「あなたは世界最高の選手ですか」→アザール「イエス」2018.10.12 08:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのベルギー代表FWエデン・アザール(27)が、去就に関する質問に応じた。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽今夏、レアル・マドリーへの移籍が騒がれたもののチェルシーに残留したアザール。シーズンが始まると去就報道は徐々に沈下していったが、先日にマドリーへの憧れを公然と口にしたことで再び紙面を賑わせている。

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)に臨むベルギー代表に選出されたアザールは、記者会見の場で「来年1月の移籍を望むか」と尋ねられ、まずは否定した。

「ノー」

▽しかし、「バロンドールへの欲がスペイン行き希望に繋がるのではないか」と指摘されると、その野望を認めている。

「そうかもね。それ(バロンドール)が僕が行きたがる理由だ」

▽また、「あなたが世界最高のフットボーラーなのでは? 」という問いかけに対しては、肯定しつつも更なる上昇を求めていると語った。

「イエス。だけど、フットボールでは常に向上が可能だ。もっとゴールやアシストを増やすことでね」

▽ベルギーは、12日にUNLスイス代表戦に、16日に国際親善試合オランダ代表戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョがスパイ探し! チェルシー戦の先発情報漏洩で

▽マンチェスター・ユナイテッドの指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督が先発メンバーの漏洩に苛まれていることが判明した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽対象となる試合は、20日に敵地で行われたプレミアリーグ第9節のチェルシー戦(2-2のドロー)。その試合当日の朝、人選者のモウリーニョ監督自らが何者かの手により、6試合先発のなかったスペイン代表MFフアン・マタを含むスターティングメンバーの情報がSNSで拡散されていることに気づいたという。 ▽そういった試合前のスタメン情報の漏洩は、9月29日に行われたプレミアリーグ第7節のウェストハム戦でも起こっており、今回で2度目。選手や一部スタッフしか知り得ない情報が世間に出回る現状に不信感を募らせたモウリーニョ監督は、漏洩の経路を解明すべく、遂に内部調査に動く模様だ。 ▽なお、先月に日本でも似た問題が起こったばかり。ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの欠場情報を試合前に流失させたとして、DF高橋峻希にクラブから1カ月の自宅謹慎処分が科されている。 2018.10.22 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アザールにケガ疑惑…EL出場微妙に

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールがケガした。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽アザールは20日に行われたプレミアリーグ第9節のマンチェスター・ユナイテッド戦(2-2のドロー)に先発。3試合連発とはならなかったが、最後までピッチに立ち続け、随所で存在感を際立たせた。 ▽だが、そのアザールに数試合欠場の恐れ。ユナイテッドのイングランド代表MFアシュリー・ヤングと交錯時に背中を痛め、翌日も痛みにより、動きの制限を余儀なくされている状況だという。 ▽そのため、チェルシーは25日にホームで行われるヨーロッパリーグ(EL)のBATEボリソフ、28日にアウェイで行われプレミアリーグ第10節のバーンリー戦での起用を見送る可能性がある模様だ。 2018.10.22 10:25 Mon
twitterfacebook
thumb

サッリ、チェルシー陣営にモウリーニョへのリスペクトを呼びかけ

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督に敬意を表している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽チェルシーは20日、プレミアリーグ第9節のユナイテッド戦に臨み、2-2で引き分けた。1-2のビハインドで後半ATに突入したチェルシーだったが、イングランド代表MFロス・バークリーが劇的な同点弾を叩き込み勝ち点1を獲得。しかし、その際にチェルシーアシスタントコーチのマルコ・イアニ氏が敵陣営のエリアまで飛び出してモウリーニョ監督を挑発したことが物議を醸している。 ▽モウリーニョ監督が激昂したことで両軍入り乱れる騒動にも発展したが、試合後には当事者のイアニ氏が同監督に直接謝罪。モウリーニョ監督が水に流す姿勢を示したことで、この一件は一段落した。 ▽インタビューに応じたサッリ監督は、チェルシー側の人間がモウリーニョ監督に敬意を示すべきだと改めて語っている。 「そうだ。(ジョゼ・)モウリーニョはここで勝ってきた。だから私たち(チェルシー陣営)は彼をリスペクトする必要がある。クラブのためにトロフィーを獲得した全ての人物に対しても同様だ」 ▽モウリーニョ監督は、2004年から2007年と、2013年から2015年かけての2度に渡ってチェルシーを指揮。その間にプレミアリーグ3回、FAカップ1回、リーグカップ3回、コミュニティ・シールド1回の優勝を、チェルシーにもたらした。 2018.10.22 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ダビド・ルイスがユナイテッドに苦言…「前半、僕らだけがプレー」

▽チェルシーに所属するブラジル代表DFダビド・ルイスが20日のプレミアリーグ第9節で対戦したマンチェスター・ユナイテッドの戦い方に苦言を呈した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽前半に1点を先取したチェルシーだが、後半にフランス代表FWアントニー・マルシャルの2発を浴び、たちまち追う展開に。それでも、後半アディショナルタイム6分にイングランド代表MFロス・バークリーの劇的弾が生まれ、何とか勝ち点1をもぎ取り、開幕から続く無敗を継続した。 ▽センターバックの一角でフル出場したダビド・ルイスは試合後、次のように振り返り、かつてチェルシー時代に師弟関係を築いたジョゼ・モウリーニョ監督のディフェンシブなスタイルに噛み付いた。 「キックオフから勝利を目指した試合だった。僕らはボールを支配して試合の主導権を握り、チャンスも作った。逆に、彼らは守備に重きを置いてカウンターばかりを狙う戦術だった」 「前半にフットボールをしたチームは僕らだけだったと思う。追加点を決めていれば試合を終わらせることができたかもしれないけど、プレミアリーグで勝つことは簡単じゃない」 「後半に入り、彼らに反撃のチャンスを与えて不運な失点も許し、彼らに自信を深めさせてしまった。でも、これぞプレミアリーグっていうぐらい素晴らしい試合だったと思う」 「僕らはもっと努力をし続けて、前に進んでいかなくちゃいけない」 2018.10.22 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーOBルート・フリット「アザールやウィリアンはモラタを信用していない」

▽元ルート・フリット氏が、現在のチェルシーについて言及している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽現役時代にチェルシーで引退し、晩年には選手兼監督を務めたこともあるフリット氏。外国人監督としてはクラブ史上初めてFAカップを獲得した元オランダ代表は、現在のチームの重鎮であるMFエデン・アザールとMFウィリアンがFWアルバロ・モラタを信用していないのではないかという見解を示している。 ▽モラタは昨夏にレアル・マドリーからスペイン人史上最高額ともいわれる移籍金でチェルシーに加入。昨季序盤こそコンスタントに得点していたが、ある時を境に得点力が激減。リーグ戦11ゴールにとどまり、本人は「謎のケガが原因」と語っていた。 ▽そして今季は第9節を終えた時点で2得点。フリット氏はこの現状について持論を展開した。 「彼のチームメイトは彼がゴールを取るための動きはしていない。最悪なのはウィリアンやアザールがいつもドリブルで仕掛けるしかないこと。なぜなら彼らはモラタを信用していないからだ」 「クロスを送ることもあるが、『モラタはどこにいるんだ?』と思うことがある。彼は必要な場所にいない。だから彼らは信用することができないんだ」 ▽20日に行われたプレミアリーグ第9節のマンチェスター・ユナイテッド戦でも、前半に一度決定機を外しているモラタ。イギリスメディアによると、チェルシーはインテルのFWマウロ・イカルディやミランのFWパトリック・クトローネを注視していると言われており、今後の動きに注目が集まるところ。同クラブもマウリツィオ・サッリはモラタについて「彼は“練習では”もっと上手」とコメントしており、試合でのパフォーマンスには満足していない様子だ。 2018.10.22 01:24 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース