ラージョに辛勝のバルベルデ、失点続きもCLに自信「インテルは得点しなかった」2018.11.04 18:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、苦戦したラージョ・バジェカーノ戦や次に控えるインテル戦について語った。スペイン『マルカ』が伝えている。▽バルセロナは11月3日、リーガエスパニョーラ第11節でラージョ・バジェカーノと対戦して3-2で勝利した。FWメッシの不在が続く中でスアレスが先制点を奪ったものの、前半半ばと後半初めに失点を喫してラージョが一時逆転。試合終了間際にO・デンベレとスアレスが立て続けにネットを揺らして再び試合をひっくり返したものの、かなり危うい展開となった。

▽試合後の会見に臨んだバルベルデ監督は、1-2での逆転負けを喫したリーガ第6節レガネス戦を想起したと語っている。

「今日の後半のような時間には、どこにでも(レガネスの本拠地)ブタルケのゴーストが現れる」

「だが、(今日は)何か違ったプレーをすることで私たちは最終的に勝利した」

「逆転された時には前例を思い出してしまう。ラージョは多くのことを上手くやってプレーし、戦った」

▽また、バルセロナ第2節以降のリーガ9試合でクリーンシートを達成できていない。そのことを指摘されたバルベルデ監督は、先月24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループB・第3節インテル戦(2-0でバルサ勝利)では完封したと主張。11月6日にCL第4節で再び相まみえるインテル戦に向け、問題はないと述べている。

「インテルは得点しなかった」

「私たちは3得点。だから全て上手くいくよ」
コメント
関連ニュース
thumb

デンベレ&メッシ躍動のバルセロナ、逆転でベスト8進出!《コパ・デル・レイ》

バルセロナは17日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグでレバンテをホームに迎え、3-0で快勝した。この結果、2戦合計スコアを4-2としたバルセロナがベスト8へ進出している。 1週間前に行われた敵地での1stレグを1-2と先勝を許したバルセロナは、4日前に行われ3-0で快勝したエイバル戦のスタメンから5選手を変更。スアレスやブスケッツ、ピケらに代えてデンベレやビダル、ムリージョらを起用した。 [4-3-3]を採用したバルセロナはGKにシレッセン、4バックに右からN・セメド、ムリージョ、ラングレ、ジョルディ・アルバ、中盤アンカーにラキティッチ、インサイドにビダルとアルトゥール、3トップに右からデンベレ、メッシ、コウチーニョと並べた。 そのバルセロナがボールを動かす展開で立ち上がっていく中、15分にメッシが直接FKでGKを強襲した。その後もバルセロナが敵陣でボールを持つと、25分に決定機。アルトゥールの縦パスを受けたボックス左のメッシが鋭いシュート。だが、アイトールの股間に当たったシュートはわずかに枠の右に外れた。 そして30分、バルセロナが2戦合計スコアで追いつき、アウェイゴール差で上回る。メッシが敵陣高い位置でボールを奪ってラストパス。これを受けたデンベレがボックス中央に侵入し、カバコのクリアにかかったボールがシュートに持ち込もうとしたデンベレの足に当たってゴールに吸い込まれた。 さらに1分後、メッシのスルーパスをボックス中央で受けたデンベレがGKをかわして無人のゴールへ流し込み、一気にリードを広げたバルセロナがハーフタイムにかけても3点目に迫りつつ前半を2-0で終えた。 迎えた後半もバルセロナが攻勢に出ると、54分に突き放した。デンベレのスルーパスで右サイドを突破したN・セメドの折り返しをメッシが受け、GKとの一対一を制した。 余裕の展開としたバルセロナはコウチーニョに代えてスアレスを、ジョルディ・アルバに代えてセルジ・ロベルトを、デンベレに代えてデニス・スアレスを投入し、今後の戦いを見据えていく。 結局、終盤にかけても危なげなく試合を運んだバルセロナが3-0で快勝。2戦合計スコアを4-2とし、逆転でベスト8進出を決めている。 2019.01.18 07:26 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、カルロス・ベラに関心か

バルセロナが、ロサンゼルスFCに所属するメキシコ代表FWカルロス・ベラ(29)を補強候補としているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 FWルイス・スアレスのバックアッパーを探すバルセロナが今冬の戦力補強に向けた動きを強めている。先日にFWムニル・エル・ハダディをセビージャに放出したブラウグラナは、少なくとも今季いっぱいまで選手層を厚くできる人材を探している。 今回『マルカ』が報じるベラは昨年1月からメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCでプレーしており、昨季はリーグ戦28試合で14ゴール10アシストを記録。前線のどのポジションでもプレーできるうえ、リーガエスパニョーラでの経験も豊富にあることから、エルネスト・バルベルデ監督の御眼鏡に適う選手だと、同メディアは述べている。 これまでに、チェルシーのFWアルバロ・モラタやジローナのFWクリスティアン・ストゥアーニへの関心が伝えられてきたが、前者は最新の報道ではアトレティコ・マドリー行きの可能性が高いとされており、その去就に注目が集まっている。 2019.01.17 18:33 Thu
twitterfacebook
thumb

チャビ、キミッヒ絶賛でバルサに推薦!?

アル・サッドでプレーする元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、バイエルンに所属するドイツ代表DFヨシュア・キミッヒを絶賛している。イギリス『Four Four Two』がドイツ『ビルド』を引用して伝えている。 2015年にライプツィヒからバイエルンに加入したキミッヒ。頭脳的なプレーに加えて、右サイドバックやセントラルMFを高いレベルでこなすことができることから「元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏の後継者」とも評されている。今シーズンはブンデスリーガ前半戦を全試合スタメン出場し、公式戦26試合1ゴール10アシストを記録するなど、不調に陥ったチームの復調に貢献。すでにバイエルンやドイツ代表で欠かせない選手だ。 そんなキミッヒを元バルセロナのチャビが注目。クラブ・代表チームの中心選手と語り、「バルセロナにとって完璧な選手になる」と断言した。 「僕はバルセロナ前監督のグアルディオラとキミッヒについて話したことがある」 「それまで彼のことを聞いたことはなかったけど、それ以来僕は彼のキャリアを追っているんだ。ジョシュアは、バイエルンとドイツ代表の中心選手で、将来を担っていく選手だね」 「どんなポジションでもプレーすることが可能。バルセロナにとって完璧な選手になるよ」 「僕はキャリアの中で、バルセロナに適した選手を探し、見続けていたんだ。フィリップ・ラームがまさにそうだよ。ヨシュア・キミッヒもバルセロナで問題なくプレー出来るし、上手くフィットするだろうね」 2019.01.17 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ会長が明言「すでにJ・アルバと5年の長期契約に動いている」 指揮官続投も示唆

バルセロナ会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏が、スペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)の去就について語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 現行契約が2020年6月までとなっているジョルディ・アルバ。これまで契約の延長交渉が進まず、一時はバルセロナとの長期契約を望む同選手も不満を吐露していた。 そんな中、ついにバルトメウ会長が、アルバとの契約についてコメントし、長期契約締結に動いていることを明言した。また、エルネスト・バルベルデ監督の続投も示唆している。 「もちろん彼はバルセロナに留まるよ。我々は、5年間の長期契約を結ぶためにすでに動いているよ」 「あと、バルベルデについても今シーズン、そして来シーズンも指揮してもらうことに疑いはない。彼は我々がとても信用している監督だ。知的で、我々のやりたいサッカーを理解している」 2019.01.17 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、パウリ―ニョの広州恒大への完全移籍を発表!

バルセロナは15日、広州恒大がブラジル代表MFパウリーニョ(30)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 パウリ―ニョは2015年にトッテナムから広州恒大に移籍。2年間過ごした後、2017年に4年契約でバルセロナに移籍しリーグ優勝に貢献した。ところが、昨夏に再び広州恒大にレンタル。昨季は途中加入ながらリーグ戦19試合に出場し13ゴール7アシストを記録。加入後は全試合でフル出場を果たし、2位フィニッシュの原動力となっていた。 そしてこの度、既報通り広州恒大は買い取りオプションを行使し、ブラジル代表MFは2度目の完全移籍を果たすことになった。 買い取り額は推定4200万ユーロ(約52億円)。バルセロナが2017年夏にパウリーニョを獲得する際に広州恒大に支払った移籍金4000万ユーロよりも若干高めに設定されていた。 2019.01.16 21:28 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース