超ワールドサッカー

ドグ&北川コンビ大爆発に村田バースデー弾! 清水、静岡ダービー勝ち越しで昨季全敗の屈辱晴らす《J1》2018.10.07 16:59 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第29節の清水エスパルスvsジュビロ磐田が、7日にIAIスタジアム日本平で行われ、5-1で清水が勝利した。▽現在11勝4分け13敗で10位につける清水(勝ち点37)と、8勝9分け10敗で15位に位置する磐田(勝ち点33)の静岡ダービー。前節のFC東京戦を2-0で勝利した清水は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。河井に代えて石毛を投入した。

▽一方、9月26日の天皇杯ラウンド16で北海道コンサドーレ札幌を4-2で撃破してベスト8進出を決めるも、前節の湘南ベルマーレ戦が台風24号の影響で延期になった磐田。選手・スタッフの自宅が停電や断水の被害を受けるなど、難しい期間を過ごした中、札幌戦から先発メンバーを大幅に入れ替えた。GKカミンスキー、大井、中村、大久保ら先発。また、今夏加入のエレンが移籍後初先発を飾った。

▽今シーズンの静岡ダービーは、1勝1分け1敗と互角。両者決着を着けたい一戦は、昨シーズン静岡ダービーで全敗という屈辱を味わった清水が開始直後に先制する。1分、ショートカウンターからハーフウェイラインを越えたあたりでパスを受けたドウグラスが前線へスルーパス。これに抜け出した北川がボックス内に侵攻して左足を振り抜くと、シュートは右ポストを叩いてゴールに吸い込まれた。

▽いきなり先制点を奪われた磐田は、その後中村のセットプレーから反撃を試みる。しかし、これをなんとか跳ね返す清水は18分、ドウグラスが右サイドをドリブルで持ち上がると、北川がボックス内での駆け引きからファーサイドへ動くのを見逃さず、クロスを供給。これに北川が飛び込んだが、わずかに届かず。追加点とはならなかったが、ドウグラスと北川のコンビで磐田ゴールに襲い掛かる。

▽その後も磐田に反撃を許さない清水。すると38分、敵陣中央の北川が粘りのキープから最終ラインの裏にスルーパス。これを受けたドウグラスが相手に囲まれながらもボックス内に侵攻し、左足でゴール右へと突き刺した。

▽2-0とリードを広げた清水は前半アディショナルタイムにも石毛が直接FKでゴールを脅かす。ここはGKカミンスキーに防がれたが、良い流れで試合を折り返した。

▽ここまで苦しい展開を強いられている磐田は、後半開始から上原と大久保を代えて山本と荒木を投入。すると51分、中村からパスを受けた田口がボックス右手前からボックス右へパスを送り、自身はゴール前へ。パスを受けた櫻内がボックス右からクロスを送り、最後はゴール前へ走り込んだ田口がゴール右へ押し込んで、2-1と磐田が1点差に詰め寄る。

▽反撃の狼煙を上げた磐田は、途中出場の荒木が惜しいシュートを放つなど押し込み始める。しかし、清水は62分、後方からのハイボールをボックス手前のドウグラスが競ると、近くの北川がワンタッチで再びドウグラスへ。最後はドリブルでボックス中央やや右に持ち込み、右足でゴール左へと流し込んだ。

▽さらに清水は72分、自陣でのフレイレのインターセプトからカウンターを発動。敵陣へと持ち運び、ドウグラス、石毛とつなぐと最後は北川がボックス内へのスルーパスに反応して追加点を奪った。

▽これでスコアを4-1とした清水は、後半アディショナルタイムにもこの日が29歳の誕生日の村田が追加点を奪い、5-1で試合終了。5発大勝を飾った清水は、今季の静岡ダービー勝ち越しで昨シーズンの全敗の屈辱を晴らした。一方の磐田は、リーグ戦5試合未勝利と残留へ厳しい状況が続いている。

コメント

関連ニュース

thumb

アドリアーノの神戸入りが成立か? トルコメディアが報じる

▽トルコ『ハベル』が、かつてバルセロナでプレーしベシクタシュに所属するブラジル代表DFアドリアーノ(34)が、ヴィッセル神戸と契約を結んだと発表した。 ▽アドリアーノはコリチーバでキャリアをスタートさせると、2005年1月にセビージャへと移籍。2010年7月にバルセロナへと完全移籍した。バルセロナでは、左サイドバックとしてチャンピオンズリーグ2回、リーガエスパニョーラ4回、コパ・デル・レイ3回の優勝を経験。2016年7月にベシクタシュへと完全移籍していた。 ▽ベシクタシュでも2016-17シーズンにトルコ・スーパーリーグを制し、公式戦94試合に出場し4ゴール9アシストを記録。しかし、今シーズン限りで契約が満了を迎えることとなっていた。 ▽『ハベル』によると、契約満了前の2019年1月にアドリアーノは神戸に加入するとのこと。神戸は100万ユーロ(約1億3000万円)の移籍金を支払うことになるとのことだ。 ▽神戸の左サイドバックは、ムアントン・ユナイテッドから期限付き移籍中のタイ代表DFティーラトン・ブンマタン(28)がレギュラーとしてプレーしている。バルセロナ時代のチームメイトである元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの存在も、移籍の後押しになったようだ。 2018.11.15 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】川口能活、始点・横浜マリノスと終点・SC相模原を振り返る…将来は指導者として「GKが人気なポジションに」

▽14日、今シーズン限りでの現役引退を発表したSC相模原の元日本代表GK川口能活(43)の引退記者会見が、相模原市内で行われた。 ▽川口は4日に現役引退を発表。今回改めて現役を退く意思を明かした同選手はその後、メディア陣からの質疑に応対し、自身のプロキャリアの出発地点となった横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)と、最終地点となった相模原での生活を振り返り、今後指導者にチャレンジする思いを明かした。 ◆GK川口能活(SC相模原) ──ご自身にとって横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)とはどういうチームだったか 「僕が子供の頃は当時Jリーグがなく、JSL(日本サッカーリーグ)でした。前身であった日産自動車時代から憧れはありました。横浜マリノスになってからもJリーグで常に上位を争い、そしてGKには当時日本代表だった松永成立さんがいました」 「松永さんの存在が非常に大きく、自分が将来日本代表になるためには、松永さんから吸収して、その壁を超えないと日本代表にはなれないという思いがありました。横浜マリノスがどういうものかということに対して、少しズレてしまうかもしれませんが、自分が横浜マリノスを選んだ理由というのは、松永さんの存在が大きかったです」 ──横浜マリノスから一番学んだことは 「当時マリノスに入団した時のGKは、元日本代表や現役日本代表の方々がいて、ものすごく強烈なオーラが出ていました。とても気軽に話せるような環境ではなかったです。日本代表やJトップクラスのGKには、こういうオーラが必要なんだなと。近寄りがたいオーラというか、そういうものが必要なのかと思いました」 「プレーするだけでなく、違った雰囲気を出すことも大事だと。もちろんレベルの高さ、質の高さも学ぶことができましたけど、選手として必要なオーラを学ぶことができました」 ──最後のチームとなったSC相模原は、どういう意味を持っているか 「やはり自分が代表、J1、J2というカテゴリーでプレーしてきた中で、J3でプレーするというのは、自分の中でも挑戦でした」 「もちろん、厳しい環境の時もありましたけど、その中でもサッカーができる、自分はサッカーが好きだということを再認識することができました。プレーできる喜びを改めて実感できました。そして選手やスタッフの方々の絆、スタジアムの運営やボランティアをやっている方々の献身的な姿勢を間近で見ることができ、温かさを学ぶことができました」 「出場機会も減っていき、自分が選手として納得のいく結果を得られたかというと少し疑問に思うところもあるかもしれませんが、大切さというのを知ることができた。そういう非常に濃い経験ができた3年間でした」 ──今後について 「自分はサッカーをして人生を歩んできました。やはり、現場で指導者として、自分の経験したことを伝えたいです。また、自分も指導者として、サッカーは常に進化しているので、勉強していきたい。指導者になるための歩みをしっかりと始めたいです」 ──周囲からはワールドクラスのGKを育てて欲しいという声があるが 「GKが人気のあるポジションになる、みんなが一番にGKをやりたがるようになるというところだと思います。GKのプレーのかっこよさ、とはいえただセービングをすれば良い、ダイブをすれば良いという問題ではないですが、派手なプレーとは言いませんが、動きがかっこいいと。そういうところから思えるところから入るのもありかなと思います」 「なので、フォームや形、見栄えも大事だと思います。容姿とかではなく、プレーのかっこよさをというところで、そういう選手が出てきたり、自分が育てられれば良いかなと思います。ただ、まだそういうノウハウはありません。指導実績もないので、そういうことは勉強していきたいです」 2018.11.14 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】川口能活にとってGKとは…きっかけ、理想像、コンプレックス、GK人生を語る

▽14日、今シーズン限りでの現役引退を発表したSC相模原の元日本代表GK川口能活(43)の引退記者会見が、相模原市内で行われた。 ▽川口は4日に現役引退を発表。今回改めて現役を退く意思を明かした同選手はその後、メディア陣からの質疑に応対し、自身にとってのGKというポジションについて言及し、理想像、GKの経験から培われたものや大事なものについて語った。 ◆GK川口能活(SC相模原) ──ご自身がGKを始めたきっかけは 「まず僕には兄がいて、その兄の勧めからです。兄は公園で僕がサッカー部に入る前から、GKの練習をしてくれた熱心な人でした。その兄の勧めと、やはりキャプテン翼です。翼くんや日向くんより、若林くんや若島津くんに憧れていました。この2つがGKを始めた理由です」 ──ご自身の理想のGK像は 「サッカーと共に進化させなくてはいけないですけど、やはりゴールマウスをしっかりと守ることは前提の上、攻撃的なフィード、常に攻撃の第一歩としてプレーすること。そして広い守備範囲でゴールを守る。あとは失敗を恐れないことが理想のGKだと僕は思います」 ──それに近づくことはできたか 「今まで一度も自分が完成形に近づいたと思ったことはなかったので、自分にはできなかったことを将来自分が指導者になった時にそういう選手を育てたいなと思います」 ──GKというポジションがご自身のプロ生活で与えてくれたものは 「僕は上背がある訳ではありません。その中で練習を続け、自分が足りないと思ったことを努力し、自分がこれだけの長い競技生活を送ることができました」 「常に代表クラスやワールドクラスのGKと比べて身長がないと言われ続けてきました。高校生の時まではほとんど言われませんでした。それが、プロの世界に入ると、言われるようになり、強がってはいましたけど、内心はすごく悔しさがありました」 「身長がないことはどうしようもないですよね? それをなんとかしたい。動きの速さであったり、ジャンプ力であったり、自分にとってのコンプレックスをなんとか克服する、足りないもののために努力するためのエネルギーをGKを始めたことで知ることができました。そのエネルギーを出すやり方や手段を学ぶことができたかなと思います」 ──改めてGKというのはどういうものだったか、そしてGKとして大事にしてきたことは 「GKというのは最後の砦で、頼れる存在であるべきだと思います。自分にとって、環境や心情の変化でプレースタイルが変わる、若い時の自分のアプローチ、中堅やベテランとなっていく時のアプローチが変わりながらも作業していく中で、全ての面で進化、変化を加えていくべきポジションなのかなと。ただ、そう思いつつ、自分の中で譲れないものというか、そういう強さもなくてはいけません」 「そのバランスが非常に重要なポジション。他のポジションのはやったことがないので、断言はできないですけど、自分らしさ+変化のバランスが両方取れて、より高いレベルが求められるものがGKなのかなと。ただ、考えすぎてもね。そこは難しいところで、自分らしさというのもなくてはいけません。全てにおいて頼れるポジションでなくてはいけません」 「その中で、不動のメンタルが大事です。メンタルに浮き沈みがあると良くないですし、それがあった時に隙を突かれてしまいますし、自分が戦うステージがなくなってしまいます。メンタルが非常に重要なポジションじゃないかなと思います」 ──もしもう一度サッカー人生を歩むならどのポジションが良いか 「やはりもう一度GKですね(笑) 大変なこともありましたけど、GKの練習が好きでしたし、最初に観た時にGKがかっこいいなと思いました。もう一度サッカーをやるとしてもGKです」 2018.11.14 20:57 Wed
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】「あのシュートはもう一度受けても…」川口能活が衝撃を受けたのはあのブラジルの名手

▽14日、今シーズン限りでの現役引退を発表したSC相模原の元日本代表GK川口能活(43)の引退記者会見が、相模原市内で行われた。 ▽川口は4日に現役引退を発表。今回改めて現役を退く意思を明かした同選手はその後、メディア陣からの質疑に応対し、これまでの現役生活で味わった苦楽、印象的なシュートやゴール、自身のセーブについて明かした。 ◆GK川口能活(SC相模原) ──長い現役生活で一番嬉しかったこと、一番辛かったことは 「嬉しかったことは、自分がプレーをして試合に勝ち、優勝した瞬間。辛かったことは…。良いことも辛いことも数多く経験してきましたけど、やはりサッカーができなかった時です。ケガや試合に出れなかったり、そういう時が一番辛かったです」 ──ご自身が驚いたセーブは? 「まずはアトランタオリンピックでブラジルと対戦した時。ロベルト・カルロス選手のシュートをキャッチした時です。あれは自分でもキャッチできると正直思わなかったです。ただ、トレーニングの時に、マリオコーチから『とにかくキャッチだ』と、キャッチしないとトレーニングを終わらせてくれなかったんです。そのトレーニングの賜物で、あのロベルト・カルロス選手のシュートをキャッチすることができたと思います」 「あともう一つは、数多くありますけど…。ドイツ・ワールドカップの時に、確か前半でしたけど、ジュニーニョ・ベルナンプカーノ選手のシュートを指先一本で触ったシーンがありました。あのシーンは、少しでも指の位置がズレていれば、もしかしたら指が折れていたかもしれません。それぐらい強烈なシュートでした。他にも数多くありますが、この2つは自分にとって、忘れられないセーブです」 ──ゴールを決められてやられたなと思ったゴール、後ろから見ていて嬉しかったゴールは 「今まで受けた中で一番強烈だったシュートは、先ほども名前が出ましたけど、ドイツ・ワールドカップのブラジル戦で受けたジュニーニョ・ベルナンプカーノ選手の2点目のゴールです。あのシュートは、もう一度受けても…。今ならこういうシュートがくると予測できるかもしれませんが、あの時に受けた衝撃は、今でも鮮明に覚えています。あのシュートは素晴らしかったです」 「逆に見ていて嬉しかったゴールは、いくつもありますが、一つはオリンピック出場を決めた準決勝サウジアラビア戦、2-1で勝った試合の前園(真聖)さんが伊東輝悦さんとのワンツーからゴールを決めたシーンです」 「それからジョホールバルで、中田英寿のミドルシュートからの岡野(雅行)さんのこぼれ球ゴール。この2つのゴールは、自分にとって世界大会に出るために必要なゴール、決めてくれたゴールです。この2つが自分にとってかけがえのないゴールです」 ──PKを止める姿も印象的だが、PKに臨むに当たって心がけていたことやコツは 「特にないですね(笑) 目力で相手を威圧するぐらいですかね(笑) 最近はキッカーの質が非常に上がっていますし、PKを止めるGKも増えています。特にコツはないですね。相手をいかに威圧するかだと思います」 2018.11.14 20:56 Wed
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】川口能活、引退理由は「近年の日本の戦いぶり」…決断の経緯や周囲の反応を明かす

▽14日、今シーズン限りでの現役引退を発表したSC相模原の元日本代表GK川口能活(43)の引退記者会見が、相模原市内で行われた。 ▽川口は4日に現役引退を発表。今回改めて現役を退く意思を明かした同選手はその後、メディア陣からの質疑に応対し、現役引退を決断した理由や経緯、報告した際の周囲の反応について明かした。 ◆GK川口能活(SC相模原) ──引退を決断した理由は 「実はこの1、2年ぐらいプレーを続けるか、あるいは引退するのか、その狭間で揺れていました。サッカーは大好きだから続けたい。でも、試合に出れない時もあり、その中で揺れていました」 「ただ、今年のワールドカップを始めとする日本代表の戦い、各カテゴリーの日本代表のアジアでの戦いぶりを見て、僕が代表でプレーしていた時よりも上のレベル、世界でも戦えるような日本になってきていると思いました。その状況の中で違った形でサッカーに貢献したいなと。サッカーに選手としてではなく、違う形で貢献したいという思いが強くなり、引退する覚悟を決めました」 ──決断する上で誰かに相談したか 「最初に相談したのは、良い時も悪い時も常に近くで支え、応援してくれていた妻に相談しました。良い時は何をやってもうまくいきますが、自分が思い通りにいかない時には、周りに当たってしまったりしてしまう。そういう時でも常に近くで支えてくれる妻にまずは相談しました」 ──背中を押してくれたか 「僕が『続けたい』と伝えた時には、『もういいんじゃない?』というやりとりがありました。今回『辞める』と伝えると、『え? なんで?』と、常に僕の逆を突いてきました。ただ、最終的には僕の意思を尊重してくれました」 ──決断してこの日を迎え、今どんな気持ちか 「やり遂げた気持ちと、まだ体はすごく元気でできるというか、完全燃焼したかと言えばまだ余力はあります。ただ、悔いはないです。自分が常にピッチ上、ピッチ外でベストを尽くしてきたからこそだと思います。後悔はしていませんし、次のステップに進むという強い意思があります」 ──お兄さんや両親に報告をした時はどのような感じだったか 「両親はホッとしていました。僕が大きなケガを2度して、妻とも話をしていた時に、僕が続けていることが辛そうに見えていたようです。そこで自分が『辞める』と言った時は、ホッとしていました」 「ただ、兄はリリースを出す前に伝えましたけど、リリースが出た時に『寂しさが実感として沸いた』と話をしていました。その後に『お前らしく頑張れ。次のステージに言っても頑張れ』と前向きな言葉をかけてくれましたけど、内心『まだまだやれるだろ』という思いもあったようです」 ──高校時代の恩師・大滝雅良氏にどう報告したか 「僕にとって自分が在籍したチームは、どこも同じように特別な思いがあります。清商時代には、高校選手権で優勝することができ、自分もキャプテンとして全国制覇を成し遂げたチームです。当然思い出深いチームです。大滝先生には、引退を伝えましたが、その時には『お疲れ様。能活が経験してきたことを伝えて欲しい。W杯に4回出ているのはお前しかいない』と声をかけて頂き、確かにそうだなと思い、そういった経験を伝えて欲しいと言われました」 ──引退を伝えた時のお子さんのリアクションは 「リリースする前から子供には伝えていました。最初は『良いよ』と言っていましたけど、先日練習試合があり、『パパ、12月2日で引退するの?』と聞いてきました。『うん引退するよ』というと突然寂しくなったみたいです。少しずついろいろなことがわかる年齢にはなってきていますけど、息子の記憶に残るまでプレーできたことは誇れることだなと思います」 2018.11.14 20:55 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース