バルセロナ、メッシのハット&デンベレ弾でオランダ王者PSVに4発快勝! 《CL》2018.09.19 03:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第1節でPSVをカンプ・ノウに迎え、4-0で勝利した。

▽リーガエスパニョーラ王者のバルセロナが、エールディビジ王者のPSVをホームに迎えた一戦。

▽バルセロナは、2-1で勝利した先週末のリーガ第4節レアル・ソシエダ戦からスタメンを2名変更。N・セメド、ラフィーニャに代えて、コウチーニョ、ブスケッツを起用した。また、PSVは7-0で大勝したエールディビジ第5節デンハーグ戦からスタメンを変更せず。イルビング・ロサーノら攻撃的な面子を並べ、ファン・ボメル新監督のCL初陣に臨んだ。

▽試合は、序盤からバルセロナがボールを支配しつつ進行。PSVは中盤をコンパクトに保ち連動してプレスをかけていくが、なかなか奪うことができない。7分、バルセロナ陣内で得たFKの流れからボックス手前中央にボールがこぼれ、反応したG・ペレイロが左足を振り抜きこの試合のファーストシュートを放ったが、枠を捉えず。

▽優位を保ちつつも低めのディフェンスラインを設定するPSVの守備に苦しむバルセロナは、デンベレの飛び出しをシンプル使う形やメッシ、コウチーニョらのコンビネーションで崩す形を織り交ぜつつ打開を図るが、決定的なシーンを作るには至らない。11分には、スアレスの左サイドからのクロスに飛び込んだコウチーニョがヘディングシュートを放ったが、枠を外れていく。

▽逆に14分にはPSVのカウンターが発動し、ベルグヴィンのシュートが右ポストを掠めれば、17分にはボックス中央のルーク・デ・ヨングがクロスを収めてシュートを放つなど、度々バルセロナゴールが脅かされるシーンが訪れる。

▽23分、PSV陣内中央でボールを持ったメッシが左サイドに展開し、左サイドのコウチーニョがクロスを供給。しかし、これに合わせたセルジ・ロベルトのヘディングシュートはGKズートにキャッチされ均衡を破ることはできず。ギアを上げたいバルセロナは鋭い縦パスからのリズムアップを幾度か試みるが、警戒するPSVにカットされカウンターを受ける場面が目立ち始める。

▽それでも31分、一歩間違えば危うい展開となりかねない時間帯にスコアを動かしたのはやはりあの男。デンベレがボックス手前中央で絶好の位置でFKを獲得すると、キッカーのメッシが左足を一振り。ゴール右上隅を正確に射抜きリードを奪った。

▽その後、バルセロナはあまりリスクをかけずに前半を進行。ジョルディ・アルバやラキティッチがやや遠めの位置からミドルシュートを放ちPSVをけん制しつつ、1-0のスコアで前半を終えた。

▽後半に入ると、勝利を確実なものとしたいバルセロナがさらに攻勢を強めていく。58分、ボックス左でボールを持ったコウチーニョが細かいドリブルでタイミングをずらして右足でシュート。しかし、得意の角度からゴール右上隅を捉えたシュートはGKズートの好守に阻まれた。

▽62分、1点を追うPSVも黙ってはいない。ボックス左のベルグヴィンが中央マイナス方向への折り返しを選択。すると、走り込んだアンジェリーノが左足で鋭いシュートを放ちバルセロナゴールを襲う。GKテア・シュテーゲンにセーブされたものの、惜しいシーンを生み出した。

▽PSVが健闘を見せたのも束の間、75分にバルセロナが突き放す。PSV陣内中央付近左でボールを持ったデンベレがドリブルでボックス手前中央まで持ち込み、右足を一閃。チームの2点目を記録した。

▽さらに77分、スアレスの仕掛けからボックス手前中央にボールがこぼれると、ラキティッチがダイレクトでディフェンスライン裏に浮き球のパスを送る。抜け出したメッシが左足で難なく沈め、リードを3点に広げた。

▽勢いに乗るバルセロナだが、81分にアクシデントが発生。ユムティティがロサーノを倒してしまい、2枚目の警告を受けて退場に。10人となったバルセロナは直後にコウチーニョに変えてラングレを起用し、逃げ切りを図った。

▽PSVがやや前がかりになった試合終了間際の88分、スアレスとの好連係からボックス右に侵攻したメッシが右足でGKズートとの一対一を制したところで試合が終了。メッシはハットトリックを記録し、CL開幕節を彩った。

▽勝利したバルセロナは10月3日のグループB第2節でトッテナムとのアウェイ戦に臨み、敗北したPSVはインテルをホームに迎える。

コメント

関連ニュース

thumb

モナコで監督キャリアをスタートさせるアンリ「手本はペップ」

▽古巣モナコで監督キャリアをスタートさせるティエリ・アンリ監督が、恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督について語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽バルセロナ移籍2年目の2008-09シーズン、グアルディオラ監督にとって初の監督挑戦となったシーズンでアンリはアーセナル時代の輝きを取り戻して活躍。バルセロナの3冠に貢献していた。 ▽アンリはグアルディオラ監督について次のように語っている。 「ペップは私にとっての手本だよ。私はバルセロナで試合をプレーする方法を学んだ。ペップは試合について語ることができ、寝る間すら惜しんでいた。こっちが眠っていてもまだ話していたね(笑)。彼は幾つかの戦術を生み出した。そして試合で起こることを予見できていたんだ」 ▽また、8シーズンを過ごし、自身の能力を開花させたアーセン・ヴェンゲル監督については次のように述べている。 「アーセンはプロとはいかなるものかを理解させてくれた監督だった。そして何を実行するべきかを教えてくれた。内面を大きく変えてくれたよ。監督一人一人から学ぶことがあったんだ」 ▽アンリ監督の初陣は20日に行われるリーグ・アン第10節ストラスブール戦となる。 2018.10.18 03:12 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、バルサで出場機会減のマウコムに興味か

▽インテルが、バルセロナに所属するブラジル代表マウコム(21)の獲得を画策しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ▽今夏に4100万ユーロ(約53億円)でボルドーからバルセロナに加入したマウコム。しかし、入団から約2週間後にバイエルンからチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが到着すると、優先順位で同選手に勝ることができず。年齢や役割の違いはあるが、新加入選手としてバルセロナの指揮官エルネスト・バルベルデ監督から与えられるチャンスは少なく、ここまで僅か公式戦2試合の出場で25分間しかプレーしていない。 ▽そういった状況にあるマウコムに、インテルが注視。インテルは、今夏もマウコムに対し興味を示していたが高額な移籍金のため獲得はできず。しかしながら、マウコムに対する関心を失ったわけではなく、バルセロナ側もインテルの動きを把握しているという。直接の話し合いは持たれていないが、バルセロナも出場機会を与えることができない現状を良しとはしていないようで、両者の思惑は合致している。 ▽コリンチャンスでプロデビューを飾ったマウコムは2016年にボルドーに加入。ボルドーでは通算96試合で23ゴール16アシスト記録していた。今夏にはビッククラブが獲得に関心を寄せて獲得に動いており、一時はローマとの合意が発表されたがバルセロナに移籍を果たしていた。 2018.10.17 22:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマール、バルセロナ復帰考慮か ムバッペに主役を奪われると危惧

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)に、バルセロナ復帰の可能性が浮上した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ▽昨年の夏に、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約287億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。バルセロナでは良い時間を過ごしていたが、アルゼンチンFWリオネル・メッシの陰に隠れ主役になれなかったことが、退団を選んだ理由に挙げられている。 ▽PSG加入後のネイマールは、初年度となった昨シーズンから公式戦30試合28ゴール16アシストと大活躍した。しかし、昨年末のチーム内不和報道をきっかけにホームでサポーターから批判を受けることが増え、退団報道が噴出。主にレアル・マドリーへの移籍が取り沙汰されていた。 ▽しかし、今回の『ムンド・デポルティボ』によると、ネイマールがバルセロナ復帰にオープンな態度を示しているという。また、クラブ側も喜んで受け入れを考えているそうだ。 ▽PSGのエースとして今シーズンもここまでの公式戦11試合11ゴール4アシストをマークするネイマールだが、ロシア・ワールドカップ(W杯)で4ゴールを決めてフランス代表の優勝に貢献したFWキリアン・ムバッペの飛躍を危惧。これにより、バルセロナ復帰を考慮するに至ったようだ。 2018.10.17 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

暴行にセクハラ、妻に夫殺害指示のトゥランにクラブが多額罰金 今後判決を待つ

▽イスタンブール・バシャクシェヒルが、所属するトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に多額の罰金を科した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけ、喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を銃で撃ち殺すよう促したと報道されている。 ▽これに関して、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴。最大12年半の懲役刑が下される可能性もあると、伝えられていた。 ▽また、公的機関だけでなくこの件を重く受け止めているバシャクシェヒルもトゥランを罰することを決定。37万ユーロ(約4800万円)の罰金を科した。とはいえ、「この問題を正義の場(法廷)に移し、更なる決定と措置は保留する」、「判事が判決を命じるまで、プレーヤーはプロとしての責任を果たす」と声明を出し、裁判の判決を待った後、再び正式に処分するとしている。 2018.10.17 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、ジローナvsバルサのアメリカ開催反対を表明「競争の公平性を欠く」

▽レアル・マドリーが、リーガエスパニョーラのアメリカ開催について反対の立場を明確に表明した。スペイン『アス』が報じている。 ▽ラ・リーガのハビエル・テバス会長が主導して推し進めている、リーガエスパニョーラのアメリカ開催。カードの候補となっているバルセロナとジローナが肯定的な動きを見せている一方で、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長や国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長はテバス会長を批判している。 ▽記事によると、未だ実施されるか否かが確定していない中、スペインサッカー界で最も影響力を持つクラブであるマドリーが、反対意見を投じた。マドリーからRFEFに送付した書簡の内容が、スペインのラジオ『カデナ・セル』により以下のように明らかにされている。 「私たちが実際的に参加するものおいて、レアル・マドリーはそのリーグ戦の1つについて賛同できない。中立地でプレーされるということに関しても同意できない」 ▽『アス』は、マドリーが「競争の誠実さと公平性」に及ぼす影響を危惧していると解説。なお、マドリーは米国に4つのサポーターズクラブを置いており、それらはこれまでアメリカ開催に賛成していた。しかし、今回の書簡にはそのサポータズクラブも方針に従う旨が明記されており、完全に反対の立場であることを際立たせている。 2018.10.17 15:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース