ベンフィカ15年在籍の主将ルイゾン、現役引退!2018.09.26 08:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベンフィカは26日、元ブラジル代表DFルイゾン(37)の現役引退を発表した。


▽ルイゾンは2000年にジュベントスでプロキャリアをスタートさせ、クルゼイロを経て2003年8月にベンフィカに加入した。15シーズンに渡ってプレーし、これまで522試合45ゴール18アシストを記録。6度のポルトガルリーグ優勝を成し遂げたほか、タッサ・デ・ポルトガルを3度、タッサ・ダ・リーガを7度制覇した。昨シーズンは公式戦24試合2ゴールという成績を残したものの、シーズン終盤にかけて出場機会が減少。2019年6月まで契約を残していたものの、このタイミングでの引退を決断した。一部報道では今後はスタッフ入りすることが伝えられている。

▽また、2001年7月にデビューを飾ったブラジル代表では、41試合3ゴール。2004年のコパ・アメリカ優勝、2009年のコンフェデレーションズカップ優勝に貢献した。
コメント
関連ニュース
thumb

ポルトガルの大器19歳ジョアン・フェリックスにユナイテッドが140億円用意へ

ビッグクラブが獲得を熱望するベンフィカのU-21ポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)にマンチェスター・ユナイテッドも大金を用意しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 フェリックスはアイディア溢れる華麗なボールタッチで“ハリケーン・フェリックス”という愛称で親しまれるアタッキングミッドフィルダーだ。国内ではFWクリスティアーノ・ロナウド以来のポルトガルサッカー界最大の天才と評されており、その才能はFWキリアン・ムバッペ以上との声も上がっているほど。 バルセロナやレアル・マドリー同様にポルトガルの逸材に熱視線を送るユナイテッドはすでにスカウトを派遣済みで強い感銘を受けた模様。2023年まで契約を残しているフェリックスを巡って、ベンフィカを含め激しい争奪戦が予想される中、ユナイテッドは1憶ポンド(約142億円)の小切手を用意しているようだ。 これまでの報道では、契約解除金をおよそ1億ポンドに設定しているとされるベンフィカは、これまでの活躍を受けて2億ポンドまで引き上げる可能性もあると言われている。今季はここまで公式戦24試合で9ゴール5アシストを記録し、その非凡な才能を遺憾なく発揮しているポルトガルの至宝に目が離せない。 2019.02.17 00:57 Sun
twitterfacebook
thumb

長友アシストもガラタサライ、ホームでベンフィカに競り負ける《EL》

ガラタサライは14日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグでベンフィカとホームで対戦し、1-2で敗戦した。ガラタサライのDF長友佑都はフル出場している。 ポルトやシャルケ、ロコモティフ・モスクワが同居したチャンピオンズリーグ(CL)・グループDで3位となったガラタサライは、長友を左サイドバックで先発起用した。 バイエルンやアヤックスらと同居したCLグループEで3位となったベンフィカに対し、オープンな展開で立ち上がったガラタサライは19分に決定機。右クロスのルーズボールをG・ロドリゲスがシュートに持ち込んだが、相手DFの好ブロックに阻まれた。 すると26分、ガラタサライはPKを献上する。左クロスをボックス内のマルコンがクリアにかかるも、ボールが手に当たってしまった。このPKをサルビオに決められ、先制を許してしまった。 失点後も左ウイングのG・ロドリゲスのスピードを起点に攻撃の形を作り出していたガラタサライだったが、同点弾を奪えずに前半を終えた。 それでも迎えた後半9分、ガラタサライが長友のアシストから同点に追いつく。長友が左サイド高い位置から右足でクロスを入れると、ファーサイドのルインダマが頭で押し込んだ。 同点弾で勢い付いたガラタサライだったが、64分に一瞬の隙を突かれて勝ち越された。ロングフィードに抜け出したセフェロビッチに対応したマルコンが競り負けてボックス内への侵入を許し、シュートを決められてしまった。 痛恨のアウェイゴールを許してしまったガラタサライは終盤にかけて前がかるもチャンスを生み出せずに1-2で敗戦。来週アウェイで行われる2ndレグに向けて苦境に立たされた。 2019.02.15 04:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ヨビッチ争奪戦にチェルシーも参戦! 55億円のオファーを提示か

チェルシーが、ベンフィカからフランクフルトにレンタル移籍しているセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)に3900万ポンド(約55億円)のオファーを出したようだ。イギリス『メトロ』がドイツ『ビルト』のレポートをもとに伝えている。 セルビアの名門ツルヴェナ・ズヴェズタで育ったヨビッチは、2016年2月にベンフィカに移籍し、2017年夏以降はフランクフルトに武者修行に出ている。昨シーズンはリーグ戦22試合で8ゴールという成績だったが、今シーズンはここまでブンデス19試合に出場し14ゴール4アシストとブレイク中だ。 将来有望のニュー・セルビアンスターを巡っては、多くのビッグクラブからの関心が報じられているが、先日にバルセロナが個人間合意に至ったという報道がドイツから届いた。 だが、まだまだバイエルンやレアル・マドリーも手を引かない状況の中、今回はチェルシーが3900万ポンドでオファーを出したという具体的な情報が舞い込んだ。今冬の移籍市場でFWゴンサロ・イグアインを買い取りオプション付きレンタルで獲得したブルーズだが、今季で契約が満了を迎えるFWオリヴィエ・ジルーの後釜として、ヨビッチに白羽の矢を立てたようだ。 なお、ビッグクラブからの注目を集めるヨビッチは、現状ではフランクフルトが買い取り権を持っていると伝えられている。 2019.02.14 16:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンフィカの主力SBグリマルドの新天地はアトレティコorアーセナル?

ベンフィカのスペイン人DFアレックス・グリマルド(23)の有力な新天地候補にアトレティコ・マドリーとアーセナルの2クラブの名前が挙がっているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 バルセロナの下部組織出身の攻撃的左サイドバックのグリマルドは、2015年12月末にベンフィカに完全移籍で加入。バルセロナ仕込みのテクニックとスピードを武器に、同クラブ不動の左サイドバックとして活躍。 やや守備面に課題はあるものの、攻撃面では今季も公式戦34試合で5ゴール5アシストの見事な数字を残している。 そのグリマルドには、古巣のバルセロナを始め、レアル・マドリー、バイエルン、マンチェスターの両雄、ユベントスといった錚々たるビッグクラブが関心を示してきた。 しかし、『ムンド・デポルティボ』が伝えるところによれば、現在有力な新天地候補に挙がっているのはアトレティコとアーセナルの2クラブだという。 その両クラブではDFフィリペ・ルイス、DFナチョ・モンレアルと共に主力を担ってきた選手が33歳という年齢を迎えるということもあり、世代交代が急務となっている。 ただ、2021年まで契約を残すグリマルドの契約解除金は6000万ユーロ(約75億円)に設定されており、ベンフィカ側とのタフな交渉が待っているようだ。 2019.02.08 02:23 Fri
twitterfacebook
thumb

その才能ムバッペ以上! 引く手数多の逸材“ハリケーン・フェリックス”がマドリー希望か

レアル・マドリーが、ベンフィカに所属するU-21ポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)に関心を抱いているようだ。スペイン『アス』が報じている。 フェリックスは、アイディア溢れる華麗なボールタッチで“ハリケーン・フェリックス”という愛称で親しまれるアタッキングミッドフィルダーだ。国内では、FWクリスティアーノ・ロナウド以来のポルトガルサッカー界最大の天才と評されており、今シーズンもここまでプリメイラ・リーガ12試合で6ゴール3アシストを記録している。 それに加え、複数クラブのスカウトが、フェリックスのポテンシャルをFWキリアン・ムバッペ以上と評価。FWリオネル・メッシとC・ロナウドの次のサッカー界を担う逸材として大きな期待を寄せられている。 そんなフェリックスには、マドリーを筆頭にバルセロナやアトレティコ・マドリー、パリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルン、ユベントスなどのビッククラブが関心。1月30日に行われたリーグ戦第19節のボアヴィスタFC戦にマンチェスター・ユナイテッドとドルトムントがスカウトを送り込むなど争奪戦が激化しているが、フェリックス本人はマドリーでプレーすることを夢見ているという。 また、フェリックスに関しては、今冬の移籍市場でプレミアリーグから6000万ユーロ(約75億円)のオファーがあったようだ。しかし、ベンフィカは同選手の慰留に成功し、契約解除金を1億2000万ユーロ(約150億円)に引き上げている。そして、2023年まで続く現行契約を更に好条件なものにし、2億ユーロ(約251億円)の契約解除金を設定しようと目論んでいるようだ。 2019.02.05 14:26 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース