レヴァンドフスキの2発でアテネに連勝のバイエルンがGS3勝目で決勝T進出に王手!《CL》2018.11.08 07:08 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンは7日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE第4節でAKEアテネと対戦し、2-0で勝利した。▽10月23日に行われた前回対戦で2-0と完勝したバイエルンだが、直近に行われたブンデスリーガ第10節のフライブルク戦では格下相手に痛恨のドローを喫している。そのバイエルンは、前回対戦から先発を5人を変更。負傷中のロッベンやチアゴ、ハメス・ロドリゲスらに代えてミュラーやリベリ、ゴレツカ、アラバ、J・ボアテングが先発に起用された。

▽一方、グループステージ3連敗と後がないアテネは、ポンセやシモンエス、マンタロスなど主力が先発に名を連ねている。

▽今節の結果次第でグループステージ突破の決まるバイエルンは、開始早々にセットプレーからピンチを迎える。6分、マンタロスの左CKからゴール前のランブロプーロスにヘディングシュートを許したが、これはゴール左に外れた。

▽一進一退の展開が続く中、バイエルンの30分に決定機。左CKでのポジション争いの際にゴール前でレヴァンドフスキがチョシッチに倒され、PKを獲得。このPKをレヴァンドフスキがゴール右に決めた。

▽先制したバイエルンは、36分にもボックス手前でボールを収めたレヴァンドフスキのポストプレーからボックス内に侵入したミュラーが決定機を迎えるも、このシュートは相手DFのブロックに当たりゴール左に外れた。

▽後半もポゼッションでアテネを上回るバイエルンは55分、右サイドを持ち上がったキミッヒのアーリークロスをボックス中央のゴレツカがジャンピングボレーで合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれる。さらに61分には、ハビ・マルティネスの縦パスを最前線で受けたレヴァンドフスキが巧みな反転でボックス内まで侵攻。相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKバルカスに防がれた。

▽後半も主導権を握るバイエルンは71分、キミッヒの左CKが相手DFに当たってファーサイドへと流れると走り込んだレヴァンドフスキが右足で流し込み、待望の追加点を奪取。その後、バイエルンは84分にラフィーニャ、87分にレナト・サンチェス、91分にワグナーを投入し、試合をクローズ。

▽最後まで危なげない試合運びを見せたバイエルンが、グループステージ3勝目を飾り、決勝トーナメント進出へ王手をかけた。
コメント
関連ニュース
thumb

マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし

マンチェスター・シティは、ドルトムントに向かったMFジェイドン・サンチョやレアル・マドリーに移籍したブラヒム・ディアスに続きFWラビ・マトンドも失うことになるかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると、快速ウィングはブンデスリーガ行きを望んでいるという。<br><br>昨年9月に18歳の誕生日を迎えたマトンドは2016年夏にカーディフ・シティからシティのアカデミーに移籍。2017年夏にはU-18チーム、昨年夏からはU-23チームの一員となり、リザーブスリーグの11試合では6ゴールを記録している。<br><br>しかしシティ最速の選手とも言われるアタッカーは、昨年11月に行われたアルバニアとの国際親善試合でウェールズA代表としてのデビューを果たすも、いまだにジョゼップ・グアルディオラ監督の下では起用されていない。イギリス紙『サン』では先日、クラブが提示していた2020年までの契約の延長を拒否したとも伝えられていたところだ。<br><br>そんなマトンドの獲得に国内のエヴァートンやサウサンプトンのほか、ドルトムントやバイエルン、ボルシアMGやRBライプツィヒ、ホッフェンハイムとドイツ勢が乗り出しているようだ。『シュポルト・ビルト』によると、そのなかで選手が優先する移籍先は今夏に退団する可能性が伝えられるベルギー代表MFトルガン・アザールの後釜を探すボルシアMGだという。<br><br>ドルトムントで今季大ブレイク中のサンチョ(18)が成功例となり、アーセナルから期限付きでホッフェンハイムに向かったFWリース・ネルソン(19)もリーグ戦13試合6ゴールと活躍中のブンデスリーガ。シティが移籍金1000万ユーロ(約12億5000万円)を求めるとされるマトンドも、ドイツでプロキャリアの道を歩み始めることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 22:08 Thu
twitterfacebook
thumb

チャビ、キミッヒ絶賛でバルサに推薦!?

アル・サッドでプレーする元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、バイエルンに所属するドイツ代表DFヨシュア・キミッヒを絶賛している。イギリス『Four Four Two』がドイツ『ビルド』を引用して伝えている。 2015年にライプツィヒからバイエルンに加入したキミッヒ。頭脳的なプレーに加えて、右サイドバックやセントラルMFを高いレベルでこなすことができることから「元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏の後継者」とも評されている。今シーズンはブンデスリーガ前半戦を全試合スタメン出場し、公式戦26試合1ゴール10アシストを記録するなど、不調に陥ったチームの復調に貢献。すでにバイエルンやドイツ代表で欠かせない選手だ。 そんなキミッヒを元バルセロナのチャビが注目。クラブ・代表チームの中心選手と語り、「バルセロナにとって完璧な選手になる」と断言した。 「僕はバルセロナ前監督のグアルディオラとキミッヒについて話したことがある」 「それまで彼のことを聞いたことはなかったけど、それ以来僕は彼のキャリアを追っているんだ。ジョシュアは、バイエルンとドイツ代表の中心選手で、将来を担っていく選手だね」 「どんなポジションでもプレーすることが可能。バルセロナにとって完璧な選手になるよ」 「僕はキャリアの中で、バルセロナに適した選手を探し、見続けていたんだ。フィリップ・ラームがまさにそうだよ。ヨシュア・キミッヒもバルセロナで問題なくプレー出来るし、上手くフィットするだろうね」 2019.01.17 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、バイエルン移籍を“禁止”?主力選手のライバルへの流出を阻止か

今後しばらくドルトムントに所属する選手がバイエルンに渡ることはないかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えた。<br><br>2013年にはMFマリオ・ゲッツェ、翌年にはFWロベルト・レヴァンドフスキ、2016年にはDFマッツ・フンメルスをバイエルンに引き抜かれてきたドルトムント。これら主力選手の流出も響き、2011-12シーズン以降はリーグタイトルから遠ざかる一方で、バイエルンには昨夏までブンデスリーガ6連覇と1強状態を築き上げられている。<br><br>だが、これからはリーグタイトルを巡ってバイエルンと張り合えるためにドルトムント幹部は内部でとある決断を下したようだ。『シュポルト・ビルト』はその例として、アメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが移籍を要請したところ、幹部は最終的にはバイエルン以外への移籍のみを許す条件で移籍を容認したことを挙げている。レンタルバックという形で今シーズンいっぱいはドルトムントに残り、夏にはチェルシーに加入が決定した同選手だが、バイエルン移籍の選択肢は与えられていなかったとのことだ。<br><br>ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は昨年11月、3-2で勝利を収めたバイエルン戦後に『スカイ』で「うちの選手の1人が来年、バイエルン・ミュンヘンのユニフォームを着ることは除外できるだろう。これに関しては手を打っている。うちには(選手との契約には)契約解除条項は存在しない」と強調。今後新選手はドルトムントに加入する時点から、契約満了前のバイエルン行きはないと見ても良いのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 07:43 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ハメス獲得へ? エジルの代役か

アーセナルが、バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。<br><br>ハメスは2017年の夏にレアル・マドリーから買い取りオプション付きの2年間レンタルでバイエルン入り。しかし、ニコ・コバチ監督が新たに就任した今シーズンは、負傷の影響もあってリーグ戦の先発出場が5試合にとどまっている。<br><br>そのハメス・ロドリゲスをアーセナルが注視しているようだ。アーセナルでは、チームを指揮するウナイ・エメリ監督がMFメスト・エジルを重要な戦力と考えておらず、直近のウェスト・ハム戦など、今季メンバー外とする試合もある状況だ。その代わりの選手として、ハメスに興味を持っているという。<br><br>報道によれば、バイエルンは&ldquo;レンタル料&rdquo;としてアーセナルに300万ポンド(約4億2000万円)を求めており、同クラブがこの料金を支払えば放出を認める意向だという。<br><br>なおバイエルンは、レアル・マドリーに対して1300万ユーロ(約16億1000万円)のレンタル料金を支払っており、今季終了時に4200万ユーロ(約52億円)を支払うことで完全移籍させるオプションを有していると伝えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 15:47 Wed
twitterfacebook
thumb

ロッベン、後継者可能性のハドソン=オドイに助言…若手選手にとって重要なこと

バイエルン・ミュンヘンのアリエン・ロッベンが、加入のうわさがあるチェルシーFWカラム・ハドソン=オドイについて語っている。『beIN Sports』が伝えた。<br><br>チェルシーとの契約が2020年で切れるハドソン=オドイは、延長交渉に応じる構えは見せず。新天地への挑戦に前向きだと見られる。加えて、バイエルンとチェルシーが移籍金3500万ユーロ(約43億5000万円)で合意に至ったとの報道も流れる。<br><br>そんな中、今季での退団が決まっているロッベンが、自身の後継者にもなりうるハドソン=オドイについて言及。アドバイスを送っている。<br><br>「彼は欧州でも最高の若手選手の一人だね。チャンスを得るだろうし、そうなれば生かす必要がある。若い選手にとっては同じことだよ。まずはそれが大きなステップになる。プロで高いレベルに到達するためには、トップチームで居場所を確立しなければならない」<br><br>「次に重要なのは維持し続けることだ。ときに、とどまり続けることというのはプロになることより難しいんだ。毎試合、毎シーズン、自分の実力を証明しなければならないからね」<br><br>チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督はオドイについて残留を望んでいるが、果たして結末はどうなるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.01.13 21:25 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース