超ワールドサッカー

マルセロ、CR7流出惜しむ声を意に介さず2018.09.16 21:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロが、ビルバオ戦のドローについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。▽マドリーは15日、リーガエスパニョーラ第4節で難所サン・マメスに乗り込み、1-1でビルバオと引き分けた。これにより、開幕からの連勝が「3」でストップしている。

▽試合の中では多くのチャンスを迎えていたが、決め切ることができず。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍したことによる決定力不足が指摘されている。

▽試合後のインタビューに応じたマルセロは、ファンが退団したスターを惜しむのは初めてではないと主張した。

「僕らはこの試合のことを忘れて、次の試合について考える必要がある」

「勝利がフェアな結果だっただろうね。彼らより多くのチャンスを迎えたけど、ゴールが生まれなかった」

「ファンはラウール(・ゴンサレス)やジズー(ジネディーヌ・ジダン)も回顧していた。…クリスティアーノ(・ロナウド)だけではないよ」

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー在籍12年目のマルセロ「S・ラモスからの全てのアドバイスに感謝」

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが、同僚のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスへの感謝を語っている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽マルセロは、2007年1月にフルミネンセからマドリーに入団。2005年夏にセビージャから加入したセルヒオ・ラモスに次ぐ、2番目の古株となっている。 ▽在籍期間が、自身の背負う背番号である「12」と同じ年数に差し掛かったマルセロは、以下のように同僚への感謝を口にした。 「(セルヒオ・ラモスからは)多くを受け取ったよ。セルヒオ・ラモスと僕は沢山会話していて、(マドリーに)入団してから多くの手助けをしてくれた」 「彼のしてくれた全てのアドバイスに感謝する」 「毎日目が覚める度にとても幸せだ。誰もが望む場所に居るんだからね。世界最高のクラブの為にプレーしていて、これは特権だ。このシャツを着続けるだけで、僕の野心は満たされる」 ▽マルセロはこれまで、マドリーでの公式戦通算462試合36ゴール85アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)4度、リーガエスパニョーラ4度を含む19度のタイトル獲得に大きく貢献している。 2018.11.18 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ダリッチ監督、過激発言のロブレンをたしなめる

▽クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督が、リバプールに所属する同国代表DFデヤン・ロブレンの発言に反応している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽クロアチア代表は15日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4第5節でスペイン代表に3-2で勝利。第2節での0-6の大敗のリベンジを果たしたが、試合後にロブレンが「ヒジで奴(セルヒオ・ラモス)を殺してやった」と発言してしまい、悪い意味での注目を浴びている。 ▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、昨年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝リバプール戦でFWモハメド・サラーと交錯し、負傷交代に追い込んでしまい、その時からロブレンに敵視されているとみられている。 ▽リバプールでは、以前にユルゲン・クロップ監督もセルヒオ・ラモスを「レスラー」と揶揄。ロッカールーム内で同選手に対する悪感情が蔓延していることは想像に難くないが、ロブレンはやや素直に感情を表し過ぎたようだ。ダリッチ監督が以下のようにたしなめている。 「彼と話すつもりだよ。でも、私たちやチームの間に問題は残らないだろうね」 「それに関して公の場で語りたくはない」 2018.11.18 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモス、自身の所有馬が世界チャンピオンに!

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの所有する“ユカタン・デ・ラモス”が2018年の世界で最も優れたスペイン産の馬に選出された。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽以前からスペインサッカー界屈指の馬好きとして知られていたセルヒオ・ラモスは、これまで多くの地元アンダルシア産の馬を所有していた。そして、その所有馬のうちの一頭、“ユカタン・デ・ラモス”が、『サロン・インターナショナル・デル・カバッロ』のセビリアでのイベントで2018年の世界で最も優れたスペイン産の馬に選出された。 ▽『サロン・インターナショナル・デル・カバッロ』は種牡馬と母馬の優劣を決めるスペインのコンテストの最高峰で、スペイン各地の予選を勝ち抜いた選りすぐりの名馬が集まる権威のある大会だ。 ▽そのため、会場を訪れていたセルヒオ・ラモスと親族、友人は“ユカタン・デ・ラモス”の今回の受賞を聞いた際には、まるでチャンピオンリーグやリーガのタイトルを獲得したようなテンションで喜びを爆発させていた。 2018.11.18 16:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ハメス、来夏マドリー復帰へ? バイエルンが買い取り見送りか

▽バイエルンでプレーするコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)がレアル・マドリーに復帰する可能性があると、スペイン『アス』が指摘している。 ▽昨夏に2年間のレンタル+4200万ユーロ(約54億円)の買い取りオプション付きで、マドリーからバイエルンに移ったハメス。ジネディーヌ・ジダン元監督下で出場機会が減少していたことに不満を覚えてのレンタル移籍となったことが、伝えられている。 ▽バイエルンに身を移したハメスは、昨シーズンに公式戦39試合8ゴール14アシストと中心選手として活躍。買い取りオプションの行使も既定路線と見られていた。しかし、ニコ・コバチ監督が新たに指揮を執る今シーズンは、昨シーズン程の輝きを放ててはおらず。ドイツ『キッカー』は先日、クラブ上層部がハメスの買い取りを見送ると報道。来夏にマドリーに帰還するだろう、と推測した。 ▽また、マドリーでは昨シーズン限りでジダン監督が退任。ハメスの退団の理由として伝えられていた最も大きな理由が、解消されている。さらに、ハメスは現在でもマドリーを応援しており、リーガエスパニョーラを観戦していることを以前に公言していた。 ▽そして、『アス』によれば、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長がパフォーマンスの上がり切らないガレス・ベイル、マルコ・アセンシオ、イスコの売却を検討しており、アタッカーのポジションの補強を求めているという。ハメスのバイエルン行き以降衰えている、南米方面のマーケティングに関しても、再強化する狙いがあるようだ。 2018.11.18 14:20 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールがスペイン代表DFに関心! クロアチアvsスペインにスカウト派遣

▽リバプールがレアル・ソシエダに所属するスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(25)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『カデナ・セル』が伝えている。 ▽『カデナ・セル』が伝えるところによれば、リバプールはジョレンテ獲得に向けて先日のレバンテ戦に加え、クロアチア代表vsスペイン代表の一戦にスカウトを派遣していたようだ。 ▽マドリーの下部組織出身のジョレンテは、2012年にトップチームデビュー。しかし、世界屈指のスカッドを誇るトップチームで十分な出場機会を得ることはできず、ラージョ、マラガへのレンタル移籍を経て2017年にソシエダに完全移籍。昨季は公式戦34試合に出場し7ゴールを記録していた。 ▽本職のセンターバックに加え、右サイドバック、守備的MFでもプレー可能な足下の技術を持つジョレンテは、ビルドアップでも貢献可能な現代型のDF。また、186cmの長身を生かした空中戦の強さは攻守両面で大きな武器となっている。 ▽なお、2022年までソシエダとの契約を残すジョレンテだが、契約解除金は3000万ユーロ(約38億6000万円)と言われており、リバプールにとって問題なく支払える金額だ。 ▽現在、リバプールはオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、イングランド代表DFジョー・ゴメス、元カメルーン代表DFジョエル・マティプとトップチームのセンターバックは3枚だけとなっており、優先度は高くないものの補強が必要なポジションだ。 2018.11.18 14:19 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース