インシーニェの2Gにヴェルディ移籍後初ゴールのナポリがトリノに完勝!ハムシクセリエA400試合目を勝利で飾る!《セリエA》2018.09.23 21:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは23日、セリエA第5節でトリノとアウェイで対戦し、3-1で勝利した。▽第4節終了時点で3勝1敗の4位ナポリと、1勝2分け1敗の12位トリノの対戦。前節、強敵フィオレンティーナを相手に1-0で逃げ切ったナポリは、その勢いのままチャンピオンズリーグ開幕節に臨んだ。しかし、死の組といわれる中で最も楽な相手と考えられていたツルヴェナ・ズヴェズダの堅い守備を崩せず、ゴールレスドロー。その苦みを払拭したい今節は、クリバリやハムシク、メルテンス、インシーニェなどの主力がスタメンに名を連ねた。ハムシクはセリエA通算400試合目の出場となった。

▽試合は早々に動く。4分、敵陣でのFKから再開したナポリは左サイドのルペルトに展開。深くまで上がったルペルトはグラウンダーのクロスを上げると、相手に当たってボールはインシーニェの下へ。ボックス左のインシーニェはそこからGKの頭上を破る豪快なシュートを突き刺し、ナポリが先制した。

▽さらにナポリは7分、今度はカウンターからチャンスを演出。後方からのスルーパスを受けたインシーニェはヴェルディにラストパスを送るも、GKが絶妙な飛び出しで距離を詰め、ヴェルディのシュートは阻まれた。攻勢続くナポリはさらに10分には、右に流れたメルテンスのクロスが、クリアを試みた相手DFに当たりあわやオウンゴールというシーンも。

▽15分にはセットプレーの流れからゴール前に残っていたクリバリがヘディングで強烈なシュートを見舞うがGKの正面に。先制後も攻撃の手を緩めないナポリ。追加点はすぐに生まれた。20分、敵陣中央でヴェルディが左のメルテンスに預け自身はゴール前へ。すかさずメルテンスはクロスを供給。ドンピシャで入ってきたヴェルディは難しいハーフボレーを上手く沈めて、移籍後初ゴールを記録した。

▽これで2点のリードを得たナポリ。守っては22分、バゼッリにゴール前からシュートを打たれるがオスピナがファインセーブ。その後はナポリの迫力も徐々に薄まっていったものの、危なげない試合運びでリードを守ったまま試合を折り返した。

▽後半は前半とは違う形で試合が動く。51分、ナポリはボックス左に侵入を許したベレンゲルを止めに行ったルペルトが正面からぶつかりに行ってしまいPKを献上。これをベロッティに決められ、1点差に詰め寄られてしまった。

▽それでもすぐに突き放す。59分、カウンターからボックス右でパスを受けたカジェホンがシュート。これは左ポストに弾かれたが、そのボールがゴール前のインシーニェへ繋がり、またラッキーな形でインシーニェはゴールを奪った。

▽再び2点差としたナポリはそこからトーンダウン。相手の攻撃をいなしつつカウンターで応戦していく。だが65分にリンコンに決定機を迎えられるなどピンチの場面も。

▽終盤には何度もカウンターでいとも簡単にトリノゴール前へ攻め込むがついアk店は奪えず試合終了。鑑賞のナポリが今季4勝目を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討

イタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラヴィーナ会長が、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、人種差別的なチャントに対する措置について言及した。<br><br>12月26日にジュゼッペ・メアッツァで行われたインテル対ナポリ戦(1-0でインテルが勝利)では、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリに対し、差別的なチャントが絶え間なく浴びせられた。ナポリ側は3度にわたって試合の中断を求めたが、主審は介入せず、差別的チャントはクリバリが2枚目のイエローカードで退場処分を受けた80分まで続いた。クリバリには多方面からサポートの声が届いた一方で、スタジアム内における人種差別が改めて問題視された。<br><br>グラヴィーナ会長は今後、人種差別的なチャントに対して厳しい措置をとることを検討している。インテル対ナポリ戦終了後、ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督が要求していた通り、即座に試合を中断する可能性を示唆した。<br><br>「FIGCはFIFAおよびUEFA(欧州サッカー連盟)の指示を仰がなければならない。月末の会議では、試合中断に至る手続きの簡略化を進める。スピーカーによる放送と同時に試合を一時的に中断し、両チームはピッチの中央に集合する。もしチャントが続くようであれば、選手らはロッカールームへ戻る。その時点で警備責任者が試合を中止するか、再開するかを決める。5万人の観客を帰すかどうかの責任を主審に負わせることは考えられない。連邦検事局の協力者や内務省の責任者もいるので、彼らが第4審に指示し、手続きをとることになる」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 20:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ復帰説浮上のカバーニ、残留宣言!「契約が終わるまで残りたい」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(31)が、残留を明言した。フランス『レキップ』が伝えている。 リーグアンで得点を量産するカバーニとPSGの契約は2020年まで。最近ではその現行契約と同僚のブラジル代表FWネイマールとの対立が取り沙汰されたことで、ナポリ復帰の可能性が浮上していた。 これまでナポリ側も「給与の減額を受け入れるならば、復帰を歓迎する」とコメントしていたが、今回カバーニは残留を宣言。2020年までは移籍を考えないことを明かした。 「現時点で僕は、契約が終了するまで残るつもりだ」 「契約が終わるころには33歳、34歳になっている。2020年以降はプレーし続けるか、PSGに残るかはわからない。ただ、契約が終わるまでは残りたいと思っている。僕はパリで幸せだし、クラブにも満足している」 2019.01.15 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

広島の新ユニフォームは瀬戸内海の穏やかな波の動き、重なり合う折り鶴の形状を表現!

ナイキは、サンフレッチェ広島の2019シーズンの新ユニフォームを発表した。 ホームキットは、伝統の広島バイオレットを基調とし、前後両面及び両袖にもグラフィックが施され、クラブ史上初となる斬新でインパクトあるデザイン・カラーコンビネーションを採用されている キットは、2019年Nike Global Football におけるデザインコンセプトである“MAKE ME FIRST, MAKE ME LETHAL”に基づき、アスリートのパフォーマンス向上を目的に通気性や快適な着心地を追求。2018年よりも決定力や破壊力が伝わるデザインとなっている。 ユニフォームグラフィックの特徴は“HARMONIOUS MOVEMENT(調和)”で、広島の多島美の瀬戸内海の穏やかな波や、調和の取れた水の動きを表現。この波の広がりはトップチームから世界へ可能性を広げていくというクラブの哲学にも繋がっている。 また、平和記念公園で見られる折り鶴の重なり合う形状からもインスピレーションを得て、クラブカラーのバイオレット(伝統)と波や折り鶴(調和)を融合させたデザインになっている。 素材は近年と同じく、非常に優れた速乾性と肌触りが特徴的なプライムライトファブリックを使用しています。昨年同様にショーツにも、ジャージと同じ、プライムライトファブリックを採用し、伸縮性の高さがアスリートのパフォーマンスを制限することなく、最大限サポート。また、襟元には、ヴェイパーカラーを採用しており、リブ仕立ての首回りはフィットしやすくストレスを感じにくい設計になっています。また、ダイナミックカットラインのデザインは、スピード感を表現している。 アウェイキットは、クラブ史上初となる紫紺×ライトブルーのカラーコンビネーションを採用。このライトブルーは、原爆ドームへの標識、平和記念公園に献納されている折り鶴を用いて表現された青い空からインスピレーションを得て、広島市民の平和と希望を表現している。 サンフレッチェ広島のホーム&アウェイ ジャージとその他プロダクトは、2019年2月頃より Nike.com、一部店舗で随時販売予定となっている。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190114_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> 2019.01.14 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ミリクの1G1Aでナポリがサッスオーロ撃破、ミランと準々決勝で対戦へ《コッパ・イタリア》

ナポリは13日、コッパ・イタリア5回戦でサッスオーロをホームに迎え、2-0で勝利した。 2018年最終戦のボローニャ戦を3-2で競り勝ったナポリの新年初戦。ハムシクやメルテンス、アルビオルらを温存したナポリは、インシーニェやカジェホン、クリバリらをスタメンで起用した。 4回戦でカターニャを下したサッスオーロに対し、これまで通りフラットな[4-4-2]で臨んだナポリはGKにオスピナ、4バックに右からヒサイ、マクシモビッチ、クリバリ、マリオ・ルイ、中盤に右からカジェホン、ファビアン・ルイス、A・ディアワラ、ウナスと並べ、2トップにインシーニェとミリクを起用した。 立ち上がりからボールを保持したナポリだったが、8分にヒサイのミスパスから枠内シュートを打たれてしまう。しかし直後、カジェホンがGKを強襲するシュートを浴びせると、15分に先制する。インシーニェがボックス左深くまでえぐって右足アウトで上げたクロスをGKが弾くと、ルーズボールをミリクが身体で押し込んだ。 その後もナポリが押し込む流れが続くと、32分にインシーニェがミドルシュートで牽制する。しかし35分にピンチ。またもヒサイの自陣でのミスパスから最終的にロカテッリにネットを揺らされたが、VARの末にロカテッリがハンドを犯していたとしてゴールが取り消され、助かった。 ハーフタイムにかけてはサッスオーロがポゼッションを高める流れとなったが、ナポリが1点のリードを保って前半を終えた。 後半もサッスオーロの圧力を受けたナポリだったが、徐々に主導権を握り返すと、62分にミリクがミドルシュートで牽制する。 ババカルを投入してきたサッスオーロに対し、アランを投入して中盤の強度を上げたナポリは、74分に突き放す。ボックス左でルーズボールを拾ったミリクがマイナスのパスを送り、ファビアン・ルイスがゴール右へダイレクトで蹴り込んだ。 その後、インシーニェの直接FKで3点目に迫ったナポリが終盤にかけてはサッスオーロの反撃を許さずに勝利。ミランとの準々決勝に進出している。 2019.01.14 06:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、クリバリを諦めず! 夏のトップターゲットに

イギリス『ミラー』は、マンチェスター・ユナイテッドがナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)を今シーズン終了後のトップターゲットに定めたと報じた。 2014年夏に5年契約でナポリ入りしたクリバリは、強さ対人能力や高い足下の技術が魅力のセンターバック。ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が最近、ユナイテッドからクリバリに対する移籍金9500万ポンド(約132億4000万円)に及ぶビッグオファーが受け取り、それを断ったことを激白した。 だが、ユナイテッドは獲得を諦めていない様子。そのワケは昨年末に行われたセリエA第18節のインテル戦でクリバリを襲った心のない人種差別被害だ。そうした状況がクリバリの気持ちをイタリアからの脱出、ナポリからの移籍に惹かせたと考えて、次の夏も獲得に乗り出す意向を固めているという。 そのユナイテッドにとって、センターバックは長らく課題に挙がるポジションの1つ。欧州屈指のセンターバックとして名を轟かせるクリバリ獲得が実現すれば、大きな補強になる。だが、仮に本人が移籍を希望しているとしても、デ・ラウレンティス会長がすんなり手放すとは考えにくい。難しい交渉になることは間違いないだろう。 2019.01.13 18:30 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース