超ワールドサッカー

L・エンリケ監督、イングランドに敗戦も「ハーフタイムの私は素晴らしかった」2018.10.16 14:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、敗戦を受け止めつつも一定の満足感を示している。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽スペインは15日、UEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4のイングランド代表戦に臨み、2-3で敗北。勝てばグループ突破が決まる重要な一戦だったが、前半だけで3失点を喫し後半の猛攻も2点を返すに留まった。

▽とはいえ、ハーフタイム中にチームを引き締め直し、あと一歩のところまで追い上げたL・エンリケ監督は、それほどネガティブにはなっていないようだ。試合後の会見で語った。

「前半は非常に悪かった。私たちはそれを受け止めなければならない」

「私たちは出遅れ、プレッシャーに対処せず、彼ら(イングランド代表)の最初の得点にやられた」

「個人レベルで多くのミスを犯した」

「私が言うのは間違っているが、ハーフタイムの私は素晴らしかった。プレーヤーたちを打ちのめすのは私にとって普通のことだ」

「私は何も変更せず、偉大なチームは全て苦しんでいると彼らに語った」

「彼らの態度から、蹴り飛ばすことや批判、3枚替えがこのチームには必要ないと理解したんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

伏兵イェドバイの2発などでクロアチアがスペインに劇的勝利! 準決勝進出の望みをつなぐ《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4、クロアチア代表vsスペイン代表が15日に行われ、3-2でクロアチアが勝利した。 ▽先月行われたUNL2戦目のイングランド代表戦を0-0と引き分けた最下位クロアチア(勝ち点1)は、リーグBへの降格が迫る中、モドリッチやラキティッチ、ブロゾビッチといった主力を先発で起用した。 ▽一方、先月行われたUNL3戦目のイングランド代表戦を2-3と敗れた首位スペイン(勝ち点6)は、この試合を勝利すれば準決勝進出となる中、セルヒオ・ラモスやブスケッツ、ルイス・エンリケ体制初招集となったジョルディ・アルバらが先発となった。 ▽[4-3-3]を採用したクロアチアはGKにロヴレン・カリニッチ、4バックに右からヴルサリコ、ロブレン、ヴィダ、イェドバイ、中盤アンカーにブロゾビッチ、インサイドにモドリッチとラキティッチ、3トップに右からクラマリッチ、レビッチ、ペリシッチと並べた。 ▽一方のスペインも[4-3-3]を採用。GKにデ・ヘア、4バックに右からセルジ・ロベルト、セルヒオ・ラモス、イニゴ・マルティネス、ジョルディ・アルバ、中盤アンカーにブスケッツ、インサイドにサウールとダニ・セバージョス、3トップに右からロドリゴ、アスパス、イスコと並べた。 ▽スペインがボールを持つ展開となった一戦は6分、まずはクロアチアがゴールに迫る。ロングフィードに抜け出したペリシッチがボックス左から左ポスト直撃のシュートを浴びせた。 ▽その後は自陣に引くクロアチアに対し、スペインがポゼッションする展開となるも、互いにシュートシーンは生み出せず、時間だけが経過していく。そんな中、前半終盤の45分、モドリッチのミスパスをカットしたイスコがボックス手前中央からミドルシュート。強烈だったが、GKカリニッチにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、54分にクロアチアが先制する。セルジ・ロベルトのミスパスをペリシッチがカットすると、ボックス左でルーズボールを拾ったクラマリッチがGKとの一対一を制した。 ▽しかし56分、スペインがすかさず追いつく。アスパスのスルーパスをボックス左で受けたイスコの折り返しをダニ・セバージョスが押し込んだ。 ▽61分にロドリゴに代えてアセンシオを投入したスペインはその直後、右クロスのルーズボールをゴールエリア右のアスパスがプッシュ。しかしバーを掠めて枠を外れた。 ▽劣勢のクロアチアはラキティッチに代えてヴラシッチを投入。すると直後の左CKから勝ち越した。69分、ショートコーナーを使ってモドリッチが右足で上げたクロスをファーサイドのイェドバイが頭で押し込んだ。 ▽さらに72分、レビッチがディフェンスライン裏を取って独走。3点目のチャンスだったが、GKとの一対一をデ・ヘアのビッグセーブに阻まれてしまう。 ▽1点を追うスペインはサウールに代えてスソを投入。75分にはそのスソのスルーパスを受けたセルジ・ロベルトのシュートがGKカリニッチを強襲。ルーズボールをゴールエリア左のモラタがヘッドで押し込みにかかるも、ゴールライン前のDFにブロックされた。 ▽それでも直後、ジョルディ・アルバのクロスがボックス内のヴルサリコのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをセルヒオ・ラモスがゴール左に決めて再び試合を振り出しに戻した。 ▽終盤にかけてもオープンな展開が続く中、追加タイム3分にドラマが待っていた。ボックス左からブレカロの放ったシュートがGKデ・ヘアを強襲すると、ルーズボールをボックス右のイェドバイが詰めた。伏兵イェドバイの2ゴールでクロアチアが劇的勝利を飾り、初白星としてリーグA首位に望みを繋いだ。 ▽一方、2連敗となったスペインは、最終戦でイングランドvsクロアチアが引き分けに終わらなければ準決勝進出は果たせない状況となった。 2018.11.16 06:48 Fri
twitterfacebook
thumb

国際プロ選手会が欧州スーパーリーグ構想に反対「スモールクラブが存続危機に」

▽国際プロサッカー選手会(FIFPro)が、欧州スーパーリーグ構想を巡り警告を発している。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽今月、暴露サイト『フットボール・リークス』のリークを基にドイツ『シュピーゲル』が進行中であることを伝えた、欧州スーパーリーグ構想。レアル・マドリーやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バイエルンなど、主要リーグのエリートクラブを中心とした16クラブが、2021年からの実現で合意に至ったことが報じられていた。 ▽もし現実のものとなれば、チャンピオンズリーグ(CL)が大会として成り立たなくなり、各国リーグも沈没するといったデメリットが危惧される一方で、主要クラブに莫大な利益が集まり、新たなメガコンテンツになることが予想されるなど、確実にサッカー界全体を揺るがす構想だ。 ▽これに関して、危機感を訴える立場である国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、「欧州スーパーリーグに参加した選手をワールドカップ(W杯)など国別代表から締め出す可能性がある」とけん制。構想そのものを排除したい意思を明確に示した。 ▽また、各国のプロサッカー選手を保護する立場にあるFIFProも、「トップクラブや各コンペティションは業界全体に責任を負っていることを認識すべき」、「スモールクラブやリーグが経済的な存続危機に瀕しており、各コンペティションの競争力も薄れつつある。数百万人のファンや数千人の選手たちに影響を与える、サッカー界の存続にとっても重大な問題だ」と反対意思を表明した。 ▽その一方で、インファンティーノ会長の主張に対しては、「それでも、私たちは選手たちが母国を代表することが出来るよう、権利を守る」と、「待った」をかけている。 2018.11.14 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスに過激批判集まる…「殺戮者、チンピラ、刑務所に入れろ」

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、過激な批判を受けている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽セルヒオ・ラモスは、7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループG第4節ビクトリア・プルゼニ戦に先発出場。負傷者が続出しているディフェンスラインでリーダーシップを発揮し、5-0での快勝に貢献した。 ▽しかし、その試合では17分にセルヒオ・ラモスと競り合ったプルゼニFWミラン・ハヴェルが大量に出血。セルヒオ・ラモスの肘が顔面に直撃する様子がカメラに収められており、物議を醸している。 ▽『マルカ』によると、メキシコのTVやアルゼンチンのタブロイド紙といったメディアに加え、元イングランド代表FWクリス・サットン氏がかなり過激にセルヒオ・ラモスを批判。「殺戮者」、「刑務所に入れろ」、「チンピラ」といった表現で非難されている。 ▽セルヒオ・ラモスは、昨シーズンにCL決勝でリバプールと戦った際にも、相手エースFWモハメド・サラーと交錯。サラーは負傷交代を強いられた。セルヒオ・ラモスはその時も今回も「意図的でない」と主張しているが、付いてしまった悪いイメージを拭うには相応の期間を要しそうだ。 2018.11.10 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

確執は無かった? L・エンリケ、ジョルディ・アルバ選出を語る

▽スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、バルセロナに所属するジョルディ・アルバの選出について語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽バルセロナで高いレベルのプレーを継続しているJ・アルバ。スペイン代表でも主軸を担っていたが、ロシア・ワールドカップ(W杯)後に指揮官に就任したルイス・エンリケ監督からは招集されず、同監督とのバルセロナ指揮官時代から続く確執が噂されていた。 ▽しかし8日、ルイス・エンリケ監督はJ・アルバをついに招集。そのことについて、以下のように語っている。 「私は、世論や大衆に騒ぎ立てられて決定を下すつもりはない」 「意思決定は明確でなければいけないし、彼(ジョルディ・アルバ)の復帰が代表チームにとってベストなことだと私が思った」 「以前のスカッドもリスペクトしていて、何も変わらない。どんな選手とも何の問題もないし、私はそれを示している」 「こういった決定に影響する多くの要素があるんだ。現在の調子、クラブでの統計やチームメイト…」 「同意しない人が大勢いることを知っていながらも、私たちは決定し続ける。一貫したやり方でね」 「彼はカピタンの1人だし、ジョルディ・アルバに修正の必要がある部分は存在しない」 ▽スペインは、15日にクロアチア代表とアウェーでUEFAネーションズリーグ(UNL)を戦い、18日にホームでボスニア・ヘルツェゴビナと国際親善試合を戦う。 2018.11.09 18:50 Fri
twitterfacebook
thumb

マタ、ユナイテッド最優先! 延長オファーを待つ

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタ(30)が、契約延長オファーを待ち続けているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽先月6日に行われたプレミアリーグ第8節ニューカッスル戦では0-2の状態から反撃の狼煙となる直接FKを突き刺し、3-2での逆転勝利に貢献。さらに、今月7日のチャンピオンズリーグ(CL)グループH第4節ユベントス戦でも、0-1の状況から途中出場して直接FKを沈め、クラブを2-1の逆転勝利に導いた。 ▽上記だけでも2度に渡りジョゼ・モウリーニョ監督を救っているマタだが、『デイリー・メール』によるとユナイテッドは契約延長の打診をしていない。現行契約は来年夏までとなっており、フリー移籍の可能性も浮上している。 ▽マタに関しては、古巣バレンシアを2008〜2011年に指揮していた現アーセナル指揮官のウナイ・エメリ監督が注視。その他にも、スペインの複数のクラブが興味を示していることが報じられている。 ▽それでも、マタはユナイテッドからの契約延長の打診を待っている模様。残りの契約期間は約8か月となっており、来年1月には国外クラブと交渉を行うことが可能だ。しかし、もし延長が叶わなかった場合にはプレミアに留まり、ライバルチームへ行くことが予想されている。 2018.11.09 17:50 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース