「あなたは世界最高の選手ですか」→アザール「イエス」2018.10.12 08:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのベルギー代表FWエデン・アザール(27)が、去就に関する質問に応じた。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽今夏、レアル・マドリーへの移籍が騒がれたもののチェルシーに残留したアザール。シーズンが始まると去就報道は徐々に沈下していったが、先日にマドリーへの憧れを公然と口にしたことで再び紙面を賑わせている。

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)に臨むベルギー代表に選出されたアザールは、記者会見の場で「来年1月の移籍を望むか」と尋ねられ、まずは否定した。

「ノー」

▽しかし、「バロンドールへの欲がスペイン行き希望に繋がるのではないか」と指摘されると、その野望を認めている。

「そうかもね。それ(バロンドール)が僕が行きたがる理由だ」

▽また、「あなたが世界最高のフットボーラーなのでは? 」という問いかけに対しては、肯定しつつも更なる上昇を求めていると語った。

「イエス。だけど、フットボールでは常に向上が可能だ。もっとゴールやアシストを増やすことでね」

▽ベルギーは、12日にUNLスイス代表戦に、16日に国際親善試合オランダ代表戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

もう限界…ミランがバカヨコを今冬にチェルシーへ突き返す?

▽ミランはチェルシーから1年間のレンタル移籍で加入しているフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(24)をわずか半年でロンドンに送り返すことを決めたようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽昨夏、モナコから鳴り物入りでチェルシーに加入したバカヨコだが、度重なるケガや攻守両面における集中力の欠如が顕著で期待外れの1年目を過ごした。また、マウリツィオ・サッリ新監督の下で今夏にイタリア代表MFジョルジーニョ、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチを獲得したクラブは構想外となったフランス代表MFをミランに1年間の武者修行に出した。 ▽しかし、チェルシーのアントニオ・コンテ前監督、サッリ監督とイタリア人戦術家を悩ませてきたバカヨコの戦術理解度の乏しさはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の下でも健在。ここまで公式戦8試合に出場も度重なるポジショニングミスや判断ミスで低調なパフォーマンスに終始している。 ▽ガットゥーゾ監督は先日、「戦術をまだ頭の中に叩き込むことができていない。それは明らかに私のミスだ。彼はここで2ヶ月プレーしてきたが、我々はまだ彼に動き方を理解させることができていない」と同選手を擁護した。しかし、クラブは厳しいセリエAトップ4争いの中で、手がかかる同選手をこれ以上手厚く指導していくことを放棄するようだ。 2018.10.15 19:53 Mon
twitterfacebook
thumb

サッリ監督、愛弟子イグアインへの未練隠さず「彼が恋しい」

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督はナポリ時代の教え子であり、今夏に獲得を逃したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインへの未練を引きずっているようだ。同監督が『コッリエレ・デッロ・スポルト』で語った。 ▽ナポリ時代の2015-16シーズンにサッリ監督の下でセリエA36ゴールを記録し、得点王に輝いたイグアイン。その翌年にユベントスに旅立った同選手だが、今夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの電撃加入に伴い、クラブを追われることに。そして、有力な新天地には恩師サッリ監督が新指揮官を務めるチェルシーと思われたが、最終的にミランへの移籍を決断した。 ▽サッリ監督はその教え子に関して今でも未練を感じていることを認めている。 「私はあまり深く考えずに時折間違ったことを口に出してしまう。だから、ゴンサロに関してはあまりに早くナポリを出てしまったとだけしか言えない。恐らく、彼が翌シーズンも残っていれば、我々はスクデットを獲得する状態を整えられたと思う」 「イグアインは我々が作り出した素晴らしいメカニズムの一部だったし、互いをよく理解し合っていた。それは完璧な同調性であったと思うし、後悔は我々の中で強く残っている」 「イグアインの獲得を逃したのは残念だ。彼が恋しいよ。彼は死ぬまでゴールを決め続ける、ゴールマシーンだからね」 2018.10.15 16:11 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ラムジー代役にRLC獲得か

▽アーセナルが、チェルシーのイングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(22)に興味を示しているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えている。 ▽チェルシーのロフタス=チークは各世代のイングランド代表経験のある逸材。昨年A代表でもデビューを果たし、ロシア・ワールドカップでは4試合に出場した。しかし、今季チェルシーに就任したマウリツィオ・サッリ監督の下では難しいシーズンを過ごしている。リーグ戦ではここまで2試合の出場にとどまっており、先発出場はヨーロッパリーグでの1試合のみ。公式戦全体で見ても3試合しか出場機会を得られていない。 ▽そこに目を付けたのがアーセナルだ。同クラブは、今シーズン限りで契約満了を迎えるウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)が今冬の移籍市場で新天地を求める可能性が高く、その代役を探しているとされている。 ▽ロフタス=チーク本人も、なかなかチェルシーのトップチームに定着できない現状に不満を抱えているようで、昨季クリスタル・パレスにレンタルしたように、出場機会を求めて移籍を望む可能性は低くない。なお、同選手にはアーセナルの他、エバートンやクリスタル・パレスも関心を持っているようだ。 2018.10.15 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

中盤若手構成のアトレティコがベテランMFセスクを注視!

▽アトレティコ・マドリーが、チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)を注視しているようだ。イギリス『ミラー』の情報を基に、スペイン『アス』が報じた。 ▽チェルシーとの契約が今シーズン限りで満了となるセスク。依然として延長合意は報じられておらず、その去就に注目が集まっている。 ▽記事によると、アトレティコがマウリツィオ・サッリ新体制下でプレー機会を減少させているセスクに注視。ケガで出遅れた影響もあるとはいえ、今シーズンの出場が公式戦4試合に留まっているクリエイティブなミッドフィルダーに、ベテランとしての役割を期待しているそうだ。 ▽アトレティコからは今夏にMFガビが退団。中盤はMFロドリゴ・エルナンデス(22)、MFトーマス・パルティ(22)、サウール・ニゲス(23)、MFコケ(26)らリーガ屈指の若手構成になっており、経験豊かな選手を加えたがっている。 ▽先日、セスクは自身の去就について、「クラブからは何もないけど、僕はこの先もここにいたい」とチェルシー残留を希望したが、「クラブ次第だけど」とも発言。アトレティコに移り、FWジエゴ・コスタと再タッグを組む可能性もゼロではなさそうだ。 2018.10.14 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグここまでのパス総本数は? シティを抑えてあのチームがトップに

▽プレミアリーグがツイッターで今シーズンのここまでの各チームごとのパス総本数トップ5を発表した。 ▽5位は「4329」本でマンチェスター・ユナイテッド。4位は「4398」本でトッテナム。3位は「4772」本でリバプール。2位は「5639」本でマンチェスター・シティ。そして1位は「5728」本でチェルシーとなった。 ▽意外な結果ではないだろうか。例年であれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、流動的なフットボールや個人技の融合でチームでも個でも相手を圧倒してきたシティが他の追随を許さない最多のパス本数を記録してきた。事実、昨シーズンの4月のスウォンジー戦では1015本のパスを通し、リーグ史上初めて1000本超えを達成した。 ▽しかし今シーズン、そのペップ・シティを凌ぐパスサッカーを展開しているのがチェルシーだ。新たに就任した前ナポリ監督のマウリツィオ・サッリ氏は、同じくナポリから加入したイタリア代表MFジョルジーニョを中心としたパスサッカーを瞬く間に浸透させチームをガラリと変貌させた。ジョルジーニョはプレミア初挑戦にもかかわらず、第6節のウェストハム戦で180本のパスを成功させ、『Opta』が統計を始めた2003-04シーズン以降ではリーグ最多のパス本数を記録した。ちなみに、これまで最多記録を保持していたのはシティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンで174本。その相手はチェルシーだった。 ▽チェルシーの変貌ぶりは結果にも表れており、第8節を終了した時点で6勝2分け。稀に見る好スタートで、シティとリバプールと同勝ち点で並んでいる。また、公式戦全体に目を向けてもリーグ戦の2分け以外で全勝。EFLカップではリバプールを下している。サッリ監督の下、確かな強さを身に付けつつあるチェルシー。この強さは本物か否か…。 ◆プレミアリーグパス総本数TOP5※第8節終了時点 5,728 - チェルシー 5,639 - マンチェスター・シティ 4,772 - リバプール 4,398 - トッテナム 4,329 - マンチェスター・ユナイテッド 2018.10.14 00:08 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース