バルセロナ、メッシのハット&デンベレ弾でオランダ王者PSVに4発快勝! 《CL》2018.09.19 03:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第1節でPSVをカンプ・ノウに迎え、4-0で勝利した。

▽リーガエスパニョーラ王者のバルセロナが、エールディビジ王者のPSVをホームに迎えた一戦。

▽バルセロナは、2-1で勝利した先週末のリーガ第4節レアル・ソシエダ戦からスタメンを2名変更。N・セメド、ラフィーニャに代えて、コウチーニョ、ブスケッツを起用した。また、PSVは7-0で大勝したエールディビジ第5節デンハーグ戦からスタメンを変更せず。イルビング・ロサーノら攻撃的な面子を並べ、ファン・ボメル新監督のCL初陣に臨んだ。

▽試合は、序盤からバルセロナがボールを支配しつつ進行。PSVは中盤をコンパクトに保ち連動してプレスをかけていくが、なかなか奪うことができない。7分、バルセロナ陣内で得たFKの流れからボックス手前中央にボールがこぼれ、反応したG・ペレイロが左足を振り抜きこの試合のファーストシュートを放ったが、枠を捉えず。

▽優位を保ちつつも低めのディフェンスラインを設定するPSVの守備に苦しむバルセロナは、デンベレの飛び出しをシンプル使う形やメッシ、コウチーニョらのコンビネーションで崩す形を織り交ぜつつ打開を図るが、決定的なシーンを作るには至らない。11分には、スアレスの左サイドからのクロスに飛び込んだコウチーニョがヘディングシュートを放ったが、枠を外れていく。

▽逆に14分にはPSVのカウンターが発動し、ベルグヴィンのシュートが右ポストを掠めれば、17分にはボックス中央のルーク・デ・ヨングがクロスを収めてシュートを放つなど、度々バルセロナゴールが脅かされるシーンが訪れる。

▽23分、PSV陣内中央でボールを持ったメッシが左サイドに展開し、左サイドのコウチーニョがクロスを供給。しかし、これに合わせたセルジ・ロベルトのヘディングシュートはGKズートにキャッチされ均衡を破ることはできず。ギアを上げたいバルセロナは鋭い縦パスからのリズムアップを幾度か試みるが、警戒するPSVにカットされカウンターを受ける場面が目立ち始める。

▽それでも31分、一歩間違えば危うい展開となりかねない時間帯にスコアを動かしたのはやはりあの男。デンベレがボックス手前中央で絶好の位置でFKを獲得すると、キッカーのメッシが左足を一振り。ゴール右上隅を正確に射抜きリードを奪った。

▽その後、バルセロナはあまりリスクをかけずに前半を進行。ジョルディ・アルバやラキティッチがやや遠めの位置からミドルシュートを放ちPSVをけん制しつつ、1-0のスコアで前半を終えた。

▽後半に入ると、勝利を確実なものとしたいバルセロナがさらに攻勢を強めていく。58分、ボックス左でボールを持ったコウチーニョが細かいドリブルでタイミングをずらして右足でシュート。しかし、得意の角度からゴール右上隅を捉えたシュートはGKズートの好守に阻まれた。

▽62分、1点を追うPSVも黙ってはいない。ボックス左のベルグヴィンが中央マイナス方向への折り返しを選択。すると、走り込んだアンジェリーノが左足で鋭いシュートを放ちバルセロナゴールを襲う。GKテア・シュテーゲンにセーブされたものの、惜しいシーンを生み出した。

▽PSVが健闘を見せたのも束の間、75分にバルセロナが突き放す。PSV陣内中央付近左でボールを持ったデンベレがドリブルでボックス手前中央まで持ち込み、右足を一閃。チームの2点目を記録した。

▽さらに77分、スアレスの仕掛けからボックス手前中央にボールがこぼれると、ラキティッチがダイレクトでディフェンスライン裏に浮き球のパスを送る。抜け出したメッシが左足で難なく沈め、リードを3点に広げた。

▽勢いに乗るバルセロナだが、81分にアクシデントが発生。ユムティティがロサーノを倒してしまい、2枚目の警告を受けて退場に。10人となったバルセロナは直後にコウチーニョに変えてラングレを起用し、逃げ切りを図った。

▽PSVがやや前がかりになった試合終了間際の88分、スアレスとの好連係からボックス右に侵攻したメッシが右足でGKズートとの一対一を制したところで試合が終了。メッシはハットトリックを記録し、CL開幕節を彩った。

▽勝利したバルセロナは10月3日のグループB第2節でトッテナムとのアウェイ戦に臨み、敗北したPSVはインテルをホームに迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

ラビオとバルセロナが個人合意! 仏紙が報道

▽フランス『ル・パリジャン』が、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)とバルセロナの個人合意を報じている。 ▽PSGとの契約が今シーズン限りとなっており、去就が注目を集めていたラビオ。同選手が退団の意思を固めていることがこれまでに報じられており、バルセロナは有力な新天地候補として挙げられていた。 ▽『ル・パリジャン』によると、ラビオはバルセロナとの契約に個人合意。タイミングが今冬になるか、来夏にフリーでの移籍となるかは明らかにされていないが、15歳の時から過ごしたクラブを離れることになったと伝えられている。 ▽また、先日にはPSGのスポーツディレクター(SD)を務めるアンテロ・エンリケ氏が「現時点で、私たちに(アドリアン・ラビオとの)交渉を継続する意思はない」、「これは非常に明確な結果をもたらす。彼はいつまでもベンチに残されることになるだろう」と発言。PSGとの延長交渉破談が確定し、起用法にも影響が及ぼされるであろうことが、強く示唆されていた。 ▽世界的なスターが集結するPSGの中で、貴重な下部組織出身者として順調に成長を遂げたラビオは、今シーズンの公式戦20試合2G2Aを記録。また、23歳の若さにしてクラブ通算では公式戦227試合24ゴール17アシストを記録している。 2018.12.19 08:25 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシがゴールデンシュー授賞式に参加! 昨季34発で2年連続5度目

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが18日、バルセロナの会場で2017-18シーズンのヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)の授賞式に参加した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽各国リーグでの得点数にUEFAリーグランクによって定められた係数をかけた値を算出し、ポイント数が最多だった選手に贈られるゴールデンシュー。欧州5大リーグの選手には1得点につき2ポイントが与えられるが、それ以外のリーグでプレーする選手に与えられるポイントは1得点につき1.5以下となる。 ▽そして、熾烈を極めた2017-18シーズンのゴールデンシューに輝いたのは、リーガエスパニョーラで34ゴールを記録したメッシ。昨年の37ゴールには及ばなかったものの、通算68ポイントで2年連続5度目の受賞となった。 ▽バルセロナの会場で行われた授賞式にはジョゼップ・マリア・バルトメウ会長を始めとしたクラブ幹部に加え、チームメートのMFセルヒオ・ブスケッツ、MFセルジ・ロベルトが出席。さらに、レオ・メッシ財団、バルセロナ財団が支援する地元で小児ガンの治療を受けている5人の子供たちも出席した。 ▽なお、メッシは通算6度目の受賞を目指す今季ここまでに14ゴールを記録しており、ランキング上位に位置している。メッシのこれまでの受賞年度と得点数は以下の通り。 ◆メッシ5度のゴールデンシュー 2009-10 34ゴール 2011-12 50ゴール 2012-13 46ゴール 2016-17 37ゴール 2017-18 34ゴール 2018.12.19 00:37 Wed
twitterfacebook
thumb

驚異のチャイナマネー! マウコムに83億円用意か

▽バルセロナが、クラブに所属するブラジル代表FWマウコム(21)の売却を検討しているようだ。スペイン『アス』の情報を引用して『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽今夏に推定移籍金4000万ユーロ(現在のレートで約51億円)でボルドーからバルセロナに加入したマウコム。しかし、選手層の厚いバルセロナでスタメンを奪うことはできておらず、リーグ戦での先発出場はわずか1試合のみであり、公式戦全てを含めてもプレー時間は296分と不遇の時を過ごしている。 ▽今回の報道によると、そんなマウコムに中国から6500万ユーロ(約83億円)のオファーがあったという。マウコムはファーストチームでより多くのプレーを望んでおり、現在以上の給与を得られることから移籍に傾く可能性があるという。また、バルセロナ側も熟考していることが伝えられている。 ▽もし、中国に移籍した場合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で日本勢と戦うことになれば、さらに嫌な相手になりそうだ。 2018.12.18 20:21 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ヨング&デ・リフト争奪戦はバルサがリード? オーフェルマルスSDが示唆

▽アヤックスに所属するオランダ代表コンビ、MFフレンキー・デ・ヨング(21)とDFマタイス・デ・リフト(19)争奪戦をリードしているのは、バルセロナのようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽ディフェンスを含む複数のポジションでその才能を発揮するF・デ・ヨングと、身体能力や足元の技術にも優れた万能型センターバックのデ・リフト。両選手の評価は急上昇中であり、バルセロナやマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン(PSG)といったビッグクラブ行きの噂が絶え間なく囁かれている状況だ。 ▽そんな中、アヤックスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルク・オーフェルマルス氏は、デ・ヨング&デ・リフト争奪戦に関して、バルセロナがリードしていることを示唆している。 「バルセロナは私のお気に入りで、ファンタスティックなクラブだ。だが、他にも2つのクラブが(獲得に)接近しているよ」 「(争奪戦には)欧州中が動いていて、バルサはうまくやる必要がある」 「(リオネル・)メッシは(交渉を)助けることができる。彼ら(デ・ヨング&デ・リフト)にとってお金は重要ではない。昨年、彼らは良いオファーを貰い、行くこともできた」 「バルサについて語る必要はなかった。彼らは既に知っているからね」 2018.12.18 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ラビオとの延長交渉打ち切りへ

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)との延長交渉を打ち切ったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽PSGとの契約が今シーズン限りとなっているラビオ。ここ数ヵ月間は同選手側がクラブからの延長オファーを拒み続けていることが伝えられており、今冬もしくは来夏の退団が濃厚とみられている。 ▽ラビオについて問われたPSGのスポーツディレクター(SD)のアンテロ・エンリケ氏は、以下のようにコメント。もはや慰留に向けた働きかけをする気がないことを明かした。 「現時点で、私たちに(アドリアン・ラビオとの)交渉を継続する意思はない」 「これは、ラビオに関しての数々の会議を経て下された決断だ。彼は契約にサインしないだろうし、今シーズンの終わりにフリーでこのクラブを出て行きたがっている」 「選手に対して、これは非常に明確な結果をもたらす。彼はいつまでもベンチに残されることになるだろう」 ▽PSG下部組織出身のラビオは、今シーズンここまで公式戦20試合に出場して2ゴール2アシストを記録。この若きフランス代表に対しては、バルセロナを筆頭とした数々のビッグクラブが熱視線を注いでいる。 2018.12.18 08:40 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース