超ワールドサッカー

【リーガエスパニョーラ開幕節プレビュー】リーガが開幕! 新生マドリーvs柴崎ヘタフェとバレンシアvsアトレティコに注目!2018.08.17 20:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2018-19シーズンのリーガエスパニョーラが今週末から開幕する。昨季は無敗優勝こそ逃したものの序盤戦から圧倒的な強さを見せたバルセロナが2年ぶりの優勝を果たしたが、今シーズンの覇権争いは果たしてどんな結末を迎えるのか。

▽ロシア・ワールドカップ開催に伴い、各クラブの補強やビッグクラブの主力選手のコンディションに少なからず影響が及ぶことが予想される2018-19シーズン。とりわけ、シーズン序盤戦の戦い方が今後のリーグ戦に大きな影響を与えそうだ。

▽その中で注目を集める開幕節ではレアル・マドリーvsヘタフェのマドリード自治州ダービーと、昨季4位のバレンシアと2位のアトレティコ・マドリーによるビッグマッチに注目が集まる。

▽新シーズンに臨むうえで最も大きな変化を強いられたのはチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に導いたジダン監督、世界最高のフットボーラーの1人であるFWクリスティアーノ・ロナウドが退団した昨季3位のレアル・マドリー。ジダン監督の電撃辞任によって前スペイン代表監督のロペテギ新監督を招へいしたチームは、新守護神としてチェルシーGKクルトワを獲得したものの開幕時点では昨季からの現有戦力を軸に新シーズンを戦う構えだ。CL王者として臨んだ15日のUEFAスーパーカップではヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコといきなり“マドリード・ダービー”を戦った中、延長戦の末に2-4で敗戦。主力のコンディションが整っていないエクスキューズはあったが、早くも勝負強さという面でC・ロナウドの不在を感じさせる結果に終わった。

▽その試合から中3日の過密日程で臨むサンティアゴ・ベルナベウでの開幕戦では日本代表MF柴崎岳を擁する昨季8位ヘタフェとの続けざまのダービーとなる。アトレティコ戦に続きリーガ屈指の堅守を誇る相手との一戦に向けては新エースのMFベイルを始めMFイスコ、FWアセンシオといった攻撃陣の活躍に期待が集まるところだ。この開幕戦でC・ロナウド不在を懸念するマドリディスタの前で新アタッキングユニットが躍動する姿を見せたい。一方、現時点で去就不透明な柴崎に関しては先発で起用されるかは微妙なところだ。ボルダラス監督は格上との対戦時にボランチやトップ下にカウンター向きのタレントを起用しており、柴崎としてはW杯の活躍とプレシーズンのアピールで指揮官のそのプランに再考を促すことはできるのか。

▽また、レアル・マドリー同様にミッドウィークにUEFAスーパーカップを戦ったアトレティコは、難所メスタージャでの厳しい開幕戦に挑む。今夏の移籍市場ではエースFWグリーズマンや守護神オブラクら主力の残留に加え、MFロドリゴ・エルナンデスやMFレマル、FWカリニッチ、FWジェウソン・マルティンスら実力派の新戦力を迎えており、新シーズンに向けた期待は大きい。とりわけ、UEFAスーパーカップでの宿敵相手の勝利はチームに良い空気を与えたはずだ。とはいえ、その新戦力の合流の遅れやW杯を戦った一部主力のコンディションもあり、万全の準備を整えて迎え撃つバレンシアとの戦いは非常にタフな一戦となりそうだ。なお、バレンシアでは今夏アトレティコから加入したFWガメイロやチェルシーからのレンタル加入のFWバチュアイら新戦力の起用も見込まれる。

▽連覇を目指す王者バルセロナは昨季14位のアラベスとのホームゲームで新シーズンを迎える。今夏レジェンドのMFイニエスタら数選手がクラブを去るも、DFラングレ、MFビダル、MFアルトゥール、FWマウコムら新戦力の獲得に成功したチームは攻守両面で穴が少ないスカッドの構築に成功。先週末に行われたセビージャとのスーペル・コパでは2-1の接戦を演じたものの、エースFWメッシらが上々の動きを見せており、開幕に向けて準備万端といったところだ。カンプ・ノウで戦う開幕戦ではきっちり格下を叩いて昨季同様にロケットスタートと行きたいところだ。

▽また、日本人として最も注目を集めるのがエイバルからステップアップを果たしてベティスに加入したMF乾貴士。W杯で見事な活躍を果たしスペイン国内でも期待を集める新戦力の1人となっている同選手は、本拠地ベニート・ビジャマリンで昨季15位のレバンテと対戦する。プレシーズンの起用法を見ると、開幕スタメンも期待される日本屈指のドリブラーは新天地アンダルシアで迎える初陣で目の肥えたベティコを魅了できるか。

▽その他では今夏に監督交代を行ったセビージャやビルバオ、ソシエダ、セルタらの名門クラブと、かつてアトレティコの守護神として活躍したレオ・フランコ新監督を迎えたプリメーラ初昇格のウエスカら昇格組の初陣に注目したい。

《リーガエスパニョーラ開幕節》

▽8/17(金)
《27:15》
ジローナ vs バジャドリー
《29:15》
ベティス vs レバンテ

▽8/18(土)
《25:15》
セルタ vs エスパニョール
《27:15》
ビジャレアル vs レアル・ソシエダ
《29:15》
バルセロナ vs アラベス

▽8/19(日)
《25:15》
エイバル vs ウエスカ
《27:15》
ラージョ vs セビージャ
《29:15》
レアル・マドリー vs ヘタフェ

▽8/20(月)
《27:00》
バレンシア vs アトレティコ・マドリー
《29:00》
ビルバオ vs レガネス

コメント

関連ニュース

thumb

アルゼンチンの新星パラシオス、マドリー加入合意報道もリーベル会長が否定

▽リーベル・プレートの会長を務めるロドルフォ・ドノフリオ氏が、アルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)の移籍合意報道を否定した。スペイン『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽先日、スペイン『マルカ』、『アス』など有力各紙が、マドリーがパラシオスの契約解除金2000万ユーロ(約26億円)を支払っての来年1月の5年半契約に合意したと報道。 ▽しかし、ドノフリオ会長は以前、マドリーとの交渉を認めたもののそのやり口を「失礼」、「無礼」と批判。また、同会長はペルーのテレビ局『アメリカ・テレビシオン』で「レアル・マドリーからの関心はあるが、彼は移籍市場に出ていない」とも語り、パラシオスのマドリー移籍を明確に否定した。 ▽また、パラシオスに関しては、パリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・シティなどのビッグクラブも関心を寄せていることが伝えられている。 ▽アルゼンチン屈指の名門リーベル・プレートの下部組織で育ち、2015年に当時16歳でトップチームデビューを飾ったパラシオスは、足元の技術と視野の広さ、パスセンスに優れたパサータイプのセントラルミッドフィルダー。昨シーズンまでは準主力に甘んじていたものの、今季はここまで中盤のレギュラーポジションを掴んでいる。また、9月の代表ウィークに行われたグアテマラ代表との国際親善試合でフル代表デビューも果たしている、アルゼンチン期待の新星だ。 2018.11.17 21:31 Sat
twitterfacebook
thumb

カシージャス、マドリー愛を語る「育った場所を忘れない」

▽ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャスが、レアル・マドリーや代表チームへの思いを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽カシージャスは、9歳からレアル・マドリーの下部組織に在籍。1999年にトップチームデビューを飾ると、守護神として通算725試合に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)3回、リーガエスパニョーラ5回など多くのタイトル獲得に貢献した。 ▽加齢による衰えにより低パフォーマンスが批判に晒され始めた2015年夏に、ポルトに活躍の場を移しているカシージャス。今でも白いクラブへの熱い気持ちがあることを、スペイン『モビスター』のインタビューで元レアル・マドリーの選手、監督、幹部として在籍したホルヘ・バルダーノ氏に語っている。 「(もし代表チームに招集されたら)それは嬉しいことだ」 「(レアル・マドリーへの復帰も希望するか? という問いに関して)もちろん。僕は育った場所も忘れることは出来ない」 「(ポルト移籍は)正しい決断だったと思う」 「もしマドリーで続けていたら、僕はもっと悪いエンディングを迎えていただろうね」 2018.11.17 18:08 Sat
twitterfacebook
thumb

“900億の男”アセンシオ、ユーベ移籍を希望か

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFマルコ・アセンシオ(22)にユベントス移籍の可能性が浮上した。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽レアル・マドリーの次代を担う逸材として期待がかかるアセンシオ。だが、 本人はユベントス移籍を希望している模様だ。その理由はレアル・マドリーからユベントス入りしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの存在。アセンシオはユベントス在籍歴を持つチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタから話を聞き、心がより移籍に傾いたという。 ▽なお、今シーズンのアセンシオはここまで公式戦17試合に出場して2得点3アシストを記録。9月27日に2023年までの新契約にサインしており、その際に契約解除金も天文学的な7億ユーロ(現在のレートで約901億7000万円)まで引き上げられたとみられる。 2018.11.17 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー、ファルカオ獲得を検討! モナコ会長汚職報道で退団考慮か

▽レアル・マドリーが、モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(32)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽伝統的に、冬の補強で大きな動きを見せることをあまり好んでいなかったマドリー。しかし、フレン・ロペテギ前監督下で始まった今シーズンは、リーガエスパニョーラ第10節バルセロナ戦までで4勝2分け4敗と苦しい戦いを強いられ、サンティアゴ・ソラーリ現監督に指揮権が移ってからはリーガ連勝中と立て直してはいるが、順位は6位と低迷から脱してはおらず。 ▽マドリー低迷の理由として主に挙げられているものが、決定力不足だ。今夏、エースFWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出し、スター格の後釜を獲得しなかったことが現状を招いたと、度々指摘されている。 ▽クラブの上層部は、引き続き若手選手の育成に力を注ぐ考えを示しつつも、攻撃の強化も検討。そこで、来年1月の補強候補に挙がっているのがファルカオだ。 ▽ファルカオの年齢は32歳とベテランの域だが、過去に在籍したアトレティコ・マドリーで公式戦通算91試合70ゴールを記録するなど、その実力は折り紙付き。また、リーグ・アン19位に沈むモナコと同選手の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏の関係が悪化しており、退団が考慮されているという。 ▽また、モナコの会長を務めるドミトリー・リボロフレフ氏がファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)規制回避のために汚職に手を染めたことが報じられ、実際に逮捕されている。そのこともあり、メンデス氏とモナコの関係は修復不可能な状態になっているようだ。 2018.11.17 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー、今冬にビジャレアルの主力MF獲得に関心か

▽レアル・マドリーが今冬の移籍市場でビジャレアルのスペイン代表MFパブロ・フォルナルス(22)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『CAUGHT OFFSIDE』がスペインのレポートを伝えている。 ▽マラガでプロデビューしたフォルナルスは昨夏、ビジャレアルに完全移籍で加入。セントラルMFやトップ下を主戦場に中盤の複数ポジションをこなせるボックス・トゥ・ボックスタイプの万能型MFは昨季のリーグ戦35試合に出場し3ゴール12アシストを記録。推進力のあるプレーや高い攻撃センス、テクニックを特長とする22歳にはアーセナルやアトレティコ・マドリーからの関心も伝えられている。 ▽スペインのレポートによると、ここ数年スペインの若手有望株の獲得にこだわっているマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、以前からフォルナルスの獲得に関心を示しているという。 ▽また、近年移籍市場が異常な高騰を見せている中、現在フォルナルスに設定されている契約解除金は2500万ユーロ(約32億2000万円)と比較的手頃な金額。そのため、ペレス会長は、将来に向けた投資として今冬に同選手を獲得したい考えのようだ。 2018.11.17 13:12 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース