超ワールドサッカー

スロバキア代表監督に初の外国人指揮官パヴェル・ハパル氏が就任へ!2018.10.24 15:17 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スロバキアサッカー協会(SFZ)は22日、代表監督にチェコ・スロバキア出身のパヴェル・ハパル氏(49)が就任することを発表した。任期はUEFAネーションズリーグ2018-19が閉幕する来年6月までとなっているものの、ユーロ2020の出場権を獲得した場合、2020年まで契約延長できるオプションも付随しているという。

▽SFZは14日にヤン・コザク前監督(64)の辞任を発表。2013年にスロバキア代表監督に就任したコザク監督は2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と2つのワールドカップ本大会出場は逃したものの、ユーロ2016ではチームをベスト16進出に導いていた。しかし今回、UEFAネーションズリーグで開幕から2連敗を喫したことをきっかけに、同監督の方から辞任の要請があり、協会側がそれを受け入れた形だった。

▽コザク監督の後任として就任が決まったハパル氏は現役時代、母国チェコのクラブを中心にレバークーゼンやテネリフェでプレー。また、チェコスロバキア代表およびチェコ代表では通算31試合に出場したキャリアを持つ。

▽2002年の現役引退後はすぐに指導者の道を歩み始め、チェコやスロバキアのクラブを歴任。直近では今年3月にチェコのスパルタ・プラハの監督に就任したが、成績不振を理由に7月に解任されていた。

▽2015年から2018年にかけてU-21スロバキア代表を率いた経歴も持つハパル氏は今回の就任発表について以下のようにコメントしている。

「まず第一に、私にとってスロバキア代表を率いることは大変名誉であることを伝えておかなければならない。誰もが出来ることではない。U-21ではいい結果を得られることが出来た」

「まずは最初の2試合に集中して、下部リーグに落ちないようにしたい。そしてユーロ2020の出場権を獲得することが目標だ」

▽チェコ国籍のハパル氏は、スロバキア代表初の外国人監督となるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

辞任理由は“キャバクラ7”! 電撃辞任したスロバキア代表指揮官が暴露

▽今月14日にスロバキア代表の指揮官を電撃辞任したヤン・コザク前監督(64)がその辞任理由を暴露した。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽現役時代にチェコスロバキア代表として活躍したコザク監督は2013年にスロバキア代表の監督に就任。2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と2つのワールドカップ本大会出場は逃したものの、ユーロ2016ではチームをベスト16進出に導いた同国代表史上屈指の名指揮官だった。現行契約はユーロ2020までとなっていたが、14日にスロバキアサッカー協会(SFZ)に辞任を申し出てこれが受理されていた。 ▽当初、コザク前監督の辞任に関してはUEFAネーションズリーグでのウクライナ代表戦、チェコ代表戦での連敗。あるいは体調問題、協会側との見えない確執などの可能性が伝えられていた。 ▽しかし、これまで沈黙を保ってきた同監督は代表選手たちのプロフェッショナリズムの欠如と、自身の求心力の低下が辞任を決断した理由だと語っている。 ▽コザク前監督の説明によると、先日のチェコ代表との元同国ダービーに敗戦後、スロバキアの主力7選手がナイトクラブで行われたパーティーに参加したという。これに対して同監督は重要な試合に敗れたにも関わらず、責任感のかけらもない主力選手の振る舞いに失望すると共に、これ以上共に仕事ができないと判断し、自ら代表監督の座を下りる決断をしたようだ。 「まるで誰かに襲われたかのような多くの痛みを感じている。それは顔を叩かれるような気持ちだ」 「私はパーティーに関して知らないふりをすることもできたと思うが、それは自分のスタイルではない」 「また、7人のプレーヤーに代表チームを一時追放するような選択もあったが、それはしたくなかった」 「仮に、彼らを追放するようなことがあれば、スロバキアサッカー界の今後に大きな影響を与える可能性があると思った。それほど彼らのクオリティは無視できないものだ。だから、自分が辞任する道を選んだんだ」 ▽なお、今回指揮官を電撃辞任に追い込んだ7選手はGKマルティン・ドゥブラフカ、GKミハル・シュルラ、DFミラン・シュクリニアル、DFリュボミル・サトカ、DFノルベルト・ギョンベル、MFスタニスラブ・ロボツカ、MFウラジミール・ヴァイス。代表チーム内で処分が科されるかは不明だが、スロバキア国民の怒りを買ったことは間違いないはずだ。 2018.10.19 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

スロバキア代表、コザク監督が電撃辞任! UNL連敗で「予期せぬ決断」

▽スロバキアサッカー協会(SFZ)は14日、スロバキア代表を率いるヤン・コザク監督(64)の辞任を発表した。 ▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグB・グループ1に属するスロバキアは9月に行われたウクライナ代表との初戦を0-1で落とすと、今月13日に行われたチェコ代表戦も1-2で敗れ、2連敗中だった。 ▽そして、同試合後にコザク監督はSFZ側に辞任を申し入れると、SFZ側は「予期せぬ決断」と表現しながらも同監督との協議の結果、辞任を受け入れることにした。 ▽なお、現時点で後任人事が決定していないスロバキア代表は16日にスウェーデン代表との国際親善試合を控えているが、同試合はシュテファン・タルコビッチ氏が暫定指揮官を務めることになる。 ▽現役時代にチェコスロバキア代表として活躍したコザク監督は2013年にスロバキア代表の監督に就任。2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と2つのワールドカップ本大会出場は逃したものの、ユーロ2016ではチームをベスト16進出に導いた同国代表史上屈指の名指揮官だった。現行契約はユーロ2020までとなっていたが、志半ばでチームを去ることになった。 2018.10.15 16:35 Mon
twitterfacebook
thumb

スロバキア代表、ヤン・コザク監督の辞任を発表!

▽スロバキアサッカー協会(SFZ)は14日、ヤン・コザク監督(64)が辞任したことを発表した。 ▽ヤン・コザク監督は、2013年7月にスロバキア代表監督に就任。2016年に行われたユーロでは、予選をグループ2位で通過しスロバキア史上初となる本大会に進出。同大会ではグループリーグのロシア代表戦で本大会初勝利を記録すると、1勝1敗1分けでグループリーグを通過し、ベスト16進出を果たした。 ▽しかし、2018ロシア・ワールドカップ予選ではグループリーグで2位になったものの、2位チームの中で最下位だったためプレーオフ進出を逃した。また、現在開催中のUEFAネーションズリーグでは、ウクライナ代表とチェコ代表に連敗を喫し、グループ最下位に沈んでいた。 ▽なお、16日に控える国際親善試合のスウェーデン代表戦はこれまでアシスタントコーチを務めていたステファン・タルコビッチ氏が暫定監督を務めることになるようだ。 2018.10.15 07:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ハムシクがスロバキア代表史上最多108キャップを記録

▽ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(31)が同国史上最多キャップ数を記録した。 ▽ハムシクは13日に行われたUEFAネーションズリーグ2018-19・リーグB・グループ1のチェコ代表戦にフル出場し、1ゴールを記録した。この試合で代表戦通算108試合目の出場を果たしたハムシクは、これまでスロバキア代表史上歴代最多キャップ記録を保持していた元同国代表MFミロスラフ・カルハン氏の記録を抜いた。 ▽2007年2月に代表デビューを果たしたハムシクは、これまで108試合に出場して22ゴールを記録。主要大会では2010年南アフリカ・ワールドカップ、ユーロ2016に出場し、いずれもベスト16進出に貢献している。 2018.10.14 00:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ハムシク弾も元同国対決は途中出場シック弾のチェコが競り勝ち初勝利《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグB・グループ1のスロバキア代表vsチェコ代表が13日に行われ、1-2でチェコが勝利した。 ▽先月行われたUNL初戦のウクライナ代表戦を0-1と敗れたスロバキアは、ハムシクやシュクルテル、シュクリニアルといった主力がスタメンとなった。 ▽一方、UNL初戦のウクライナ戦を1-2と敗れたチェコはGKバシリクやゲブレ・セラシェといった主力がスタメンとなった。 ▽かつてチェコスロバキアと呼ばれていた元同国対決は開始9分、まずはチェコがゴールに迫る。CKの流れからルーズボールをボックス手前中央のパベルカが強烈なボレーシュートを浴びせると枠の左隅を捉えたが、GKドゥブラフカのファインセーブに阻まれた。 ▽対するスロバキアは19分にチャンス。右CKからニアサイドのハムシクがボレーで合わせるもGKバシリクの守備範囲に飛んでしまった。 ▽その後はホームチームのスロバキアがボールを持つ流れとなったが、チャンスは生み出せずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、スロバキアが開始7分にドゥダがゴールに迫った中、直後にチェコが先制する。ドチカルのスルーパスに抜け出したクルメンチクがGKとの一対一を制した。 ▽先制されたスロバキアは56分、ボックス右でフリーとなっていたマクがシュートに持ち込んだが、枠の上に外してしまった。それでも、62分にスロバキアが同点に追いつく。左CKからネメツのヘディングシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをハムシクが蹴り込んだ。 ▽同点とされたチェコはシックを投入すると、76分にそのシックが仕事を果たす。右サイドゴールライン際からドチカルが上げたクロスをシックがヘディングシュートで流し込んだ。 ▽これが決勝点となってチェコが勝利。初白星としている。 ▽2連敗スタートとなったスロバキアは16日にスウェーデン代表との国際親善試合を戦い、チェコは16日にUNL3戦目となるウクライナとのアウェイ戦を戦う。 2018.10.14 00:08 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース