タイ洞窟救出の少年たちの前にイブラヒモビッチがサプライズ登場! 「俺より勇敢だ」2018.10.17 14:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、7月にタイの洞窟から救出された少年たちの下を訪れた。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽タイ北部のタムルアン洞窟に18日間も閉じ込められ、奇跡的な救出をされた地元サッカーチーム『ムーパ』の少年たち。絶望的な状況から生還を遂げた勇気が世界中で称えられている。少年たちがサッカーチームに所属していたということもあり、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が『The Best FIFA Football Awards 2018』へ招待するなど、サッカー界も沸いた。

▽『マルカ』が伝えるところでは、その少年たちが出演するTV番組にイブラヒモビッチがサプライズ登場。スーパースターの突然の来訪に、少年たちは歓喜した。

▽イブラヒモビッチは、一連の救出劇について以下のように語っている。

「俺自身、勇気があると思ったんだが、この子供たちと(サッカー)チームは俺よりも勇敢だな」

「彼らは集団でチームワークを示し、他者の(差し伸べる)手を信じる忍耐力を有していた」

「たぶんこれが世界最高のチームだ」
コメント
関連ニュース
thumb

イブラ、ユナイテッド時代を回顧「プレミアはクオリティ面で過大評価されている」

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、プレミアリーグについて語った。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 数々のビッグクラブでプレーしたイブラヒモビッチは、2016年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からマンチェスター・ユナイテッドに加入。当時、すでに34歳と高齢だった中、2018年途中にMLS入りを決断するまでの間で公式戦53試合29ゴール10アシストを記録し、ヨーロッパリーグ(EL)とEFLカップ優勝に貢献した。 そんなイブラヒモビッチは、プレミアリーグでプレーした当時を回顧。激しさやスピードは優れていると語ったが、クオリティ面では「過大評価されている」と見解を示した。 「想像した通りのものだった。誇大広告されている。とても激しいし、スピードは速い。素晴らしいものだったよ。ただ、クオリティに関しては過大評価されている」 「技術面に関して言えばね。ただ、ペースは速く、インテンシティは高い。その2つに対応できなければ、生き残ることはできないだろう」 「より長くプレミアリーグでプレーしなかったことに後悔はない。起きたことは、起こるべくして起こったものだ」 「ただ、唯一、プレミアリーグに来るのが10年間早かったらっていうことは考えるよ。違ったストーリーになっていただろうね。ファンにとってはより残念なものだろう。違った獣が見られただろう」 2019.03.20 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

LAでベッカム氏の銅像がお披露目! メジャーリーグ・サッカーの発展に大きく貢献

現地時間2日、ロサンゼルス・ギャラクシーは、メジャーリーグ・サッカー(MLS)の開幕を前に、デイビッド・ベッカム氏の銅像をお披露目した。 2007年7月にレアル・マドリーからロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍したベッカム氏。この移籍が、MLSの新時代の幕開けにつながり、今回ロサンゼル・ギャラクシーの本拠地であるディニティ・ヘルス・スポーツ・パークの前に銅像が建てられた。 新シーズンの開幕前の銅像お披露目に立ち会ったベッカム氏は「感傷的であり、成功の表れであり、僕たちはチャンピオンになった。素晴らしい時間を過ごした」とロサンゼル・ギャラクシーでの現役時代を回想。また、「この街に到着した最初の日以来。僕たちはホームのように感じた。そのことには、僕たちはずっと感謝するだろう」とロサンゼルスの街に迎え入れてくれたことにも感謝した。 ベッカム氏は2007年にMLSが定めた特別指定選手制度の第1号。MLSではサラリーキャップ(年俸総額の上限)が設定されているが、その制度の範囲外で2選手の獲得が可能となる。その第1号がベッカム氏だった。 これにより、後にティエリ・アンリやフランク・ランパード、ディディエ・ドログバなど多くの選手がMLSでプレー。現在はヴィッセル神戸でプレーするダビド・ビジャもこの制度でニューヨーク・シティに在籍。現在でも、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ロサンゼルス・ギャラクシー)や元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(シカゴ・ファイアー)などがプレーしている。 ベッカム氏はロサンゼルス・ギャラクシーに在籍した5年間で公式戦98試合に出場し18ゴール40アシストを記録。2011年、2012年にタイトルを獲得していた。 なお、ベッカム氏は2020年からMLSに参入するインテル・マイアミのオーナーでもあり、「ギャラクシー、リーグ、そしてこの国へのコミットメントは、フィールドの上だけではない。より多くの選手、より多くのクラブを集め、このリーグを成功させることによって、より発展させていきたいと思っている」とコメントした。 2019.03.03 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー、メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントスが退団!

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーは2日、メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(29)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 バルセロナのカンテラ出身であるドス・サントスは、2007-08シーズンにトップチーム昇格を果たすも、トッテナムやマジョルカといったクラブを渡り歩き、2013年夏にビジャレアルへ移籍。同クラブでの在籍2シーズンで主力として活躍し、2015年夏に元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやアイルランド代表FWロビー・キーンが在籍していたLAギャラクシーに加入していた。 LAギャラクシーでは公式戦88試合に出場し28ゴール19アシストを記録。だが、2018シーズンはリーグ戦14試合で3ゴールと思うような活躍を見せることはできず。 そして、ドス・サントスは、4シーズンを過ごし実弟のジョナタンも在籍するLAギャラクシー退団を決断した。 2019.03.03 02:53 Sun
twitterfacebook
thumb

イブラの相棒、LAギャラクシーのノルウェー代表FWカマラが今季昇格の中国クラブへ完全移籍

中国スーパーリーグの深セン市足球倶楽部は28日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーからノルウェー代表FWオラ・カマラ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 カマラは、スターベクやヘーネフォス、ストレームスゴトセトなどノルウェークラブでプレー。その後は、オーストリアのSVリート、ドイツの1860ミュンヘンでプレー。2014年1月にオーストリア・ウィーンに完全移籍した。 その後、モルデへのレンタル移籍を経験すると、2016年2月にはMLSのコロンバス・クルーへと完全移籍。2018年1月からロサンゼルス・ギャラクシーでプレー。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチと2トップを組むなど活躍。MLSで31試合に出場し14ゴール4アシストを記録していた。 カマラは、ノルウェーのエリテセリエン(ノルウェー1部リーグ)で通算149試合に出場し58ゴール18アシストを記録。MLSでは90試合で48ゴール11アシスト、オーストリア・ブンデスリーガでは23試合で2ゴール4アシストを記録。また、ヨーロッパリーグにも6試合出場し1ゴールを記録していた。 世代別のノルウェー代表を経験したカマラは、2013年10月にノルウェー代表デビュー。その後はケガなどもあり未招集の時期が続いたが、2017年に復帰していた。代表通算13試合出場6ゴールを記録している。 深セン市足球倶楽部は、今シーズンから中国スーパーリーグに昇格。今冬には、サンテチェンヌからセネガル代表DFシェイフ・エムベング、ノルウェー代表MFオル・セルナエスも獲得している。 2019.02.28 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ジュゼッペ・ロッシ、LAギャラクシー加入へ

元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシ(32)が、ロサンゼルス・ギャラクシー移籍に近づいているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事をもとに伝えている。 ビジャレアルやフィオレンティーナで活躍したストライカーのロッシは、度重なる大ケガを乗り越え、2017年12月にジェノアにフリーで加入。昨季はセリエAで9試合に出場し1ゴールを記録したが、シーズン終了後にジェノアを退団。その後は無所属の状態が続いている。 そんなロッシに手を差し伸べたのが、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチも所属するLAギャラクシーだ。伝えられるところによると、すでに両者は話し合いを進めており、正式契約一歩手前まで迫っているという。 元イタリア代表のロッシだが、ルーツはアメリカにある。ニュージャージー州で生まれ育ち、4歳の頃、父の影響でサッカーを始めたのもアメリカだった。 先月には、古巣マンチェスター・ユナイテッドのトレーニング参加が話題となった同選手だが、生まれ故郷のアメリカで再起を図ろうとしている。 2019.02.27 15:38 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース