ユベントス、在籍25年のマルキジオと契約解除2018.08.17 17:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは17日、イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(32)との契約解除を発表した。

▽マルキジオはユベントスの生え抜き選手。2006-07シーズン途中にトップチームに昇格して以降、現在に至るまでビアンコネーロを支え続け、これまでに公式戦389試合に出場。前人未到のセリエA7連覇、3度のイタリア・スーパーカップ、4度のコッパ・イタリア制覇にも大きく貢献した。

▽しかし、30歳を過ぎたあたりから出場機会が減少。2017-18シーズンはケガの影響もあり公式戦出場は20試合に留まった。このような状況から2020年まで同クラブとの契約を残しているマルキジオが、今夏での契約解除を考慮していることが浮上。そして17日、7歳の頃に初めて白黒のユニフォームを着用し、25年間在籍したクラブに別れを告げることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

CR7のマドリー退団希望は昨夏から? ミランCEOが証言

▽ミランの最高経営責任者(CEO)を務めるマルコ・ファッソーネ氏が、昨夏にユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドとの契約が近付いていたことを明かした。スペイン『マルカ』が、イタリア経済紙『Sole24Ore』で語られた内容を伝えている。 ▽今夏に、レアル・マドリーからユベントスに移籍したC・ロナウド。セリエA7連覇中の絶対的なイタリア王者は、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇中のクラブのエースを引き抜き、その立場をさらに盤石なものとした。 ▽しかし、その1年前にはミラン入りが検討されていたようだ。ファッソーネCEOが明かしている。 「(前ミランオーナーの)リー(・ヨンホン)氏はロナウドを欲しがった。中国のマーケットに大きな影響を与えると信じていたからだ」 「私たちが会った2017年の夏、あの選手はマドリーを離れたがっていた。(代理人の)ジョルジュ・メンデスに費用と可能性を確認したよ」 「そして、私は(リー氏が)夢を放棄すると確信した。クリスティアーノは高過ぎたんだ」 2018.11.21 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

A・サンドロがプレミアへの憧れを公言!

▽ユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)が、プレミアリーグへの憧れを口にしている。スペイン『アス』が報じた。 ▽ユベントスとの契約を2020年6月まで残しているものの、延長交渉難航が伝えられているA・サンドロ。ユベントスが後釜探しに奔走しており、レアル・マドリーDFマルセロやバルセロナDFジョルディ・アルバ、ベンフィカDFアレハンドロ・グリマルドをリストアップしていることが、先日のイタリア『トゥットスポルト』で伝えられていた。 ▽そんな中、A・サンドロがプレミアリーグへの憧れを公言。ユベントスでの満足感を示しつつも、移籍報道を過熱させている。 「いつかプレミアリーグでプレーしたいと思っている」 「でも、今いる場所で僕はとても満足している。僕がいるクラブで。プレーしているリーグで。今現在の僕の唯一の考えは、幸せだと感じられるここで続けたいということだよ」 ▽なお、プレミア方面のクラブではチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドがA・サンドロの状況を注視。来年1月の移籍市場での獲得が囁かれている。 2018.11.21 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

モッタ氏が語るメッシ&ネイマール&C・ロナウド評とは?

▽元イタリア代表のチアゴ・モッタ氏が、現代のスーパースターたちをそれぞれ称賛した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューを、スペイン『マルカ』が抜粋している。 ▽2001-02シーズンにバルセロナの下部組織からトップチームに昇格してプロデビューを飾ったモッタ氏は、今年夏の引退までにアトレティコやジェノア、インテル、パリ・サンジェルマン(PSG)でプレー。イタリア代表としても30キャップを刻んでおり、多くの名選手とピッチで共演した。 ▽そんなモッタ氏が、バルセロナFWリオネル・メッシ、パリ・サンジェルマンFWネイマール、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドについてそれぞれコメント。全員を讃えている。 「(リオネル・)メッシは直感的で、夢を現実にする。彼はフェノーメノ(超常現象)なんだ」 「生まれついての才能に恵まれ、リーグが進化しても適応する方法を知っている」 「ネイマールにはボールを保持する能力がある。ライバルがお株を奪わないもので、彼のテクニックや身体能力が違いを生む」 「(クリスティアーノ・ロナウドは)比類なき選手だ。世界最高であるために生きている」 ▽モッタ氏は引退後、PSGのU-19チームでコーチとしてのキャリアをスタート。今回のコメントでも表れている通り、現役時代のプレーさながらプレーヤーの長所を引き出してくれるに違いない。 2018.11.21 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、甲状腺手術のジャンが練習復帰、代表離脱のピャニッチも問題なし

▽ユベントスのドイツ代表MFエムレ・ジャンが20日、練習に復帰したようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽甲状腺に結節(しこり)が見つかったジャンは、10月29日に結節の除去手術を行い、1カ月の離脱と報じられていた。 ▽また、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチは、15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグB・グループ3のオーストリア代表戦で足の筋肉を痛め、代表から離脱していた。しかし、『トゥット・ユーベ』によれば24日に行われるセリエA第13節SPAL戦でプレーできるとのことだ。 ▽一方でドイツ代表MFサミ・ケディラは足首の捻挫により、SPAL戦出場は微妙とのことだ。ユベントスはSPAL戦後、27日にチャンピオンズリーグでバレンシアと対戦する。 2018.11.21 03:02 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、処分確定前に288億の大型補強を敢行か

▽チェルシーが、今冬に大型補強を行う可能性があるようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽チェルシーを巡っては先日、18歳以下の選手獲得に関する規約違反により、国際サッカー連盟(FIFA)から処分を受ける可能性が浮上。処分が確定した場合、最大4度の移籍市場参戦が禁じられ、2年間補強が出来なくなる可能性がある。 ▽そこで、チェルシーは、これを恐れて処分前となる今冬の移籍市場で2億ポンド(約288億円)を投じることを画策しているという。 ▽チェルシーは、マンチェスター勢が関心を寄せているユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)と、サッリ監督の愛弟子のナポリに所属するアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(24)の獲得にそれぞれ5000万ポンド(約72億円)を準備。また、ドルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチ(20)の獲得に向けても7000万ポンド(約101億円)を投下するほか、ボーンマスに所属するオランダ代表DFネイサン・アケ(23)に対して、4000万ポンド(約58億円)の買い戻し条項を行使することを検討しているようだ。 2018.11.20 20:25 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース