不満示唆するSNSの投稿が物議も…ビダル、釈明「問題があれば、本人に直接言いにいく」2018.10.09 12:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの投稿がスペイン国内で憶測を呼んでいるようだ。▽ビダルは今夏バイエルンからバルセロナに加入。しかし、今シーズンここまで公式戦9試合に出場しているものの、先発は2試合にとどまっている。

▽そんなビダルは3日、ウェンブリースタジアムで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループB第2節トッテナム戦でもベンチスタートとなったことでインスタグラム(kingarturo23oficial)のストーリーで怒り顔の絵文字を投稿。さらに、出場機会がなかった7日のリーガエスパニョーラ第8節のバレンシア戦後には「ユダ(裏切者)たちとは争わない。彼らは勝手に死んでいく」と投稿していた。

▽バレンシア戦後の投稿はすぐに削除されたが、これらがチームへの不満に対するものではないかと物議も醸している。しかし、自身は今回チームに対するものではないと釈明。「問題を抱えていれば、本人に直接言いにいく」とイギリス『Four Four Two』に語っている。

「今の状況は幸せではないけど、監督との問題を抱えているのであれば、僕は直接言いに行くよ」

「僕はこれまでも世界トップクラスのチームで常に戦い、勝利してきた。そしてバルセロナでも成功を手にし続けていきたいと思っているんだ」

「フィジカル的には良い状態でとても幸せだよ。ここ数試合の間は、少しストレスも抱えていた。でもこれから重要な試合がいくつもある。戦い続けるだけだと思っているよ」

「ユダに関する投稿はスポーツに何も関係ないものだ。多くの憶測を呼んでしまうのを止めるために、削除しただけだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、スアレス後継者にユナイテッドの10番に関心か

バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 バルセロナ不動のセンターFWとして活躍するウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、今シーズンもここまで公式戦33試合で16ゴールを記録している。しかし、直近8試合では1度しかゴールネットを揺らせず。パフォーマンス低下や32歳という年齢による衰えが見え始めている。 そのため、スペイン王者は後継者獲得を目指しており、真剣にラッシュフォードに関心を寄せている模様。しかし、同選手には契約解除金が設定されておらず、ユナイテッド側が移籍金を設定することが出来るため難しい交渉となる可能性が高い。 また、ユナイテッドはラッシュフォードをチームの主軸と考えている。もしバルセロナが同選手の獲得交渉を成功させたい場合には、1億ユーロ(約125億円)以上がかかるだろうと『ムンド・デポルティボ』は推測している。 ユナイテッド下部組織出身のラッシュフォードは、2015-16シーズンにトップチームデビュー。今シーズンから背番号「10」を背負い、ベルギー代表FWロメロ・ルカクとのポジション争いを制し、ここまでの公式戦32試合で10得点8アシストを記録している。 2019.02.22 14:56 Fri
twitterfacebook
thumb

リヨンDFがメッシとムバッペとの対戦を比較「最も難しい相手だったのは…」

リヨンのマルセロは、リオネル・メッシよりもキリアン・ムバッペとの対戦が難しいと明かした。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でメッシ擁するバルセロナとホームで対戦し、マルセロはリヨンのクリーンシートに貢献。この試合で世界最高と呼び声の高いアルゼンチン代表FWを黙らせたブラジル人DFだが、昨年10月の0-5で敗れたパリ・サンジェルマン戦ではムバッペ一人に4ゴールを許すなど苦戦を強いられた。<br><br>バルセロナとの一戦の後、『Goal』のインタビューでメッシとムバッペを比較したマルセロは、今シーズンにおいて20歳のフランス代表FWとの対戦がより難しいと言及した。<br><br>「僕が最近対戦したこの選手たちは最高のレベルだ。今シーズンのムバッペとの対戦で、彼は僕に多くの仕事を課した。スピード、ポジショニング、彼とのデュエル、ムバッペが最も難しい相手だ。火曜日のメッシは良くなかったね」<br><br>「すぐに世界最高の選手になるという大きな可能性がムバッペにあると思う。メッシやクリスティアーノ・ロナウドと比較するには良くする必要のある部分もあるけれど、とても速いスピードで進化している」<br><br>提供:goal.com 2019.02.22 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、スアレス獲得に動く可能性が浮上

マンチェスター・ユナイテッドが、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレス(32)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン方面の情報をもとにマンチェスター地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 スアレスは2014年にリバプールからバルセロナに加入以降、スペイン王者の絶対的ストライカーとして君臨。今シーズンもここまで公式戦33試合で16ゴールを記録している。 しかし、直近8試合では1度しかゴールネットを揺らせず。このパフォーマンス低下や32歳と年齢による衰えを考慮し始めなければならない時期に差し掛かっていることで、バルセロナは代替案を検討している事が各紙によって報じられている。 今回伝えられるところによれば、バルセロナは昨夏の時点で、スアレスの売却を検討していたという。ところが、FWリオネル・メッシがこれに抗議したことでスアレスは残留していたようだ。 だが、バルセロナは、このままスアレスのパフォーマンスが向上しなければ、売却することも避けられないと考えている模様。ユナイテッドはすでに接触しており、今夏にバルセロナが放出に踏み切った場合、獲得に動く可能性があるという。 しかしながら、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は、スアレスにとってユナイテッドは、かつてプレーしたリバプールのライバルクラブであり、当時、元フランス代表DFパトリス・エヴラに対する人種差別発言や握手拒否などで問題を起こした事から実現性は低いと指摘している。 2019.02.21 16:19 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサに朗報! 左ハムストリング損傷のアルトゥールがトレーニングを再開

バルセロナに所属するブラジル代表MFアルトゥールがトレーニングに復帰した。スペイン『マルカ』が伝えている。 アルトゥールは6日に行われたコパ・デル・レイ準決勝1stレグのレアル・マドリー戦でフル出場。しかしその後、左ハムストリングを損傷し、約1カ月の離脱になる見込みが伝えられていた。 その後、19日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントラウンド16・1stレグのリヨン戦を含め、計4試合を欠場したアルトゥールだが、すでにトレーニングを再開。右足ヒラメ筋損傷のオランダ代表GKイェスパー・シレッセンもいくつかのエクササイズに取り組んでいたようだ。 23日に行われるリーガエスパニョーラ第25節のセビージャ戦への出場の可能性については明かされていないアルトゥールだが、戦線復帰に向けて確実に前進している。 2019.02.21 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

元リヨンFW、古巣のタレントたちに言及「ビジネスになる。多くのクラブが彼らを…」

かつてセビージャやリヨンで活躍したFWフレデリック・カヌーテは、古巣の躍進に目を丸くしているようだ。『Goal』の独占インタビューで語った。<br><br>その古巣とはリヨンのこと。カヌーテはキャリアをリヨンでスタートさせたが、古巣は今シーズン、フェルランド・メンディ、タンギ・エンドンベレ、フセム・アワールといった若きタレントが躍動。国内リーグではパリ・サンジェルマンに黒星を付け、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ではバルセロナ相手に耐え抜き、初戦をスコアレスで終えている。<br><br>カヌーテは「すべての試合は見ていないが」と前置きしながら、各選手に対して評価を語る。<br><br>「メンディは本当にいいし、ダイナミックだね。彼が好きだよ。リヨンのユースはとてもやくやっているし、素晴らしい選手たちが生まれている。それはリヨンにとっていいビジネスになるだろう。エンドンベレもここ数試合を見たが、とても印象的だった。彼のクオリティやエネルギー、力強さは印象的だった。すべてを持っているが、まだ若い。すでに多くのクラブが興味を持っていると確信できる」<br><br>さらに、アワールについても「とても一流の選手だね。リーガ・エスパニョーラでいいプレーができるように思う。典型的なリーガの選手だよ。どのクラブも欲しがるだろう」とスペイン行きを予想した。<br><br>多くのタレントを擁し、今季の結果次第ではステップアップを果たしそうな新星たち。彼らが揃っている姿を見られるのは今季が最後になるかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.02.21 06:40 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース