超ワールドサッカー

4連敗スタートのウェストハムが初勝利! ヤルモレンコが移籍後初弾含む2発などでエバートンに勝利《プレミアリーグ》2018.09.17 02:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第3節、エバートンvsウェストハムが16日に行われ、1-3でウェストハムが勝利した。

▽1勝3分けスタートとなったエバートンと、4連敗スタートのウェストハムの一戦。

▽立ち上がりからエバートンが押し込む流れとなったが、11分に先制したのはウェストハム。浮き球パスに抜け出したアルナウトビッチがボックス左に侵入して中へ折り返し、ヤルモレンコが押し込んだ。

▽ヤルモレンコの移籍後初弾で先制を許したエバートンは25分、左クロスをトスンがヘディングシュートを浴びせるも、GKファビアンスキの守備範囲に飛んでしまう。

▽すると31分、右サイドからカットインしたヤルモレンコが左足を一閃すると、正確にコントロールされたシュートがゴール左上に決まった。

▽2点を追う展開となったウェストハムは37分にウォルコットが個人技からシュートに持ち込むと、前半追加タイム2分、ケニーの右クロスからシグルドソンがヘディングシュートでゴール右に決めて1点差として前半を終えた。

▽迎えた後半、一進一退の攻防が続くと、61分にウェストハムが突き放す。オビアンとのパス交換でボックス中央に侵入したアルナウトビッチがスライディングシュートを流し込んだ。

▽その後、負傷したアルナウトビッチがプレー続行不可能となってアントニオを投入したウェストハムに対し、再び2点を追う展開を強いられたエバートンはトスンに代えてニアッセを投入。

▽しかし、C・サンチェスを投入して守備を締めたウェストハムは、84分のニアッセのボレーシュートがバーを叩いて助かり、3-1のまま勝利。今季初勝利を手にしている。

コメント

関連ニュース

thumb

契約最終年のスモーリング、エバートンへ?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFクリス・スモーリング(28)にエバートン行きの可能性が浮上した。 ▽チームとして定まらないセンターバックのポジションで、今シーズンのここまでプレミアリーグ10試合に出場するスモーリング。だが、ユナイテッドとの契約は今シーズンが最終年となっており、オールド・トラフォードでの将来は不透明な状況だ。 ▽イギリス『サン』によれば、そのスモーリングに対しては現在、エバートンが興味。スカウトを送り込む準備を進めている模様。一方、延長交渉の最中であるユナイテッドも来年1月に3000万ポンド(約43億5000万円)の入札があれば、応じる用意があるという。 ▽2010年夏の加入時に、クラブOBのレジェンドである元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドの後継者として注目を集めたスモーリング。果たして、来シーズンはどの色のユニフォームを来てプレーしているのだろうか。 2018.11.16 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

スリーライオンズとの別れへ…ルーニー「10年か15年後にはケインのような人物がここに…」

▽イングランド代表での最終試合に臨むDCユナイテッドFWウェイン・ルーニー(33)が、試合に向けた会見に出席した。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽イングランド代表は、15日にウェンブリー・スタジアムでアメリカ代表との国際親善試合を開催。その試合に向けては、2016年11月のスコットランド代表戦を最後に代表を退いていたDCユナイテッドFWウェイン・ルーニーが、“1試合限定”の復帰を果たした。 ▽代表通算歴代2位の119試合に出場し、歴代トップの53得点をマークしたルーニーは、自身の代表引退試合を前にして以下のように語っている。 「10年後か15年後には、ハリー・ケインのような人物がここに座っていて、ゴールレコードを達成できていることを願う。そして、それは再び起こるであろうことだ」 「もしこの試合でピーター・シルトンの(歴代最多出場)記録を奪うことになるのなら、絶対に出場しなかっただろうね。僕は決してそんなことはしたくない」 「でも、この試合がピーター・シルトンやその他の選手に影響を与えることはないだろうから、ファンへの感謝を再び伝えるための良い機会になると感じるよ。それだけでなく、恵まれない子供たちのためにお金を稼ぐチャンスだと思ったし、それは正しい決断だ」 「ガレス(・サウスゲート監督)にも伝えた通り、彼が望むことを僕はこの試合で試みるよ。チームにどのような圧力もかけていない。10番を着用するべきか? 腕章を巻くべきか? 何も要求してはいないよ」 「僕からガレスへのメッセージは、『あなたは、あなたが試合に望むもののみを選手から受け取る。僕を呼ぶことが正しいと感じたなら、それは僕にとって良いことだ』ということだけだよ」 2018.11.14 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

画期的orセコい? セスクのエバートン戦での卑怯行為が物議!

▽チェルシーに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガスのエバートン戦での卑怯な行為が物議を醸している。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽チェルシーは11日に行われたプレミアリーグ第12節のエバートン戦を0-0のドローで終えた。この試合では後半に入ってホームチームが怒涛の攻撃を見せるも、イングランド代表GKジョーダン・ピックフォードを中心とするエバートンの堅守を最後までこじ開けられず、マウリツィオ・サッリ体制での公式戦無敗を18試合に更新するにとどまった。 ▽この試合で後半途中にイタリア代表MFジョルジーニョに代わって途中出場したセスクだが、同選手が試合途中に見せたひとつの卑怯な行為が話題を集めている。 ▽チェルシーが相手陣内の左サイドでFKを獲得すると、ケビン・フレンド主審がボールをセットする場所にバニシング・スプレーで印を付けた。そして、同主審がその場を離れた直後、セスクはバニシング・スプレーの白い泡をおもむろに右手で掴むと、当初の位置よりも数十cm前に白い泡を置き直し、何食わぬ顔でボールの位置も移動させた。 ▽この大胆かつ素早い技にフレンド主審、エバートン陣営は全く気付かず。セスクと共にキッカーを務めようとしていた同僚MFエデン・アザールが唯一気付いていたものの、同選手も我関せずの態度を決め込んだ。ただ、セスクの卑怯行為も実らず、このFKがゴールチャンスに結びつくことはなかった。 ▽この中継映像が1人のツイッターユーザーによって投稿されると、SNS上で瞬く間に話題に。チェルシーファンを中心にセスクの画期的な発想を好意的に受け止める意見があった一方、エバートンファンやその他のクラブのファンは何らかの処分を科すべきだと糾弾する姿勢を見せていた。 ▽今回の出来事に関してイングランドサッカー協会(FA)が正式に調査に乗り出す可能性は微妙なところだが、今後選手たちの間で流行しないようにセスクとチェルシーに釘がさされる可能性は高そうだ。 ◆画期的orセコい? https://twitter.com/NorthBankNadim/status/1061653798077284352 2018.11.13 15:37 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、後半怒涛の攻撃も実らずエバートンとゴールレス…公式戦無敗は18試合に《プレミアリーグ》

▽チェルシーは11日、プレミアリーグ第12節でホームでエバートンと対戦し、0-0で引き分けた。 ▽前節はモラタが昨年9月のストーク・シティ戦のハットトリック以来の複数得点を決めてクリスタル・パレスに快勝したチェルシー。ヨーロッパリーグでもBATEボリゾフ相手に苦しめられたもののジルーの今季初ゴールで勝利を収めグループステージ突破を決めた。開幕からの公式戦無敗を「17」としているチェルシーは、今節はスタメンをBATE戦から8選手変更。ディフェンスラインを総入れ替えし、中盤にはジョルジーニョ、カンテ、コバチッチ、前線にはウィリアン、モラタ、アザールが起用された。 ▽互いに高いテンションでスタートした試合。ファーストシュートはエバートン。2分、右サイドのクロスの流れからリシャルリソンがボックス手前左からシュート。これは相手に当たって枠を外れる。 ▽アグレッシブなエバートンは12分にはCKの流れからベルナールがボックスの外からミドルシュート。カンテがコースを切られていたため枠に飛ばすことはできなかったが、惜しいシュートだった。 ▽一方、チェルシーはエバートンのコンパクトな守りを前に得意のパスサッカーが展開できない。アザールもドリブル突破を試みるが、スペースが狭く効果的ではない。そんな中、チェルシーのチャンスは23分に訪れる。アザールのドリブル突破からゴール正面でFKを獲得。これをマルコス・アロンソが壁の外からゴール左隅を狙ったが、カーブがかかりきらず僅かに外へ逸れた。 ▽40分には再びFKからチャンス。敵陣右サイドでからウィリアンがファーサイドのマルコス・アロンソに入れると、マルコス・アロンソはこれをダイレクト・ボレー。完全に枠を捉えていたが、イングラド代表GKピックフォードがファインセーブを見せた。 ▽後半も同様にチェルシーがエバートンの守りに手を焼く展開に。60分にここまで最大の決定機が訪れるも、カウンターからのウィリアンのシュートはゴール左にわずかに逸れた。さらに61分には、アザールがボックス手前から左足でミドルシュート。無回転の強烈なシュートだったがGKピックフォードがビッグセーブ。立て続けにアザールが放ったシュートは、相手に当たってゴールに向かうも、ここでもピックフォードがかき出した。 ▽徐々にチェルシーの勢いが増していく中、65分にジョルジーニョを下げてセスクを投入。その直後、ロングボールをアザールがゴール前で収めると、マルコス・アロンソがボックス左からシュート。これはポストに嫌われてしまう。 ▽68分にウィリアンに代えてペドロを入れたチェルシーはなおも猛攻を続ける。72分にアスピリクエタからのクロスをモラタが押し込んでネットを揺らすもオフサイドの判定に。73分にはコバチッチのスルーパスからアザールがゴール前に抜け出すと、ボックス左からトゥーキックで狙ったが枠を捉えることが出来なかった。 ▽優勢のチェルシー。82分にはコバチッチを下げてバークリーを入れて3枚の交代カードを使い切る。投入直後、バークリーはミドルシュートでトライ。しかしこのシュートは大きく枠を外れた。 ▽その後もアウェイで徹底して守りを固めるエバートンの牙城を最後まで崩すことが出来ず、ゴールレスで試合終了。公式戦無敗を18試合に伸ばした。 2018.11.12 01:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトで苦境の香川にプレミア2クラブが関心!

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(29)の獲得にエバートン、ウェストハムが関心を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽今夏、ルシアン・ファブレ新監督の就任に伴い、ここまで公式戦4試合の出場と思うように出場機会を得られていない香川。ドルトムントとの契約は2020年までとなっているが、出場機会を求めて今冬にもクラブを去る可能性が伝えられている。 ▽今夏の移籍市場では以前から憧れを語るスペイン行きも伝えられた香川だが、現時点で獲得に興味を示しているのはエバートン、ウェストハムというプレミアリーグの中堅クラブのようだ。 ▽『カルチョメルカート』が伝えるところによれば、以前から関心が伝えられたエバートンは香川の動向を引き続き注視しているという。また、新たに獲得レースに参戦したウェストハムは1200万ポンド(約17億8000万円)のオファーを準備しており、日本代表MFを獲得した考えのようだ。 ▽また、同メディアは香川とドルトムントが今後の去就に関して近日中に話し合いを行う可能性についても言及している。 2018.11.08 05:00 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース