熊谷紗希がFIFA女子最優秀選手賞候補に続いてノミネート入り《2018女子バロンドール》2018.10.09 04:51 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス『フランス・フットボール』は8日、2018女子バロンドールの候補者15名を選出した。その候補者にリヨンの日本代表DF熊谷紗希が選出されている。

▽熊谷は昨季、所属先のリヨンでチャンピオンズリーグ3連覇に貢献し、なでしこJAPANではアジアカップ優勝に貢献していた。

▽熊谷はFIFA選出のザ・ベストの女子最優秀選手賞候補者10名にも選出されていた。女子バロンドールの発表は12月3日に行われる。その他の候補者は以下の通り。

熊谷紗希(リヨン/日本)
ルーシー・ブロンズ(リヨン/イングランド)
アダ・ヘゲルベリ(リヨン/ノルウェー)
アマンディーヌ・アンリ(リヨン/フランス)
ジェニファー・マロジャン(リヨン/ドイツ)
アメル・マイリ(リヨン/フランス)
ワンディ・ルナール(リヨン/フランス)
ペルニール・ハーダー(ヴォルフスブルク/デンマーク)
フラン・カービー(チェルシー/イングランド)
マルタ(オーランド・プライド/ブラジル)
リーケ・マルテンス(バルセロナ/オランダ)
ミーガン・ラピノー(シアトル・レイン/アメリカ)
リンジー・ホラン(ポートランド・ソーンズ/アメリカ)
クリスティン・シンクレア(ポートランド・ソーンズ/カナダ)
サマンサ・カー(シカゴ・レッドスターズ/オーストラリア)

()内左から所属チーム、国籍

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこジャパンが11月にノルウェーと対戦…高倉麻子監督「またとない強化の場」

▽日本サッカー協会(JFA)は27日、なでしこジャパンが11月にノルウェー女子代表と対戦することを発表した。 ▽なでしこジャパンは、11月11日(日)に鳥取県の鳥取市営サッカー場 バードスタジアムでノルウェーと対戦する。試合は14時にキックオフ予定だ。 ▽ノルウェーは、6月のFIFAランキングで14位。過去に8度対戦し5勝3敗と勝ち越している相手。2019年の女子ワールドカップにも出場する。1995年の女子ワールドカップでは優勝、2000年のシドニー・オリンピックでも金メダルを獲得している。2015年に行われた女子ワールドカップではベスト16で敗退。リオ・デ・ジャネイロ・オリンピックでも予選で敗退している。 ▽ノルウェーとの対戦が決定したことについて、高倉麻子監督がJFAを通じてコメントしている。 「ノルウェー女子代表は1995年にFIFA女子ワールドカップで優勝し、2000年のシドニーオリンピックでは金メダルを獲得するなど、世界の女子サッカーを長く牽引してきたチームです。私が現役でプレーしていた頃は、当時のノルウェー代表の中心選手たちが日本のリーグに在籍していて、そのような縁のある強豪国との対戦が決まったことをとても嬉しく思います」 「チームには、FIFA年間女子最優秀選手にノミネートされたアダ・ヘゲルベリ選手という強烈なストライカーがいて、間違いなく私たちの守備陣を困らせる存在になることでしょう。来年の FIFA 女子ワールドカップ出場を決めている両国にとって、この試合はまたとない強化の場となります。この真剣勝負を多くの方に楽しんでいただきたく、ぜひバードスタジアムに足を運んでほしいと思います」 2018.09.27 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和レディース所属のなでしこジャパンMF北川ひかる、新潟レディースへ完全移籍

▽アルビレックス新潟レディースは19日、浦和レッズレディースから日本代表(なでしこジャパン)MF北川ひかる(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽JFAアカデミー福島出身の北川は、2015年4月に特別指定選手として浦和レディースに入団、2016年に早稲田大学進学中に同クラブに正式入団した。今シーズンはプレナスなでしこリーグ1部に8試合、プレナスなでしこリーグカップ1部に3試合出場していた。 ▽新潟レディースへの加入が決定した北川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆アルビレックス新潟レディース 「このたび、アルビレックス新潟レディースに加入することになりました北川ひかるです。北信越出身者として、このチームでプレーできることを嬉しく思います。そして、サッカーを通じた出会いに感謝します。自分自身のレベルアップと共にチームの勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします! 」 ◆浦和レッズレディース 「このたび、浦和レッズレディースからアルビレックス新潟レディースへ移籍することになりました。急なことで驚かせてしまったこと、本当に申し訳ありません。自分と向き合いながら考え続け、悩み続けた結果です」 「大好きな浦和レッズと関係者のみなさん、そして大好きなファン・サポーターのみなさんやこの街から離れることを考えると寂しい思いでいっぱいです。特別指定選手としてプレーし始めてから3年半、未熟な私を応援し、あたたかく見守ってくださったみなさんには感謝という言葉しか見つかりません。浦和駒場スタジアムに鳴り響く、大きな声援はいつも私の力の源でした。ケガで苦しんでいるとき、プレーがうまくいかないとき、みなさんに何度も何度も助けられ、支えていただきました。本当にありがとうございました」 「そして、チーム・スタッフのみなさん、うれしいとき、辛いときや悲しいときも一緒に過ごせた時間がとても大切に思えます。ありがとうございました。浦和レッズレディースの選手であったことを誇りに思っています」 「最後になりましたが、クラブ関係者のみなさんには最後まで優しい言葉をかけていただき本当にうれしかったです。私の選択を受け入れてくださったこと、感謝しています、大変お世話になりました」 「新しい環境に身を置くことはサッカー人として、一学生として、困難なこともたくさんあると思います。決断したからには覚悟を持ち、サッカーに全力を尽くし、夢を掴み取るその日まで前に向かって進んでいきます」 2018.09.19 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFA女子年間最優秀監督の最終候補者に高倉監督が選出

▽国際サッカー連盟(FIFA)は3日、2018年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の女子最優秀監督賞の最終候補者3名を発表した。 ▽選出されたのはなでしこジャパンの高倉麻子監督、リヨンを女子チャンピオンズリーグ優勝に導いたレイナール・ペドロス監督、前年の受賞者でもあるオランダ代表のサリナ・ウィーグマン監督の3人。 ▽高倉監督は先日のアジア競技大会で日本を2大会ぶり2度目の優勝に導いていた。 ▽FIFA女子年間最優秀監督の発表は24日、ザ・ベスト・FIFAフットボールアワーズのセレモニーで行われる。 2018.09.04 01:59 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン2大会ぶり金! 中国猛攻もGK山下好守連発にラストは菅澤弾! 《アジア競技大会》

▽なでしこジャパン(女子日本代表)は31日、アジア競技大会サッカー競技の決勝で女子中国代表と対戦し、1-0で勝利。2大会ぶり2度目の金メダルに輝いた。 ▽グループCを連勝で首位通過したなでしこジャパン。準決勝では女子韓国代表と対戦し、FW菅澤優衣香の先制点、終盤のOGにより2-1で競り勝ち、頂に手をかけた。 ▽なでしこジャパンは、2大会ぶりの金メダル獲得に向けて最後尾にGK山下杏也加、最終ラインに清水梨紗、有吉佐織、三宅史織、鮫島彩、中盤に中島依美、籾木結花、長谷川唯、阪口萌乃、隅田凜、最前線に岩渕真奈を起用した。 ▽試合の序盤からなでしこジャパンはボールをキープするが、あまり効果的に中国のゴールに迫ることができず。逆に、左サイドを起点としてグ・ヤシャ、リ・インが迫力ある仕掛けを繰り返す中国に押され、劣勢に回る。 ▽17分には、ボックス手前中央でボールを持ったグ・ヤシャが右足を振り抜き、強烈なシュートが枠捉える。GK山下がキャッチして難を逃れたものの、チェックの遅れからヒヤリとさせられた。 ▽さらに、34分にも中国にチャンス。後方からのクロスに対して、ボックス内でフリーになっていたリ・インが身体を投げ出すようにして頭で合わせる。これもGK山下がキャッチしたものの、中国からペースを奪うことができない。 ▽結局、前半は終始中国が優勢に進行。それでも、なでしこジャパンはGK山下や鮫島の急所を抑えるカバーリングでピンチを凌ぎ続け、ゴールレスを試合を折り返した。 ▽迎えた後半も試合の展開は大きく変わらず。なでしこジャパンは、56分に籾木に代えて今大会3ゴールを記録している菅澤を起用。菅澤は前線で岩渕とコンビを組み攻撃に変化を付けていく。 ▽なでしこジャパンが徐々にカウンターにシフトすると中国のチャンスは減少していくが、なでしこジャパンもゴールエリアまでなかなか辿り着けない。65分に岩渕がミドルレンジから後半初めてのシュートを放ったが、枠を外れた。 ▽後半の中頃になると、両チームともに疲労が見え始めオープンな展開の中でカウンターの応酬が続く。すると76分、またしても中国に絶好機が訪れる。76分、カウンターからボックス手前中央で持ったグ・ヤシャのシュートがまたしても枠を捉える。しかし、この場面でもGK山下が左手一本で弾き出すファインセーブを見せ、均衡を破らせない。 ▽試合終了間際の90分、なでしこジャパンが苦しみに苦しんだ今大会を総括するような形で千載一遇のチャンスをものにする。中島が右サイドを突破し、ディフェンスラインとゴールキーパーの間に落ちる絶妙なクロスを通す。すると、走りこんだ菅澤がダイビングヘッドでボールを捉え、ネットを揺らした。 ▽直後に試合が終了。この結果、高倉麻子監督率いるなでしこジャパンは、見事に2大会ぶり2度目の金メダルを手にしている。 なでしこジャパン 1-0 女子中国代表 【なでしこジャパン】 菅澤優衣香(後45) 2018.08.31 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、防戦一方も菅澤の全ゴールに絡む活躍で日韓戦制す! 2大会ぶりの優勝に王手《アジア競技大会》

▽なでしこジャパン(女子日本代表)は28日、アジア競技大会サッカー競技の準決勝で女子韓国代表と対戦し、2-1で勝利した。 ▽グループCを連勝で首位通過のなでしこジャパン。準々決勝ではグループBを2位で突破した前回覇者の女子北朝鮮代表と対戦し、FW岩渕真奈とMF長谷川唯の2ゴールによって2-1で競り勝ち、韓国との準決勝にたどり着いた。 ▽2大会ぶりの決勝進出が懸かる重要な日韓戦に向けてなでしこジャパンは北朝鮮戦から先発3人を変更。MF阪口萌乃、MF隅田凜、FW田中美南に代わってDF國武愛美、MF中里優、FW菅澤優衣香が新たに先発に名を連ねた。 ▽開始直後にFW岩渕真奈が後方からハードチャージを受けるなど、球際を強調する韓国相手に苦戦が予想されたなでしこジャパン。しかし、開始5分にハーフウェイライン付近の左でDF有吉佐織が左サイドのスペースに浮き球のフィードを出すと、これに抜け出した菅澤がゴール左に持ち込んで角度のないところから右足アウトを使ったシュートをゴール右隅に流し込む。 ▽菅澤の今大会初ゴールで早々に先手を奪ったなでしこジャパンは直後の8分にも中央のスペースをドリブルで運んだ岩渕がボックス右に走り込む菅澤に絶妙なスルーパスを通すが、菅澤はGKとの一対一の状況からシュートを枠外に外してしまい、追加点とはならず。 ▽先制以降、韓国の反撃に晒される展開となると、13分にはゴールマウスを飛び出したGK山下杏也加のクリアをサイド深くで拾ったDFキム・ヒェリに無人のゴールを狙ったクロス性のシュートを許すが、これはクロスバーを叩く。 ▽その後も防戦一方を強いられたなでしこジャパンは20分にもボックス内でイ・ミナとチ・ソヨンの新旧INAC神戸コンビに決定機を許すが、チ・ソヨンの決定的なシュートをDF清水梨紗がゴールライン上で頭でかき出すビッグプレーで阻止。前半半ばから終盤にかけても再三自陣ボックス内でのプレーを強いられたが、守備陣が最後のところで粘りをみせ、何とか前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半も守勢が続く中、53分にはカウンターからボックス右に侵入したMF中島依美の意表を突くマイナスパスに反応した長谷川が右足を振り抜くが、これは大きく枠を外れる。55分には中里、國武に代えて阪口、隅田を同時投入し、選手交代で流れを変えようと試みる。 ▽しかし、韓国の決死の猛攻に晒され続けるなでしこジャパンは67分、左サイドを突破したムン・ミラからのクロスをファーに走り込んだイ・ミナに頭でゴール右隅へ決められ、ついに同点ゴールを奪われてしまった。 ▽何とか反撃に転じたいなでしこジャパンは77分、中島を下げてMF籾木結花を最後の交代カードとして投入。システムを[4-2-3-1]に変更して劣勢の中盤の枚数を増やす。すると、86分には相手守備の一瞬の隙を突いて勝ち越しゴールを奪う。久々に高い位置まで攻撃参加した清水がボックス手前右から浮き球のクロスをファーに供給。これを菅澤が中央で待つ籾木に向けて頭で折り返すと、手前でクリアを試みたDFイム・ソンジュのヘディングが自軍ゴールネットを揺らした。 ▽その後、イ・ミナを中心にリスクを冒して前に出る韓国の猛攻を守備陣の決死のシュートブロックなどで何とか凌ぎ切ったなでしこジャパンが大苦戦を強いられながらも日韓戦を制して決勝進出を果した。なお、2大会ぶりの優勝を目指すなでしこジャパンは31日にチャイニーズタイペイと中国の勝者と対戦する。 なでしこジャパン 2-1 女子韓国代表 【なでしこジャパン】 菅澤優衣香(前5) OG(後41) 【女子韓国代表】 イ・ミナ(後22) 2018.08.28 19:55 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース