコイントス。エンドとボールを選択するものだが、通常は主審のコイントスで決定される。 ▽イングランド女子代表でもキャプテンを務める、シティのステフ・ホートンも参加したコイントスだったが、マクナマラ主審が失態。大事なコインを忘れてしまったのだ。 ▽困ったマクナマラ主審は、両キャプテンに「ロック、ペーパー、シザーズ」、いわゆるジャンケンを行わせた。このことが問題となった。 ▽FAのスポークスマンは「FAはデイビッド・マクナマラ主審に21日間の職務停止処分を下す。11月26日から適用される。試合の最大の利益を決める行動をしなかった事を認めたためだ」とコメント。コイントスを行えなかったことで処分が下された。 [※写真はイメージです] 2018.11.14 12:52 Wed
twitterfacebook
thumb

インスが古巣を斬る! 「まるでシティにビビっているような…」

▽マンチェスター・ユナイテッドOBで元イングランド代表MFのポール・インス氏がマンチェスター・ダービーの感想を口にした。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ユナイテッドは11日、プレミアリーグ第12節でマンチェスター・シティと対戦。上位浮上のためにも負けられない一戦だったが、宿敵を相手に立ち上がりから完成度の違いを見せつけられ、1-3の敗北を喫した。 ▽ポール・インス氏は、古巣ユナイテッドを問答無用にぶった斬った。 「彼らはまるでマンチェスター・シティにビビっているようだった。それはあってはならないことだ」 「(モウリーニョの先発メンバー?) デ・ヘア以外、ワールドクラスの選手はいなかったね。マン・シティの方が良い買い物をしている」 「モウリーニョは、たただ金使いが荒いだけさ」 2018.11.13 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アグエロ、新たなマンチェスター・ダービー男に! ルーニーに並ぶ歴代最多8得点

▽マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(30)がマンチェスター・ダービーの歴史に名を刻んだ。 ▽アグエロは11日、エティハド・スタジアムで行われたプレミアリーグ第12節のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発。48分にスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの肩口をぶち抜くシュートでチーム2得点目をマークした。 ▽その得点は、プレミアリーグのマンチェスター・ダービー通算8ゴール目。データを扱う『Opta(@OptaJoe)』によれば、元ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーに並ぶ歴代最多得点記録だという。 ▽30歳のアグエロは2011年夏からシティでプレー。シティ在籍8年目の今シーズンは、ここまで出場したプレミアリーグ12試合で得点ランキングトップの8得点を挙げ、全公式戦でも15試合11得点の成績を収めている。 2018.11.12 16:15 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース