超ワールドサッカー

グリーズマンの好むリーグは? 「プレミアは確かにポピュラー」2018.11.06 20:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、ブンデスリーガの魅力を語っている。スペイン『アス』が伝えた。▽レアル・ソシエダでプロデビューを飾り、現在ではアトレティコ・マドリーのエースに君臨するグリーズマン。プロとしては、これまでのキャリアでリーガエスパニョーラでのみプレーしているが、ブンデスリーガにも魅力を感じているようだ。

「(ブンデスリーガは)攻撃が多くて、非常にオフェンシブなリーグだ。ボルシア・ドルトムントがあのリーグをよく表していると思う」

「(他リーグとの比較では)スペインを第1位に挙げたい。チャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝やラウンド16では多くのスペインのチームが占めるんだ。ブンデスリーガかプレミアリーグがそれに続く」

「プレミアリーグは確かによりポピュラーだし、世界で最も見られている。ブンデスリーガは少しだけ日陰だね。それに関して語ることは少ないけど、タレントやチームにはそれ程の違いはないよ」

▽また、ブンデスへの移籍について問われたグリーズマンは「あり得るけど、アトレティコで凄く快適なんだ。ここで歴史を作りたい」とコメント。ドイツの地でのプレーを否定こそしていないが、可能性は低そうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

3年連続サモラ賞獲得のオブラク、今冬退団も視野に? 不満を吐露か

▽アトレティコ・マドリーに所属するスロベニア代表GKヤン・オブラク(25)が今冬に退団する可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽オブラクは12日、『マルカ』の主催する2017—18シーズンのリーガエスパニョーラ授賞式に出席。昨シーズンもリーガ37試合22失点(失点率0.59)でリーグ最少の数字を記録した守護神は、3年連続となる『サモラ賞(リーガ最少失点率GK賞)』を獲得した。鉄壁のアトレティコを最後尾から支えているパフォーマンスが、改めて称賛を集めている。 ▽また、その授賞式で「今後もアトレティコに在籍するか」聞かれたオブラクは、「分からない。今はここにいる」と回答。実際、アトレティコがフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンやウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスら主力と次々長期契約を結ぶ中、オブラクは2016年に契約更新以降、新契約締結には至ってはおらず。『マルカ』によれば、チームが満足のいく条件を提示しないことに不満を抱いているという。 ▽オブラクはアトレティコとの契約を2021年まで残しており、契約解除金は1億ユーロ(約129億円)に設定されており、過去にゴールキーパーに対してそれ程の移籍金が支払われた例はない。しかし、昨夏にチェルシーがスペイン代表GKケパ・アリザバラガを獲得する際に8000万ユーロ(約103億円)を投じており、昨今の移籍市場では絶対的に安心とは言えないかもしれない。 2018.11.14 17:24 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド延長交渉も…今季契約満了のエレーラにアトレティコ&ビルバオが注視

▽アトレティコ・マドリーとアスレティック・ビルバオが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『AS』の情報を引用して『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽今シーズン限りでユナイテッドとの契約が満了になるエレーラ。ユナイテッドがエレーラとの新契約締結交渉を行っていることを、マンチェスター地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が先日に伝えていた。 ▽しかし、来年1月までに契約延長に至らなければ、他クラブがフリーでの獲得交渉を行うことが可能に。そうなった場合は、アトレティコと古巣ビルバオが交渉に動くという。 ▽2011年にサラゴサからビルバオに加入したエレーラは、公式戦通算128試合で11ゴール20アシストを記録。この活躍が認められ、2014年にユナイテッド移籍を果たした。加入後は、初年度からプレミアリーグ26試合で6ゴール4アシストを記録しており、2016-17年シーズンにはファンが選ぶ年間最優秀選手賞にも選出された。今シーズンはここまでの公式戦8試合に出場している。 2018.11.13 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタが足を負傷…離脱期間は不明も代表ウィーク明けバルサ戦に不安

▽アトレティコ・マドリーは13日、スペイン代表FWジエゴ・コスタが練習中に足に打撲を負ったことを発表した。 ▽今回の代表ウィークでスペイン代表に招集されなかったジエゴ・コスタだが、クラブでのトレーニング中に足に強い打撲を負ったという。そして、今後は経過を観察しながらチームメートとは別メニューでの調整を行う予定だ。 ▽現時点で同選手の離脱期間は不明だが、代表ウィーク明けの24日に行われるリーガエスパニョーラ第13節のバルセロナ戦に向けて不安を残す。 2018.11.13 21:33 Tue
twitterfacebook
thumb

ゴディン、20日~1カ月の離脱でバルセロナとの首位攻防戦欠場へ

▽アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが20日~1カ月の離脱となるようだ。 ▽ゴディンは10日に行われたリーガエスパニョーラ第12節のビルバオ戦で左足太ももを負傷。それでも後半追加タイムに決勝弾を決め、チームを勝利に導いていた。 ▽ゴディンはスペイン『スポルト』に対し、「以前にも同じようなケガをしたからどの程度復帰までに時間がかかるはわかっている。20日~1カ月ほどの離脱となるだろう。もちろん、なるべく早く復帰できるようにしたい。ビルバオ戦では負傷しながらもピッチに残り、勝利に貢献することができた。チームを助けられ、ピッチに残っていた価値があったと思う」 ▽アトレティコは代表ウィーク明け後、リーガエスパニョーラ第13節で1ポイント差のバルセロナとの首位攻防戦を控えているが、闘将抜きで戦うことが確実となった。 2018.11.13 01:21 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 11月12日はW杯覇者となったアトレティコの新アタッカーのバースデー

◆トマ・レマル 【Profile】 国籍:フランス 誕生日:1995年11月12日 クラブ:アトレティコ・マドリー ポジション:MF 身長:163cm ▽『今日の誕生日は誰だ! 』 11月12日は、アトレティコ・マドリーのMFトマ・レマルだ。 ▽卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFと評価されたレマルは、カーンの下部組織で育ち、2013年にトップチームへ昇格。2015年夏から2018年夏まではモナコで才能を輝かせ、公式戦通算127試合22ゴール32アシストと、若手らしからぬ数字を残している。 ▽代表レベルでは各世代でプレーし、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むフランス代表にも召集され、優勝を経験。2018年夏には多くのビッグクラブからの関心が報じられ、2018-19シーズンからアトレティコ・マドリーに活躍の場を移した。同クラブではFWグリーズマンやDFリュカといったフランス代表メンバーと好関係を構築しており、今後の活躍が期待されている。 ※誕生日が同じ主な著名人 高木琢也(サッカー監督/V・ファーレン長崎) エンツォ・フランチェスコリ(元サッカー選手) ロベルト・イングレーゼ(サッカー選手/パルマ) イグナシオ・アバーテ(サッカー選手/ミラン) 清武弘嗣(サッカー選手/セレッソ大阪) ナディア・コマネチ(体操選手) ミヒャエル・エンデ(作家) ニール・ヤング(ギタリスト) アン・ハサウェイ(女優) 由美かおる(女優) 中野聡子(お笑い芸人/日本エレキテル連合) 2018.11.12 07:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース