「他の選手とは違う」ラキティッチがメッシを再評価2018.10.04 16:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、同僚であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称賛した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。▽バルセロナは、チャンピオンズリーグ第2節でトッテナムとアウェイで対戦。メッシの2ゴールなどで2-4と勝利を収めた。

▽メッシは、このゴールでチャンピオンズリーグのグループステージ65試合で64ゴールという驚異の記録を残すことになった。

▽チームメイトであるラキティッチは、FIFA最優秀選手賞を受賞した同胞のMFルカ・モドリッチを評価しながらも、メッシは異次元にいる選手だと語った。

「バロンドールを受賞したその他の全ての選手をリスペクトしている。でも、僕たちは他の選手とは異なる選手、リオネル・メッシが居ることを知っている」

「時には、ルカ・モドリッチが素晴らしいシーズンを送っている事がある。そして、多分人々は、少し変わりたいと思うかもしれない」

「でも、ルカと他の選手は、他の選手とはまた違う選手が居ることを知っている。それが、リオネル・メッシだ」
コメント
関連ニュース
thumb

バルサに朗報! 左ハムストリング損傷のアルトゥールがトレーニングを再開

バルセロナに所属するブラジル代表MFアルトゥールがトレーニングに復帰した。スペイン『マルカ』が伝えている。 アルトゥールは6日に行われたコパ・デル・レイ準決勝1stレグのレアル・マドリー戦でフル出場。しかしその後、左ハムストリングを損傷し、約1カ月の離脱になる見込みが伝えられていた。 その後、19日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントラウンド16・1stレグのリヨン戦を含め、計4試合を欠場したアルトゥールだが、すでにトレーニングを再開。右足ヒラメ筋損傷のオランダ代表GKイェスパー・シレッセンもいくつかのエクササイズに取り組んでいたようだ。 23日に行われるリーガエスパニョーラ第25節のセビージャ戦への出場の可能性については明かされていないアルトゥールだが、戦線復帰に向けて確実に前進している。 2019.02.21 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

元リヨンFW、古巣のタレントたちに言及「ビジネスになる。多くのクラブが彼らを…」

かつてセビージャやリヨンで活躍したFWフレデリック・カヌーテは、古巣の躍進に目を丸くしているようだ。『Goal』の独占インタビューで語った。<br><br>その古巣とはリヨンのこと。カヌーテはキャリアをリヨンでスタートさせたが、古巣は今シーズン、フェルランド・メンディ、タンギ・エンドンベレ、フセム・アワールといった若きタレントが躍動。国内リーグではパリ・サンジェルマンに黒星を付け、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ではバルセロナ相手に耐え抜き、初戦をスコアレスで終えている。<br><br>カヌーテは「すべての試合は見ていないが」と前置きしながら、各選手に対して評価を語る。<br><br>「メンディは本当にいいし、ダイナミックだね。彼が好きだよ。リヨンのユースはとてもやくやっているし、素晴らしい選手たちが生まれている。それはリヨンにとっていいビジネスになるだろう。エンドンベレもここ数試合を見たが、とても印象的だった。彼のクオリティやエネルギー、力強さは印象的だった。すべてを持っているが、まだ若い。すでに多くのクラブが興味を持っていると確信できる」<br><br>さらに、アワールについても「とても一流の選手だね。リーガ・エスパニョーラでいいプレーができるように思う。典型的なリーガの選手だよ。どのクラブも欲しがるだろう」とスペイン行きを予想した。<br><br>多くのタレントを擁し、今季の結果次第ではステップアップを果たしそうな新星たち。彼らが揃っている姿を見られるのは今季が最後になるかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.02.21 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ブスケッツがリヨン戦について言及「満足ではない」

バルセロナに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが、リヨン戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでリヨンとアウェイで対戦。59%のボール支配率で24本のシュートを放ちながらも、最後までリヨンの守備を攻略できず、ゴールレスドローで1stレグを終えた。 バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は「0-0は危険な結果」と試合後に話した。しかし、ブスケッツは指揮官と考えが反対なようだ。 「これが危険な結果だとは思わない。僕たちは2ndレグに集中している」 「僕たちの方が優れていたし、準々決勝に進出するには勝たなければいけないことを理解している」 「この試合でチャンスを作れていなかったら心配だけど、楽観的になるべきだよ」 「もちろん満足ではないよ。僕たちが上手くやって、得点することが出来ていれば試合に勝てていたからね」 「フットボールはそういうものだし、結果を残さなければ傷付くことになる」 2019.02.20 22:04 Wed
twitterfacebook
thumb

被シュート24本も無失点…リヨン守護神が誇り「11人の働きに脱帽する」

リヨンGKアンソニー・ロペスが、バルセロナ戦のスコアレスドローを誇っている。<br><br>チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦で、バルセロナと激突したリヨン。本拠地パルク・オリンピック・リヨンにスペインの強豪を迎えたファーストレグでは、シュート24本を浴びながらも無失点をキープ。逆にポストを叩く惜しいシーンもあったが得点を奪えず、スコアレスドローに終わった。<br><br>5本のセーブで無失点に貢献した守護神ロペスは、バルセロナ攻撃陣を抑えたことに満足感を示している。<br><br>「点を取りたかったが、特に後半はタフだった。バルセロナは素晴らしいチーム。遅かれ早かれ、プレッシャーを受けることはわかっていた。懸命に戦い、セカンドレグを前に痛手をくらうことを避けるには、十分にソリッドだった」<br><br>「半分の仕事を終えた。(バルセロナでの試合は)ビッグマッチになるだろう。彼らには多くのタレントがいる。僕らはタフに戦う方法、そして失点を許さないやり方を知っている。これは本当に重要な事だ」<br><br>また、ロペスはチームのパフォーマンスを誇り、セカンドレグへ意気込んだ。<br><br>「DF陣は素晴らしかったが、(無失点は)チームの働きだ。11人が一緒になって戦えたんだ。後半は特に難しかったから、働きぶりに脱帽するよ」<br><br>「どちらにも突破の可能性がある。僕らは彼らのホームで何かを起こし、ゴールを決める必要がある。最高のプレーが求められ、強く、自分たちの方法でチャンスを掴まなければならない」<br><br>バルセロナ本拠地カンプ・ノウでのセカンドレグは、3月13日に行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.20 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、50億円でラキティッチ獲得目前か

インテルが、バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(30)獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 バルセロナとの契約が2021年までに迫っているラキティッチ。今シーズンも公式戦36試合に出場している重要選手だが、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの今夏加入が内定したことでポジション争いの激化が予想され、来夏の去就が騒がしくなっている。 しかし、ラキティッチの代理人を務めるアルトゥーロ・カナレス氏が「イバンが夏にスペインを去るのを見ることは不可能なシナリオだ」とコメント。これにより、情勢は残留に傾いているかに思われた。 しかし、引く手数多のラキティッチに関する報道は途切れず。各紙はチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バイエルン、パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心を報道している。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)とピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)が、ラキティッチについての交渉のためにバルセロナの首脳陣と会談。移籍金3500万ユーロ(約44億円)のオファーに対して、バルセロナが4500万ユーロ(約56億円)を要求したことで両者には隔たりがあったが、4000万ユーロ(約50億円)付近での合意が近づいたという。 なお、インテルはラキティッチ個人に、3年契約と年俸550万ユーロ(約7億円)を提示する準備が出来ているようだ。 2019.02.20 18:50 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース