鹿島初のベスト4! パト擁する天津権健を連破《ACL》2018.09.18 22:22 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝2ndレグで天津権健(中国)のホームに乗り込み、3-0の勝利を収め、2戦合計スコア5-0でクラブ初の準決勝進出を果たした。

▽ホームでの1stレグを2-0の先勝で飾った鹿島。マカオで元ブラジル代表FWパトを擁する天津権健とのリターンレグに挑む。先発は、14日のJ1リーグ戦から5名を変更。対する天津権健は1stレグに引き続きパトがスターティングメンバー入りを果たした。

▽1点差で敗れてもベスト4進出が決まる鹿島。試合は、勝利が突破条件の天津権健の攻勢を序盤から受ける展開となる。開始3分、自陣ボックス中央で要注意選手のパトに決定機。至近距離からシュートを許すが、GKクォン・スンテの冷静な対応で事なきを得る。

▽その鹿島がワンチャンスをモノにする。13分、内田の縦パスに反応した遠藤が右CKのチャンスを獲得。キッカーの遠藤が左足でゴール前にクロスを上げると、GKの前を陣取ったセルジーニョが頭で合わせる。これが決まり、鹿島が貴重なアウェイゴールを手にする。

▽その後も守勢を強いられる鹿島。だが、24分にゴールライン上でパトの決定的なシュートをブロックした内田が攻撃面でも躍動する。27分、内田が右サイドからマイナス方向にグラウンダーのパスを供給。最後は安部が右足で押し込み、天津権健を突き放す。

▽敵地ながら落ち着いた戦いぶりを披露する鹿島は、続く34分にもセットプレーから鈴木にゴールチャンス。惜しくもゴールとはならなかったものの、この段階で5点差以上の勝利が求められる天津権健を相手に試合巧者の戦いを続け、流れを掴んで離さない。

▽2戦合計スコアで大量リードの鹿島は、迎えた後半も冷静な入りを見せ、3点目を狙っていく。だが、60分にイエローカードを受けたレオ・シルバが累積警告で次戦出場停止に。勝ち上がれば、クラブ初となる準決勝の戦いに向け、不安材料をもたらしてしまう。

▽そうした中、66分に3点目。61分からピッチに立つ土居からバイタルエリア中央でボールを受けたセルジーニョがボックス中央のスペースにパス。これに反応した土居がこぼれ球を拾い、左足を振り抜く。シュートがゴール左に吸い込まれ、試合の行方を決定付ける。

▽セーフティリードの鹿島は、69分にレオ・シルバに代えて永木、続く79分に山本を下げて小笠原をピッチに送り込む。結局、相手の反撃を無失点で凌ぎ切り、クラブ史上初の準決勝へ。その準決勝では、全北現代モータース(韓国)vs水原三星ブルーウィングス(同)の勝者と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

慶南FCが“アンリ2世”とも呼ばれたオランダ人FWカスタイニョスを獲得…ACLでは鹿島と同組

Kリーグ1の慶南FCは20日、スポルティング・リスボンからオランダ人FWルク・カスタイニョス(26)をフリートランスファーで獲得した。スポルティングは、19日に契約解除を発表していた。 カスタイニョスは、フェイエノールトの下部組織出身で、2009年7月にトップチームへ昇格。2011年7月にはインテルへと移籍した。 2012年7月にはトゥベンテへと移籍すると、2015年7月にはフランクフルトに加入。2016年8月にスポルティングへ完全移籍すると、2017年8月からはフィテッセにレンタル移籍。2018年1月に復帰していた。 フェイエノールトでは公式戦通算42試合に出場し15ゴールを記録。インテルでは8試合1ゴールと結果を残せなかったが、トゥベンテでは114試合で42ゴール11アシストを記録した。フランクフルトでは1シーズンで22試合に出場し5ゴール3アシスト。スポルティングでは17試合に出場しゴールはなかった。エールディビジでは通算159試合54ゴール11アシストを記録している。 世代別のオランダ代表にも選出され、16歳のときにU-17欧州選手権で得点王に。2009年のU-17ワールドカップにも出場。 2010年には、ソン・フンミンやネイマール、ロメル・ルカクらとともに、IFA公式サイトの10代の有望選手23人の中の1人として名を連ねていた。また、“アンリ2世”とも呼ばれていたが、本人が拒否していた。 慶南FCは、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。グループEに入り、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、鹿島アントラーズ(日本)、山東魯能(中国)と同居している。 2019.02.20 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

西地区のグループステージ組み合わせが決定! スナイデル擁するアル・ガラファがプレーオフで敗退…《ACL》

19日にAFCチャンピオンズリーグ2019・西地区プレーオフが各地で行われ、グループリーグの組み合わせが確定した。 元オランダ代表MFスナイデル擁するアル・ガラファ(カタール)に2-3と勝利したゾブ・アハン(イラン)と、同じくプレーオフでアルマリク(ウズベキスタン)を4-0で粉砕したアル・ナスル・リヤド(サウジアラビア)が共にグループAに進出。グループBには、サイパ(イラン)を下したアル・ラーヤン(カタール)が入った。 また、元スペイン代表MFチャビを擁するアル・サッド(カタール)や昨年準優勝のペルセポリス(イラン)が同居するグループDの残り1枠には、1月に行われたアジアカップ2019に4人のウズベキスタン代表選手を輩出したパフタコール(ウズベキスタン)が入ることとなった。 なおグループCでは、日本代表DF塩谷司や元鹿島のブラジル人FWカイオを擁するUAE王者アル・アインと今冬に日本代表MF中島翔哉やモロッコ代表DFメディ・ベナティアを獲得したカタール王者のアル・ドゥハイルが同居。日本代表対決となるアル・アインとアル・ドゥハイルの一戦は、4月8日と4月23日に開催される予定だ。 ◆ACL2019グループリーグ・西地区 【グループA】 アル・ワスル(UAE) アル・ズワラ(イラク) ゾブ・アハン(イラン) アル・ナスル・リヤド(サウジアラビア) 【グループB】 アル・イテハド(サウジアラビア) アル・ワフダ(UAE) ロコモティフ・タシュケント(ウズベキスタン) アル・ラーヤン(カタール) 【グループC】 アル・ドゥハイル(カタール) アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・アイン(UAE) エステグラル(イラン) 【グループD】 ペルセポリス(イラン) アル・サッド(カタール) アル・アハリ(サウジアラビア) パフタコール(ウズベキスタン) 2019.02.20 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

グループステージ組み合わせが決定! 前回王者の鹿島はフェライニ加入の山東魯能、J王者・川崎Fは蔚山現代が加わり死の組に…《ACL2019》

19日にAFCチャンピオンズリーグ2019・東地区プレーオフが各地で行われ、グループリーグの組み合わせが確定した。 日本勢では、昨年クラブ史上初のアジア王者に輝き、2018シーズンの明治安田生命J1リーグを3位で終えた鹿島アントラーズが、ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)に4-1で勝利し3年連続のグループステージ出場が決定。 なお、鹿島と同じグループEに所属しプレーオフからの参加となった山東魯能(中国)は、元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレのゴールなどでハノイ(ベトナム)に4-1で勝利し、グループステージ進出を決めた。 また、2018シーズンの明治安田生命J1リーグを2位で終えたサンフレッチェ広島は、PK戦の末にチェンライ・ユナイテッド(タイ)を退け、5度目の本戦出場を決めた。 その他、J1リーグ王者の川崎フロンターレの所属するグループHの残り1枠には、2012年にACL王者に輝いた蔚山現代(韓国)が入った。グループリーグ組み合わせは以下の通り。 ◆ACL2019グループリーグ・東地区 【グループE】 慶南FC(韓国) ジョホール(マレーシア) 鹿島アントラーズ(日本) 山東魯能(中国) 【グループF】 広州恒大(中国) 大邸FC(韓国) メルボルン・ビクトリー(オーストラリア) サンフレッチェ広島(日本) 【グループG】 浦和レッズ(日本) 北京国安(中国) 全北現代(韓国) ブリーラム・ユナイテッド(タイ) 【グループH】 シドニーFC(オーストラリア) 川崎フロンターレ(日本) 上海上港(中国) 蔚山現代(韓国) 2019.02.19 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

広島がJ開幕前に死闘…PK戦でチェンライ破り3季ぶり本戦へ《ACL2019》

サンフレッチェ広島は19日、広島広域公園陸上競技場でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019プレーオフに臨み、PK戦の末にチェンライ・ユナイテッド(タイ)を退け、5度目の本戦出場を決めた。 3シーズンぶりの本戦出場を狙う広島は先発メンバーに東京五輪世代のGK大迫を最後尾に起き、3バックに荒木、吉野、佐々木を起用。中盤4枚にエミル・サロモンソン、川辺、松本泰志、柏を並べ、1トップを務める皆川の背後に柴崎と野津田を配した。 若手主体で一発勝負の試合に挑むホームの広島が攻勢の展開となる。9分、皆川が右足アウトサイドで合わせたシュートが相手のハンドを誘い、PKのチャンスを獲得。このキッカーを皆川が務めたが、ゴール左を突くシュートは相手GKに読まれてしまう。 絶好の先制機を逸した広島は圧倒的に押しこむ中、15分に左ウィングバックの柏がドリブルでチャンスメーク。バイタルエリア中央でフリーの松本がマイナスのパスに右足ダイレクトで合わせてゴールを狙うが、枠に飛ばせず、これもゴールに繋がらない。 攻め続ける広島は30分以降も柴崎や荒木が積極的にシュート。36分にも左サイドの柏が蹴ったクロスにボックス中央の駆け引きで優位に立った皆川が頭で合わせてPK失敗の汚名返上を狙ったが、コースが甘く、相手GKの正面を突いてしまう。 前半を通じて圧倒的に攻め込みながらノーゴールに終わった広島は、迎えた後半も攻勢。ボールの主導権を一方的に握り続ける。59分、左CKから野津田のクロスにニアサイドの皆川がヘディング。だが、これも正確性を欠き、空砲に終わる。 嫌なムードが漂う広島は64分、まず1枚目の交代枠で野津田から東にスイッチ。70分、柴崎の右足ミドルシュートで獲得した右CKから東のクロスに荒木が右足ワンタッチで合わせる。だが、決定的な場面だったが、無情にもクロスバーを嫌われる。 77分にエミル・サロモンソンを下げて松本大弥を投入した広島は、82分に最後の交代枠で皆川を諦めて主砲パトリックをピッチへ。そのパトリックの決定力に勝負をかけた城福監督だったが、90分で決着をつけられず、延長戦にもつれ込む。 100分に延長戦で認められる4枚目の交代枠で荒木を下げて野上を起用した広島は118分、ボックス左に侵攻した東のクロスに柴崎が反応。相手DFに当たったボールをパトリックが押し込むが、オフサイドとの判定が下り、幻のゴールとなる。 結局、試合の行方はPK戦に委ねられ、4-3で制した広島が苦しみながら本戦へ。その本戦でグループFに入り、元日本代表FW本田圭佑を擁するメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)や、広州恒大(中国)、大邸FC(韓国)と対戦する。 2019.02.19 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACLプレーオフプレビュー】Jリーグ2位の広島、若手主体で3大会ぶり出場なるか《サンフレッチェ広島vsチェンライ・ユナイテッド》

19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のプレーオフラウンドが行われる。今大会から、Jリーグ勢は2クラブがプレーオフラウンドから登場。2018シーズンの明治安田生命J1リーグで2位となったサンフレッチェ広島が本大会出場を懸けて戦う。 <span style="font-weight:700;">◆3シーズンぶりのアジアの舞台へ〜サンフレッチェ広島〜</span> Jリーグを連覇したこともある広島は、3大会ぶりのACL出場を目指し、タイのチェンライ・ユナイテッドFCと対戦する。 過去2度のACL出場があるチェンライ・ユナイテッドは、2018シーズンのタイFAカップを優勝し予選出場を決めた。予選2回戦から登場すると、ミャンンマーのヤンゴン・ユナイテッドに3-1で勝利し、プレーオフ進出を決定している。 昨シーズンはタイFAカップの他にも国内カップ戦で優勝し、実力は認められている。2018シーズンのACLではプレーオフで上海上港(中国)に敗れ本大会出場を逃しているだけに、今シーズンに懸ける思いは強いだろう。 一方の広島は、プレーオフから出場。城福浩監督の下で、ACL本大会出場を目指す。 今シーズンは元スウェーデン代表DFエミル・サロモンソンやDF井林章(←東京ヴェルディ)、ブラジル人FWドウグラス・ヴィエイラ(←東京ヴェルディ)を補強。いずれもACLは初めての挑戦となり、アジアでの戦いを知らない点は若干の不安もある。 それでも、「新しい選手とのコンビネーションもできている」とDF佐々木翔は語る。また、自身もアジアカップを経験している佐々木は「アジアカップの経験が生きる部分はある」と語りながらも、「まずは目の前の試合で結果を出すということが一番大事」とプレーオフへの意気込みを語った。 昨シーズンからの積み上げもある中で、プレシーズンはタイでのキャンプも実施。ここまでの準備が発揮されることを期待したい。一方で、GK林卓人、MF青山敏弘、MF稲垣祥がケガのため起用できず、メンバー構成に不安も残る。負ければ終わりという一発勝負でどのようなメンバーを送り出すのか、城福監督の手腕もきになるところだ。 <span style="font-weight:700;">◆予想スタメン</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190219sanfrecce_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:大迫敬介 DF:吉野恭平、井林章、佐々木翔 MF:エミル・サロモンソン、川辺駿、松本泰志、柏好文 MF:野津田岳人、ドウグラス・ヴィエイラ FW:渡大生 <span style="font-weight:700;">◆注目選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190219sanfrecce_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>MF野津田岳人(24) 清水エスパルスやベガルタ仙台への武者修行を経て、チームに復帰した野津田岳人に注目だ。仙台で主に担っていたシャドーのポジションで起用されることが濃厚な野津田は、得点源のFWパトリック、MF柴崎晃誠の欠場の穴を埋める存在として期待が懸かる。以前在籍した時には、ACLやJリーグ優勝争いなどを経験。若手主体となるチームにおいても、経験値の差を埋める存在として期待が懸かる。 2019.02.19 16:01 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース