バイエルンが酒井高&伊藤スタメンのHSVに逆転勝利!《プレシーズンマッチ》2018.08.16 02:56 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレシーズンマッチのハンブルガーSV(HSV)vsバイエルンが15日にフォルクスパルク・シュタディオン行われ、1-4でバイエルンが勝利した。HSVのDF酒井高徳は61分までプレー、MF伊藤達哉は前半のみプレーした。

▽12日にブンデスリーガ2部第2節のザントハウンゼン戦を行ったHSVは、その試合からスタメンを6人変更。酒井高と伊藤は共にスタメンに名を連ねた。

▽一方、12日にDFLスーパーカップ2018でフランクフルトと対戦したバイエルンは、その一戦からGKノイアーとロッベン以外のスタメン9人変更。ワグナーやコマン、ゴレツカ、ラフィーニャらがスタメンに並んだ。

▽互いに積極的な入りを見せる中、先にチャンスを迎えたのはHSV。3分、味方のパスを受けたホルトビーがボックス中央まで持ち上がりシュートを放つが、これはGKノイアーが左足で弾く。

▽対するバイエルンは4分、ロッベンのスルーパスでゴールエリア右まで駆け上がったワグナーがダイレクトシュート。GKミッケルが弾いたボールがそのままゴールに向かうも、ゴールライン手前で守備に戻ったDFにクリアされた。

▽一進一退が続く中、試合が動いたのはHSV。25分、ボックス左でボールを受けたアルプが相手DFを背負いながらワンタッチではたくと、これを拾ったホルトビーがGKノイアーを引きつけラストパス。最後はネイリーがゴールに流し込んだ。

▽先制を許したバイエルンだが30分、左サイドから仕掛けたコマンがボックス左で酒井高に倒されPKを獲得。このPKをワグナーがゴール左隅に沈めた。さらにバイエルンは、41分にもゴレツカの左クロスをワグナーが右足のヒールで合わせ、逆転に成功した。

▽迎えた後半、1点を追うHSVは伊藤やホルトビー、GKミッケルらに代えてハイロやヤンジチッチ、GKポラースベックを投入。対するバイエルンはGKノイアー、ロッベン、アブッチァを下げてGKウルライヒ、リベリ、ジュルーを投入。

▽立ち上がりから主導権を握るバイエルンは、59分にコマンやルディー、ゴレツカらに代えてミュラーやチアゴ、フランツケらをピッチに送り出した。すると73分、右サイドから仕掛けたフランツケのクロスをニアに走り込んだミュラーがワンタッチで流し込み、3点目を奪った。

▽リードを広げたバイエルンは、86分にもボックス左でボールを受けたキミッヒの折り返しからミュラーがゴールネットを揺らし、試合を決定付ける4点目。結局、試合はそのまま1-4で終了。

▽敵地で逆転勝利を収めたバイエルンは、18日にDFBポカール1回戦で4部のドロホターゼンと対戦。一方のHSVは、18日にDFBポカール1回戦で4部のエルンテブリュックと対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

【ブンデス第23節プレビュー】失速のドルトが4連勝のレバークーゼンと対戦! 原口&浅野vs長谷部も

前節はドルトムントが監督交代のあった久保ニュルンベルクの牙城を崩せずに2戦連続引き分けに終わった。一方でバイエルンはアウグスブルクに逆転勝利し、ついに3ポイント差にまで迫っている。迎える第23節、失速気味のドルトムントはボス監督就任後4連勝と絶好調のレバークーゼンとホームで対戦する。そして、日本人対決では原口&浅野ハノーファーvs長谷部フランクフルト、宇佐美デュッセルドルフvs久保ニュルンベルクが組まれている。 ニュルンベルクGKマゼニアの再三の好守もあってゴールをこじ開けられなかったドルトムント(勝ち点51)は、ボス監督就任後4連勝で5位まで浮上してきたレバークーゼン(勝ち点36)とのホーム戦に臨む。ロイス欠場の影響もあって足踏みが続いているドルトムントだが、昨季ドルトムントを指揮していたボス監督率いるレバークーゼンから3試合ぶりの勝利を取り戻せるか。 アウグスブルクに苦戦を強いられながらも終わってみれば3-2と逆転勝利した2位バイエルン(勝ち点48)は、9位ヘルタ・ベルリン(勝ち点32)をホームに迎える。火曜に行われたCLリバプール戦では守勢に回りながらもゴールレスドローに持ち込み、2ndレグにベスト8進出の可能性を十分に残した。消耗するビッグマッチを戦った後の試合となるが、バイエルンは取りこぼしせずヘルタを下してドルトムントを捉えることができるか。 今節は日本人対決が2試合組まれている。まずは日曜開催のハノーファーvsフランクフルトから。ハノーファーは前節ホッフェンハイム戦では0-3の完敗に終わり、自動降格圏脱出とはならなかった。ホッフェンハイム戦では先発した原口が見せ場を作れず、前半終盤から出場した浅野も目立った働きは見せられなかったが、長谷部が守備を統率するフランクフルトからゴールを奪うことはできるか。 一方、前節ボルシアMG戦では長谷部が失点に絡み、逃げ切りに失敗した7位フランクフルト(勝ち点34)。これで4試合連続ドローと足踏みが続いているが、失点シーン以外は安定感あるプレーを見せていた長谷部が原口と浅野をしっかりと抑え込むことができるかに注目だ。 もう一つの日本人対決は土曜に開催される宇佐美デュッセルドルフと久保ニュルンベルクの一戦だ。宇佐美は前節レバークーゼン戦で先発予想となっていたが、まさかのベンチ外に。これで3試合連続ベンチ入りできていない状況だが、出場のチャンスはあるか。 一方、監督交代の恩恵もあって9試合ぶりに先発した久保はドルトムント戦では守備面で貢献したが、攻撃面ではボールロストも多く、見せ場を作れなかった。デュッセルドルフ戦では引き続き献身的な守備に加え、攻撃面での仕事が期待される。背中の痛みが消えない大迫は今節も欠場が確定している。 ◆ブンデスリーガ第23節 ▽2/22(金) 《28:30》 ブレーメン vs シュツットガルト ▽2/23(土) 《23:30》 ボルシアMG vs ヴォルフスブルク マインツ vs シャルケ フライブルク vs アウグスブルク バイエルン vs ヘルタ・ベルリン 《26:30》 デュッセルドルフ vs ニュルンベルク ▽2/24(日) 《23:30》 ハノーファー vs フランクフルト 《26:00》 ドルトムント vs レバークーゼン ▽2/25(月) 《28:30》 ライプツィヒ vs ホッフェンハイム 2019.02.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

キミッヒが練習で最も衝撃を受けた選手は?バイエルン加入前のペップとの逸話も明かす

バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFヨシュア・キミッヒが『フランス・フットボール』のインタビューに応じ、様々なことについて語っている。<br><br>2015年からバイエルンでプレーするキミッヒ。当時の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ監督に求められる形でRBライプツィヒからやってきた。キミッヒは「最初はジョークだと思った」と話し、加入時の逸話を明かしている。<br><br>「ペップと話し、彼の試合への分析をAからZまで聞いたんだ。そこで彼は僕を大きなプランに含んでいると言ってくれた」<br><br>さらに、ペップの下で大きな成長を果たしたと明かすキミッヒは「すべての練習が楽しかった。ディティールを気にする完璧主義者だったね。彼のおかげで僕はユーティリティ性が身についた。CBとしてもプレーさせたんだからね。知らなかったことさえ学べたんだ」と話す。<br><br>また、練習時に最も驚かされたメンバーはシャビ・アロンソだという。「本当にスペシャルだった。彼のロングボールの正確性は衝撃だったよ。試合を読む目も並外れていた。チームメイトでいられたことは名誉だし、一緒にプレーした中で最高の選手だった」と振り返っている。<br><br> ▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう<br><br> 【関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは? <br />● 新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集<br />● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン<br />● Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと<br />● 白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など <br /><br><br><br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、バイエルン獲得熱望の逸材FWハドソン=オドイに関心?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を同『デイリー・メール』が伝えている。 チェルシー下部組織出身のハドソン=オドイは左ウイングや2列目を主戦場とするイングランド期待の逸材アタッカー。抜群のスピートと緩急自在の仕掛けに加え、精度の高い右足のキック、攻撃センスを兼ね備えている。 その逸材を巡って今冬の移籍市場では、バイエルンが3500万ポンド(約50億円)での獲得を目指していた。ハドソン=オドイ自身もトランスファーリクエストを提出したことがイギリス『スカイ・スポーツ』でも報じられていたが、チェルシーが最後まで放出を固辞し、実現しなかった。 それでもバイエルンは諦めておらず、今夏にも再びハドソン=オドイの獲得に動くようだ。しかし、今回伝えられるところによると、PSGも獲得に興味を示している模様。バイエルンに匹敵するオファーも準備できているという。 一方、チェルシーは依然として慰留に努めている。しかし、チェルシーのコーチであるジャンフランコ・ゾラ氏は、「ハドソン=オドイと同世代で同じくらいヨーロッパでプレーしている選手は多くない」と発言しながらも、出場機会の少なさから新契約を締結する見込みが薄まっていることを示唆しているようだ。 チェルシーとの現行契約が2020年6月までとなっているハドソン=オドイだが、今夏にクラブを離れる事になるのだろうか。 2019.02.21 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

クロップとコバチが試合後に口論? 交わしていた言葉とは…

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、試合終了直後のバイエルン指揮官とのやり取りを明かしている。イギリス『メトロ』が伝えた。 リバプールは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバイエルンを本拠地アンフィールドに迎え、0-0で引き分けた。アウェイゴールこそ与えなかったものの勝ち切ることも出来ず。勝負の行方を3月13日の2ndレグ、敵地での一戦に委ねることとなった。 共に勝利を目指したその熱戦の後、クロップ監督とバイエルンのニコ・コバチ監督がヒートアップ。クロップ監督がコバチ監督に対して“何か”を捲し立てつつ、最終的には手を取ったものの一度握手を拒否したかの様に見える場面が捉えられており、怒りをぶつけているのではないかとの憶測が飛び交っていた。 試合後、そのシーンについて尋ねられたクロップ監督は、以下のように説明している。 「彼が来た時、私は『待っていた』と言ったんだ。でも、彼が謝罪して、私も『問題ない』と伝えたよ」 「あれは純粋な誤解だ。山の前の牛の様に私はあそこに立っていたよ」 そして、コバチ監督もクロップ監督とのやり取りに言及。誤解があったと語った。 「イングランドでは最後の笛の後に握手をするのが一般的だ。だが、最初に彼ではなくベンチに向かってしまった」 「彼はイングランドでは(ドイツと)違うことを分かっていた。だが、それ(ドイツの習慣との誤解を察しなかったこと)は悪いことでもないし、私は謝ったよ」 2019.02.20 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

キャラガーがホームでのスコアレスに「悪くない」と語る理由…リバプールが突破できる根拠は?

リバプールとバイエルンの一戦について、解説者のジェイミー・キャラガーが持論を展開している。<br><br>チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが19日に行われ、リバプールとバイエルンが激突。アンフィールドで行われた一戦はスコアレスドローに終わり、リバプールにとっては悔しい試合となったが、OBのキャラガーの意見は異なるようだ。ノルウェーの放送局でこのようにコメントしている。<br><br>「おそらくバイエルンはいい結果を手にしたと思っているだろう。確かにそうだ。リバプールのアウェーでの記録は良くはない。しかし、スコアレスドローは引き分けの中では最もいい。アウェイゴールを許さなかったのだからね」<br><br>さらに続けて、リバプールがベスト8へと勝ち進むことができると太鼓判を押した。<br><br>「リバプールは敵地でもゴールを奪えるだろう。今夜はマッツ・フンメルスが素晴らしかったが、彼ら全体の守備位置が低かった。ホームでは勝たなければならないし、もっとラインを上げてくるだろう。そうなればスペースが生まれ、リバプールの3トップにとってはチャンスになる」<br><br>「それほどリバプールにとって悪い結果だとは思わない。勝ちたい試合ではあったが、(ヴィルヒル)ファン・ダイクなしで(ロベルト)レヴァンドフスキを抑えてクリーンシートなのだから悪くない結果だ」<br><br>古巣の戦いぶりを評価したキャラガー。チームはレジェンドの目論見通り、セカンドレグで望む結果を手に入れることはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.20 19:40 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース