マルセロ、CR7流出惜しむ声を意に介さず2018.09.16 21:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロが、ビルバオ戦のドローについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽マドリーは15日、リーガエスパニョーラ第4節で難所サン・マメスに乗り込み、1-1でビルバオと引き分けた。これにより、開幕からの連勝が「3」でストップしている。

▽試合の中では多くのチャンスを迎えていたが、決め切ることができず。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍したことによる決定力不足が指摘されている。

▽試合後のインタビューに応じたマルセロは、ファンが退団したスターを惜しむのは初めてではないと主張した。

「僕らはこの試合のことを忘れて、次の試合について考える必要がある」

「勝利がフェアな結果だっただろうね。彼らより多くのチャンスを迎えたけど、ゴールが生まれなかった」

「ファンはラウール(・ゴンサレス)やジズー(ジネディーヌ・ジダン)も回顧していた。…クリスティアーノ(・ロナウド)だけではないよ」

コメント

関連ニュース

thumb

イスコの「S・ラモスがFK譲ってくれた」発言が物議醸す…フリーキッカーを決めるのはコーチ陣or選手?

レアル・マドリーMFイスコの「セルヒオ・ラモスがフリーキックを譲ってくれた」との発言が物議を醸している。<br><br>イスコは先のチャンピオンズリーグ、ローマ戦(3&minus;0)で直接フリーキックからゴールを記録。その試合後にはS・ラモスからフリーキックを蹴る権利を与えられたと話した。<br><br>しかしながらこの発言は、スペインで物議を醸すものとなっている。スペインのラジオ局『オンダ・セロ』の番組では、フリーキッカーを選ぶのは選手とコーチ陣のどちらなのかが討論される事態となった。<br><br>その討論の中で、有名ジャーナリストのエンリケ・オルテゴ氏は「普通であれば、コーチ陣がペナルティエリア手前左や右、ペナルティーマークなどで、どの選手が蹴るべきかを指名する。選手が好き勝手に蹴るものではない」と主張している。<br><br>なおレアル・マドリーは、昨季までFWクリスティアーノ・ロナウドがほぼすべてのFKとPKを蹴っていたが、今季に入ってからS・ラモスがその役割を引き継いだ。選手もコーチ陣に劣らぬ権力を持つとされる、レアル・マドリーならではの物議と言えそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 01:13 Sun
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、脱税による禁錮8カ月の罪を認める…スペイン紙報道

脱税の疑いでスペインの検察当局から起訴されてたレアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、罪を認めて罰金を払うことに合意したようだ。スペイン『エル・ムンド』が報じている。<br><br>モドリッチはスペインの税務局から、ルクセンブルクに妻ヴァンニャ名義で設立したペーパーカンパニーを通じて、2013年に29万990ユーロ、2014年に57万9738ユーロと、合計87万728ユーロを脱税したと告発されていた。<br><br>『エル・ムンド』によれば、モドリッチは禁錮8カ月の罪を認めて、脱税額の40%となる34万8291ユーロの罰金を支払うことで検察当局と合意した模様。また、ほかの選手と同様に禁固1日につき250ユーロ、合計6万ユーロを支払うことで、収監は免れるという。<br><br>なおモドリッチは上記以外の脱税も行っていた疑いがあり、今後も捜査が続けられる見通しだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 00:26 Sun
twitterfacebook
thumb

今年も荒れる…? “マドリッド・ダービー”が反暴力委員会指定の高リスク試合に

▽スペインの反暴力委員会のミーティングが開かれ、マドリッド・ダービーが“高リスク試合”に指定されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽レアル・マドリーは29日、リーガエスパニョーラ第7節で本拠地サンティアゴ・ベルナベウにアトレティコ・マドリーを迎え、マドリッド・ダービーを戦う。『マルカ』によると、規模の大きいライバルクラブ同士のダービーということで、主にサポーター同士の衝突を反暴力委員会が警戒しているようだ。 ▽以前には、9月9日に開催されたインドア・フットボールのスーペル・コパの会場に、火器を伴って来場しようとした1人のファンが、3000ユーロ(約40万円)の罰金と12ヶ月の出入り禁止処分を受けることとなっていた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

最高の選手は? K・ボアテング「C・ロナウドこそ最高のお手本。メッシは…」

▽サッスオーロに所属する元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングが、サッカー界最高のプレーヤーについて語った。ドイツ『SPOX』のインタビューを、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。過去10年間でバロンドールを5度ずつ獲得している両選手の“どちらが最高の選手か”という議論は、現代のフットボール界でお馴染みの話題となっている。 ▽K・ボアテングは、サッスオーロの一員としてセリエA第4節でユベントスと対戦。試合ではC・ロナウドが移籍後初ゴールを含む2得点を決め、ユベントスが2-1の勝利を収めていた。 ▽その試合にフル出場したK・ボアテングは、C・ロナウドこそ最高のお手本だと主張した。 「若いフットボーラーにとって、(クリスティアーノ・)ロナウドが世界ベストのはずだ」 「才能がありつつ最大限練習しているし、最高のお手本だよ」 「狂人のように働き、フットボールに関する全てに彼は情熱的だ」 「彼は常にベストであろうとする。あらゆること(記録)の1位になりたがっていて、(キャリアを)始めたばかりのプレーヤーは彼に注目するべきだよ。完璧なんだ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽一方で、メッシはそれすらも超えた存在であると、K・ボアテングは答えている。 「ロナウドはこの世界で起こること全てやってしまうが、この世界だけだ」 「この世界を超越して、最高は(リオネル・)メッシだ。信じられないほどだよ。彼がやっていることは、誰にもできないことだ」 「僕は彼がこの世界にいるとはみなしていないよ」 「ロナウドはこの世界を支配している。そして、メッシは全ての上に立つ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月22日は、“フェノメノ”と称された元ブラジル代表FWのバースデー

◆ロナウド 【Profile】 国籍:ブラジル 誕生日:1976年9月22日 現役時所属クラブ:レアル・マドリー、バルセロナ、インテル、ミランなど ポジション:FW 身長:183㎝ 体重:95kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月22日は、元ブラジル代表のロナウド氏だ。 ▽圧倒的なパワー、スピード、テクニックに傑出した得点感覚を兼ね備えたロナウド氏。現役時代に“フェノメノ”(=怪物)と称された、史上最も偉大なストライカーの1人だ。 ▽母国のクルゼイロでキャリアをスタートさせたロナウド氏は、オランダのPSVで欧州デビューを飾ると、初年度からリーグ30得点を記録。また、1996-07シーズンに1年間だけ所属したバルセロナでは、当時のボビー・ロブソン監督が「私の戦術はロナウド」と発言するほどのプレーを見せ、公式戦42試合42ゴールの成績を残した。 ▽しかし、その後に移籍したインテルでは、2000年に4月に右ヒザ靭帯部分断裂の大怪我を負い20ヶ月間のリハビリを強いられることに。それでも、その逆境を乗り越えてブラジル代表として臨んだ2002年の日韓ワールドカップでは大会トップの8得点でチームを優勝に導き、同年にレアル・マドリーへの移籍を果たした。マドリー時代後期には病気から来る運動量の衰えを批判されはしたものの、クラブ通算177試合104ゴールという数字を残している。 ※誕生日が同じ主な著名人 エマニュエル・プティ(元サッカー選手) ハリー・キューウェル(元サッカー選手) チアゴ・シウバ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) 山瀬功治(サッカー選手/アビスパ福岡) マイケル・ファラデー(科学者) 吉田茂(第48-51代内閣総理大臣) ボブ・サップ(格闘家) 北島康介(元水泳選手) 今井絵理子(歌手/SPEED) 渋谷すばる(タレント/元関ジャニ∞) 2018.09.22 07:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース