大迫と久保が先発の日本人対決はAT弾でニュルンベルクが引き分けに持ち込む《ブンデスリーガ》2018.09.17 00:26 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第3節、ブレーメンvsニュルンベルクが16日に行われ、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は88分までプレーし、ニュルンベルクのFW久保裕也はフル出場している。

▽前節フランクフルト戦で移籍後リーグ戦初ゴールを記録してチームの初勝利に貢献した大迫は開幕3試合連続スタメンとなった。

▽一方、前節マインツ戦でも幾つかゴールに迫るシーンを生み出した久保も大迫同様、開幕3試合連続スタメンとなった。

▽[4-3-3]のシステムを採用した両チーム。大迫と久保は共に左ウイングでのスタートとなった。

▽ホームチームのブレーメンが仕掛ける入りとなった中、15分に大迫のパスを受けたボックス左のクルーゼが決定的なシュートを浴びせると、21分にはボックス内からハルニクがシュートを放ち、ゴールに近づいていった。

▽すると26分、ボックス手前右でパスを受けたM・エッゲシュタインが右足を一閃すると、強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さった。

▽その後もブレーメンが主導権を握り、ニュルンベルクに攻め手を与えずに後半へ折り返した。

▽後半に入って前がかったニュルンベルクは、59分に同点に追いつきかける。FKの流れで混戦となったところをペトラクが押し込んだが、その前にオフサイドがありVARの末にノーゴールとなった。

▽その後はシャヒンを投入したブレーメンが主導権を握り返し、終盤にかけてはニュルンベルクに付け入る隙を与えず、1-0で逃げ切るかと思われた。

▽ところが後半追加タイム2分、ニュルンベルクはパワープレーでロングボールを送ると、ボックス左でパスを受けたミシジャンがゴール左を射抜いて土壇場で同点に持ち込み、直後にタイムアップ。日本人対決は引き分けに終わった。
コメント
関連ニュース
thumb

40歳クラウディオ・ピサーロがブンデス最年長弾! 22年ぶり更新

ブレーメンに所属する元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(40)がブンデスリーガ史に名を刻んだ。様々なデータを扱う『Opta(@OptaFranz)』が取り上げた。 ブレーメンは16日に行われたブンデスリーガ第22節でヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦。61分からピッチに入ったピサーロが1点ビハインドの後半アディショナルタイム6分に劇的ゴールを決め、土壇場で価値ある勝ち点1をもぎ取った。 昨年10月3日に40歳の誕生日を迎えたピサーロにとって、この劇的弾は40歳136日での得点。かつてブレーメンで活躍したミルコ・ボターバ氏が1996年に打ち立てた40歳121日のブンデスリーガ最年長得点記録を更新した。 ピサーロは1999年のブレーメン移籍を機に海外挑戦。その後、バイエルンやチェルシー、ケルンを経て、昨夏に4度目のブレーメン復帰を果たした。ブンデスリーガ通算成績は463試合195得点76アシスト。今シーズン3得点目を記録している。 2019.02.17 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫勇也がコパ・アメリカ不参加を承諾

ブレーメンは14日、日本代表FW大迫勇也のコパ・アメリカ不参加承諾を日本語版のクラブ公式ツイッター(@werderbremen_jp)で発表した。 今冬にアジアカップを戦った大迫はブレーメン合流後、背中の痛みを理由に、依然として公式戦出場なし。そうした状況を受け、ブレーメンは12日に「大迫をコパ・アメリカに行かせない」との声明文で、招待国としてコパ・アメリカに参戦する日本代表の招集拒否を表明した。 声明から2日後の14日、ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督は「彼はコパ・アメリカへの不参加に理解を示し受け入れた。話し合いは選手の同意の下、JFAとの密接な調整の上で行っている。代表への派遣の義務はなく、その為、この様な決断を下した」とコメントした。 コパ・アメリカは6月に開幕。1999年以来2度目の出場となる日本代表はグループCに入り、チリ代表(6月18日)、ウルグアイ代表(同月21日)、エクアドル代表(同月25日)と対戦する。 2019.02.15 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、日本代表に不満…「大迫をコパ・アメリカに行かせない」

ブレーメンは12日、日本代表FW大迫勇也の状態を心配し、公式サイト上に声明を掲載した。 日本代表にとって最も欠かせない存在となっている大迫は、今年行われたアジアカップでも臀部の痛みを抱えつつ4試合に出場。惜しくも優勝はカタール代表に譲ったものの、準決勝のイラン代表戦では2ゴールを決めて森保ジャパンを決勝に導いた。 しかし、その後所属元であるブレーメンに帰還した大迫は未だ試合に出ることが出来ず。コンディション不良が伝えられており、公式戦2試合でベンチを外れている。 ブレーメンは12日、「大迫をコパ・アメリカに行かせない」というタイトルの声明を公式サイト上に掲載。声明の中では、「大迫はワールドカップでも日本のためにブンデスリーガの準備期間を逃し、1月にはアジアカップで使われた。腰痛で戻り、現在は起用不能だ」と日本代表への不満を露わにしている。 また、フランク・バウマンSDの「私たちは勇也がアジアカップの準決勝と決勝でプレー出来たことに驚いている。プレー出来ない状態で(ブレーメンに)戻ってきたにも関わらず、アジアカップで彼の負傷は悪化しなかったのだろう」と皮肉めいたコメントを紹介。さらに、「もちろん勇也は代表チームを助けたいと思っている。だが、ブレーメンは日本の最も重要な代表選手の一人が燃え尽きないように注意しなくては」と、大迫や日本代表を思ってこそのことだと主張している。 今年6月14日から7月7日にかけてブラジルで行われるコパ・アメリカ2019に、招待国として出場する日本。選手の招集には国際サッカー連盟(FIFA)に保障された強制力が働かないため、大迫を招集するのは困難と言えそうだ。 2019.02.13 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

DFBポカール準々決勝の対戦カードが決定! バイエルンは格下のハイデンハイム、大迫ブレーメンはシャルケ!!

10日にDFBポカール準々決勝の組み合わせ抽選会が行われ、準々決勝の対戦カードが決定した。 今季のブンデスリーガで2位につけるバイエルンは、3回戦でヘルタ・ベルリンを延長戦の末に下して準々決勝進出を果たした。そして、3大会ぶり19度目の優勝を目指すニコ・コバチ監督率いる優勝候補筆頭は、3回戦でレバークーゼンにジャイアントキリングを達成した2部所属のハイデンハイムと準々決勝での対戦が決定した。 また、FW大迫勇也の所属するブレーメンは、3回戦で今季リーグ首位を走るドルトムントをPK戦の末に下し、ベスト8入り。準々決勝では、3回戦でMF宇佐美貴史を擁するデュッセルドルフに4-1と快勝したシャルケと対戦。 その他、DF酒井高徳とMF伊藤達哉を擁するハンブルガーSVは、3回戦でデュイスブルクに勝利したパーダーボルンと、3回戦でヴォルフスブルクを下したライプツィヒは、アウグスブルクと対戦する。 なお、DFBポカール準々決勝は3月2日と同3日のいずれかで行われる予定だ。準々決勝対戦カードは以下の通り。 ◆DFBポカール準々決勝 シャルケ vs ブレーメン アウグスブルク vs ライプツィヒ バイエルン vs ハイデンハイム(2部) パーダーボルン(2部) vs ハンブルガーSV(2部) 2019.02.11 05:53 Mon
twitterfacebook
thumb

延長戦で2度のビハインドを追いついたブレーメン、PK戦でドルトムント撃破しベスト8進出!《DFBポカール》

DFBポカール3回戦、ドルトムントvsブレーメンが5日に行われ、3-3で120分を終了し、PK戦の末に2-4としたブレーメンがベスト8進出を果たした。ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ入りしなかった。 昨年10月に行われた2回戦で延長戦の末にウニオン・ベルリンを3-2と下したドルトムントと、フレンスブルクに5-1と圧勝したブレーメンの一戦。 サンチョやピシュチェク、GKビュルキら一部主力を温存したドルトムントと、アジアカップに参戦していた大迫が引き続き欠場となったブレーメンの試合は、開始5分にブレーメンが先制する。ボックス手前右で得たFKをクルーゼが直接気味に狙ったシュート性のボールを、ゴール前のラシカがコースを変えてネットを揺らした。 早々の失点を受けて前がかるドルトムントは14分、プリシッチの右クロスをゲッツェがヒールで合わせた決定的なシュートはわずかに枠を外れる。 しかし、その後は好機を生み出せず、シャヒンを5バックの中央に据えてスペースを埋めるブレーメンの守備を攻略できずにいた。 それでも前半終了間際の追加タイム3分、ペナルティアーク中央で得たFKをロイスが直接狙うと、完璧な軌道を描いたシュートがゴール左に決まり、1-1で前半を終えた。 後半から鼠径部を痛めたロイスに代わってアルカセルを最前線に投入したドルトムントが前半同様にボールを持つ流れとなるも、後半最初のチャンスはブレーメン。54分にクルーゼのミドルシュートが枠を捉えたが、GKエルシュレーゲルに防がれた。 その後もドルトムントがボールを握るも、全くシュートチャンスを生み出せない。膠着状態が続く中、終盤の89分にブレーメンに絶好機。ボックス手前右で得たFKをクルーゼが直接狙うと、壁に当たってコースの変わったシュートが枠へ。しかし、GKエルシュレーゲルにビッグセーブで阻まれた。 ひやりとしたドルトムントは追加タイム1分、左CKからデラネイの放ったヘディングシュートがバーを直撃し、90分で決着つかず。延長戦にもつれ込んだ。 迎えた延長戦、ドルトムントはゲッツェとラファエウ・ゲレイロに代えてフィリップとラーセンを投入し、ブレーメンはバルクフレーデに代えてピサーロを投入した。 その延長戦、ブレーメンがポゼッションを高める時間を増やしていたが、同前半15分にドルトムントがゴールをこじ開けた。プリシッチが中央をドリブルで打開し、ゲッツェへパス。ゲッツェのリターンパスをボックス中央で受けたプリシッチがGKとの一対一を冷静に制した。 しかし、延長後半3分、ブレーメンが大ベテランのゴールで同点に追いつく。ボックス右に侵入したモフワルドが折り返したクロスをゴールエリア右で受けたピサーロが絶妙なトラップから巧みにシュートを流し込んだ。 直後、ラーセンのシュートで勝ち越しゴールに迫ったドルトムントだったが、GKパブレンカのセーブに阻まれる。それでも、アルカセルの直接FKでゴールに迫ると、同8分にロングカウンターから勝ち越す。右サイドでフィリップが突破に成功し、ボックス右ゴールライン際から折り返したクロスをアクラフが押し込んだ。 だが、まだ勝負は終わらない。同14分、右CKからファーサイドのハルニクがヘッドで叩くと、GKの手を弾いてネットに吸い込まれ、ブレーメンが土壇場で追いついて見せた。 そして3-3で迎えたPK戦、ドルトムントの1番手キッカーを務めたアルカセルと2番手キッカーを務めたフィリップのシュートをGKパブレンカが止めたブレーメンが4-2で制し、ベスト8進出を決めている。 2019.02.06 07:33 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース