超ワールドサッカー

エース2発の王者バルサが快勝スタート! メッシが直接FK弾でクラブのリーガ通算6000点目を記録!《リーガエスパニョーラ》2018.08.19 07:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは18日、カンプ・ノウで行われた2018-19シーズンのリーガエスパニョーラ開幕節でアラベスと対戦し、3-0で快勝した。

▽昨季、無敗優勝こそ逃したものの圧倒的強さで2年ぶりの戴冠を果たしたバルセロナ。連覇を目指す王者は昨季14位アラベスとのホームゲームで新シーズンを迎えた。今夏レジェンドのイニエスタら数選手がクラブを去るも、ラングレ、ビダル、アルトゥール、マウコムら新戦力の獲得に成功したチームは攻守両面で穴が少ないスカッドの構築に成功。先週末に行われたセビージャとのスーペル・コパを2-1で制し今季最初のタイトルを獲得した。開幕戦に向けてはスーペル・コパから先発3人を変更。ラングレ、アルトゥール、ラフィーニャに代わってユムティティ、ラキティッチ、セルジ・ロベルトと昨季の主力が勢ぞろいした。

▽昨季のリーガエスパニョーラ制覇とスーペル・コパ優勝を祝うアラベス側のパシージョによってカンプ・ノウのピッチに入ったバルセロナは立ち上がりからエンジン全開。開始3分にはラキティッチの浮き球パスに抜け出したメッシがゴール右から右足のシュートを放つが、わずかに枠の左へ外れる。

▽立ち上がり以降もボールを保持して相手を押し込むバルセロナはメッシとジョルディ・アルバのホットラインに好調のデンベレが絡む形で厚みのある攻撃を続ける。38分にはボックス手前で得たFKをメッシが左足で直接狙うが、これはクロスバーを叩く。さらに直後にはメッシのスルーパスに抜け出したデンベレがGKと一対一も右足で放ったシュートはコースが甘く相手GKの好守に遭った。

▽終始、試合の主導権を握りながらもゴールだけが遠いバルセロナはハーフタイムにネウソン・セメドを下げてコウチーニョを投入。この交代でセルジ・ロベルトが右サイドバックに下がる。

▽この交代で攻勢を強めるホームチームは64分、ボックス手前の好位置でメッシがこの試合2度目のFKのチャンスを得る。そして、バルセロナの新カピタンはジャンプした壁の下を抜く見事なシュートでゴールネットを揺らし、待望の先制点をもたらす。なお、メッシのこの得点はバルセロナにとってリーガエスパニョーラでの通算6000ゴール目となった。
▽エースの一撃でようやく重圧から解き放たれたチームはここからさらに攻勢を強めていく。メッシの絶妙なコントロールシュート、デンベレの中央突破、コウチーニョ、スアレスの際どいシュートで2点目に迫るも相手GKパチェコが意地のビッグセーブで立ちふさがる。

▽その後、77分にデンベレを下げてアルトゥールをリーガデビューさせると、83分にはボックス左にドリブルで持ち込んだコウチーニョが得意の左45度から右足のコントロールシュートを突き刺し追加点を奪取。さらにブスケッツに代えてビダルをデビューさせたホームチームは後半アディショナルタイムにもスアレスの浮き球パスをボックス中央で収めたメッシがニアに左足のシュートを流し込み、試合を決定づける3点目を決めた。頼れるエースの2ゴールの活躍でアラベスを一蹴した王者バルセロナが連覇に向けて最高のスタートを飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

問題児デンベレの遅刻理由、TVゲーム没頭による寝坊か

▽スペイン『アス』がバルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレの遅刻理由を報じた。 ▽デンベレは11日に行われたリーガエスパニョーラ第12節のベティス戦でメンバー外に。だが、エルネスト・バルベルデ監督は招集外の理由を濁したが、8日のトレーニングを連絡なく遅刻したことが原因とみられる。 ▽そんなデンベレはバルセロナに対して、遅刻理由として胃の不調を訴えた模様。だが、それもデタラメであり、真の理由は練習前日に友人たちと夜遅くまでテレビゲームに没頭したことによる寝坊だという。 ▽才能は一級品だが、素行の悪さが物議を醸すデンベレ。フランス代表のディディエ・デシャン監督からも遅刻癖を指摘されるなど問題児ぶりを露呈してしまってるが、改心することはできるのだろうか。 2018.11.19 08:55 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナGM、ネイマール再獲得ほのめかす「可能性あるとして考えないわけがない」

バルセロナのペップ・セグラGM(ゼネラルマネージャー)が、パリ・サンジェルマンFWネイマールがバルセロナに復帰する可能性について語った。<br><br>2017年夏に移籍金2億2000万ユーロでバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したネイマールだが、バルセロナ復帰が常々噂されている。スペイン『バングアルディア』とのインタビューに応じたセグラGMは、ネイマールを再獲得する可能性を否定しなかった。<br><br>「プロの領域においては、市場に出ている全選手に獲得の余地がある。私たちの必要性に合致しているのであればね。現在、ネイマールは市場に出ていない。いつの日かそうなる可能性があるとして、バルサのようなクラブが(獲得を)考えないと誰が思う? ネイマールでも違う選手でも同じことだ。自分たちのソシオにとって最善の手を尽くさなければ」<br><br>「ネイマールは私たちを裏切った? そのことも頭に入れなければいけない。ネイマールが私たちクラブにしたことは忘れるべきではないだろう。だが、たとえそうだとしても(移籍の鍵を握るのは)彼、彼になるんだよ。そして最後には、金銭的なことが重要となる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.19 00:28 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ哲学の破壊者とも噂されるセグラGM「チャビ、イニエスタいた頃のようなプレーは難しい」

バルセロナのペップ・セグラGM(ゼネラルマネージャー)は、自身が同チームの哲学を破壊しているとの噂を否定した。<br><br>かつて栄華を極めたポゼッションフットボールに陰りを見え始めたバルセロナ。その理由の一つとして、2017年6月に現職に就いたセグラGMの存在が挙げられている。<br><br>しかしながらスペイン『バングアルディア』とのインタビューに応じたセグラGMは、自身もバルセロナの哲学を守るために尽力していることを強調。ただし、ジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督が指揮を執っていた頃のチームを取り戻すのが難しいとの見解も示している。<br><br>「そうした意見の流れも存在しているね。しかし人々には腰を据えて、私の考えを聞いてもらいたい。たしかにチャビ、レオ(メッシ)、イニエスタら象徴的な選手たちがいたペップのバルセロナのような美しいプレーを見せることは難しい。一度上昇すれば、その後には下降があるものなんだよ」<br><br>「私たちが下降している? いいや。しかし、あれだけの極上なプレーに到達するのが、とても難しいことも理解しているよ。今は、あそこに戻ることを動機とすべきで、それこそが進まなくてはならない道なんだよ。私はここに到着してから、新たなメソッドでもって同じ道を行こうとしている」<br><br>セグラGMはMFパウリーニョ、MFアルトゥーロ・ビダルなど、バルセロナの哲学とは相容れないような選手たちを獲得することでも疑問視されている。<br><br>「欲する選手のタイプが明確でなければ、アルトゥール(・メロ)のことは獲得し損ねていただろう。私たちが好む選手は、技術のあるタイプだ。そしてクラブの歴史を分析すれば、ヨハン(・クライフ)の時代からそうしたタイプとは異なる選手が存在していた。チャンピオンズなどの大きな大会で安定を図るための選手がね」<br><br>「ここではケイタ、トゥーレ、ファン・ボメルなどがプレーしてきた&hellip;&hellip;。私たちのモデルにがっちりと適応する選手たちではないが、短い大会においては安定をもたらしてくれる。監督はそうした選手たちも数に入れる必要がある。バルサのモデルを危険にさらすことなくね」<br><br>バルセロナのプレースタイルを端的に表すことを求められたセグラGMは、次のように返答した。<br><br>「スタイル、DNA、モデル&hellip;&hellip;。『フットボールはとても簡単だが、シンプルにプレーすることは最も難しい』というヨハンの言葉が頭に浮かぶよとにかく、重要かつ共有すべき要素というものがある。それはバルサがバルサとして認められること、ボールを保持して楽しむこと、どうやって相手に打撃を与えるかを理解していることだ。ボールを失った際にはコレクティブな動きで、できるだけ早くをそれを取り戻さなくてはならない。そのすべてを実現することでバルサだと認められる。私たちはそれを求めているんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.18 21:36 Sun
twitterfacebook
thumb

F・デ・ヨングの新天地はバルサorシティ? 各地元メディアで意見真っ二つ

▽アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の新天地を巡ってバルセロナとマンチェスター・シティ行きの可能性が高まっている。 ▽ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたデ・ヨングは、2015年に名門アヤックスに加入。アヤックス伝統の[4-3-3]のアンカーロールに加え、ビルドアップ能力を買われてセンターバックでも起用されている。さらに、優れたパスセンスに加え、積極的な持ち出しを得意とする同選手は、いわゆる“8番”のプレーも得意としている。 ▽その超逸材に関しては来夏の移籍が濃厚となっており、国外のメガクラブ行きが盛んに報じられている。その中で有力候補に挙がっているのが、前述のバルセロナとシティだ。 ▽そして、バルセロナのお膝元カタルーニャの有力紙『ムンド・デポルティボ』は、過去にバルセロナへの憧れを語っていたF・デ・ヨングがバルセロナ行きを“最優先”としており、今冬あるいは来夏の加入に楽観的な報道を行っている。 ▽一方、イギリス『デイリー・ミラー』はシティがF・デ・ヨングの移籍に関してバルセロナを先行しており、6100万ポンド(約88億4000万円)での移籍成立の可能性を伝えている。 ▽各現地メディアの意見が真っ二つとなっている中、F・デ・ヨングの新天地はどこになるのか…。 2018.11.18 20:01 Sun
twitterfacebook
thumb

オーフェルマルスSD、ビッグクラブ関心のF・デ・ヨング&デ・リフト慰留に諦めムード

▽アヤックスは、所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の慰留は難しいと考えているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ディフェンスを含む複数のポジションでその才能を発揮するF・デ・ヨングと、身体能力や足元の技術にも優れた万能型センターバックのデ・リフト。両選手の評価は急上昇中であり、バルセロナやレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド行きの噂が絶え間なく囁かれている。 ▽以前は放出を否定していたアヤックスだが、同クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルク・オーフェルマルス氏は、現状を目の当たりにして引き留めは困難と認識したようだ。 「他のクラブからの関心について、新聞に毎日載っているような選手たちを引き留めるのは難しいだろうね」 「昨年、私たちはグループを結束させて、売却したのは(ジャスティン・)クライファートのみだった。だが、この才能ある選手たちを今後の数年間も一緒にしておくことはできないだろう」 ▽また、オーフェルマルスSDは「(オランダの)スキポール空港は欧州トップクラブが所有するプライベートジェットで埋め尽くされているよ」と、エールディビジの移籍市場での人気の高さを表すジョークを飛ばし、会話を締めている。 2018.11.18 15:50 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース