マドリー、エスパニョールで活躍中のエルモソ買戻しを検討か2018.10.11 21:31 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーがエスパニョールのスペイン人DFマリオ・エルモソ(23)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。

▽マドリー・カスティージャ出身のエルモソはトップチームで試合に出ることなく2017年夏にエスパニョールに移籍を果たした。加入初年度こそ公式戦24試合の出場に留まったが、今シーズンはリーグ戦全試合にフル出場し2得点をマーク。リーグ戦5位に付けるチームの欠かせない存在になっている。

▽この活躍を続ければ移籍金が高騰する可能性が高いエルモソ。現在、クラブは同選手の契約解除金を4000万ユーロ(約50億円)に設定しているが、『アス』によれば、マドリーは750万ユーロ(約9億8000万円)で獲得する手段があるようだ。

▽エルモソは推定移籍金40万ユーロ(約5000万円)でマドリーからエスパニョールに移籍した。その際、1500万ユーロ(約19億円)の買い戻し条項が付随されていたのだが、マドリーが現在でも保有権を50%保有しているため、半額の750万ユーロ(約9億8000万円)で済むという。
コメント
関連ニュース
thumb

モドリッチが契約延長で合意! 夢はマドリーでの引退

レアル・マドリーとクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)が、契約延長で合意に達したようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2012年にトッテナムから加入して以降、エル・ブランコの絶対的な司令塔として活躍を続けるモドリッチ。しかし、昨夏にクラブとの確執やインテル移籍の可能性が伝えられると、ロシア・ワールカップ(W杯)での疲労からくるパフォーマンスの低下の影響もあり、今シーズン限りで退団する可能性も否定し切れないものとなっていた。 しかし、モドリッチはシーズンが進むにつれて徐々に復調。パフォーマンスに呼応する様にして、2020年までとなっている現行契約の延長に向けて交渉が開始されたことが、今月初めに報じられていた。 そして、今回の『マルカ』によれば、モドリッチとマドリーは2021年6月30日までの延長で合意。モドリッチは一貫して退団を考慮していなかったと伝えられているが、新契約を全うすれば36歳までクラブに残ることとなり、マドリッドを離れるという杞憂すら抱かせないものとなっている。 また、クラブとモドリッチは双方ともにサンティアゴ・ベルナベウでシャツを脱ぐ日を迎えることを夢見ているとのことだ。 2019.02.22 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイル、マドリー残留を決心か クラブは放出容認の姿勢

ウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)が、レアル・マドリー残留を決心したようだ。スペイン『アス』が報じた。 2013年夏にトッテナムからレアル・マドリーに移籍したベイル。ジネディーヌ・ジダン政権ではクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)、ベンゼマと共に“BBC”と呼ばれる強力な3トップを形成したほか、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝リバプール戦では圧巻のオーバーヘッドシュートを決めてみせた。 しかし、そんなベイルにも致命的な欠点があり、それは故障の多さだ。同選手は今シーズンだけでも既に4度の離脱を繰り返しており、マドリー加入以来では18回負傷。今シーズンの成績が公式戦30試合12ゴール5アシストと、FWベンゼマの39試合19ゴール7アシストに次ぐ数字であるとはいえ、常に不安の付きまとう選手となってしまっている。 また、昨シーズンまでのC・ロナウドとロッカールームを共にしていた期間、ベイルはクラブの主役になることが出来ず。昨夏には退団に向けて最大の高まりを見せ、マドリー側も金額次第で放出する姿勢を見せていたが、結局は残留。それでも、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーと言ったクラブからの関心は途切れずに現在まで伝えられている。 しかし、『アス』によると、クラブの放出を容認する構えは変わらないが、ベイル当人は残留を決心。プレミアリーグへの復帰に関心を払っておらず、2022年まで残す契約を全うしたがっているという。なお、『アス』はマドリーの技術部門と直接連絡を取り合っており、ベイルに近い人物から今回の情報がもたらされたとしている。 また、クラブはベイルと将来について話し合う場を未だ設けていない。ベイル自身もパフォーマンスを向上させなくてはならないことを理解しており、双方ともに現在の状態を変えることを考慮していないとのことだ。 2019.02.22 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセロ、今季限りの退団を考慮…クラブ幹部に通達

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)が、真剣に退団を検討しているようだ。スペイン『アス』が、ラジオ『Cope』の情報を基に報じた。 2007年1月に到着して以来、最も大きな危機に瀕しているマルセロ。「マドリーの冬加入選手といえばマルセロ」と語られる程、そのパフォーマンスは欠かせないものだったが、今シーズンは特に守備面での貢献が疑問視されており、若手DFレギロンに出場機会を譲る日々が続いている。 この現状に、主将DFセルヒオ・ラモスに次ぐ古株であり、多くのファンからの愛情を受けるマルセロの退団も、ついに現実味を帯びてきている。先日には「マドリーが僕を望まないなら退団するよ」と発言。同時にクラブへの愛情も口にしていたものの、ユベントス行きも囁かれており将来は危うい状況だ。 そして、今回の『アス』によると、マルセロはマドリーのディレクターを務めるホセ・アンヘル・サンチェス氏と18日に会談。批判に晒されていることに関する不満や、今シーズン終了後のマドリーでの未来について考える旨を伝えたとのことだ。 2019.02.20 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

スーペル・コパ、今年から4クラブ参戦へ!

スーペル・コパが、今年から新方式に変更されようとしているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 リーガエスパニョーラとコパ・デル・レイ王者が激突するスーペル・コパ。従来のホーム&アウェイ方式から一発勝負に変わった昨年度は、バルセロナがセビージャを2-1で下して通算最多13度目のタイトルを獲得した。 『マルカ』によると、今後の予定されている変更は拡大案だ。19日の記者会見に出席したスペインサッカー連盟(RFEF)のルイス・ルビアレス会長は、「次のスーペル・コパはスペイン国外で、ファイナル4によって行われる」と発言。その意図を具体的にした。 ファイナル4とは、コパ・デル・レイの決勝を戦った2クラブ、リーガ首位&2位の計4クラブを指す。それらのチームにより準決勝2試合と決勝1試合のトーナメントが行われ、雌雄を決することとなる。コパ・デル・レイとリーガで出場権を獲得したクラブが重複した際の繰り下げ方法には言及されていない。 なお、ルビアレス会長は以前、リーガエスパニョーラのレギュラーシーズンの試合を国外で行うという案に猛反対。スーペル・コパは短期間の大会であり、中立地で開催することのデメリットも小さいが、『マルカ』はルビアレス会長がリーガの海外開催に反対していたという事実を紹介し、皮肉を浴びせるような形で記事を締めている。 2019.02.20 16:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ピケ、マドリー批判の機会を逃さない! 今度はバスケ界も絡めて“口撃”

バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケが、またしてもレアル・マドリーへの“口撃”を仕掛けている。スペイン『マルカ』が伝えた。 スペイン国内では17日にコパ・デル・レイ決勝の“クラシコ”が勃発し、バルセロナが優勝。とはいってもこれは両クラブのバスケットボール部門による対戦だ。 この試合では、マドリーが93-92でリードしていた終了間際にゴールテンディングという反則が取られ、バルセロナが2点を獲得して逆転。そのまま終了の笛が鳴り、バルセロナが喚起に包まれた。しかし、試合後のマドリー陣はレフェリーの判定に激怒。誤審があったとしてリーグからの撤退もちらつかせ、スペイン国内を騒がせている。 とはいえ、バスケット界で憤怒するマドリーは、その前週にサッカー界では逆に批判を浴びていた。9日にワンダ・メトロポリターノで行われていたリーガエスパニョーラ第23節アトレティコ・マドリー戦での3-1の勝利に関して、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による有利な判定が下されたとの疑惑が生じているためだ。 この一連の流れに関して、マドリーとのライバル関係を強く意識するピケがまたしても反応。以下のように皮肉を浴びせている。 「エスタディオ・ワンダ・メトロポリターノに行って、そこであれが起こってから暫く彼ら(レアル・マドリー)は大人しくしている」 「彼らがハンドボールやホッケーみたいな別のスポーツ部門を作らないのは良いことだ。きっと彼らはそこでも文句を垂れるからね」 「もしレフェリーが全くミスしなくても、(バスケットで)バルセロナが勝ってただろう」 「残りは全て、バルセロナが王者に輝いたということに蓋をするための雑音に過ぎない」 2019.02.20 14:55 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース