元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソが現役引退! ボカやインテル、ローマで活躍2018.10.10 22:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソ(37)が10日、自身の公式『インスタグラム(@nicolasburdisso_official)』で現役引退を発表した。

▽昨シーズン限りでトリノを退団したブルディッソには、先日に第3センターバックのルーマニア代表DFヴラド・キリケシュがヒザ前十字じん帯断裂で長期離脱を強いられていたナポリが関心を示していたが、同選手は最終的にスパイクを脱ぐ決断をした。

▽1999年10月10日にボカ・ジュニアーズで18歳でのプロデビューを飾ったブルディッソは、ちょうどそれから19年後の2018年10月10日に、ボカ・ジュニアーズとアルゼンチン代表のアイドル、ディエゴ・マラドーナ氏と抱擁している写真と共に現役引退のコメントを発表した。

「デビュー19周年を迎えたこの日にフットボーラーとしての自分の冒険が終わりを迎えたことを発表する」

「この道を自分と共に歩み続けてくれた神、家族、チーム、プレーヤー、コーチ。とりわけ、ファンたちに感謝の気持ちを伝えたい」

「フットボールは自分を毎日、幸せにし人間として成長させてくれる大事なツールだった。それは今後も続いていくと思う。今は本当に誇り高く満ち足りた気持ちなんだ。僕は子供の頃に夢見たすべてを叶えることができたんだ」

▽1999年に南米屈指の名将カルロス・ビアンチ監督の下、母国の名門ボカ・ジュニアーズでプロキャリアをスタートしたブルディッソは、2004年にインテルに完全移籍で加入。

▽しかし、“カルチョポリ”の影響もあってセリエA5連覇の黄金期を過ごしたインテルでは思うように出場機会を得られず、2009年にローマへレンタル移籍で加入。その後、完全移籍を果たした同選手は2014年まで主力として活躍。そして、ジェノアを経て昨年からトリノでプレーしていた。

▽前述のインテル時代に4度のセリエA制覇に2度のコッパ・イタリア制覇、ボカ・ジュニアーズ時代に2度のアルゼンチンリーグ制覇、2度のトヨタカップ制覇など、クラブキャリアを通じて多くのタイトルを獲得してきた。

▽2003年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)、2010年南アフリカW杯の2大会に出場するなど、通算49試合に出場し2ゴールを記録。また、2001年のFIFA U-20W杯、2004年のアテネ・オリンピックと世代別代表時代に優勝を果たした。
コメント
関連ニュース
thumb

ハムシクが大連一方に正式加入! カラスコ、ガイタンらと同僚に

中国スーパーリーグの大連一方は19日、ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(31)の加入を正式発表した。 母国のスロヴァン・ブラチスラバでキャリアをスタートさせたハムシクは、2004年8月にブレシアU-19に入団。2005年3月にトップチームへと昇格した。 昇格直後のキエーボ戦でセリエAデビュー。チームはセリエBに降格したが、ハムシクは翌シーズンにレギュラーとしてプレー。40試合に出場し10ゴールを記録していた。 セリエBでの活躍が認められ、2007年6月にナポリへと移籍。5年契約を結ぶと、中盤のポジションながらゴールを量産。2008年には、イタリア人以外で初となる若手サッカー選手賞を受賞した。 その後もナポリのレギュラーとしてプレーを続けると、チームの象徴的な存在に。モヒカンという奇抜な髪型もさることながら、実績でも注目を集めていた。 ナポリでは通算11シーズン半所属し、公式戦通算520試合に出場し121ゴール111アシストを記録。しかし、今シーズンはカルロ・アンチェロッティ監督の下でベンチに座ることが増え、ここまでセリエ Aで11試合に出場しノーゴール。チャンピオンズリーグでは6試合に出場し1ゴールを記録していた。 スロバキア代表としても世代別の代表を経験し、2007年2月にA代表デビュー。2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場し、チームのベスト16入りに貢献。代表通算110試合に出場し22ゴールを記録していた。 ハムシクの移籍には、ナポリと大連一方の間で契約条項や移籍金の支払いなどで問題が生じていたが、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が自身のツイッター(@ADeLaurentiis)で移籍が決定したと明かしていた。 2019.02.18 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸に新たな外国人が…ポルトガル・ヴィトーリアがブラジル人DFダンクレールの移籍を発表

ポルトガルのヴィトーリアは16日、ブラジル人DFダンクレール(27)がヴィッセル神戸へと移籍することを発表した。 ヴィトーリアの発表によると、センターバックを務めるダンクレールに対し、神戸からオファーがあったものの、一度はそのオファーを拒否したとのこと。しかし、神戸が、ダンクレールの契約解除条項を満たすオファーを出したため、承諾する必要があったと説明している。 ダンクレールは、ブラジルのヴィトーリアやボタフォゴ、ジョウインヴィレでプレー。その後、ポルトガルのエストリル、フランスのRCランスでプレーし、2018年8月にヴィトーリアへと加入。今シーズンはポルトガル・プリメイラリーガで17試合に出場していた。 神戸にはDF那須大亮、DF渡部博文、DF宮大樹、DF大崎玲央、DF小林友希とセンターバックが所属。ダンクラーが加入となれば、再び競争が激しくなる。 [写真はボタフォゴ時代(2014年)] 2019.02.17 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネがアトレティコと2022年まで契約延長!

アトレティコ・マドリーは14日、ディエゴ・シメオネ監督(48)と2022年6月まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 インテルやマンチェスター・ユナイテッドなどの新監督候補に挙がっていると噂されていたシメオネ監督は、2011年12月からアトレティコを指揮。これまで公式戦412試合を指揮し、リーガエスパニョーラとコパ・デル・レイをそれぞれ1度優勝に導き、ヨーロッパリーグを2度優勝させ、チャンピオンズリーグ(CL)では2度準優勝させるなど、チームをタイトル争いに定着させた。 そして今シーズンはリーガエスパニョーラで3位に付け、首位のバルセロナを7ポイント差で追い、CLではベスト16に進出している。 2019.02.15 01:39 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオのイングランド人MFモリソンがスウェーデンのエステルスンドに移籍

ラツィオは14日、イングランド人MFラヴェル・モリソン(26)がスウェーデンのエステルスンドに移籍したことを発表した。 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー出身である攻撃的MFのモリソンは、2010年10月にユナイテッドでプロデビュー。その後、2012年1月にウェストハムへ移籍した後、バーミンガムやQPRにレンタルに出されていた。そして、2015年7月からラツィオでプレー。しかし、ラツィオでは出場機会を得られず、昨季はメキシコのアトラスにレンタルに出されていた。 2019.02.15 01:20 Fri
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、“問題児”FWカイウビーをグラスホッパーへレンタル

アウグスブルクは14日、ブラジル人FWカイウビー(30)を今季終了までスイスのグラスホッパーへレンタル移籍させたことを発表した。 2014年2月にインゴルシュタットからアウクスブルク入りしたカイウビーは、これまで在籍5年間で公式戦113試合に出場し13ゴール17アシストを記録。しかし、近年はリハビリと称して母国へ無断帰国したり、音信不通の状況が数日間にわたって続いた末に夏季キャンプの参加を見合わせるなど問題行動を起こしていた。 アウグスブルクのスポーツディレクター(SD)を務めるシュテファン・ロイター氏は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「我々はカイウビーにアウクスブルクでは将来がないことを明かした。そして、我々はカイウビーをグラスホッパーへレンタルすることが、すべての当事者にとって良い解決策だと思い決断した」 2019.02.15 00:41 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース